おすすめ転職エージェントランキング

農業への転職方法は2種類【転職を成功させる4つのコツは?】

転職方法は2種類 農業への転職

自然豊かな環境で働ける農業に興味を持つ人が増えているようデジね。

そこで今回は農業への転職方法や、転職成功のコツ、転職前に知っておきたい注意点などを紹介していくデジよ。

自分の中のイメージだけで農業の世界に飛び込んでしまうと、後悔しやすいデジ。後悔しないよう本記事を最後までチェックするデジ!

11月は転職に成功しやすい時期

転職のイメージ

新体制が組まれる事の多い11月は転職 の大チャンス!ライバルも少なく内定をもらえる可能性が高まるこの時期を逃さないように今から転職活動をはじめましょう

…とは言ってみたものの、1人1人におすすめの転職サイトは「性別」「年齢」「年収」によって大きく異なるため【 30秒 転職診断チャート】で適切なサイトを診断し、転職成功率をグッと高めましょう!

毎日500人以上が診断!

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

あいちゃん

あいちゃん

小柄で可愛らしいみんなのアイドル。これまでの転職経験は2回で、現在は女性が働きやすい病院受付の仕事をしている。仕事はしっかりこなすが実は超ワガママな性格。

農業への転職方法は2種類ある!

まず、農業への転職には大きく2種類の方法が存在するデジ。

独立就農

独立して自分だけ、あるいは家族等と農業を始める方法です。農地や道具の用意はもちろん、農業に関する勉強も自分で行わなければならないため、難易度は高めです。

雇用就農

一般的なサラリーマンと同じく、農業法人に雇われて農業を行う方法です。雇用形態は正社員からアルバイトまで様々。道具が揃った環境で、プロの元、農業に関する経験を積めるので、まずは雇用就農から始めるのがおすすめです。

農業と言えば自ら農地を用意する独立のイメージが強いデジけど、雇用されて農家で働く方法もあるデジよ。

う~ん。どっちの転職方法がいいのかしら?

未経験で農業に関する知識が無いのなら、まず雇用就農で農業のスキル・経験を積み、そこから独立を考えるのがいいと思うデジ。いきなり独立はノウハウ的にも、道具や農地の資金的にも辛いものがあるデジ。

なるほどねぇ。

農業の求人に関しては「農家のおしごとナビ」など特化型の求人サイトを利用すると見つけやすいデジよ。短期の仕事も多いデジから、自分に合ったものを探すため、まずはいくつかの農業を体験してみるといいかもデジ。

転職診断バナー

農業への転職を成功させるコツ!

次に農業への転職を成功させるコツを紹介していくデジよ!

どんな農業をしたいのか考えよう

農業と一口に言っても、たくさんの業種が存在するデジ。業種によって仕事内容が大きく異なるため、まずはどんな農業があるのかを知り、それぞれの農業について知識を深めることが重要デジよ。

農業の種類
  • 稲作
  • 野菜(畑作)
  • 果樹(畑作)
  • 酪農
  • 養牛
  • 養豚
  • 養鶏

などなど。一般的に農業と言えば稲作・野菜あたりのイメージかもデジが、乳牛を育てる酪農や、豚や鶏を飼育する養豚・養鶏も立派な農業のひとつデジ(「畜産」「肥育」と呼ばれたりもするデジよ)。

こうしてみると、本当にいろんな種類があるのね。どれを選べばいいか迷っちゃうわ。

お米が好きなら稲作、果物が好きなら果樹といったように、自分が好きなものを作る農業であれば、こだわりを持ちやすいと思うデジ。また、セミナーやイベントを通して自分に合ったものをチョイスするのもおすすめデジ。

セミナーやイベントに参加して農業を学ぼう

農業法人などが主催で、農業に関するセミナーやイベントなどを実施することがあるデジ。これに参加して、各農業に関する知識を深め、どの農業が自分に合っているか考えるのもありデジね。セミナーやイベントの案内は求人サイトなどにも掲載されてるデジ。

セミナーやイベントって・・・何をするの?

具体的な内容はセミナーやイベント次第デジが、実際に農業をする人から仕事内容を聞けたり、農業に関する質問ができたりするデジね。インターネットや本だけでは手に入らない情報も収集できるデジよ!

働いてる人から仕事内容が聞ければ、自分に合った農業か判断しやすそうね!

できれば免許を取得しておこう

農業をするにあたって、普通免許の取得はほぼほぼ必須だと考えた方がいいデジ。農業をしていて軽トラ等を使わない方がレアだと思うデジ。

まぁ、農業って言えばトラックのイメージよね。

また、トラクターの運転に必要な大型特殊免許なども取得しておいた方が何かと有利デジ。トラクターを私有地だけで運転するなら免許は不要デジけど、トラクターの格納場所と農地の間に公道が挟まるケースも多いデジからね。

転職エージェントを利用する

農業への転職に不安を覚えるなら、転職エージェントに相談してみるのもひとつの手デジ。

転職エージェントって農業への転職でも使えるの?

最近は農業に特化した転職エージェントも登場してるデジよ。「第一次産業ネット」などが有名デジかね。

農業特化なんてあるのね!

