おすすめ転職エージェントランキング

【転職エージェントの複数利用】5つのメリット&タブーとされる行動

絶対にダメなNG行動?転職エージェント複数利用のメリット

転職をするとき、転職エージェントのサービスを活用するのがごく一般的になってきているみたいだけど、多くの人が同時に複数の転職エージェントに登録して、転職活動を進めているって知ってた?

このページでは複数の転職エージェントを利用した方が良い理由や、知っておきたい複数利用のデメリット、絶対NGな注意点も紹介しているよ!

9~10月は転職に成功しやすい時期

転職のイメージ

年間でも求人数が特に多い9~10月は転職 の大チャンス!内定をもらえる可能性が高まるこの時期を逃さないように今から転職活動をはじめましょう

…とは言ってみたものの、1人1人におすすめの転職サイトは「性別」「年齢」「年収」によって大きく異なるため【 30秒 転職診断チャート】で適切なサイトを診断し、転職成功率をグッと高めましょう!

この記事で会話をするキャラクター
ざぶとん君

ざぶとん君

通信販売会社に勤務する28歳。ブラック企業で働いていた経歴あり(前職)。転職でホワイト企業に入社。仕事の成績はほどほどだが、信頼できる仲間とやりがいを持って働いている。

ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

目次

複数の転職エージェントに登録することはできる?

単刀直入に言うデジ!複数の転職エージェントに同時に登録することは可能デジ!むしろ転職を成功させている人の多くが、転職エージェントに複数登録しているデジよ!

転職成功者の平均登録社数について

全体的に見ると2社程度に登録している人が最も多いようですが、転職を成功させた人だけで考えると、平均4社程度に登録しているというデータがあります。また多い人だと10社以上登録することもあるのです。

へー。みんな複数登録しているんだね。10社以上登録する人もいるんだ!

もちろん1社で転職を成功させた人もいるデジけど…運が悪いと登録した転職エージェントに自分の条件にマッチする求人がなかったり、担当のキャリアアドバイザーと相性が合わなかったりするデジ。そういったことを防ぐためにも、多くの人が複数の転職エージェントに登録しているデジ。

転職診断バナー

転職エージェントを複数利用するメリット

複数の転職エージェントを利用するメリットにはこんなことがあるデジ。

複数登録のメリット
  • 転職エージェントを比較検討できる
  • 幅広い転職活動ができる
  • 得意業界や用途に応じて使い分けられる
  • 転職エージェント毎の独占求人を紹介
  • 複数のアドバイザーの意見が聞ける
  • 相性の良いアドバイザーと出会いやすい

ひとつずつ詳しく教えて!ブイブイ!

転職エージェントを比較検討できる

転職エージェントが一般的になってきたことで、転職エージェント会社自体も増えているデジ。各社それぞれ特色があるデジね。

その中でどの転職エージェントが自分に合うかなんて、わかるのかね?

当然1社だけの登録だと、本当に自分に合っているのか?もっと自分に合うところはないのか?判断できないデジ。でも複数登録することで「ここは合わないな…」っていうのがわかってくるはずデジ!比較検討しジャッジするという意味でも複数登録するのは大事デジ!

幅広い転職活動ができる

高層ビルを見上げる女性

転職エージェントによって、保有している求人情報が違うデジ。

そんなに違うの?

タイミングによっても違ってくるデジけど、これだけの転職エージェントがあるんデジから、それぞれ保有している求人にバラつきがあるのは当然デジ。だからこそ複数の転職エージェントに登録して、できるだけ取りこぼしが少ないようにするデジよ!

確かに自分が登録した転職エージェントに、必ず自分の条件ぴったりマッチする求人があるとも限らないもんね。複数登録しておけばマッチする確率を上げられそうだ!

転職エージェントごとの独占求人を紹介してもらえる

各転職エージェントには、そのエージェントしか持っていない独占求人というものがあるデジ!

独占求人!?

