おすすめ転職エージェントランキング

『信用できない転職エージェント』の対処法&賢く活用する9つの方法

転職エージェント 信用できない

転職活動するなら転職エージェントを活用するのが一番おすすめだと思うデジ。

優良な非公開求人に応募することができるし、なにより自分で時間をかけて応募する求人を探す必要がないデジね。そのうえ無料デジからすごく便利デジ~。

ただ利用者の口コミの中には「信用できない!」といったネガティブな声もちらほら…。

そんな口コミを見たら、転職エージェントの利用を躊躇してしまうかもしれないデジが、やっぱり転職エージェントは利用価値があると思うデジ!!

そこでこのページでは信用できない転職エージェントの特徴や、信用できる転職エージェントを見つける方法を紹介!きっと転職エージェント選びの参考になると思うデジ!

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

あいちゃん

あいちゃん

小柄で可愛らしいみんなのアイドル。これまでの転職経験は2回で、現在は女性が働きやすい病院受付の仕事をしている。仕事はしっかりこなすが実は超ワガママな性格。

信用できない転職エージェントの特徴

さっそく信用できない転職エージェント(キャリアアドバイザー)の特徴から見ていくデジ!すごくたくさんの転職エージェントがあるデジが…一体どんな転職エージェントが「信用できない」と言われているか、確認していくデジよ!

信頼できないエージェントの特徴
  • 経験が浅い(新人)
  • 連絡が遅い
  • 基本的に連絡は電話
  • 希望と違う求人ばかり紹介する
  • 一度に大量の求人を紹介する
  • 応募や入社の返事をせかす
  • 求職者の話を聞かない
  • 言うことがいつも違う
  • 推薦文の質が低い

上のような転職エージェントのキャリアアドバイザーは、残念ながら信用できないと言えるデジね。

経験が浅い(新人)

どうしたってこれは仕方のないことではあるデジが、経験が浅い新人キャリアアドバイザーは対応しきれないこともあるデジから、求職者から見て「信用できない」と思われてしまう確率が高いデジね。

誰だってどんな仕事だって、最初はみんな新人なんだけどね。

そうデジねぇ。だけど自分の担当キャリアアドバイザーが新人で、何を相談しても物足りない反応だったらやっぱり不満足デジ。とはいえどんなキャリアアドバイザーが担当になるかは運みたいな所もあるデジから難しいところデジ。新人に当たってしまったときの対処法はあとの項目で紹介しているデジよ。

連絡が遅い

レスポンス(連絡)の早さは社会人として重要なことデジよね。

特に転職活動ってタイミングが大事だから、返事が遅いのはすごく困っちゃうわね。

転職エージェントによっては、「24時間以内に返信する」などの努力事項を設けていたりするデジが…どうしても返信のが遅いのが気になるようなら、別の転職エージェントを利用したほうが良いかもデジ。

基本的に連絡は電話

なんで電話連絡がダメなの?

絶対にダメとは言わないデジが、電話はメールと違って証拠が残らないデジね。大事な内容ほどメール連絡の方が、後々どんなやり取りがあったか確認できて良いデジが…あえて電話連絡にして証拠を残さないというキャリアアドバイザーもいるようデジ。

そういうことか!確かに大切な内容はメールのほうが助かるかも!

希望と違う求人ばかり紹介する

希望と違う求人ばかり紹介されたら、求職者は当然「信用できない」と思うわよね。

この場合、原因がいくつかあるデジ。例えばキャリアアドバイザーが求職者の要望をしっかりと汲み取れていないという場合もあるし、残念ながら登録した転職エージェントには、求職者の希望にマッチする求人がないということもあるデジ。

希望条件にマッチする求人がなければ、紹介することができないものね。

ただ…なかには、とにかく採用されやすい求人を優先して紹介してくる場合もあるデジ。条件に合わなくても、求職者が応募してくれたらラッキーくらいの感覚で紹介してきているケースデジよ。

それは信用ならないわね!求職者のことを全然考えていないんだもん!

もちろん「条件とは少し違うけれど、経歴を十分に活かして活躍できる」といった納得いく提案がある場合は、優秀なキャリアアドバイザーな可能性大デジ!

