【いつ寝るの?】残業が月80時間!いや、100・150・200・300時間も…

いつ寝るの?残業がキツイ

厚生労働省が企業に対して「1ヶ月の時間外労働時間が最も長かった正社員の残業時間は?」と尋ねたところ、10.8%もの企業が「80~100時間」、11.9%もの企業が「100時間以上」と回答したデジ。

つまり、日本には残業80時間、100時間とこなしている人がまだ存在しているわけデジね。ここでは、残業時間に応じたスケジュールや残業代を考えていくデジよ。また、80時間以上の長時間残業によって起こりえるリスクも紹介するデジ。

5月は転職に成功しやすい時期!

転職のイメージ

4月入社の社員が10連休GWの後に続々と早期退職している5月は転職 の大チャンス!タイミングが合えば即採用も多いため、今から活動をはじめましょう

…とは言ってみたものの、1人1人に本当におすすめの転職サイト&エージェントは「性別」「年齢」「年収」によって大きく変わる ため、ランキング形式ではマッチングするサービスをご紹介することは非常に難しいのです…。

そこで考えついたのが、「性別」「年齢」「年収」を含む5項目に答えるだけでおすすめの転職サイト&エージェントが分かる【 30秒 転職診断チャート】です。これで転職の成功率がグッと 高まります!

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

あいちゃん

あいちゃん

小柄で可愛らしいみんなのアイドル。これまでの転職経験は2回で、現在は女性が働きやすい病院受付の仕事をしている。仕事はしっかりこなすが実は超ワガママな性格。

残業月80時間以上は超キツイ!どんな生活になるの?

過酷

結論から言うと、残業が月間80時間を超えてくると生活はかなりしんどいものになるデジ。残業代によって収入は増えるかもしれないデジが…正直つづけていたら心身に支障をきたすはずデジ。そこで、このあと残業が80時間、100時間、150時間、200時間、300時間の時、1日のスケジュールはどうなるのか?残業代はどうなるのか?詳しく見ていくデジよ!前提条件を以下にするデジから覚えておくデジ!

前提条件
  • 定時:9時~18時
    (内休憩が1時間の8時間労働)
  • 週休:土日の2日
    月22日出勤として計算
  • 出勤・帰宅:片道1時間
  • 月給:20万円
    時給換算で約1,136円

残業代の計算方法

  • 通常の残業代:時給換算×1.25
  • 深夜労働:時給換算×1.5
    深夜労働は22時~翌5時

※大企業の場合は60時間を超えると残業代の割増が1.5倍になります。

これを踏まえたうえで、各残業時間のスケジュールや残業代を見ていくデジよ!なお、どのスケジュールもキリが良くなるように(22時48分に仕事上りなどの中途半端がないように)少し時間を調整しているため、正確には約80時間や約100時間などになってるデジよ。

転職診断バナー

残業が月80時間の場合

月の残業が80時間だと1日の残業時間は「80時間÷22日=約3.6時間」となるデジね。今回はキリを良くするために1日あたり3時間半としてスケジュールを作成するデジ。

残業80時間のスケジュール
  • 7時:起床・身支度
  • 8時:出勤
  • 9時:仕事開始
  • 21時半:仕事終わり
  • 22時半:自宅到着
  • 22時半~25時:自由時間
    (入浴や食事など含む)
  • 25時:就寝
残業代
1,136円×1.25×80=113,600円

残業代:113,600円
月給:200,000円+113,600円=313,600円

残業80時間の時点で自由時間は帰宅して就寝するまでの2時間半しかないデジ。それだって入浴や食事も含めるわけデジから、平日はほぼほぼプライベートタイム無しデジかねぇ。

残業が月100時間の場合

月の残業が100時間だと1日の残業時間は「100時間÷22日=約4.5時間」となるデジね。1日あたりの残業時間が4時間半だとスケジュールは以下のようになると考えられるデジ。

残業100時間のスケジュール
  • 7時:起床・身支度
  • 8時:出勤
  • 9時:仕事開始
  • 22時半:仕事終わり
  • 23時半:自宅到着
  • 23時半~25時:自由時間
    (入浴や食事など含む)
  • 25時:就寝
残業代
1,136円×1.25×88時間=124,960円
1,136円×1.5×11時間=18,744円
(深夜労働分)

残業代:143,704円
月給:200,000円+143,704円=343,704円

残業80時間よりも1日あたりの自由時間が1時間も減っちゃうデジね。残業代はそれなりになるデジが、おそらく帰宅したら最低限の食事や入浴だけして就寝の毎日になると思うデジ。

残業が月150時間の場合

月の残業が150時間だと1日の残業時間は「150時間÷22日=約6.8時間」となるデジね。今回は分かりやすいように1日あたり7時間の残業としてスケジュールを考えていくデジ。