独占求人とは?
1社の転職エージェントだけにしかない求人情報のこと。採用人数が1~2人とごくわずかな場合や、企業と転職エージェントに強い信頼関係がある場合などに独占求人が発生します。

転職エージェントに複数登録すれば、各社が個別に保有している独占求人を紹介してもらえる可能性が高まるデジ!独占求人は書類選考がパスになる場合もあり、うまくいけばかなりスムーズに転職先を決めることができるデジよ。

得意業界や用途に応じて使い分けられる

複数の転職エージェントに登録しておくことで、各転職エージェントを使い分けることができるデジ!

使い分け?

そうデジ。転職エージェントによって「求人数が多い」「IT業界に特化している」「営業職の転職に強い」「面接対策が充実している」「金融業界の専門知識が豊富」などなど、さまざまな特徴があるデジ。

なるほどんぐり!

各転職エージェントの強みや特徴を同時に転職活動に活かすことができるデジ。1社で教えてもらった面接対策はすべての採用面接に活かすことができるデジね。1社で希望する業界の採用傾向などを聞けたら、他の転職エージェントで紹介してもらった求人への応募にも活用できるデジ~!

それってすごく賢い転職エージェントの利用法だね!

自分に合ったキャリアアドバイザーと出会いやすい

握手

転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーが転職活動をサポートしてくれるんデジけど、キャリアアドバイザーだって人間だから、Aさんにはマッチするけど、Bさんにはマッチしない…なんてことはよくある話デジ。

人それぞれ相性があるもんね。

それにキャリアアドバイザーによって、経験も得意な業界も違うデジ。それなのに1社にしか登録していなかったら、自分に合わないキャリアアドバイザーと転職活動を進めることになってしまって、最終的に納得のいかない結果になってしまう可能性だってあるデジ。

キャリアアドバイザーとの相性

相性の良いキャリアアドバイザーが担当になることで、ストレスの少ない転職活動ができるはずです。反対に相性が合わないと、些細なことも気になってしまいマイナスに。効率的かつ満足のいく転職活動をするためにも、キャリアアドバイザーとの相性は非常に重要です。

そうか!複数の転職エージェントに登録して複数のキャリアアドバイザーに会うことで、自分と相性の良いキャリアアドバイザーがわかるのか!

もちろん複数のキャリアアドバイザーに会ってみて、みんな良さそうなら引き続きサポートをお願いすれば良いだけデジ!とにかく1社だけの登録じゃ、何も判断ができないデジよ~。

複数のキャリアアドバイザーの意見が聞ける

単純に、複数の転職エージェントに登録しておくことで、複数のキャリアアドバイザーの意見が聞けるっていうメリットがあるデジ。

そんなにキャリアアドバイザーによって意見が違うのかね?

そりゃそうデジ。経験値も価値観も性格も人それぞれデジ。もちろん色々なアドバイスをもらうことで混乱する可能性もゼロではないデジけど…それを踏まえて自分の気持ちをしっかりと整理すれば、より満足度の高い転職ができるんじゃないデジかね。

誰が正しくて誰が間違っている…じゃなくて、さまざまなアドバイスをもらうことで、転職の視野を広げたらいいんだね!

今月の申込数ランキング

  1. #doda(デューダ)
    転職者満足度No.1!特に20~30代の人におすすめで求人数100,000件以上。
    https://doda.jp/
  2. #リクルートエージェント
    転職支援実績No.1!約90%が非公開求人!登録必須のエージェント。
    https://www.r-agent.com/
  3. #ビズリーチ
    年収500万円以上の人向き!優秀なヘッドハンター多数在籍!
    https://www.bizreach.jp/
  4. #リクらく
    8割が未経験の転職に成功!面接1回で内定!20~30代の人におすすめ!
    https://www.rikuraku.net/
  5. #パソナキャリア
    女性の気持ちがわかるアドバイザーが多い!年収アップ率67.1%!
    https://www.pasonacareer.jp/

転職エージェントを複数利用するデメリット

転職エージェントの複数登録ってメリットしかないの?今のところメリットしかないって感じだよね?

