おすすめ転職エージェントランキング

転職エージェント or 直接応募【どちらが有利か3分で解説】

エージェント or 直接応募 有利なのは?

転職活動で企業の求人に応募する時、転職サイトなどを経由して直接応募する方法と、転職エージェントを経由して応募する方法があるデジよね。

直接応募と転職エージェント経由での応募について、どちらが有利なのかはしばしば議論になるデジけど、ブイブイ的には転職エージェント経由での応募の方が有利だと思うデジ!

今回は直接応募に比べて転職エージェントの方が有利だと思う理由や、直接応募の方が優れている点などを紹介していくデジよ!

この記事で会話をするキャラクター
ざぶとん君

ざぶとん君

行き当たりばったり直進系の28歳。ブラック企業で働いていた経歴あり(前職)。転職でホワイト企業に入社。仕事の成績はほどほどだが、信頼できる仲間とやりがいを持って働いている。

ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

直接応募より転職エージェントの方が有利!

先に結論を言うと、直接応募よりも転職エージェント経由での応募の方が有利だと思うデジよ!

そうなの?

転職サイトなどを使った直接応募にもメリットはあるため、絶対に転職エージェントの方がいいとは言い切れないデジが、転職エージェント経由での応募にメリットが多すぎるんデジよねぇ。

だから最近は転職エージェントを使って転職活動する人が多いのかな?

そうデジね。書類選考や日程調整など様々な面で転職エージェント経由の方が有利なため、多くの人が転職エージェントを利用するんだと思うデジ。なんで直接応募よりも転職エージェント経由が有利なのかは下記で詳しく紹介していくデジ。

転職診断バナー

直接応募より転職エージェントが良い理由とは?

直接応募よりも転職エージェント経由で求人に応募した方が有利なの?なんで?

主な理由としては下記のようなものがあるデジ。

理由
  • 書類選考の通過率が高くなりやすい
  • 面接のフィードバックを受けられる
  • 複数社の選考を同時に進められる
  • 求人を紹介してもらえる
  • 自分に適切な仕事を見つけやすい
  • 個人では入手できない情報が手に入る
  • 年収などの交渉をしてもらえる
  • 転職の悩みを相談できる

下記でひとつずつ詳しく紹介していくデジよ~。

書類選考の通過率が高くなりやすい

喜ぶ女性

直接応募でも転職エージェント経由でも、基本は履歴書・職務経歴書といった書類を企業に応募しないとデジよね。転職エージェントを利用すれば、そんな応募書類の質を上げやすいデジ!

応募書類の質を?どゆこと?

転職エージェントの担当者は履歴書・職務経歴書の添削をしてくれるんデジよ。きちんとプロ目線からの添削デジから、企業の採用担当者の記憶に残るような内容に仕上げやすいデジ。

添削してくれるんだ!自分だけだと気が付けない誤字脱字なんかも修正できそうだね!

また、転職エージェントの担当者が推薦文を書いてくれることもあるデジ!対して、直接応募だとこういった支援を受けられないため、どうしても書類選考の通過率が低くなりがちデジ。

面接のフィードバックを受けられる

転職活動をしていれば面接で落とされることも少なくないデジ。そんな時、「ただただ面接に落ちて終わり」と「どうして面接に落ちたか教えてもらえる」のでは今後の転職活動に大きな差が出るデジよね?

落ちた理由を教えてもらえないんじゃ・・・次も同じ失敗を繰り返す可能性が高いもんね・・・。

しかし、直接応募だと結果だけの通達で落ちた理由は教えてもらえないことが多いデジ。それに比べて転職エージェント経由なら、面接のフィードバックを受けられる可能性大デジ!つまり面接での失敗を次に活かすことができるデジ!

それは助かルービックキューブ!!

複数社の選考を同時に進められる

直接応募だと面接の日程調整等々をすべて一人でしなくてはならないため、同時に複数社の選考を進めるのは難しかったりするんデジよね。

特に仕事をしながらの転職活動だと大変そう・・・。

その点、転職エージェント経由なら面接の日程調整などを担当者がしてくれるため、同時に複数社の選考を進めることが可能デジ!

