おすすめ転職エージェントランキング

転職エージェントは使わない方がいい?【利用しない時の注意点は?】

転職エージェント 使わない

今や転職時に転職エージェントを利用するのが当たり前の時代になりつつあるデジが、一方で転職エージェントは必要ない、といった意見もちらほら目にするデジね。

そのため転職エージェントに登録すべきか、はたまた自力で転職活動を進めるべきか、迷ってしまう人も多いと思うデジ。

今回は転職エージェントを利用しない時のメリット&デメリットや、転職エージェントを利用しない転職方法についてまとめたデジから、転職エージェントへの登録を迷ってる人はぜひチェックしてほしいデジね!

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

あいちゃん

あいちゃん

小柄で可愛らしいみんなのアイドル。これまでの転職経験は2回で、現在は女性が働きやすい病院受付の仕事をしている。仕事はしっかりこなすが実は超ワガママな性格。

転職エージェントは必要ない?

たま~に「転職エージェントなんて必要ない!」みたいな意見があるけど、これって本当なの?

難しいところデジね。転職エージェントを利用することで応募書類の添削や面接サポート、求人紹介など多くの恩恵を受けられるため、特に理由が無ければ登録してほしいとは思ってるデジが、一方で連絡対応が面倒だったりのデメリットが存在するのも事実デジ。

なるほどねぇ。

また既に転職先の会社を絞り込んでいたり、希望する職業が芸能人など特殊すぎるものだと、あまり転職エージェントの恩恵を受けられないかもしれないデジ。そのため全員におすすめできるとは限らないんデジよね。

結局、必要ないのか、必要なのか判断付かないわ・・・。

今回は転職エージェントの利用で得られるメリットとデメリットをまとめたデジから、これを見て、自分に必要か否かを判断してほしいデジ!

転職診断バナー

転職エージェントを利用しないメリット

まずは転職エージェントを利用しないことで得られるメリットを解説していくデジよ。

利用しないメリット
  • 自分のペースで転職活動を進められる
  • 面談等の時間を節約できる
  • アドバイザーの発言に左右されない
  • 内定をやや断りやすい

自分のペースで転職活動を進められる

階段を上る男性

転職エージェントを利用しないのであれば、転職について誰かに意見されることがなく、自分のペースで転職活動を進められるデジね。

気楽と言えば気楽よね。

求人の検索も、求人の応募も自分の好きなタイミングでOKデジからね。もちろん転職エージェントを利用しながら自分のペースで転職活動をしてる人もいるデジが、どうしても求人案内の連絡なんかがあると、やや急かされている気分になるデジね。

面談等の時間を節約できる

転職エージェントに登録すると、面談や面接対策などで時間を取られるデジね。もちろん有意義な時間デジけど、転職活動の時間を抑えたいって人にも転職エージェントは向かないかもデジ。

転職エージェントとの連絡でも時間を取られるものね。

ただ、自力での転職活動だと面接等が上手くいかず、結局は転職活動の時間が延びてしまうこともしばしばデジ。転職活動に自信が無いなら、初めから転職エージェントの力を頼った方が時間の節約になる、といった意見もあるデジね。

アドバイザーの発言に左右されない

人間は他人の発言に左右されやすい生き物デジ。そのため、転職エージェントのキャリアアドバイザーの巧みな営業トークにそそのかされ、本来は望んでいなかった企業へ入社してしまう恐れも、無くはないデジ。

え?転職エージェントって営業トークとかするの?

転職エージェントにもノルマがあるデジから、少しでも転職成功者を増やすため、営業トークをする可能性はゼロじゃないデジ。ほとんどの転職エージェントはこちらの希望にそった、理想的な求人を紹介してくれるデジけどね。

へぇ~。転職エージェントにもノルマがあるのね。

転職エージェントを利用しなければ、そういった営業トークに左右される心配も無用デジね。自分の意思だけで転職活動を進められるデジ。

内定をやや断りやすい

面接を通して内定をもらったものの、労働条件等が合わず内定を辞退したいケースも少なくないデジよね。そんな時、転職エージェント経由だと少し厄介かもデジ。

どして?

さっきも言った通り転職エージェントにもノルマが存在するため、内定までいった後の断りは引き止めにあう可能性があるんデジよ。中には内定をゴリ押ししてくる転職エージェントもいると聞くデジ。

転職エージェント側はできるだけ転職成功者を多く出したいのね。

個人の転職活動であっても内定辞退は申し訳なさが出るデジけど、転職エージェント経由よりは幾分か断りやすい気がするデジ。とはいえ、転職エージェント経由で内定を辞退してる人もたくさんいるデジから、そこまでは気にしなくて平気デジけどね。

今月の申込数ランキング

  1. #doda(デューダ)
    転職者満足度No.1!特に20~30代の人におすすめで求人数100,000件以上。
  2. #リクルートエージェント
    転職支援実績No.1!約90%が非公開求人!登録必須のエージェント。
  3. #ビズリーチ
    年収500万円以上の人向き!優秀なヘッドハンター多数在籍!