デメリットもあるデジよ!

複数登録のメリット
  • 求人情報が増える分だけ迷いやすい
  • スケジュール管理が難しくなる可能性
  • 異なるアドバイスで迷うかもしれない

ここからは転職エージェントに複数登録するデメリットについて解説するデジ!

求人情報が増える分だけ迷いやすくなる

書類の山

複数の転職エージェントに登録するということは、当然紹介してもらえる求人情報も増えるデジ。1社から3求人紹介してもらうとして、3社登録したら9求人、5社登録したら15求人…これは単純計算デジけど、一度にこれだけの求人情報をもらったら当然迷うデジ。

た、確かに…。迷っちゃうよね…。

とはいえ紹介された求人情報全てに興味が持てるかはわからないし、応募した求人のうち書類審査で落ちるものだってあるデジ。さらに転職活動を進めていくうち、自分に合いそうなのはどんな会社かわかってくるはずデジから、少しずつ迷いも少なくなると思うデジ。

キャリアアドバイザーもちゃんとアドバイスしてくれそうだよね!

面接などのスケジュール管理が難しくなる場合がある

複数の転職エージェントに登録すると、スケジュール管理が複雑になってくるデジ。登録後の面談のスケジュール調整もあるけど、面接の日程調整なんかも面倒になるかもしれないデジ。

面接の日程調整は転職エージェントが代行してくれるんでしょ?それでも複雑になるの?

エージェントごとの面接調整はキャリアアドバイザーがしてくれるけど、他の転職エージェントの面接管理まではしてくれないデジ。そりゃそうデジ!

・・・・・・・・・。確かに。

だから何とか自分でスケジュールを調整するデジ。ちなみにキャリアアドバイザーとの面談は、転職エージェントに直接出向く方法以外にも、以下のような方法で対応してもらえることがあるデジ。

こんな面談方法もある!
  • 電話面談
  • スカイプ面談
  • 出張面談

仕事をしながら転職活動する人なんかは時間に余裕がないと思うから、希望する場合は最初に相談してみると良いデジ!

異なるアドバイスをされたとき迷う可能性がある

悩む女性

さっきメリットのところでも触れたけど、複数の転職エージェントに登録すると、複数のキャリアアドバイザーからアドバイスがもらえるデジ。

それがメリットなんだよね?

確かにそうデジが…まだ転職の気持ちが固まっていない人や、自分がどんな転職をしたいのか定まっていない人は、色々な意見を言われて戸惑う可能性があるデジ。でも気持ちが定まらないままの転職なんてうまくいくはずないデジから、これをチャンスと思って、自分の気持ちを整理するデジよ!

転職エージェントの複数登録は必ず伝えること!

複数の転職エージェントに登録するうえで、超大切なことを伝えるデジっ!!!!!

なに急に!?びっくりしタンバリン!

その大切なことというのは…複数の転職エージェントに登録していることを、各転職エージェントに必ず!確実に!伝えるってことデジ!

複数登録を正直に伝えるワケ
  • 多くの人が当たり前に複数登録している
  • 話のつじつまが合わず不信に思われる
  • 同じ求人を複数から紹介される可能性
  • アドバイザーとの信頼関係が築きにくい

もはや複数の転職エージェントに登録するのは、誰もがやっていることデジ。キャリアアドバイザー側も当然だと思っているから、それを伝えたからって嫌がられることはないデジ。

確かにこの記事の冒頭でも、転職成功者は平均4社程度も登録しているデータがあるって書いてあったもんね。

例えばこんな事例があるデジ。

過去にあった事例

2つの転職エージェントから同じ求人を紹介されたAさん。複数の転職エージェントに登録していることを担当キャリアアドバイザーに伝えていなかったこともあり、片方の求人を曖昧に断ってしまったところ、その後同じような求人を紹介してもらえなくなってしまいました。

担当のキャリアアドバイザーに「こういう求人は嫌なんだな…」と判断されたデジね。

素直に複数の転職エージェントを利用しているって言っておけば、「他のエージェントから応募してます!他に似た求人があればぜひ紹介してください!」って堂々と言えるもんね。優良求人を逃す可能性があるんだ。それは避けたい!

