おすすめ転職エージェントランキング

解体業の仕事内容ってどんなの?【向いてる人に多い5つの特徴】

解体業に向いてる?仕事内容は?

スイッチひとつで不要になった家屋が消えていく、な~んてシステムがあったらいいんデジけどね。残念ながら人類はまだそんな技術は存在しないデジ。

そのため不要になった家屋の取り壊しには解体業が必須デジ!解体業の人々がいるからこそ、新しい建物をどんどん建てることができるデジ!

今回は解体業の仕事内容や、向いてる人の特徴、平均年収などの情報を紹介していくデジよ!

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

ガーデン

ガーデン

細身でソース顔のイケメン。過去3回の転職経験で、着実に営業マンとしてのキャリアを積んできている。探求心が強く、とにかくインターネットで調べまくるのが特徴。

解体業の仕事内容は?

解体業と一口に言っても、その仕事内容はいくつかに分類されるデジ。以下でそれぞれの仕事内容を詳しく紹介していくデジよ。

壊れたジェンガ

現場作業員

現場で重機(ユンボ)やハンマーを使って解体などをしていくのが、現場作業員デジね。その仕事内容には以下のようなものがあるデジ。

作業員の仕事内容
  • 重機・ハンマー等による建物の解体
  • 解体で出たゴミ(ガラ)の撤去
  • ハンマー等でゴミ(ガラ)を粉砕する
  • 水まき(粉塵対策)
※「ガラ」=解体作業で出たコンクリートのゴミ

重機やハンマーで建築物を解体していくだけでなく、解体によって出たゴミを細かくしたり、ゴミを集めてトラックに乗せたりするのも仕事のうちデジね。

解体では木材やコンクリートなど、かなりのゴミが出るからね。

また、解体時に出る粉塵で周りに迷惑をかけないよう、ホースを使って水まきもするデジ。水をまいておくことで粉塵が舞い上がるのをある程度は防げるデジよ。

そういえば近所で解体工事してるとき、ガンガン水をまいてたなぁ。

ちなみに、解体は爽快感のある仕事と想像されやすいデジが、解体の順序を間違えれば大事故に繋がる恐れもあるため、時には慎重な作業が要求されるデジ。

ポイント
現場作業員は、ハンマー等を使う「作業員」と、重機を使う「重機オペレーター」にさらに分けることができます。

ドライバー

解体業におけるドライバーとは、解体時に出たゴミ(ガラ)などをリサイクル場までトラックで運ぶ人のことデジ。リサイクル場は回収したゴミを再利用できるようにするところデジね。

さっきも言ったけど解体ってかなりゴミが出るからね。定期的な運送も必須なのかな。

ちなみに、ドライバーだからトラックの運転だけをするのではなく、ゴミ運びが必要ない時には現場の手伝いをしたりもするデジね。

現場監督

解体に関するスケジュールを決めたり、進歩状況を確認したり、安全面の管理をしたりするのが現場監督デジね。

解体現場に限らず、工事現場には必要な存在だね。

解体の場合は大量の粉塵や振動、騒音も発生するため、それが近所に迷惑をかけていないか確認したり、解体を始める前には近隣の方に挨拶回りをしたり。これも現場監督の仕事のうちデジ。

鳶工(とびこう)

鳶工(とびこう)は解体が始まる前に、足場を組む役割デジね。また足場だけでなく、パネルなどを使用して周辺を囲うこともあるデジ。これにより粉塵・破片などが周りに飛び散らないようにするデジね。

周りの安全を確保する仕事でもあるわけだ。

ちなみに、足場を組む際に近隣住民の土地との境界をめぐり、言い争いになるケースもあるようデジ。そのため近隣にしっかり説明したうえで足場や囲いを組むことが大切デジね。

転職診断バナー

解体業が向いてる人の特徴は?

次に解体業が向いてる人の特徴を紹介していくデジよ!

体力に自信がある

1日を通してハンマーをふるったり、解体で出た重いゴミを集めたりする解体業は、とにかく体力が必要デジ。体力に自信がない人だと仕事の途中で「もう嫌だ…」となってしまう恐れもあるデジ。

イメージ通りの肉体労働なわけだ。

特に夏場は作業をしていなくても、現場にいるだけで体力を持っていかれるデジ。スポーツ選手レベルの体力が必要とは言わないデジけど、一定の体力は保有しておきたいデジ。

チームワークを大切にできる

解体は一人で出来る仕事じゃないデジ。重機を操作する人や、ハンマー等で解体をする人、水をまく人などなど。たくさんの人が協力し合って成し遂げられる仕事デジ。

まぁ、大きな建物を解体するわけだし、まず一人じゃ無理だよね。

そのためチームワークを大切にできることも適性条件のひとつデジ。たとえば、水をまく人と連携せず、一人で勝手に解体を進めてしまえば、大量の粉塵をまき散らして周りに多大な迷惑をかけてしまうデジ。一人で作業したいタイプの人には向かない仕事デジ。

慎重に作業ができる

解体と言えば建築物を一気に破壊するような、爽快感のある仕事をイメージするかもデジが、実際は慎重な作業が要求される場面も多いデジ。好き勝手に解体してしまえば、変な方向に瓦礫が崩れていき、チームメンバーや近隣住民を危険に晒してしまうかもデジ。

大雑把な作業で他の住宅へ迷惑をかけるなんて、もってのほかだしね。

解体する物が巨大なだけに、きちんと手順にそって作業しなくてはいけないデジ。もし「建物を壊すのってストレス解消になりそう!」という理由で解体業に興味を持っているなら、少し考えなおした方がいいデジ。

