おすすめ転職エージェントランキング

『エグゼクティブ転職』を成功に導く!ハイクラス転職エージェント6選

エグゼクティブの為の 転職エージェント紹介

エグゼクティブ(取締役・執行役員・幹部・部門責任者など)向きのおすすめ転職エージェントを紹するデジ!

企業の中で指揮をとる実力者が転職を考えたとき、ごく当たり前の流れで転職エージェントを活用することが多いと思うデジが、とにかく転職エージェント選びは慎重に行うべきデジね。

このページではおすすめの転職エージェントの紹介だけでなく、転職エージェント選びを慎重にすべきその理由や、転職エージェントを利用するときの注意点について解説するデジよ!

この記事で会話をするキャラクター
ざぶとん君

ざぶとん君

行き当たりばったり直進系の28歳。ブラック企業で働いていた経歴あり(前職)。転職でホワイト企業に入社。仕事の成績はほどほどだが、信頼できる仲間とやりがいを持って働いている。

ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

エグゼクティブ向けおすすめ転職エージェント

取締役や執行役員といったいわゆる「エグゼクティブ」と言われる立場の人たちが転職をする際、転職エージェントを利用するのがベストだと思うデジが、ちょっと注意したいこともあるデジ。

なんで転職エージェントの利用がベストなの?なんで注意しなきゃならないの?

まずエグゼクティブと言われるような求人案件は、そう簡単に見つからないデジよ。年収にして800~2,000万円といった求人案件が、転職サイトにバンバン掲載されてると思うデジか?ハローワークにゴロゴロあると思うデジか?ないデジよね?

ま、ま、ま…まぁ、ない…かなぁ。

転職サイトやハローワークにエグゼクティブな求人はなかなかないと思うデジ!一方転職エージェントなら、ハイクラスな求人が多数あるデジからね。もちろんこれはエグゼクティブクラスの転職に強い転職エージェントに限ってのことデジが。

転職エージェントが持っている非公開求人って、すごく優良な求人が多いって聞くもんね。

そうなんデジ。だからこそエグゼクティブ向きの転職エージェントを利用するデジよ。で、注意点なんデジが、転職エージェントというのは基本的に求職者の転職が決まったときに、企業から紹介手数料をもらい売り上げを立てているデジ。求職者の年収の35%ほどを手数料としてもらうデジ。

年収1,000万円超えのエグゼクティブな人だったら…す、すごい金額だよね。紹介手数料。

そうなると、転職エージェント側はハイキャリアな人ほどできるだけ早く転職させようと目の色変えるデジ。質の低い転職エージェントだと、場合によってはあることないこと言って早々に転職させようとするかもデジ。だからこそ優秀な転職エージェントを利用するのが大事なんデジよ!

なるほどね!

ここからは優良なハイクラス求人を揃えるエグゼクティブ向けのおすすめ転職エージェントを紹介するデジ!そんなに数が多いわけじゃないデジから、すべての転職エージェントに登録してもいいくらいだと思うデジ~。

転職エージェントの複数登録について

多くの人が複数の転職エージェントを併用して転職活動を進めています。実際に『転職成功者の平均登録数は4.2社』というデータもあり、多い人だと10社以上登録しているので、ぜひ複数登録で賢く転職活動を行いましょう。

エグゼクティブな求人に特化した転職エージェント

「エグゼクティブ」「ハイクラス」に分類される求人ばかりを取り揃えている転職エージェントを選んでおけば、ひとまず間違いはないデジね。そういった転職エージェントは、キャリアアドバイザーも優秀デジよ!

ビズリーチ 外資系 ヘッドハント

ビズリーチ

転職エージェントを紹介するといっておいてなんデジが…「ビズリーチ」は正しくは転職エージェントではなくヘッドハンティング(スカウト)がメインの転職サイトなんデジ。しかしハイキャリア向けですごく人気のサービスデジから、あえて紹介したデジよ。

ビズリーチってテレビCMでもよく見るよね。

CM放映の成果もあり知名度は高いデジね。職務経歴書を登録しておくと、興味を持った企業からのスカウトだけでなくヘッドハンターからもスカウトがもらえるデジ。登録企業は累計10,800社、登録ヘッドハンターは3,300人!求人の1/3が年収1,000万円以上なんデジよ。年収600万円以上であれば登録するべきデジ~!