それに理由なく紹介された求人を断っていると、やる気がないと判断されて、好条件の求人を紹介してもらえなくなることだってあるデジ。だから必ず!絶対に!複数の転職エージェントに登録していることは、伝えるデジよ!

複数の転職エージェントを利用するときの注意点

ここで、複数の転職エージェントに登録して転職活動をするときの注意点について説明するデジ!

早め早めのレスポンスを心がける

携帯電話を持つ男性

複数の転職エージェントに登録していると、いろいろな転職エージェントから連絡が入ってくるデジね?

そりゃそうだ。

その連絡に対するレスポンスは、できるだけ早め早めを心がけるデジよ!キャリアアドバイザーは複数の転職希望者を掛け持ちしているから、やっぱりレスポンスが早い人優先になってしまうデジ。もたもたしていると、他の人にかかりっきりになってしまうデジよ。

なるほどーナッツ!不在着信があったら、出来るだけ早く折り返さないとね!メールの見落としも注意しないと!

スケジュール管理をしっかりとする

これはさっきも話したけど、スケジュール管理をしっかりすることも重要デジ。

すっぽかしたりしたら…ものすごくイメージが悪いもんね。もらえる内定ももらえないや。

そうデジ。便利なスケジュール管理アプリなんかもたくさんあるから、それらを駆使して上手にスケジュールを管理するデジ!

同じ求人案件に複数の転職エージェントから応募しない

分岐点

同じ求人案件に、複数の転職エージェントから応募するのはタブーとされているデジ。だから絶対に重複応募しないように気を付けるデジ。

そうなんだ!

重複応募は、応募先の企業にも転職エージェントにも悪い印象を与えてしまうし、場合によっては企業と転職エージェントの関係を悪化させる可能性もあるデジ。だからこそ、複数の転職エージェントに登録していることを最初に話して、応募先も共有するデジよ。

転職エージェントは何社登録したらいい?

結局のところ、転職エージェントは何社くらい登録すればいいか?ということデジけど…最終的には2~4社くらいに絞って転職活動を進めていくのが良いと、ブイブイは個人的に(正しくは“個ロボ的に”デジけど)思うデジ。

おすすめの登録社数

2~4社

これについてはいろいろな声があるデジけど、まず転職活動をしている人の多くが2社程度登録しているということ、そして転職成功者だけで考えると平均4社程度登録しているっていう事実があるデジ。

ふむふむ。

このあと紹介するデジけど、どうせ登録するならタイプが違う転職エージェントに登録して使い分けると良いデジ。それを考えても2~4社が最適だと思うデジ!

2~4社かぁ。

もちろん5社以上がダメということはないし、実際に10社以上登録している人もいるデジ。各社のサイトを見ただけでは、どの転職エージェントが本当に合う判断できないから、最終的に2~4社に絞るためにも、まず気になる転職エージェントは登録し面談を受けてみて、合わないところは断るデジよ!

転職エージェントは連絡さえすればすぐに退会(辞退)できるらしいね。でも断り方って…どうしたらいいんだろ?

電話やメールで連絡すればOKデジ。常識的な連絡をすればすぐ退会できるデジ。転職エージェントによっては専用フォームが用意されていることもあるデジ!退会は簡単だから、あまり気負わず登録してみると良いデジよ!

転職エージェントを選ぶときのコツ

転職エージェントの選び方について解説するデジ!

相性の良いキャリアアドバイザーがいるところに絞る

気になった転職エージェントに登録してキャリアアドバイザーの面談を受けるデジ。面談を受けて「合わないかも…」と思うようなら退会すればいいし、良さそうだったらサポートをお願いするデジ。

転職エージェント

以下のような基準でキャリアアドバイザーを見極めると良いみたい。もちろん他にも見極めポイントはあると思うけど参考になるよ!