残業150時間のスケジュール
  • 7時:起床・身支度
  • 8時:出勤
  • 9時:仕事開始
  • 25時:仕事終わり
  • 26時:自宅到着
  • 26時~27時:入浴・食事
  • 27時:就寝
    (睡眠時間は1日4時間)
残業代
1,136円×1.25×88時間=124,960円
1,136円×1.5×66時間=112,464円
(深夜労働分)

残業代:237,424円
月給:200,000円+237,424円=437,424円

ここまでくると、ついに残業代が普段の月給を上回るデジ。ただ、その代償として睡眠時間が大幅ダウン。あるいは、休日に出勤する必要が出てきそうデジ。

残業が月200時間の場合

月の残業が200時間だと1日の残業時間は「200時間÷22日=約9時間」となるデジが、これだと仕事終わりが27時(深夜3時)になってしまい現実的ではないデジね。そこで、下記のようなスケジュールを組んでみたデジ。

残業200時間のスケジュール
  • 7時:起床・身支度
  • 8時:出勤
  • 9時:仕事開始
  • 25時:仕事終わり
  • 26時:自宅到着
  • 26時~27時:入浴・食事
  • 27時:就寝
    (睡眠時間は1日4時間)
  • +毎週土曜の9時~22時に仕事
    (休憩1時間を除いて12時間労働)

残業代
1,136円×1.25×136時間=193,120円
1,136円×1.5×66時間=112,464円
(深夜労働分)

残業代:305,584円
月給:200,000円+305,584円=505,584円

1日の睡眠時間が4時間のうえに毎週土曜日に12時間労働で残業が約200時間(正確には202時間)になるデジね。一応、週に1日は休めるデジが、こんなスケジュールの毎日じゃ休みの日は死んだように眠るしかないデジね…。最低限の買い物だってままならないデジ。

残業が月300時間の場合

月の残業が300時間だと1日の残業時間は「300時間÷22日=約13.6時間」となるデジね。つまり、1日13時間半くらいの残業が必要になるデジけど、それだと仕事終わりが朝の7時半になっちゃうデジ。もはや会社に泊まり込み+徹夜デジね。これは流石に無理があるため、以下のようなスケジュールを組んでみたデジ。

残業300時間のスケジュール
  • 7時:起床・身支度
  • 8時:出勤
  • 9時:仕事開始
  • 26時半:仕事終わり
  • 27時半:自宅到着
  • 27時半~28時:入浴:食事
  • 28時:就寝
    (睡眠時間は3時間)
  • +土日も7時~22時に仕事
    (休憩1時間を除いて14時間労働)

残業代
1,136円×1.25×136時間=193,120円
1,136円×1.5×99時間=168,696円
(深夜労働分)
1,136円×1.35×56時間=85,882円
(休日労働分)

残業代:447,698円
月給:200,000円+447,698円=647,698円

※労働基準法では「週1日」あるいは「4週のうちに4日以上」の休みを与えることを決めており、これを法定休日と言います。法定休日に働くことを「休日労働」と言い、賃金が35%割増されます。

毎日、深夜の3時半まで働いたうえ、土日に14時間労働をして、残業が約300時間(正確には299時間)になるデジね。1日の睡眠が3時間のうえ、休日も無し。もはや完全に労働マシーンと化すしかないデジ。

残業が80時間以上するリスクとは!

いや~。こうして見ると残業80時間以上のスケジュールはどれも酷いものばかりデジね。そんな長時間残業を続けていると以下のようなリスクを被ることになるデジよ…。

残業する男性

心身の疲労で精神疾患の恐れも

いくら仕事が好きな人でも月に100時間も200時間も仕事をしていれば、気が付かないうちに心身はボロボロになってしまうデジよ。

睡眠時間が大幅に削られるのが辛いわよね。睡眠不足による心身への影響って大きいみたいだし。

いずれは心身のダメージから「めまい」や「頭痛」などを覚えるようになったり、酷い場合は「うつ病」などの精神疾患に発展する恐れも…デジ。

仕事のしすぎって恐ろしいわ…。

仕事による過度な疲れ・ストレスは精神疾患などのリスク大!転職を考えてもいいかもデジ…。次の記事「仕事のストレスで辞めたい!危ない症状&限界前に試す6つの方法」も参考にするデジ!
ストレスに悩む男性 仕事のストレスで辞めたい!危ない症状&限界前に試す6つの方法

過労死ライン突破で命の危険も

月80時間や100時間以上の残業は過労死ラインに抵触するデジね。

過労死ラインとは?
健康障害のリスクが高まるとされる時間外労働時間を指す言葉です。一般的に「2~6ヶ月の平均残業時間が80時間超え」または「1ヶ月の残業時間が100時間超え」が目安となります。

過労死ラインはその名の通り、過労死の恐れもある長時間残業を指す言葉デジね。数か月の平均残業時間が80時間を超えていたり、1ヶ月の残業が100時間を超える場合は危険デジ。