転職エージェントを利用しないデメリット

転職エージェントを利用しないと、以下のようなデメリットを受けることになるデジ!

利用しないデメリット
  • 非公開求人を知ることができない
  • 転職支援を全く受けられない
  • 履歴書・職務経歴書も自力で作成
  • 自己PRも自力で作成
  • 情報を自力で集めなくてはいけない
  • 給与等の条件交渉をしにくい

非公開求人を知ることができない

転職エージェントは求人サイトなど表に出ていない「非公開求人」を大量に保有してるデジね。

非公開求人とは?
求人サイトやハローワークなどには掲載されていない求人のこと。大手企業・優良企業、競争率が低い傾向にある、幹部クラス・重要ポストの求人も多め、などの特徴を持ちます。

非公開求人って転職エージェントに登録しないと教えてもらえないの?

基本はそうデジ。しかも転職エージェントの保有する求人のうち、80~90%は非公開求人デジ。つまり転職エージェントに登録しないと、いくつもの優良求人を見逃すことになりかねないデジ!

転職支援を全く受けられない

転職エージェントに登録することで以下のような転職支援を受けられるデジ。

エージェントの転職支援

  • 転職に関する疑問の相談
  • 面接の対策
  • 面接の日程調整
  • 不採用時のフィードバック
  • 希望条件にそった求人の紹介
  • 求人の応募手続きサポート
  • 入社手続きのサポート
  • 退職サポート
  • 雇用契約書の確認

などなど。転職の始まりから終わりまで、十分すぎるくらいの転職支援を受けられるデジ!

転職エージェントの支援ってこんなに充実してるのね!

すなわち、転職エージェントに登録しなければ上記のような支援を全く受けられる、求人の検索も面接の対策も各種手続きも、全て自力でしなくてはならないデジ!正直、面倒デジ!

何かあった時も相談できるわけだし、これなら転職エージェントの利用者が増えてるのも納得だわ。

履歴書・職務経歴書も自力で作成

ノートとペン

履歴書はともかく、職務経歴書って新卒の時は不要デジから、転職経験がない人だと書き方すら分からないデジよね。転職エージェントはそんな職務経歴書・履歴書の添削をしてくれるデジ!プロのアドバイスを受けながら作成できるデジ!

履歴書とかってどう書いたらいいか分からない箇所も多いから、助かるわぁ。

逆に転職エージェントを利用しない場合は全て自力で作成デジ!最近はインターネットで書き方を調べられるとは言え、ピンポイントで疑問に対する答えを見つけ出すのは困難だったりするデジよね。転職エージェントなら書き方が分からない部分に対して適切な答えをくれるため、これら書類の作成に自信が無い人にも登録をおすすめするデジ!

自己PRも自力で作成

転職エージェントを利用しない場合はもちろん自己PRも自力作成になるデジが、自分の強みってなかなか気が付けないんデジよね。第三者に指摘されて初めて気が付くパターンも多いと思うデジ。

凄く分かるわ!

転職エージェントなら自分では気が付かなかったような強みを教えてくれたり、プロの視点で企業の目にとまりやすい表現をアドバイスしてくれるデジ。

情報を自力で集めなくてはいけない

転職を失敗しないためには、志望先の業務内容や雰囲気、福利厚生など様々な情報を入手することが大切デジが、いかに企業のホームページや口コミサイトを駆使しても、個人で得られる情報って意外と限界があるデジよね。

ホームページに大した情報が記載されてないことも多いのよね・・・。

転職エージェントの人は企業とのつながりがあるため、具体的な業務内容な雰囲気など表には出ていない内情を把握してたりするデジ。インターネットだけでは手に入らない情報も教えてくれるため、転職の失敗確率を下げることが出来るはずデジよ!

給与等の条件交渉をしにくい

給料のイメージ

転職にあたって年収や労働条件の交渉をしたいと思うことも珍しくないデジよね。しかし、自ら率先して交渉するのって気が引けないデジか?特に内定をもらった後だと内定取り消し等が怖くて条件交渉に踏み出せない人がほとんどだと思うデジ。

これから働く企業に対して条件の交渉って、やりにくいのよねぇ。

しか~し、転職エージェントなら給与や労働条件の交渉代行も請け負ってくれるデジ!自分では伝えにくい内容を、転職エージェントに伝えてもらうことが可能デジ!