キャリアカーバー ヘッドハント

キャリアカーバー

年収800~2,000万円のハイクラス求人に特化しているのが「キャリアカーバー(CAREER CARVER)」デジ。キャリアカーバーは転職エージェントではなくスカウトサービスなんデジが、すごく質の良い求人案件が多いデジから、紹介しておくデジ~。

スカウトサービスということは、職務経歴書を登録したらあとはスカウトを待っていればいいのかな?

そういうことデジ。登録しておくと1500人以上の優秀なヘッドハンターがスカウトメールを送ってくれるデジよ。ちなみにキャリアカーバーで転職した人の平均年収は900万円。エグゼクティブな転職には利用する価値大だと思うデジ~。

JACリクルートメント ハイクラス

JACリクルートメント

「JACリクルートメント」はマネージャー・課長クラスから、役員クラス、技術職・専門職といったハイキャリアな人を対象にした転職エージェントだデジ。外資系&グローバル企業の転職に強いデジよ。30~50代の利用者が多いデジが、これまで約43万人の転職支援実績があるデジ~。

約43万人かぁ。実績は申し分なしだね!

JACリクルートメントは口コミ評判もすこぶる良くて、利用者アンケートでは94.5%が知人・友人に勧めたいと答えているデジ。在籍する約1,200人ものキャリアアドバイザーが、1人ひとりに最適なポストを紹介してくれるデジよ!

ロバートウォルターズ 外資系

ロバートウォルターズ

外資系や日系グローバル企業の求人を得意とするのが「ロバートウォルターズ」デジ。海外の求人も多く、語学力を活かして活躍したい人向けの求人を多数保有しているデジよ。

英語がネイティブレベルで、さらにエグゼクティブなポジションを希望するなら登録するべきかも!

まさにそうデジ!各分野に精通しているスペシャルなキャリアアドバイザーが在籍していると評判デジから、登録して業界の傾向なんかを聞くだけでも収穫がある思うデジ。英語力を活かしてキャリアアップした人はぜひロバートウォルターズを利用するデジ!

あわせて登録したい転職エージェント

次に紹介するのはエグゼクティブな求人に特化しているわけではないデジが、保有求人の中に優良なエグゼクティブ求人が多い総合型の転職エージェントデジ。

総合型の転職エージェントって、あらゆる業界・職種の求人がある転職エージェントのことだよね?

そうデジ。あらゆる年代・年収・業界・職種の求人が揃っているデジから、どんな人でも登録する価値があるデジ。求人数が多いのも魅力のひとつデジね。エグゼクティブ特化ではないものの、各社にはハイキャリアを専門とするキャリアアドバイザーもいるデジから、安心デジ~。

リクルートエージェント 実績No.1

リクルートエージェント

転職エージェント業界において最大規模なのが「リクルートエージェント」デジ。転職支援実績No.1!非公開求人がなんと20万件以上もあるデジから、これは登録しておいて損はないデジ。リクルートエージェントはとりあえず登録しておくべきデジ!

業界最大級なら登録しておきたいね。

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは質が高いと評判デジから、価値あるアドバイスがもらえるというのもメリットデジね。もちろんキャリアアドバイザーの質にはバラつきがあるデジが、合わないキャリアアドバイザーは変更すればOKデジから、ひとまず登録するデジよ!

パソナキャリア 女性

パソナキャリア

「パソナキャリア」もぜひ登録してほしい転職エージェントのひとつデジね。誰でも登録できる転職エージェントデジが、特に女性が働きやすい優良な求人を多数保有しているデジ。ハイキャリアな女性が転職活動するときは登録すると良いデジよ!