一度に大量の求人を紹介する

「数打てば当たる」といった感じで、とにかく大量の求人を紹介して、応募させようとするキャリアアドバイザーもいるデジが、これも信用できるとは言えないデジね。

応募する側だって疲れちゃうわね。もし一度にたくさんの面接を受けなきゃならなくなったら…面接対策だけでクタクタになっちゃいそう。

キャリアアドバイザーが業界・職種に詳しくない場合にこういったことが起こりやすいデジよ。紹介求人を絞り込むことができないから、手当たり次第に紹介してくるような状況デジね。

応募や入社の返事をせかす

キャリアアドバイザーはそれぞれノルマがあるデジ。だから応募や、内定が決まったあと入社の返事をせかすようなケースがあるデジね。

転職エージェントは入社が決まると成果報酬がもらえる仕組みなんだもんね。せかしたくなる気持ちもわからなくもないけど…大事な仕事のことだもん。考える時間が欲しいわ。

ただ入社の返事に関しては、キャリアアドバイザーが自分の成績のためにせかしている場合とは別に、企業側が「〇日までに返事がないなら他の人を採用する」と言っている場合があるデジ。企業側が採用を急いでいる場合デジね。この場合はキャリアアドバイザーも板挟みなわけデジから、大目に見てほしいデジ。

求職者の話を聞かない

求職者側には求職者側の意見があるデジ。例えば「年収が下がってもいいから、とにかく残業が少ない仕事が良い」「頑張りがしっかりと給与に反映される仕事が良い」など、1人ひとり重視する点は違うデジ。そういった求職者の話を聞いていないキャリアアドバイザーは信用ならないデジね。

話を聞いてくれなかったら、希望にマッチする求人なんて紹介できないわよね。

それに求職者の質問や相談にしっかりと答えてくれないようなキャリアアドバイザーもいるデジからね。そういったキャリアアドバイザーに限って自分の意見ばかりを主張してくるデジよね~。

言うことがいつも違う

話をするたびに言うことが違うようなキャリアアドバイザーも中にはいるデジ。これにはいろいろなパターンがあるデジが、もともと発言が無責任な人という場合もあれば、担当する求職者の人数が多すぎて、話を覚えきれていないという場合もあるデジ。

ど、どっちにしたって…信用ならないわよね。

推薦文の質が低い

転職エージェントが求職者を企業に紹介する際には、キャリアアドバイザーが作成した推薦文も提出されるデジ。その推薦文の質がキャリアアドバイザーによってかなり違うデジよ!

プッシュしてくれるはずの推薦文なのに!

推薦文を手抜きするようなキャリアアドバイザーは信用ならないデジね。だから推薦文は必ず見せてもらうようにするデジよ!

転職診断バナー

なぜ転職エージェントは信用できない?その理由とは

「信用できない転職エージェント」というのは、ようするに「転職エージェントに登録したものの、担当のキャリアアドバイザーが信用できない」ということデジよね。

そうね。で、信用できないキャリアアドバイザーがいることはわかったけど…そもそもなんで信用できないキャリアアドバイザーが存在しているのかしらね?例えば新人でまだ経験が浅い、っていうのは仕方ないと思うけど…。

まず人間同士、相性もあるデジから、Aさんにとって信用できるキャリアアドバイザーであっても、Bさんにとっては信用できない(合わない)といったケースもあるデジ。性格的な部分も大きいデジからねぇ。

なるほどねぇ。

もちろんキャリアアドバイザーが有能なのか?無能なのか?という問題もだいぶ大きいデジ。担当のキャリアアドバイザーのやる気がなかったり、提案力が乏しかったりすれば、やっぱり「信用ならない」となってしまうデジよね。

キャリアアドバイザーも人によって能力が違うものねぇ。

ただ例えば求職者の経歴・スキルがいまいちで市場価値が低い場合、いくら探しても紹介できる求人がないって場合もあるデジ。そうなるともはや希望にマッチする求人の紹介なんて不可能デジよね。

求職者側の問題ってことね。

ということで、キャリアアドバイザーが信用できない原因はひとつではなく、いろいろな理由があるデジ。転職エージェントに登録する際、基本的にキャリアアドバイザーを指名することができないデジから、運次第という面も大きいデジね。

今月の申込数ランキング

  1. #doda(デューダ)
    転職者満足度No.1!特に20~30代の人におすすめで求人数100,000件以上。
  2. #リクルートエージェント
    転職支援実績No.1!約90%が非公開求人!登録必須のエージェント。
  3. #ビズリーチ
    年収500万円以上の人向き!優秀なヘッドハンター多数在籍!

信用できない転職エージェントの対処法

もし転職エージェントに登録したものの、担当になったキャリアアドバイザーに対して「信用できない」と思った場合には、担当を変更してもらうデジ!

キャリアアドバイザーって変更できるの?どうやって変更したらいいの?