良いキャリアアドバイザーの条件
  • ビジネスマナーがしっかりしている
  • 上から目線や冷たさを感じない
  • 話を親身に聞いてくれる
  • こまめに連絡をしてくれる
  • 応募を無理に急がせない
  • いつでも的確なアドバイスをしてくれる
  • その求人を紹介した理由が明確
  • 質問をはぐらかさない

担当のキャリアアドバイザーがどんな人かって大事だよね。

既にかなりの数の転職エージェントがあるから、担当になったキャリアアドバイザーと相性が悪いと感じたら別の転職エージェントに切り替えていけば良いデジ。キャリアアドバイザーは転職活動を二人三脚でサポートしてくれる相手だから、そこはしっかり選ぶデジ!

まさに二人三脚だよね!

最終的に合うキャリアアドバイザー2~4人に絞ってサポートしてもらうのが理想的だと思うデジ!ちなみにキャリアアドバイザーとほぼ同じ仕事に「キャリアコンサルタント」というのがあるデジけど、キャリアコンサルタントっていうのは国家資格デジ。参考までに覚えておくと良いデジよ!

タイプの違う転職エージェントに登録する

転職エージェントと言っても、それぞれタイプが異なるデジ。求人の取りこぼしを極力防ぐためにも、タイプの違う転職エージェントに登録することをおすすめするデジ!

登録する転職エージェントの例
  • 大手(総合型):1~2社
  • 特化型(又は中小):1~2社

「総合型」というのは、あらゆる求人情報を網羅しているような、大手の転職エージェントのことデジ。求人数が多いのも魅力デジ。

総合型の転職エージェントは1~2社登録するんだね。

「特化型」というのは、例えば「IT」「アパレル」「医療」「20代(若手)」「女性向け」「ハイキャリア(ハイクラス)」といった、強みのある転職エージェントのことデジ。

確かに特化型だ!

特化型の転職エージェントの場合、求人数はそれほど多くない場合が多いデジけど、そのぶん業界に強いキャリアアドバイザーが多く、当然その業界の求人をまとめて保有しているデジ。

違ったタイプの転職エージェントに登録して使い分けるといいんだね!

登録するべきおすすめ転職エージェント2社

ここまで読んだなら効率的な転職活動のためには、転職エージェントを複数利用するのが基本中の基本ということがわかったと思うデジが…ここで!!必ず登録してほしい転職エージェントを2社紹介するデジ!

登録必須の転職エージェント!?どこ?どこ??どこなのーーー???

ざぶとん君…ひとまず落ち着くデジ。ブイブイが登録必須だと思う理由デジが…とにかく保有している求人数が多いという点は大きいデジ!さらに顧客満足度の高さ、転職支援実績、キャリアアドバイザーの質などあらゆる観点で考えたときの総合評価が高い会社ということデジね!ではさっそく!

リクルートエージェント 【実績No.1】

リクルートエージェント

ポイント
  • 転職支援実績No.1
  • 約90%が非公開求人
  • 求人数トップクラス
  • 相談拠点数業界No.1
  • 土日&平日20時以降の相談OK

転職エージェント業界最大手とされる「リクルートエージェント」は、転職支援実績No.1デジ(累計転職成功実績 約325,689/2014年3月末時点)。なんと保有する非公開求人は20万件以上と、他を寄せ付けない圧倒的な実力デジよ。

相談拠点も多く、また各業界に精通したキャリアアドバイザーが多数在籍している点も魅力的。土日祝や平日20時以降の相談にも対応しているデジから、仕事をしながら転職活動をするって人も便利だと思うデジ。

かなり歴史のある老舗の転職エージェントだけに、転職支援のノウハウや企業側との信頼関係も抜群。リクルートエージェントに登録しない限り出会うことができない求人が膨大にあることを考えると、登録しないデメリットは大きいと思うデジ!

