【転勤命令を拒否】転勤がある5つの理由&断ることが可能なケース

転勤

せっかく地元の企業に入社したのに突然の転勤命令!子どもが産まれた直後に転勤命令!これは何とかして拒否したい・・・と考えるのは普通デジよね。

ただ・・・残念ながら転勤命令は基本的に拒否できず、拒否すれば懲戒処分の恐れだってあるデジ…。ここでは、どうして転勤命令が拒否できないのか?拒否できるケースはあるのか?そもそも会社が転勤命令を出す理由は何なのか?転勤にメリットはあるのか?などなど、転勤に関する情報を詳しく紹介していくデジ!

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

あいちゃん

あいちゃん

小柄で可愛らしいみんなのアイドル。これまでの転職経験は2回で、現在は女性が働きやすい病院受付の仕事をしている。仕事はしっかりこなすが実は超ワガママな性格。

転勤は基本的に拒否できない

説明する男性

初めに結論から言うと、転勤命令は基本的に拒否できないと考えてほしいデジ。

え?そうなの!?

企業に入社する際、社員は就業規則に合意するデジよね。その就業規則に「転勤を命ずる場合がある」と書かれていれば、転勤の可能性を前提に会社と契約することになるデジ。つまり転勤を断るのは規則に反することになるデジ。

そ、それでも拒否したら・・・?

断れば懲戒処分の恐れも

就業規則に転勤に関することが書かれているにも関わらず、転勤を拒否しようものなら懲戒処分の恐れもあるデジ!解雇は免れたとしても減給や降格が待ってるかもデジよ…。

ひぃ!

また懲戒処分を免れたとしても「転勤を拒否した社員」と上司から見続けられるわけデジから、仕事がしにくい雰囲気になるのは目に見えてるデジ。やむを得ない事情などがある場合は別デジが、「地元から離れるのは嫌…」などの理由からの転勤拒否は難しいと考えてほしいデジ。

内示の拒否も基本は無理

転勤命令が下る1ヶ月くら前には内示(本人や上司など限られた人だけに転勤を伝えること)が出るはずデジ。正式発表前の内示なら断れるかもと考える人もいるみたいデジが、当然ながら内示でも断るのは厳しいと考えてほしいデジ。

内示でもダメなんだ…。

内示は転勤に伴う引っ越しなどの準備を整えてもらうのが目的デジからね。言ってしまえば、命令は出されていないものの転勤命令は決まってるようなものデジ。

転職診断バナー

転勤を拒否できる4つのケース

上記で転勤の拒否は基本的に無理と話したデジが、下記のように拒否できるケースも存在するデジよ。

やむを得ない事情がある

介護

次のようにやむを得ない事情がある場合は転勤を断れることがあるデジ。

やむを得ない事情
  • 介護が必要な家族がいる
  • 重い病気を抱える子どもがいる

などなど。たとえば「重度のアトピー性皮膚炎を持った2人の子どもがいる」といった理由から転勤の拒否が認められたケースもあるデジ。

それなら転勤拒否も仕方ないわよね!

ちなみに「母が地元を離れるのを拒んでいる」などの理由から拒否したケースもあるデジが、これは認められず社員は解雇となったようデジ。あくまでも、やむを得ない、どうしても転勤できない理由がある時だけ拒否できると考えてほしいデジ。

就業規則に転勤のことが書いていない

冒頭で話したように、転勤を拒否できないのは「転勤のことが書かれた就業規則に合意しているため」デジね。

そう言ってたわよね。

つまり、就業規則を確認して「転勤を命ずる場合がある」などの記載がなければ拒否できる可能性もあるデジ!

そうなんだ!