キャリアアドバイザーの変更はそれほど珍しいことではないデジ。「他のキャリアアドバイザーの方の意見も聞いてみたいです」というように丁寧に伝えればキャリアアドバイザーの変更は可能デジ。

信用できないと感じているのに、関わっていくのってちょっと辛いものね。早めにキャリアアドバイザーを変更してもらったほうが良さそうね!

転職エージェントを賢く活用する方法を紹介

転職エージェントを賢く活用するための方法を紹介するデジ!

転職エージェントの賢い使い方
  • 複数のエージェントに登録する
  • マナーを守る
  • 定期的に連絡を入れる
  • レスポンスを早くする
  • 転職の意欲をアピールする
  • 経歴・スキルに嘘をつかない
  • 推薦文を確認する
  • 同じ求人に複数応募しない
  • 合わないアドバイザーは変更する

複数のエージェントに登録する

複数の転職エージェントに登録することで、いろいろなキャリアアドバイザーと会うことができるデジ。登録した転職エージェントの中には、自分に合わないキャリアアドバイザーがいるかもしれないデジが、複数登録しておけば自分に合うキャリアアドバイザーに出会える可能性が広がるデジ。

1社だけの登録だと、もしキャリアアドバイザーが合わなかったとき、キャリアアドバイザーを変更してまた面談して…だと時間をロスしちゃうものね。

それに各転職エージェントが保有する求人はバラバラだデジ。よりたくさんの求人の中から応募先を見つけるという意味でも、複数登録はメリット大デジね。転職成功者の平均的な転職エージェント登録数は4.2社ということデジから、ぜひ複数登録で効率的に転職活動を進めるデジよ!

マナーを守る

マナーを守るということは非常に大事デジ。キャリアアドバイザーだって人デジから、マナーが悪い人はサポートの優先度を下げるデジ。

そりゃそうよね。

マナーが悪ければキャリアアドバイザーの印象も当然それなりのものになるデジ。大事なクライアント(企業)にマナーが悪い人を紹介したいとは思わないデジから、社会人らしい丁寧な言葉遣いとマナーを心がけるデジよ。

定期的に連絡を入れる

キャリアアドバイザーに定期的に連絡を入れることも大事デジ!

なんで?

企業から求人の依頼があると、キャリアアドバイザーは求職者のデータベースからマッチする人を検索するわけデジ。そのデータベースは更新順(最終連絡日順)になっていることが多く、あまりに連絡を入れていないと他の求職者に埋もれてしまって求人紹介が受けられないデジよ。

そうなんだ!埋もれてしまったらいつまで経っても求人を紹介してもらえないわね!大変!

だからだいたい2週間に1回ほど連絡を入れるようにするデジよ。

レスポンスを早くする

早いレスポンスを心がけることも大事デジ。社会人として仕事ができるという印象を持ってもらえるデジよ。

仕事ができる人って、レスポンスも早いっていうものね。

キャリアアドバイザーだって良い求人が出てきたとき、レスポンスが早い人を優先したいと思うはずデジ。単純に転職活動に対して意欲的だということもアピールできるデジから、レスポンス早いに越したことがないデジ~。

転職の意欲をアピールする

転職に意欲的だとアピールすることも大事デジ。キャリアアドバイザーは転職が決定して初めて報酬が得られるデジから、どうしたって転職への意欲がある人を優先するデジ。

私がキャリアアドバイザーだって、意欲的な人を優先するわ!

転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーとの面談(キャリアカウンセリング)があるデジが、その際に転職希望時期について聞かれたら「良い企業があればすぐにでも転職したいです」と答えるデジよ!

経歴・スキルに嘘をつかない

これは当たり前のことデジが、経歴やスキルに嘘をつくのは絶対に絶対にNGデジよ。嘘がバレた時点でキャリアアドバイザーとの信頼関係はなくなると思っておくデジ。

経歴やスキルに嘘って…それはダメよね。いくら自分を良く見せたかったとしても…。

企業に嘘がバレてしまった場合には、転職エージェントとの信頼関係に悪影響が出るデジね。もちろんそのまま無事に入社できたとしても、きっと自分が苦労する羽目になるデジよ。

推薦文を確認する

さっきも話したデジが、企業に応募すると、キャリアアドバイザーが作成した推薦状が提出されるデジ。この推薦状の質がキャリアアドバイザーによってかなり違うデジ!

担当のキャリアアドバイザーの推薦文が低品質だったらすごく嫌ね。

だから、推薦状を必ず確認するデジよ。「面接のときに話す内容と相違があると悪いので見せてほしい」といって確認するデジ。確認して内容がいまひとつだった場合は、キャリアアドバイザーに相談してみるデジ!

