おすすめ転職エージェントランキング

コンサルタントの仕事内容とは?【向いてる人に多い6つの特徴は?】

コンサルタントの仕事内容は?

「コンサルタント」という名前はよく聞くものの、どんな仕事をする人なのかは分かってない、という人は非常に多いと思うデジ。

そこで今回はコンサルタントの仕事内容や種類、さらにはコンサルタントに向いてる人の特徴、資格、平均年収などについてまとめたデジよ!

「コンサルタントってどんな仕事なの?」といった人はもちろんのこと、「コンサルタントの種類について知りたい!」といった人もチェックしていってほしいデジね!

11月は転職に成功しやすい時期

転職のイメージ

新体制が組まれる事の多い11月は転職 の大チャンス!ライバルも少なく内定をもらえる可能性が高まるこの時期を逃さないように今から転職活動をはじめましょう

…とは言ってみたものの、1人1人におすすめの転職サイトは「性別」「年齢」「年収」によって大きく異なるため【 30秒 転職診断チャート】で適切なサイトを診断し、転職成功率をグッと高めましょう!

毎日500人以上が診断!

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

あいちゃん

あいちゃん

小柄で可愛らしいみんなのアイドル。これまでの転職経験は2回で、現在は女性が働きやすい病院受付の仕事をしている。仕事はしっかりこなすが実は超ワガママな性格。

コンサルタントの仕事内容とは?

コンサルタントとは、ある事に対して助言・指導を行う専門家のことデジ。「〇〇コンサルタント」といった感じで呼ばれるデジよね。

経営コンサルタントなら「経営」について、キャリアコンサルタントなら「キャリア」についてアドバイスしてくれるって感じかしら?

そういうことデジ。クライアントからの相談に対して、専門知識で悩みを解決に導く。いわばその道のスペシャリスト、デジ!ちなみに、コンサルタントが行う業務のことを一般的に「コンサルティング」と呼ぶデジね。

転職診断バナー

コンサルタントの種類と具体的な仕事内容

コンサルタントと一口に言っても、その種類は実に様々デジ。今回はその中から代表的なものを中心に、いくつかの種類を紹介していくデジよ。

コンサルタントの種類
  • 経営コンサルタント
  • ITコンサルタント
  • 人事コンサルタント
  • 財務コンサルタント
  • キャリアコンサルタント
  • 労務コンサルタント
  • カラーコンサルタント

それぞれの具体的な仕事内容は以下で紹介するデジ。

経営コンサルタント

経営コンサルタントは、おそらく最も有名なコンサルタントじゃないデジかね。企業がスムーズに経営できるよう、業務・人事・マーケティング・財務・ITなどなど、様々な面から経営全体のアドバイスを行うデジ。

確かに経営コンサルタントってよく聞くわよね。

大手企業の場合は人事や財務など、それぞれの分野に専門家をつけるのが当たり前デジが、中小企業だとそうもいかないため、経営コンサルタントにお願いすることが多いデジ。

中小だとそんなに人を雇えないものね…。

また「医業経営コンサルタント」「林業経営コンサルタント」など、一定の分野に特化した経営コンサルタントも存在するデジよ。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、その名の通りIT戦略にかかわるコンサルタントのことデジね。企業のシステムの見直しや、新しいシステムの導入提案、システムの最適化、動作検証などを行うデジ。

IT!何だか今風ね!

実際、ITシステムが欠かせない現代において注目を集めるコンサルタント、デジ。当然ながら高度なITスキルが要求されるため、プログラマーなどからキャリアアップする人が多いようデジね。

人事コンサルタント

人事コンサルタントは、企業の人事に深くかかわるコンサルタント、デジね。人事制度そのものの見直しや、人事の評価制度の設計などを助ける仕事デジ。

何だか難しそうな仕事だわ…。

そうデジね。人事制度の改善はもちろんのこと、採用戦略の立案や、組織改革なども請け負う高度な仕事デジ。ほとんどの場合は4年制大学の卒業が必須デジね。また地頭のよさを求められることも多いデジ。

財務コンサルタント

財務コンサルタントは、企業の財務問題を解決に導く仕事デジ。企業の資金繰りについて見直したり、節税の方法を提案したりと、企業の財務問題をサポートするデジ。

これまた難しそうな仕事だわ…。

法に関する知識や論理的思考などが求められる仕事デジ。信頼を得るためには税理士などの資格が欲しいとも言われる高度な仕事デジけど、年収は30代で1000万円を超えることもあるデジよ!

