おすすめ転職エージェントランキング

バイヤーの仕事内容とは?【向いてる人に多い6つの特徴は?】

バイヤーに向いてる?仕事内容は?

アパレルショップや百貨店などで活躍する「バイヤー」。名前こそ有名なものの、具体的な仕事内容はあまり知られていないデジね。

そこで今回は「バイヤー」の仕事内容について詳しく紹介していくデジよ。同時に向いてる人の特徴や年収などもまとめたデジ。これを読んで「バイヤー」がどんな仕事なのかチェックするデジ!

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

ガーデン

ガーデン

細身でソース顔のイケメン。過去3回の転職経験で、着実に営業マンとしてのキャリアを積んできている。探求心が強く、とにかくインターネットで調べまくるのが特徴。

バイヤーの仕事内容は?

バイヤーの仕事内容は以下のようなものデジね。

バイヤーの仕事内容
  • 商品の選定
  • 商品の買い付け
  • 商品価格の交渉
  • 流行(トレンド)の分析

簡単に言えば企業の仕入れ担当のことデジ。勤めているショップで売れそうな商品を探し、買い付けを行うデジね。

仕入れ担当か。そっちの言い方の方が分かりやすいな。

買い付けを行う商品については勤めているショップにより異なるデジ。アパレルショップなら衣類を、雑貨店なら雑貨を、スーパーなら食料品を、といった感じデジ。また、「バッグのみ」「靴のみ」など、より専門性の高いバイヤーも存在するデジね。

あれ?仕事内容に「流行の分析」ってあるのは何だい?

バイヤーは常に「売れそうな商品」を買い付けなくてはならないため、最新の流行をチェックしたうえで、消費者の傾向を分析しなくてはならないデジよ。トレンドのチェックも立派な仕事のひとつデジ。

インターネット等で常に流行を追える人にこそ、向いてるわけか。

ちなみに、バイヤーは実店舗だけでなく、インターネットショップにも必要な存在デジね。最近はインターネットショップのみの企業で活躍するケースも少なくないデジ。

転売屋とは違うの?

ところで、バイヤーって転売屋とは違うのかい?

商品の買い付けがメインという部分では似てるデジが、バイヤーは国内外を飛び回り、個人では購入が難しい商品の買い付けを行うことが多いデジ。一方で転売屋は個人でも購入できるものを、買い占めたりして高値で販売する人のことデジ。

なるほど。転売屋は嫌われてるけど、バイヤーが特に嫌われてないのはそういうことか。

また、バイヤーは「これから売れそうな商品」を見つけ出し流行を作り出す仕事でもあるデジ。対して転売屋は既に流行っている商品を、個人を出し抜いて購入するデジ。この点でもバイヤーと転売屋は異なるデジね。

転職診断バナー

バイヤーが向いてる人の特徴は?

次にバイヤーが向いてる人の特徴を紹介していくデジよ。

計算が得意

商品の買い付けや、買い付け時の価格交渉、売上データの分析など、バイヤーは頻繁に数字を扱う仕事デジ。そのため数字に強い方が望ましいデジね。

暗算で10桁の計算ができるとか?

そこまで極端じゃなくて平気デジ!今や細かい計算は電卓を使うのが当たり前デジからね。ただ買い付け時に利益がどのくらい出るか、頭の中で大雑把な計算が出来るとグッド、デジね。

情報収集が好き

パソコンを操作する笑顔の女性

バイヤーとして成功するには、とにかく大量の情報が必要デジ。扱う商品について知らなければ、買い付けを行う時に目の前の商品が良いものか・悪いものか分からないデジ。

他の商品を知らなければ比較もできないしね。

だからこそ、自らが扱う商品について徹底的に情報収取ができる人こそ、バイヤーに向いてると思うデジ。商品の情報は時間と共に変化するため、常に最新の情報を追っていける根気強さも求められるデジね。

流行を先取りするセンスがある

バイヤーは「流行を作り出す存在」と言われることもあるデジ。なぜなら、バイヤーが「これから流行りそうな商品」を買い付け、それがショップに並び、インターネットやテレビで紹介され、もくろみ通り流行の商品になる、といった流れで人気商品が誕生することも少なくないからデジ。

バイヤーが国内外を飛び回ってマイナー商品を見つけてきてくれたからこそ、現在の大ヒット商品が存在するわけか。

つまりバイヤーには流行を先取りするセンスが必要デジ。一般の消費者と同じく、ただただ流行の商品を追いかけていくだけでは、ありふれた商品しか買い付けできないデジ。流行の一歩先を見据え、今は誰も見向きしないような「未来の大ヒット商品」を見つけ出す。これこそが優秀なバイヤーなんデジよ!

大好きな特定のジャンルがある

衣類でも家電でも食料品でも。何か特定のジャンルが大好きでたまらない、といった人にこそバイヤーは向いてるデジ。

そんなものかい?

もちろんバイヤーになってから担当する商品について調べるのもありデジが、それだと昔から同ジャンルが大好きで、流行も歴史も熟知しているような人には知識量で勝てないデジ。

なるほど。

聞こえは悪いかもしれないデジが、特定ジャンルのオタクこそバイヤーに向いてるデジ!他人よりずっと詳しいジャンルがある人は、バイヤーへの転職でその知識を活かせるかもしれないデジよ!