長時間の残業は命の危険もあるのね…。

実際、長時間残業による過労死のニュースを見かけることがあるデジよね。人間は働くために生きてるのではなく、あくまでも「生きるために働いてる」デジよ。そのあたりを勘違いせず、過労死の恐れもあるような長時間残業をしている人は、転職等の逃げ道を模索してほしいところデジ。

プライベートが失われる

今回紹介したスケジュールを見てもらうと分かるように、残業が80時間以上になると平日の自由時間はほぼ消滅するデジ。また、残業が200時間、300時間になると休日も仕事する羽目になり、趣味や私生活のための時間がほぼ取れない状態になるデジ。

残業代はたくさん出ても、それを使う時間が無いわね…。

映画や読書など趣味のために仕事を頑張ってる人にとって、これは大きなストレスになるデジね。睡眠時間を削って・・・というのも、残業が200時間、300時間となれば無理があるデジ。

趣味のためとはいえ、長時間の残業に加えて睡眠時間も削ってたら、本当に過労死しちゃうわ!

そして残業代が出ないケースも…

残業が100時間クラスにもなると、残業代はかなりのものデジね。残業150時間も超えれば、残業代が基本的な月給を上回ることも、デジ。

残業代って割増もあるから、かなりの金額よねぇ。

ただ、残業代が満額で支給されないケースも多いのが現状デジ。よく「サービス残業」って聞かないデジか?これは残業代が支払われない状態で残業を行うもので、残念なことに多くの企業でサービス残業が横行してるデジ。

ってことは・・・残業を100時間も200時間も頑張っても・・・?

全く残業代が支払われない可能性もあるデジ。残業代が多くなると労働基準監督署のチェックが厳しくなるため、残業代の支払いを嫌がる会社も多いと聞くデジ。

でも、残業をしたことはデータで残ってたりしないの?

会社によってはタイムカードを定時で切らせるなど、データ上は残業をしてないことにするんデジよ。そのため、なかなかサービス残業の実態を把握しきれず、野放しになっているデジ。サービス残業を消滅させるには課題が多すぎるデジね。

ひ、ひどいわ・・・。

とはいえサービス残業は違法行為デジよ!次に記事でサービス残業の対策について紹介!当たり前にサービス残業をしてるって人は参考にしてデジ
違法行為!サービス残業 【サービス残業は違法】サビ残は当たり前じゃない!悪質な実態&対策

100時間以上の残業は違法?

ちなみに100時間以上の残業は違法行為になる可能性が高いデジ。というのも、2019年4月1日から(中小企業は2020年4月1日から)「働き方改革」により時間外労働の上限規制が導入され、特別な事情がある場合についても残業を月100時間未満に抑えないといけないことになるデジ。

そうなんだ!

また、原則としては月45時間の残業が上限となるため、月80時間の残業についても違法になる可能性は十分にあるデジね。

そもそも、今までは上限って無かったの?

一応は合ったんデジが…法的な拘束力が無かったんデジよ。でも時間外労働の上限規制が導入された後は法律で上限を超えることが出来なくなったデジ。つまり上限を破れば懲役や罰金といった罰則が待ってるデジ!

それなら今後は残業が少なくなるかも!

時間外労働の上限規制については、次の「やさしく解説!働き方改革で「残業&有給休暇&収入」が変わる!」が参考になるデジ!
やさしく解説!働き方改革 【やさしく解説】働き方改革で「残業&有給休暇&収入」が変わる!
転職診断バナー

80時間以上の残業は辛すぎる!転職も検討しよう

今回紹介したスケジュールを見てもらうと分かるように、正直、月に80時間以上の残業は辛すぎるデジ。特に200時間や300時間はまともな生活が送れないレベルデジね。

そんな長時間残業を続けていれば、いずれ心身はボロボロ。下手をすれば命の危険もあるわけデジから、もし今現在、長時間の残業で苦しんでいるのなら早めの転職をおすすめするデジよ。

転職と聞くといろいろ面倒に感じるかもしれないデジが、最近は転職エージェントなど転職を手助けしてくれるサービスが充実してて、転職の難易度がグッと下がってるデジ!

転職をサポートしてくれる転職エージェントは強い味方よ!次の記事のおすすめ転職エージェントランキングも参考にしてね。
転職エージェントおすすめランキング 【令和におすすめの転職エージェント】ランキング厳選18社!評判比較
数ある転職エージェントの中で実績数No.1!そして、当サイト独自アンケート調査結果でも総合第1位に輝いた「リクルートエージェント」は登録必須デジ!次の記事では独自アンケート結果や、リクルートエージェントの評判が確認できるデジよ!

リクルートエージェント リクルートエージェントは利用すべきか『1205名に独自アンケート』評判は?