効率的に転職活動できるってことだね!

また各社の選考スケジュールが揃うよう調整してくれるため、回答期限のある内定の可否も慎重に決定できると言われることが多いデジね。

求人を紹介してもらえる

転職エージェント

シンプルに希望条件にそった求人を紹介してもらえるのもいいデジよね~。転職サイトや就職サイトだと自分で求人を探さないといけないデジ。意外と時間がかかるデジ。

転職エージェントなら希望条件なんかを伝えておけば、エージェント側で求人を紹介してくれるんだもんね。楽!

自分に適切な仕事を見つけやすい

転職希望者は20代など若い人が多いとされてるデジが、20代や30代前半など若い人だと、自分がこれからどうしていきたいか、考えが固まってないことも多いと思うデジ。そして、将来への考えが固まっていないまま転職活動を進めてしまうと、たとえ内定を貰えても、前職と同じ悩みを抱えたりするものデジ。

たしかにそうかも…。だけど転職エージェントだとそういったリスクがないの?

転職エージェントでは、ヒアリングによる強みの引き出しや、適性・性格にマッチした業界・職種の紹介などもしてもらえるため、より自分にマッチした仕事を見つけやすいデジね。

個人では入手できない情報が手に入る

企業のホームページやSNS、口コミサイトなど、今や企業の情報を入手できる場所も増えてはいるデジが、具体的な事業内容や社内の雰囲気などは表に出ていないことが多いデジね。

インターネットで調べられる情報にも限度はあるよね。

転職エージェントの担当者は企業の人事担当と繋がりを持つことも多々あり、具体的な事業内容や社内の雰囲気などを教えてもらえたりするデジね。そのため、転職後に「こんな会社だと思わなかった・・・」と後悔することが少ないデジよ。

ミスマッチが少ないんだ!ありがたすぎる!

企業への理解が浅いまま転職活動を進めると、転職回数ばかり増やすことになりかねないデジからね。情報収集が苦手な人にも転職エージェントはおすすめデジ。

年収などの交渉をしてもらえる

給料のイメージ

内定を貰った後、給料や配属先について交渉したいこともあるデジよね。しかし、これから入社することを考えると交渉しづらく、結局は言われるがままになってしまうパターンがほとんどだと思うデジ。

そうだよねぇ。条件について言いたいことはあるけど、内定取り消しとか怖くて・・・。

転職エージェントの担当者は、自分では言い出しにくい給料や配属先などの条件について、交渉を代行してくれるデジ!つまり直接応募より給料等の条件を良好にできるチャンスがあるデジ!

転職の悩みを相談できる

転職回数を重ねている人ならまだしも、初めての転職活動だと迷うことも多いデジよね。求人応募はもちろん、面接や書類選考、内定の受け答えなど様々な場面でつまづくと思うデジ。

転職活動って実際にやってみると、ポンポンと疑問点が出てくるんだよねぇ・・・。

直接応募だと頼れる人がいないため、転職に関する悩みを相談しにくいデジけど、転職エージェント経由ならキャリアアドバイザーという名の担当者がついてくれるため、疑問をどんどん相談することが出来るデジ!

疑問を疑問のままで放置しておくと、どこかでしわ寄せがきたりするし、やっぱり転職エージェントは利用すべきかも!

今月の申込数ランキング

  1. #doda(デューダ)
    転職者満足度No.1!特に20~30代の人におすすめで求人数100,000件以上。
    https://doda.jp/
  2. #リクルートエージェント
    転職支援実績No.1!約90%が非公開求人!登録必須のエージェント。
    https://www.r-agent.com/
  3. #ビズリーチ
    年収600万円以上の人向き!優秀なヘッドハンター多数在籍!
    https://www.bizreach.jp/
  4. #リクらく
    8割が未経験の転職に成功!面接1回で内定!20~30代の人におすすめ!
    https://www.rikuraku.net/
  5. #パソナキャリア
    女性の気持ちがわかるアドバイザーが多い!年収アップ率67.1%!
    https://www.pasonacareer.jp/

転職エージェントより直接応募の方が有利な点も?