へー。女性の働きやすい求人に強いのかぁ。

しかもパソナキャリアは転職後の年収アップ率が67.1%デジ。転職で年収アップを期待する人にとってこれは魅力デジね。パソナキャリアは2019年オリコン顧客満足度調査の転職エージェント部門で第1位を獲得しているデジから、その点でも信頼が置けるデジ。

転職診断バナー

エグゼクティブ向けおすすめ転職エージェント一覧

エグゼクティブ向けのおすすめ転職エージェントを一覧表にしてみたデジ。あれこれ考えると迷ってしまうデジが、どこもかなり優秀な転職エージェントデジから、ひとまず全部に登録してキャリアアドバイザーの面談を受けてみて、最終的に自分に合うところ1~2社に絞るというのもおすすめデジ!

種類サービス名おすすめできるポイント
エグゼクティブ特化ビズリーチ・スカウトサービス
・年収1,000万超の求人が1/3以上
キャリアカーバー・スカウトサービス
・年収800~2,000万円の求人多数
JACリクルートメント・外資系&グローバル企業に強い
・利用者満足度94.5%
ロバートウォルターズ・外資系&グローバル企業に強い
・英語が堪能な人向け
総合型リクルートエージェント・非公開求人20万件以上
・転職成功実績No.1
パソナキャリア・保有求人数50,000件以上
・年収アップ率67.1%

そんなに数は多くないから、とりあえず全部登録しちゃおう!

今月の申込数ランキング

  1. #doda(デューダ)
    転職者満足度No.1!特に20~30代の人におすすめで求人数100,000件以上。
    https://doda.jp/
  2. #リクルートエージェント
    転職支援実績No.1!約90%が非公開求人!登録必須のエージェント。
    https://www.r-agent.com/
  3. #ビズリーチ
    年収500万円以上の人向き!優秀なヘッドハンター多数在籍!
    https://www.bizreach.jp/
  4. #リクらく
    8割が未経験の転職に成功!面接1回で内定!20~30代の人におすすめ!
    https://www.rikuraku.net/
  5. #パソナキャリア
    女性の気持ちがわかるアドバイザーが多い!年収アップ率67.1%!
    https://www.pasonacareer.jp/

「転職エージェント」と「ヘッドハンティング」の併用がベスト!

エグゼクティブ転職を狙うなら「転職エージェント」と「ヘッドハンティング」の両方を使うのがベストデジ!

転職エージェント

転職をプロのキャリアアドバイザーがサポートしてくれるサービス。求人紹介はもちろん、応募書類の添削や面接対策などもしてくれるうえ、面接日程の調整や入社日の調整、条件交渉なども代行してくれます。

ヘッドハンティング

「スカウトサービス」と呼ばれることもありますが、登録した経歴・スキルに興味を持った企業やヘッドハンターからスカウトが届くサービスです。

転職エージェントは、基本的に求職者の経歴・スキルや希望を考慮して、マッチしそうな求人を紹介してくれるデジが、ヘッドハンティング(スカウトサービス)は希望条件に関係なく声がかかるデジ。

自分の条件にマッチする求人が紹介してもらえる転職エージェントの方が良くない?

そんなことはないデジ!自分が考えてもいなかった転職先が見つかる可能性大デジ!それに思っていたよりずっと好条件で転職できる可能性もあるデジよ。ということで、それぞれにメリットがあるデジから、転職エージェント・ヘッドハンティングのどちらかではなくどちらも併用するのがベストなんデジ~。

エグゼクティブ向けおすすめ転職エージェントを利用するときの注意点

ここからはエグゼクティブ向けの転職エージェントを利用する際に注意しておきたい点を整理していくデジよ!転職エージェントを最大限に活用するためにも、しっかり頭に入れておいてデジ!