転職エージェントに相談することで悩み・不安が解消することも多いデジ。また条件にマッチした求人の紹介や、応募書類・面接の対策もしてくれるデジから、ぜひ頼ってみてほしいデジね。

あいちゃん

農業に転職をした人の中には「思った以上に辛い」と感じた人もいるみたいね。自分の適性を客観的に判断してもらうためにも転職エージェントに相談してみるのが賢いかも。下におすすめ転職エージェントランキングを紹介しているから、良かったら参考にしてね!
転職エージェントおすすめランキング 【おすすめ】転職エージェントランキング厳選18社【評判を比較】

今月の申込数ランキング

  1. #doda(デューダ)
    転職者満足度No.1!特に20~30代の人におすすめで求人数100,000件以上。
    https://doda.jp/
  2. #リクルートエージェント
    転職支援実績No.1!約90%が非公開求人!登録必須のエージェント。
    https://www.r-agent.com/
  3. #ビズリーチ
    年収600万円以上の人向き!優秀なヘッドハンター多数在籍!
    https://www.bizreach.jp/
  4. #リクらく
    8割が未経験の転職に成功!面接1回で内定!20~30代の人におすすめ!
    https://www.rikuraku.net/
  5. #パソナキャリア
    女性の気持ちがわかるアドバイザーが多い!年収アップ率67.1%!
    https://www.pasonacareer.jp/

農業へ転職する前に知っておきたい注意点

次に、農業へ転職する前に知っておきたい注意点を紹介していくデジ。

are you ready

農業は決して楽な仕事じゃない

都会でのサラリーマン生活に疲れ農業を目指す人が多いようデジが、農業も決して楽な仕事ではないデジよ。デスクワークに比べて身体を動かすうえ、自然に囲まれて仕事ができるからストレス度は低いかもデジ。しかし、1日中肉体労働に励むわけデジから、体力的にはしんどいデジ。

早起きで身体を動かすから健康的な気はするけど・・・慣れるまで大変そうよね。

屋外での作業だから夏は暑く、冬は寒いのも辛いとこデジね。今では機械を使った作業も多く、昔ほどの肉体労働ではない、といった意見もあるデジけど、体力に自信が無い人は注意デジ。

都会の仕事より楽そうだから・・・なんて安易な考えはアウトってことね!

その通りデジ。スケジュール帳が真っ黒になるような、時間に縛られる生活が嫌で転職したものの、農業も良質な農作物を育てるためにはスケジュール管理は必要不可欠で、結局は時間に縛られてる、なんて意見も・・・デジ。

そうよね。農業では動物を育てることもあるわけだし、自由な働き方を望む人は農業以外の方が向いてそうだわ。

意外に人付き合いが大切な仕事

農業と言えば一人黙々と農作業をするイメージデジよね。これも間違ってはいないデジけど、田舎では近所付き合いや、農家同士の付き合い、地域活動への参加も重要デジ。

確かに田舎ほど周りとの付き合いが大切って聞くけど・・・それって必須なの?

農家同士の付き合いから、新しいお得意先を紹介してもらえることもあるデジからね。周りとの助け合いによって成り立ってる部分もあるデジよ。

なるほどねぇ。

田舎は都会に比べて人が少ないこともあり、一人一人との付き合いが密接になりやすいデジ。「農業ならコミュニケーションを取らなくてよさそう」なんて考えてる人は気を付けた方がいいデジ。

あいちゃん

農業は人付き合いが大事な仕事でもあるのね。もしどうしても人と関わりたくないと思っているなら、次の記事を読んでみて。人と関わらない仕事を紹介しているわよ!
一人でできる仕事&人と関わらない仕事 【人と関わらない仕事】一人でできる仕事!47選【正社員・バイト等】

独立の場合、稼げるかは自分次第

独立して農業を始めるなら、稼げるか否かは完全に自分次第デジ。サラリーマンなら基本は働いた分だけ賃金を得られるデジが、独立だと働いても働いても、全く賃金が入らないことだってありえるデジ!

まぁ、これについては農業に限らずよね。独立には安定感の無さがつきものだわ。

特に技術や経験がない人は危険デジ。おそらく、ノウハウも無しにいきなり独立で農業をしても、なかなかうまく稼ぐことはできないデジ。だからこそ、冒頭でも話した通り、初めは雇用という形で農業を始めるのがおすすめデジ。雇用であれば農業でも基本は働いた分だけ賃金が手に入るデジからね。

独立する前に雇われ農業家として働いて、知識やスキルを蓄えろってことね!

転職診断バナー

農業へ転職!まずは雇用で働くのがおすすめ!

農業への転職方法には独立と雇用の2種類が存在するデジ。いきなり独立はノウハウ的にも厳しいものがあるデジから、まずは農業法人などで雇われとして働くといいデジよ。

また農業と一口に言っても稲作や果樹など種類は様々デジ。初めは各農業のセミナーやイベントに参加して、それぞれの仕事内容について理解を深め、どの農業が自分に合ってるか考えてみてほしいデジ!

農業の雇用求人やセミナー・イベントの案内については、農業に特化した求人サイトなどを活用すると見つけやすいデジよ。