キャリアコンサルタント

面接

キャリアコンサルタントは、個々人のキャリア形成をサポートする仕事のことデジ。多くのコンサルタントは必須資格がないものの、キャリアコンサルタントは2016年に国家資格が創設されたため、名乗るには国家資格が必須デジ。

国家資格なのね!知らなかったわ。

そんなキャリアコンサルタントは人材紹介・人材派遣会社や、企業、ハローワークなどの公的職業支援機関、大学のキャリアセンターなどなど。様々な場所で必要とされる存在デジ。

労務コンサルタント

労務とは従業員が安心して働けるようにする仕事のことで、健康・厚生・雇用保険の手続きや、給与の計算、入社・退職の手続き、就業規則の作成などを行うデジ。そんな労務の仕事に関して指導していくのが、労務コンサルタント、デジね。

労務って聞いたことはあるけど、そんな仕事だったのね。

各種保険などについての深い知識が必要なため、社会保険労務士が就くこともあるようデジね。これも高度な専門知識が必要な仕事デジ。

カラーコンサルタント

カラーコンサルタントは、カラーコーディネーターやカラーアドバイザーとも呼ばれる仕事で、主に住宅やレストラン、ホテルなどの配色・彩色についてアドバイスしていくデジ。

何だか分かりやすいわ!コンサルタントって企業の経営とかに関わるものばかりじゃないのね。

確かに企業の経営関係のコンサルタントは多いデジが、「ガーデニングコンサルタント」や「音楽コンサルタント」などの仕事もあるデジよ。今やコンサルタントは細かいものまでカウントすれば、かなりの種類になるデジ!

今月の申込数ランキング

  1. #doda(デューダ)
    転職者満足度No.1!特に20~30代の人におすすめで求人数100,000件以上。
    https://doda.jp/
  2. #リクルートエージェント
    転職支援実績No.1!約90%が非公開求人!登録必須のエージェント。
    https://www.r-agent.com/
  3. #ビズリーチ
    年収600万円以上の人向き!優秀なヘッドハンター多数在籍!
    https://www.bizreach.jp/
  4. #リクらく
    8割が未経験の転職に成功!面接1回で内定!20~30代の人におすすめ!
    https://www.rikuraku.net/
  5. #パソナキャリア
    女性の気持ちがわかるアドバイザーが多い!年収アップ率67.1%!
    https://www.pasonacareer.jp/

コンサルタントに向いてる人の特徴は?

ここからはコンサルタントに向いてる人の特徴を紹介するデジよ。

物事を追及する癖がある人

パソコンを見ながら考える男性

コンサルタントになるためには、その分野の専門家にならなくてはいけないデジ。そのため、物事を追及して深い知識を求める人ほど、コンサルタントに向いてるデジ。

知的好奇心が旺盛な人ってことかしら?

それでも間違ってないデジね。テレビを観ていて、本を読んでいて、インターネットをしていて、何か疑問に思ったことを即座に調べられる人こそ、コンサルタントとして成功しやすいはずデジ。疑問を「まぁ、いいか」でスルーしてしまう人はあまりコンサルタントに向かないデジ。

論理的な思考ができる人

コンサルタントは論理的な思考が必要不可欠デジ。基本的にクライアントからの要求は、「自分では解決できずお金を払ってまでコンサルタントにお願いするもの」デジから、難易度が非常に高いデジ。言い方は悪いデジけど、一般的な思考能力ではなかなか解決の案を見いだせないデジ。