複数の転職エージェントを併用する

複数の転職エージェントに登録することは、すごく大事デジ。転職エージェントごとに保有している求人は全然違うデジから、選択肢を広げるためにもひとまずたくさんの転職エージェントに登録してみるデジ。

なるほドーナッツ!って…たくさんてどれくらい登録したらいいの?

転職成功者の平均的な転職エージェント登録数は4.2社と言われているデジから、最低でも3~4社は登録しておきたいデジね。中には10社以上登録して、効率的に転職活動をする人もいるデジから、余裕があればもっとたくさん登録するデジ。最終的に2社ていどに絞るとしても、最初は多めに登録するデジ。

「すぐにでも転職したい」とアピールする

転職エージェントに登録するとキャリアアドバイザーとの面談があるデジが、そのときに転職の希望時期を聞かれることがほとんどデジ。その際は「良い会社があればすぐにでも転職します!」と前向きな姿をアピールするデジ!

で、でも…すぐに転職したくないときは嘘をつくことになっちゃうよね。

でも本当に良い会社があったなら転職したいデジよね?転職エージェントは、求職者が内定をもらって入社することで企業から紹介手数料をもらっているわけデジから、意欲的じゃない人は優先度が下げられてしまうデジ。だからとにかく転職に対する意欲をアピールしておくデジ!

同じ求人に複数のエージェントから応募しない

例えば転職エージェントA社で紹介されて応募した企業をB社でも紹介された場合、絶対にB社からは応募しちゃ駄目デジ。同じ求人に複数の転職エージェントから応募するのはNGデジ。

なんでなんで?

企業側は同じ人が別々の転職エージェントから応募してきたら戸惑うデジ。それにキャリアアドバイザーだって不信感を抱くデジよね。転職エージェントを複数併用するのは当たり前のことデジから、素直に「他の転職エージェントから応募しています」と伝えるデジよ。

合わないキャリアアドバイザーは変更してもらう

もし担当になったキャリアアドバイザーと相性が合わないと思ったら、迷わず変更してもらうデジ。合わない…合わない…と思っているようじゃ、転職活動に集中できないし転職成功も遠のくデジよ。

たしかにねぇ。相性ってあるもんね。

「他の方の意見も聞いてみたいです」といった感じで変更をお願いすれば、すぐに担当のキャリアアドバイザーを変更してくれるはずデジ。

キャリアアドバイザーの推薦文を確認する

転職エージェントで紹介された企業に応募するとき、基本的にキャリアアドバイザーの推薦文が企業側に提出されるデジ。この推薦文の質が、キャリアアドバイザーによってかなり違うデジ。中には職務経歴書をコピぺしたような推薦文もあるデジ。

それは困るよ!

だからこそ、その推薦文を確認するデジ。「面接の時に話す内容に相違があったらいけないので見せてください」と言えばOKデジ。内容に不満があったら、キャリアアドバイザーに相談してみるデジよ。

経歴やスキルに嘘をつかない

自分を良く見せようとして経歴やスキルに嘘をつくなんてことは言語道断!絶対に駄目デジ!

そりゃそうだよ。経歴詐称になるじゃない。

でもそういったケースはちらほらあるデジ。嘘がバレたとき、キャリアアドバイザーからの信頼はゼロどころかマイナスになると思うデジ!恐らく求人も紹介してもらえなくなるデジ。それに、もし嘘の経歴で入社しても、あとあと困るのは自分だと思うデジよ!

転職診断バナー

転職エージェントを活用してエグゼクティブ転職成功を掴め!

エグゼクティブ向けのおすすめ転職エージェントを紹介してきたデジけど、どうだったデジ?

数はそれほど多くないデジから、できれば紹介したすべての転職エージェントに登録して、ひとまずキャリアアドバイザーの意見を聞いてみると良いデジ。嬉しい発見があるかもデジ~。

転職成功者の平均転職エージェント登録数は4.2社!できるだけたくさんの転職エージェントに登録して選択肢を広げるデジ!より良い転職を目指すなら、ちょっと大変デジけど複数登録で効率的な転職活動をするデジ!