マイナビエージェント 【20代~30代】

マイナビエージェント

ポイント
  • 約80%が非公開求人
  • 保有する求人情報のバランス良好
  • 特に若手の転職に強い
  • 企業の社風や雰囲気を熟知
  • 書類選考や面接の通過率もアドバイス

「マイナビエージェント」は、幅広い年齢層にマッチする求人を保有しているデジが、その中でも特に20代、30代向きの求人にはすごく強いデジね。

なんと「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」なんデジよ。若手の転職支援に定評があるだけに、サポートもすごく手厚くて丁寧だって高評価されているデジ。

非公開求人の割合は80%。大手企業から成長中のベンチャー企業、ホワイトな優良中小企業など、たくさんの求人を保有しているデジ。大手マイナビが運営しているという点も安心材料デジね。多くの企業と太いパイプを持っているからこそ、転職活動を有利に進められるはずデジ。登録しておくことをおすすめするデジよ~。

特化型の転職エージェント!おすすめ5社

IT

より手堅い転職活動をするため、大手の転職エージェントだけでなく自分の希望・条件にマッチする特化型の転職エージェントに登録するデジ!

特化型の転職エージェントって記事の中でも出てきたよね。

そうデジ!例えば…IT・Web業界を希望するなら、IT業界特化の転職エージェント「 レバテックキャリア」や「 マイナビエージェント×IT」に登録すると良いデジ!IT業界に精通したキャリアアドバイザーのアドバイスが聞けるデジ。

IT業界特化か!それはいいね!

アパレル業界に興味があるなら「 クリーデンス」は外せないデジね!老舗ブランドから今話題のブランドまで、本当にたくさんのアパレル求人を保有しているデジよ!

なるほドバイ!!

業界特化ではなく、年齢や性別などで転職エージェントを選ぶのもありデジ!20代の転職なら「 就職shop」!利用者の約9割が20代で、若手の転職に強いデジ!また女性の転職なら、女性向けの求人に強い「 パソナキャリア」がおすすめ!女性が働きやすい職場を紹介してくれるデジ~!

そうやって賢く転職エージェントを利用すれば、早い段階で自分にとって魅力的な企業が見つかりそうだね!それに複数登録することで、いろいろなキャリアアドバイザーの意見が聞けるから参考にしていこう!

転職診断バナー

転職エージェントの複数登録で内定獲得率UPを狙え!効率的な転職活動を

複数の転職エージェントに登録しても問題ないんだね!むしろみんな複数の転職エージェントを使い分けて転職活動しているみたいだ!

確かに1社だけだと、自分に合っているかどうかも判断できないもんね。今ではたくさんの転職エージェントがあるから、複数登録して効率的に転職活動をするといいんじゃないかな。さぁ内定獲得まで頑張ろう!僕も応援しているよ!

転職エージェント探しに役立つ記事
女性女性におすすめの転職エージェント
既卒既卒就活におすすめの転職エージェント
第二新卒第二新卒におすすめの転職エージェント
IT・WEBIT業界向けおすすめ転職エージェント
エンジニアエンジニアにおすすめの転職エージェント
クリエイティブクリエイティブ職におすすめの転職エージェント
外資系外資系向けおすすめ転職エージェント
海外海外の転職向きおすすめの転職エージェント
エグゼクティブエグゼクティブ向けおすすめ転職エージェント
ベンチャーベンチャー向けおすすめ転職エージェント
経理経理向けおすすめ転職エージェント
飲食飲食業界向けおすすめ転職エージェント
介護介護業界向けおすすめ転職エージェント
アパレルアパレル業界向けおすすめ転職エージェント
高卒高卒におすすめの転職エージェント
ニートニートにおすすめの転職エージェント
フリーターフリーターにおすすめの転職エージェント
未経験未経験におすすめの転職エージェント
離職中・無職離職中・無職におすすめの転職エージェント
20代20代におすすめの転職エージェント
30代30代におすすめの転職エージェント
40代40代におすすめの転職エージェント
50代50代におすすめの転職エージェント