そうよね。その仕事を何年もしてる人が解決できないような問題を担当したりもするのよね。

もちろん知識でカバーできる部分も多いデジが、それだけで全ての問題を解決できるような、生易しい仕事ではないデジ。

説得力のある伝え方ができる人

面談

クライアントだって人間デジから、必ずしもコンサルタントのアドバイス通りに動くとは限らないデジ。自分の中ではゴールまでの道筋が見えていても、それをクライアントに上手く伝えられなければ、実は良質なプランであったとしても行動に移してくれないデジ。

どんなに良いゲームのアイデアがあっても、上層部に上手く伝えられなければ開発に移せない。みたいな話よね。

そういうことデジね。自分の中で作り上げた案を、相手も納得できるような文章・発言に落とし込まなくてはならないデジ。

つまり、プレゼンテーション能力も求められるわけね。

確かにプレゼンテーション能力が必要とも言えるデジね。また、相手のことを理解し、その人がどうすれば動いてくれるのか洞察できるコミュニケーション能力もあるとグッド、デジ。

ストレスに強い人

コンサルタントは問題解決に向けてアドバイスをする仕事デジ。つまり、常日頃からトラブルを前にするわけで、仕事がいつもスムーズに進むとは限らない・・・というより思い通りに進む方が少ないかもデジ。

すぐに解決するような問題ならコンサルタントには頼まないものね。

そのため、一定のストレス耐性も必要だと思うデジ。あんまりにもストレスに弱い人だと、仕事が思い通りに進まないことから嫌になってしまう可能性が高いデジ。

コンサルタントの仕事内容に関するチェックポイント!

ここからはコンサルタントの資格や平均年収など、あらかじめチェックしておきたいポイントを紹介するデジよ!

必須資格は無いことも多い

コンサルタントには種類が多いため一概には言えないデジけど、多くのコンサルタントは必須資格が存在しないデジ。ようは名乗ったもの勝ちだったりするデジ。

でも、一部のコンサルタントは資格があるのよね。

今回紹介したものだと、キャリアコンサルタントなんかは国家資格が必要デジ。だから自分が目指すコンサルタントに資格が必要か否か、あらかじめチェックしておくデジよ。ちなみに、必須では無いものの持っていた方がいい資格もコンサルタントごとに存在するデジ。そのあたりも併せて確認しておくデジ!

コンサルタントは平均年収が高め

貯金箱

コンサルタントも種類によって収入が違うため、絶対ではないデジが、専門家ということもあり平均年収が高いことは多いデジ。たとえば、戦略・経営コンサルタントは「doda」の平均年収ランキング(職種・業種別)において平均年収666万円で7位にランクインしてるデジ。

平均で666万円って凄いわね!

また同調査において会計コンサルタント・財務アドバイザリーも平均年収603万円、組織・人事コンサルタントも平均年収583万円と高めデジ。ただ、コンサルタントは実力によって給料が左右されることも珍しくないデジ。成績によっては平均より低い年収になってしまうかもしれないデジ。

勤務時間や休日は企業次第

コンサルタントはやることが多く、仕事終わりが遅くなる人もよくいるようデジが、一方で基本は定時帰りという人もいるデジ。勤務時間や休日は所属している企業次第といったところデジね。

なるほどねぇ。

だからこそコンサルタントとして転職・就職する際は労働条件についてよくよく確認しておくデジよ。

転職診断バナー

コンサルタントの仕事内容まとめ

コンサルタントは専門性が高くやりがいのある仕事デジね。特定の分野に関する深い知識を持つ人は、コンサルタントへの転職・就職を検討するのもありだと思うデジ。

他の仕事に比べると実力主義の面が強いデジから、成績さえ残せば若いうちから高年収も狙えるデジよ!

ちなみに、外資系のコンサルタント企業だと、即戦力ほしさにキャリア採用を重視してたりもするデジ。転職の場合は外資系企業を狙ってみるのもひとつの手デジね。

あいちゃん

コンサルタントって種類にもよるけどやや難易度高めみたい…だから転職を考えるなら転職エージェントの登録をおすすめするわ!それこそプロのキャリアコンサルタントにアドバイスがもらえるから!次の記事でおすすめ転職エージェントランキングをまとめたから、こちらもチェックしてね。
転職エージェントおすすめランキング 【おすすめ】転職エージェントランキング厳選18社【評判を比較】