ただ、就業規則に記載がなくとも、他の規則に記載があったり、そもそも規則的には断れても断ったことで職場に居づらくなることはあるデジ。「断れるから断ってしまう」といった選択が正しいとも限らないわけデジね。

勤務地が限定された雇用である

正社員だと少ないかもデジが、契約の時に勤務地が限定されてるケースもあるデジ。その場合は、その地域で働くことを前提としているため、転勤命令を拒否できるデジよ。というより、勤務地が限定された社員への転勤命令は業務違反になる可能性が高いデジ。

勤務地が限定ねぇ。

たとえば「地域限定正社員」という雇用形態も存在するデジ。これは転勤をしないという条件で採用された社員デジから、当然ながら転勤を断ることができるデジ。

権利の濫用がある

会社側が権利をむやみに使うことを「権利の濫用(らんよう)」と言うデジ。これが認められる場合も転勤を拒否できる可能性があるデジね。

権利の濫用?

分かりやすく言えばパワハラなどが当てはまるデジ。酷い上司だと部下への嫌がらせのために転勤命令を出すことがあるらしいデジ…。これは業務の効率化などを考えない、完全な権利の濫用デジ!

でも、パワハラをするような上司の命令を真正面から断っても…。

この場合はパワハラの証拠(スマホによる録音など)を持って相談窓口に相談することをおすすめするデジ。

権利の濫用はまさにパワハラ!もしパワハラに悩んでいるなら、次の記事を読んでみて!パワハラの相談窓口について紹介しているわ!
パワハラの相談窓口イメージ 【パワハラ相談窓口】無料の相談先は7つ!メール・電話・24時間あり

会社が転勤命令をする5つの理由

ちなみに会社が転勤を命令するのは、もちろん社員に対する嫌がらせじゃないデジよ!(中にはパワハラによる命令もあるデジが…)基本は以下のように理由があってこそ転勤を命令するデジ!

適切な地への人材配置

ある程度の実績をもった中途採用者ならともかく、新卒などはどんな能力を持っているか分かりにくいデジよね。一緒に働くうちに能力や働き方が見えてきて、「〇〇さんにはXX支店の方が合ってそうだな」と判断された結果、転勤が命令されることは少なくないデジ。

確かに新卒だと、どの支店や部署が適しているか分からないわよね!

会社側としては少しでも適切な部署や支店で、最大限の実力を発揮して仕事をしてもらいたいデジからね。そのため、転勤の手当まで出して人を異動させるわけデジ。

人材の育成

社員を成長させるために転勤を命令することも多いデジね。

転勤で成長?メンタルが?

いやいや。いろんな支店や部署での経験は力になるデジよ。たとえば、今までの職場とは180度違った仕事の仕方をしてるかもしれないデジよ。全く新しい仕事の仕方。これが将来的に役立つ可能性は高いデジ。

なるほど!

ひとつの支店や部署で同じ仕事を続けていても、なかなか大きな成長は望めないデジからね。特に日本は終身雇用の国デジからね。定年までしっかり活躍してくれるよう、多くの経験を積ませることは多いデジ。

マンネリ・癒着の阻止

人間は飽きる生き物デジ。そのため同じ職場で同じ仕事を続けていると、飽きから士気が下がり、仕事の効率・クオリティが低下する恐れもあるデジ。

分かるわ。延々と同じ仕事って…仕方ないけど飽きちゃうわよね。

そんなマンネリを防止するために転勤が命令される会社もあるデジ。また、癒着を阻止するために転勤を定期的に行う会社も多いみたいデジね。

癒着ねぇ。

特定の人と仲良くなりすぎると、業務上で便宜を図ってしまったりも考えられるデジからね。たとえば銀行員は癒着防止で定期的に転勤させられるとも言われてるデジ。

昇進のため

転勤にはマイナスイメージを持つ人も多いと思うデジが、実は異動と同時に昇進を言い渡されることも少なくないんデジよ。場合によっては新しい支店の店長を任されたりすることもあるデジね。

それはやる気が出そう!

また地域の勤務から東京にある本社の勤務になる、なんてケースもあるデジ。つまり「昇進→出世→給料アップ!」なんてパターンも十分あり得るわけデジ!

左遷のため

過酷

会社が社員のことを考えて転勤させるケースも多いデジが、中にはネガティブな理由もあるデジ…。

ネガティブな?

たとえば左遷(させん)のためにデジね。ある社員がセクハラやパワハラなどの問題を起こした時、その社員に対して罰の意味で望まない支店や部署に異動させるデジ。

自業自得ね!