転職エージェント経由。直接応募。メリットの多さを考えれば転職エージェント経由の方が有利だとは思うんデジが、一部で直接応募の方が有利といった意見もあるデジね。

なんで?直接応募の方が有利なとこもあるの?

一応は直接応募の方が有利な点も存在はするデジ。詳しくは下記をチェックするデジ!

紹介料の問題で直接応募の人材を選ぶことも

貯金箱

転職エージェントのデメリットと言えば、紹介料がかかることデジ。もちろん利用者側は完全無料で利用できるんデジけど、採用する企業側は転職エージェント経由で人材を確保した場合、年収の30~35%くらいを転職エージェントに支払わなくてはならないデジ。

転職エージェントはその報酬で成り立ってるんだよね。

これに対して企業ホームページ等からの直接応募であれば当然ながらコストはかからないし、転職サイト経由でも転職エージェントに比べれば低コストなことが多いデジ。

ってことは?

つまり転職エージェント経由より、直接応募の人材を雇った方が採用コストは低く済むんデジよ。そのため、同じような人材が転職エージェント経由と直接応募でやってきた場合、直接応募の方を採用する可能性があるデジ。

なるほど!その場合は転職エージェント経由の方が不利になっちゃうんだ!

とはいえ、企業側もコストより自社にマッチした人材の採用を優先してるはずデジ。数十~数百万円の採用コストを渋っていまいちな人材を確保するくらいなら、転職エージェント経由の信頼できる人材を採用するって企業は多いデジ。

直接応募の方が好印象という採用担当も

自分で情報を収集して、わざわざ直接応募してきた人に対して好印象を抱く採用担当者もいるって話デジね。そういった採用担当が在籍している企業については、直接応募の方が有利なのかもしれないデジ。

一理あるよね。

ただ、逆に「直接応募だとろくな人がこないから転職エージェント経由の人を優先してる」って採用担当もいるらしいデジから、どっちの応募が好印象と一概には言えないデジね。

ざぶとん君

直接応募に比べて転職エージェント経由の応募の方がメリットが多いんだね。次の記事では、転職エージェント経由で落ちた場合の直接応募について解説しているよ。併せてチェックしてみて!
エージェントで落ちたら直接応募 転職エージェント経由で落ちた【直接応募で採用される事もある】
転職診断バナー

直接応募より転職エージェントの活用がおすすめ!

今回は直接応募と転職エージェント経由、どちらの応募が有利か考えてきたデジけど、どうだったデジか?これについては賛否両論あるものの、ブイブイ的にはメリットの多い転職エージェント経由の方が有利だと思うデジ!

転職エージェント経由なら書類選考の確率も上がりやすいデジし、面接内容もしっかりフィードバックしてもらえるデジよ!

それに直接応募だと面接等々の日程調整がとにかく面倒デジ。まずは転職エージェント経由で応募をしてみて、どうしても転職エージェントの方針が合わないと思えば、直接応募に切り替えるってパターンをおすすめするデジ!

転職エージェント探しに役立つ記事
女性女性におすすめの転職エージェント
既卒既卒就活におすすめの転職エージェント
第二新卒第二新卒におすすめの転職エージェント
IT・WEBIT業界向けおすすめ転職エージェント
エンジニアエンジニアにおすすめの転職エージェント
クリエイティブクリエイティブ職におすすめの転職エージェント
外資系外資系向けおすすめ転職エージェント
海外海外の転職向きおすすめの転職エージェント
エグゼクティブエグゼクティブ向けおすすめ転職エージェント
ベンチャーベンチャー向けおすすめ転職エージェント
経理経理向けおすすめ転職エージェント
飲食飲食業界向けおすすめ転職エージェント
介護介護業界向けおすすめ転職エージェント
アパレルアパレル業界向けおすすめ転職エージェント
高卒高卒におすすめの転職エージェント
ニートニートにおすすめの転職エージェント
フリーターフリーターにおすすめの転職エージェント
未経験未経験におすすめの転職エージェント
離職中・無職離職中・無職におすすめの転職エージェント
20代20代におすすめの転職エージェント
30代30代におすすめの転職エージェント
40代40代におすすめの転職エージェント
50代50代におすすめの転職エージェント