騒音・振動・粉塵に耐えられる

解体では毎日、騒音・振動と付き合っていかなくてはならないデジ。特に重機を使うタイミングでは、かなりの騒音・振動が発生するデジね。

近所で解体してるだけで凄い音と振動だしなぁ。目の前にいる人はたまったものじゃないよね。

一応は耳栓で騒音は防げるデジが(実際に耳栓をしながら作業する人もいるデジ)振動はそうもいかないデジ。騒音や振動に弱く、メンタルをやられてしまうタイプの人にはおすすめできないデジ。

音って予想以上に精神的にくるからね。耐えられない人ってけっこういるかも。

それと、解体現場は粉塵も酷いデジ。潔癖症で汚れるのが嫌、という人も解体業は避けた方がいいかもデジ。

あまり残業をしたくない

解体ではあまり残業が発生しないデジね。というのも、解体では大きな音と振動が出るため、遅くまで作業していては周りからクレームがきてしまうデジ。だから17時くらいに切り上げるのが基本デジ。

近所で工事をしてても夕方には帰っていくよね。

たま~に残業が発生することもあるようデジけど、それだって長くても1時間くらいじゃないデジかね。プライベートタイムを確保したい人にもおすすめしやすい仕事デジ。

今月の申込数ランキング

  1. #doda(デューダ)
    転職者満足度No.1!特に20~30代の人におすすめで求人数100,000件以上。
    https://doda.jp/
  2. #リクルートエージェント
    転職支援実績No.1!約90%が非公開求人!登録必須のエージェント。
    https://www.r-agent.com/
  3. #ビズリーチ
    年収600万円以上の人向き!優秀なヘッドハンター多数在籍!
    https://www.bizreach.jp/
  4. #リクらく
    8割が未経験の転職に成功!面接1回で内定!20~30代の人におすすめ!
    https://www.rikuraku.net/
  5. #パソナキャリア
    女性の気持ちがわかるアドバイザーが多い!年収アップ率67.1%!
    https://www.pasonacareer.jp/

解体業の仕事に関するチェックポイント!

ここからは解体業の平均年収や雇用形態などを紹介していくデジよ!

必須資格はなし

解体業に必須資格はないデジ。資格なしでも転職・就職可能デジよ。

持っておくといい資格とかは無いのかい?

「車両系建設機械運転技能講習」などの資格を所持していて、重機(ユンボ)に乗れたりすると、即戦力になるため優遇されやすいデジ。

重機は解体業に必須だもんね。

ちなみに、企業によっては資格の取得サポート制度が用意されてるデジ。資格を取得したい人は、こういった制度のある企業へ転職・就職するのがいいデジよ。

平均年収は400~600万円前後

貯金箱

解体業の平均年収は企業や人によって異なるデジね。たとえば、特に資格を持たない現場作業員は年収が低めで、400万円未満ということもありえるデジ。対して、重機を操作できる人は解体業の中でも収入が高く、新人のうちから年収600万円くらいもありえるデジ。

やっぱり資格もちは強いな。

解体業として高収入を得たいのなら、まずは重機が操作できるよう資格の取得を目指すのがいいかもしれないデジね。また鳶工・現場監督なども、現場作業員に比べて平均年収が高くなる傾向にあるデジ。

勤務時間は朝から夕方が基本で残業は少なめ

解体業は朝8時くらいから、夕方17時くらいまでの勤務時間が基本デジ。また夜になると暗くて作業がしにくい上、近隣から騒音・振動に対してクレームが入りやすくなることから、残業は発生しにくいデジね。

かなり規則正しい時間で働けそうだ。

ただ、内装解体だと夜勤が存在したりもするデジ。また企業によってはそれなりの残業を要求してくることもあるようデジ。企業の口コミサイトなどで残業について文句を言われているような企業は、注意した方がよさそうデジ。

転職・就職前には企業のことを入念に確認しないとね。

ちなみに、休日数は企業次第デジ。週にしっかり2日休める「完全週休2日制」を採用している企業もあれば、月6日など休日数が少なめに設定された企業もあるデジ。勤務時間や残業時間と同時に、休暇制度も確認しておきたいデジね。

雇用形態はアルバイトから正社員まで

解体業の雇用形態はアルバイト・パート・正社員と様々デジ。アルバイトの場合は日給で1~1.5万円前後のところが多いようデジ。

時給じゃなく日給が多いのか。

まずはアルバイトで働いてみて、自分に適しているか考えてみるのもありデジね。

転職診断バナー

解体業の仕事まとめ

ハンマーや重機を使って不要な建設物を解体していく解体業は、体力があって肉体労働が好きな人にぴったりの仕事デジ。

必須資格はなく未経験でもチャレンジしやすい仕事デジから、今回の内容から「自分に向いてるかも」と思えば積極的に目指してみてほしいデジ。

なお、重機(ユンボ)を操作できると即戦力になることから採用率がアップすると思われるデジ。また収入も高くなりやすいため、まずは「車両系建設機械運転技能講習」などの資格を取得するのもありデジね。

ガーデン

解体業への転職を考えているなら、ひとまず転職エージェントに登録するといいかも。転職についてプロのアドバイスが聞けるよ!しかも無料!下におすすめ転職エージェントランキングを用意したから、あわせてチェックしてみてね。
転職エージェントおすすめランキング 【おすすめ】転職エージェントランキング厳選18社【評判を比較】