失敗を恐れない度胸がある

階段を上る男性

自分では流行ると考えていても、実際に流行るか分からない商品を買い付けるわけデジから、バイヤーには度胸も必要デジ。棒にも箸にもかからない、全くもって売れない商品になるかもしれない。そんな失敗のリスクを恐れず、買い付けに踏み切れる人こそバイヤーに向いてるデジ。

どんな仕事にも失敗はつきものだけど、商品の買い付けには多額が動くわけだし。怖いなぁ…。

その通りデジね。特に大企業の買い付けとなれば、かなりの金額が一気に動くデジ。それもあってバイヤーは常にプレッシャーを抱えてるデジ。

失敗しても過度にへこまない

どんなに情報収集を入念に行っても、流行を追っかけても、買い付けに失敗する時は失敗するデジ。いくら優秀なバイヤーだって売れない商品を大量に買い付けてしまうことはあるデジ。

そればっかりは仕方ないかな。未来が見える能力なんて誰にもないと思うし。

そんな失敗に対して、過度にへこんでいては仕事にならないデジよ。もちろん失敗を軽視するのはよくないデジが、「へこんでる暇があったら失敗をバネにして次の成功を掴む」くらいの心意気がないとやっていけない仕事デジ。

今月の申込数ランキング

  1. #doda(デューダ)
    転職者満足度No.1!特に20~30代の人におすすめで求人数100,000件以上。
    https://doda.jp/
  2. #リクルートエージェント
    転職支援実績No.1!約90%が非公開求人!登録必須のエージェント。
    https://www.r-agent.com/
  3. #ビズリーチ
    年収600万円以上の人向き!優秀なヘッドハンター多数在籍!
    https://www.bizreach.jp/
  4. #リクらく
    8割が未経験の転職に成功!面接1回で内定!20~30代の人におすすめ!
    https://www.rikuraku.net/
  5. #パソナキャリア
    女性の気持ちがわかるアドバイザーが多い!年収アップ率67.1%!
    https://www.pasonacareer.jp/

バイヤーの仕事に関するチェックポイント!

ここからはバイヤーについて知っておきたい情報を解説していくデジ。

必要な資格はなし

バイヤーをするにあたって必要な資格は基本的にないデジ。

経験とかも不要かい?

企業によるデジが、バイヤーには商品に対する知識や、流行・ユーザーの傾向把握などが必要になるため、店舗スタッフとしての経験が求められやすいデジ。店舗スタッフとして働いたのち、バイヤーへステップアップするケースがよく見られるデジね。

なるほど。

とはいえ、未経験歓迎のバイヤー求人を出している企業もあるデジよ。すぐにバイヤーとして働き始めたい人は、未経験OKの求人を探してみるといいデジ。

語学力があると優遇されやすい

必須スキルではないデジが、バイヤーは海外での買い付けをすることもあるため、語学力があると優遇されやすいデジね。転職・就職の際には大きな強みとなるデジ。

買い付けでは交渉なんかもするんだもんね。外国語が話せるに越したことはなさそうだ。

企業によっては通訳をつけるなどして対応してくれるデジけど、スムーズに買い付け・交渉を行うためにも、今のうちに語学力を身に付けておくのはありデジね。

年収は企業次第

貯金箱

残念ながらバイヤーという職種単位で年収についてまとめたデータは見つからなかったデジ。そもそもバイヤーと言っても、アパレルショップや百貨店など職場が幅広いうえ、フリーランスで働く人もいるデジからね。一概に年収〇万円とは言いにくいデジ。

何か目安みたいなものはないのかい?

一応は厚生労働省の「平成30年賃金構造基本統計調査」において、百貨店店員の平均年収が約320万円となってるデジが、バイヤー以外の職種も多分に含んだデータのため、あくまでも参考程度にって感じデジね。

平均で約320万円だと少し低めな気がするね。

ただ大企業に勤めていると年収600万円以上もありえるようデジ。年収が高くも低くもなりえる仕事デジから、転職・就職の際にはしっかり条件を確認しておきたいデジね。

出張が多め

普段の勤務時間については朝から夕方という形態が一般的デジ。ただ、バイヤーは商品の買い付けのため出張を行うことが多いデジ。地方はもちろんのこと、時には海外まで出向くこともあり、数日~数週間の出張も珍しくないデジ。

地方や海外だと日帰りは難しいもんね。

特にクリスマスやお正月など、イベントに向けて買い付けを行う時は多忙になりがちデジ(勤め先にもよるデジが)。なるべく毎日、家に帰りたいという人は注意が必要デジね。

転職診断バナー

バイヤーの仕事まとめ

バイヤーの仕事内容や向いてる人の特徴はどうだったデジか?

商品やユーザーの傾向について勉強が必要なため、店舗スタッフを経験したのち就任するケースが多い仕事デジが、未経験OKの求人もあるデジから、すぐにバイヤーへ転職・就職したい人はそういった求人を狙ってみるといいデジよ。

なお、良さそうな求人が見つからない時は転職エージェントに相談してみるのもひとつの手デジ。転職エージェントは求人サイトなどに掲載されていない「非公開求人」を多数保有しているため、相談することで良質な求人情報をゲットできることも珍しくないデジ。

ガーデン

バイヤーの仕事を目指しているなら、転職エージェントにまずは登録してみよう!公にされていない優良な企業を紹介してくれるよ!下のおすすめ転職エージェントランキングを参考に、ぜひぜひ早めに登録してね。
転職エージェントおすすめランキング 【おすすめ】転職エージェントランキング厳選18社【評判を比較】