そんなことまでしてくれるのね!やっぱり転職エージェントは登録しておくべき、って気がしてきたわ。

転職エージェントを利用しない転職方法とは

上記の通り、転職エージェントを利用しないデメリットが多すぎるため、基本は転職エージェントの利用をおすすめするデジが、どうしても自分のペースで転職活動したいって人もいるデジよね。そこで、転職エージェントを利用しない転職方法も紹介しておくデジ。

企業HPなどから応募する

企業のホームページ・SNSや店先に貼ってある求人広告をもとに、求人応募するのもひとつの手デジね。

そういえば、公式サイトに人材募集のバナーがあったりするわよね。

いくつもの企業ホームページや企業SNSなどをめぐる必要があるため労力は必要デジけど、一応は実用的な方法だと思うデジ。

転職サイトを利用する

仕事探し

転職エージェントを除いた時、最もポピュラーな転職方法が転職サイトじゃないデジかね。ひとつのサイトに数千・数万の求人情報が掲載されているうえ、基本は条件で絞り込みも可能デジから、希望にそった求人を発見しやすいデジ。

確かに転職サイトも有名ね。

ただし、転職サイトは会員登録すら無しで閲覧できることも多く、1件の求人に対する応募数が増えがちデジ。つまりは倍率が高くなる傾向にあるため、思うように選考が進まないこともしばしば、デジ。

あー。

さらに転職支援も受けられないデジ。転職エージェントに比べて難易度は上がると考えた方がいいデジ。

ハローワークを利用する

今や転職サイトの方が有名な気もするデジが、ハローワークで求人を探す手段もあるデジね。

何となく忘れがちだけど、有名な方法のひとつよね。

問題は求人の質が低めと言われていることデジかね。スタッフにしても転職のプロとは言いづらく、あまりおすすめはできないデジ。

友人・知人に頼って転職する

友人や知人に頼って転職する手もあるデジよね。たとえば、近くに会社を経営する人がいれば人材を探してないか聞いてみたり、人手不足で困ってる人を知らないか聞いてみたりするデジ。

う~ん。何だか難易度が高そうな方法だわ。

確かに難易度は高いかもデジが、友人がちょうど人材を探してたりすれば、書類選考や面接をすっ飛ばして採用してもらえるかもデジ。また友人・知人の紹介なら待遇もそこそこ期待できそうデジ。

意外とメリットは大きい方法なのね。

転職診断バナー

「転職エージェントを利用しない」は非推奨!

転職エージェントを利用しない転職もありだとは思うデジが、利用しないことによるデメリットが多すぎるため、あまりおすすめは出来ないデジね。

特に初めての転職活動なら、転職エージェントに登録して、転職のプロによる転職支援を受けた方がいいと思うデジよ。そうしないと、あらゆる場面でつまづく気がするデジ・・・。

転職エージェントは無料で利用できるサービスだから、まずは登録してみて、合わないと思ったら利用しない転職活動に切り替えてもいいんじゃないデジかね!

あいちゃん

転職エージェントは無料のサービスなんだし、登録することで有益な情報が得られるかもしれないんだから、ひとまず登録するに越したことはないんじゃないかしら?次の記事でおすすめ転職エージェントをランキングで紹介しているから、ぜひぜひ覗いてみて!
転職エージェントおすすめランキング 【おすすめ】転職エージェントランキング厳選18社【評判を比較】
転職エージェント探しに役立つ記事
女性女性におすすめの転職エージェント
既卒既卒就活におすすめの転職エージェント
第二新卒第二新卒におすすめの転職エージェント
IT・WEBIT業界向けおすすめ転職エージェント
エンジニアエンジニアにおすすめの転職エージェント
クリエイティブクリエイティブ職におすすめの転職エージェント
外資系外資系向けおすすめ転職エージェント
海外海外の転職向きおすすめの転職エージェント
エグゼクティブエグゼクティブ向けおすすめ転職エージェント
ベンチャーベンチャー向けおすすめ転職エージェント
経理経理向けおすすめ転職エージェント
飲食飲食業界向けおすすめ転職エージェント
介護介護業界向けおすすめ転職エージェント
アパレルアパレル業界向けおすすめ転職エージェント
高卒高卒におすすめの転職エージェント
ニートニートにおすすめの転職エージェント
フリーターフリーターにおすすめの転職エージェント
未経験未経験におすすめの転職エージェント
離職中・無職離職中・無職におすすめの転職エージェント
20代20代におすすめの転職エージェント
30代30代におすすめの転職エージェント
40代40代におすすめの転職エージェント
50代50代におすすめの転職エージェント