同じ求人に複数応募しない

それほど多いケースではないデジが、転職エージェントA社からもB社からも同じ求人が紹介されることがあるデジ。そういった場合、重複して応募するのは絶対に駄目デジ。同じ人の応募が別々の転職エージェントからきたら、企業側としては戸惑うデジよ。

確かにね。

それにキャリアアドバイザーからも不信感を抱かれてしまうデジ。転職エージェントの複数登録は誰もがやっていることデジから、どちらか1社には「他の転職エージェントから応募しています」と素直に伝えるデジよ。

合わないアドバイザーは変更する

繰り返しになるデジが、もし担当になったキャリアアドバイザーが合わなければ変更してもらうデジよ。

「合わない」と思っているのに、ずっと転職支援をお願いするのも何だかイヤだものね。

転職活動は効率的に進めたいデジよね。だから合わないと思ったら遠慮せずに変更をお願いするデジ~!

信用できるおすすめ転職エージェント

いろいろな転職エージェントがある中で、利用者からの口コミ評判が良く、満足度が高い転職エージェントを紹介するデジ!

リクルートエージェント 【実績No.1】

リクルートエージェント

国内の転職エージェントの中で圧倒的な規模を誇るのが「リクルートエージェント」デジ。転職支援実績No.1の実力デジから信頼できるデジね!

保有する非公開求人の数はなんと20万件!この非公開求人には優良な求人が多数あるデジよ。

多数在籍しているキャリアアドバイザーには優秀な人が多く、各業界に精通した熟練アドバザーの意見が聞けるデジ。強い業界・職種はあっても、弱い業界・職種はなし!転職エージェントの利用を検討したら、まず最初に登録してほしい転職エージェントデジ!登録は必須デジよ!

あいちゃん

リクルートエージェントは登録必須なんだけど…担当になったキャリアアドバイザーが自分に合わない可能性も当然あるの。それに他にも利用者満足度が高い転職エージェントがいくつかあるわ。以下の転職エージェントは特におすすめ!登録する価値ありよ!
使えるおすすめ転職エージェント
リクルートエージェント・約90%が非公開求人
・求人数トップクラス
マイナビエージェント・約80%が非公開求人
・企業の社風や雰囲気を熟知
dodaエージェントサービス・求人数100,000件以上
・中小&ベンチャーの求人多数
パソナキャリア・女性向け求人多数
・年収アップ率67.1%
Spring転職エージェント
・特に35~55歳の転職に強い
・各業界に精通したコンサル多数
転職診断バナー

信用できない転職エージェントを回避して転職成功を掴もう

信用できない転職エージェント(キャリアドバイザー)がいるのも事実デジが、それを考慮してもやっぱり転職活動には転職エージェントを利用すべきデジ!メリットが大きいデジ!

求人を紹介してもらえるだけでなく、応募書類の添削や面接対策、面接日程調整、条件交渉なんかもお任せできるから、凄く便利だと思うデジ~!

「信用できない」「合わない」といったキャリアアドバイザーに当たってしまったら、変更してもらえば良いだけデジ!

転職成功者の平均的な転職エージェント登録数は4.2社!ぜひ複数登録して賢く転職成功を進めるデジよ!

転職エージェント探しに役立つ記事
女性女性におすすめの転職エージェント
既卒既卒就活におすすめの転職エージェント
第二新卒第二新卒におすすめの転職エージェント
IT・WEBIT業界向けおすすめ転職エージェント
エンジニアエンジニアにおすすめの転職エージェント
クリエイティブクリエイティブ職におすすめの転職エージェント
外資系外資系向けおすすめ転職エージェント
海外海外の転職向きおすすめの転職エージェント
エグゼクティブエグゼクティブ向けおすすめ転職エージェント
ベンチャーベンチャー向けおすすめ転職エージェント
経理経理向けおすすめ転職エージェント
飲食飲食業界向けおすすめ転職エージェント
介護介護業界向けおすすめ転職エージェント
アパレルアパレル業界向けおすすめ転職エージェント
高卒高卒におすすめの転職エージェント
ニートニートにおすすめの転職エージェント
フリーターフリーターにおすすめの転職エージェント
未経験未経験におすすめの転職エージェント
離職中・無職離職中・無職におすすめの転職エージェント
20代20代におすすめの転職エージェント
30代30代におすすめの転職エージェント
40代40代におすすめの転職エージェント
50代50代におすすめの転職エージェント