その通りデジね。会社側も不祥事をやらかした社員を放置はできないはずデジ。この場合は諦めてしっかり反省するデジよ!

転勤による3つのメリット

引っ越しや単身赴任など悪い面が目立つ転勤デジが、以下のようにメリットも少なくないデジ!転勤の拒否は難しいわけデジから、メリットを知って前向きに考えてほしいデジね!

新しい経験・人脈を築ける

さっき話したように新しい支店や部署での経験は将来の役に立つはずデジ。多くの仕事を経験したからこそキャリアアップできた、なんて話は聞いたことないデジか?

確かに経験っていろんなところで活きてくるのよね!

また同じ職場で働き続けてもなかなか新しい人間関係は築けないデジ。対して、転勤で新しい職場に移れば、新しい人脈をたくさん築けるデジよ!人脈はビジネスのチャンスを広げるし、転職の際などにも活躍するデジ!

人脈は武器よね!

新しい人と関係を築くのは大変デジが、人脈が広がるほどに自分の価値も高まると思って頑張ってほしいデジ!

出世コースにのれるかも

ステップアップする男性

これは会社にもよるデジが、転勤から様々な経験を積んだり、多くの人脈を築くことで出世コースにのれることもあるデジ。

そういえば「転勤のおかげで出世コースにのれた」って意見を見たことがあるわ。

家族と離れたり、慣れない土地での仕事は辛いデジが、その先には出世からの給料アップが待ってるかもしれないデジよ!会社によっては転勤が出世の条件になってたりもするから、むしろ転勤はチャンスだと捉えてほしいデジ!

新しい気持ちで頑張れる

転勤を経験した人の意見を見ていると、予想以上に「新しい気持ちで頑張れた」的なものが多かったデジ。「仕事のマンネリが解消された」「わずらわしい人間関係から解放された」「初めての一人暮らしが楽しかった!」といった前向きな意見も見られたデジ。

新しい仕事や職場にストレスを受けるかもだけど・・・それ以上に楽しみが待ってることもあるわよね!

がむしゃらに頑張っていた新卒時代に比べて、今やマンネリでグダグダと仕事をこなしてるだけ。そんな人は転勤によって心機一転、気持ちをリフレッシュして昔のように頑張れるかもしれないデジよ!

転勤って手当は出るの?

貯金箱

そういえば、転勤って手当は出るの?ほら、引っ越しとかあるし。

転勤は会社の都合で社員を異動させるわけデジからね。基本的には引っ越し手当や転勤支度金などの手当てが出るはずデジよ。ただ、具体的な金額については会社によってバラつきがあるみたいデジ。

バラつきねぇ。

実際に転勤した人の意見を見てみると、中には引っ越し費用、敷金礼金、3年分の家賃をすべて会社持ち。なんてものも見られたデジ。もちろん一例であって期待のしすぎはよくないデジが、自分で全てを負担するようなケースは少ないと思うデジよ。

転勤が嫌なら転職も検討

ここまでで紹介したように、転職には様々なメリットがあるし、何なら手当も出るデジ。とはいえ、どうしても地元を離れたくないなどの理由から転勤は嫌って人もいるデジよね。

私も今住んでるとこが好きだから、転勤はちょっと辛いかも。

とはいえ、やむを得ない理由なしに転職を断れば懲戒処分の可能性も。それを逃れても上司からの風当たりが強くなるのは目に見えているデジ。そのため転勤が嫌なら転職も視野に入れるといいデジよ。

転職を視野に…かぁ…。

でも結局転職先でも転勤命令が…なんてケースは避けたいデジよね。だから転勤が嫌なら転職先は拠点が一か所の中小企業をおすすめするデジ。大企業だと、どうしても支店などが多く異動を避けにくいデジからね。

う~ん。でも転職って簡単にできるのかしら?

今なら転職エージェントを使うのが効率的デジよ。転職エージェントに「転勤無し」などの条件を伝えれば、それに見合った求人を探してくれるデジ!

そうなんだ!

転勤が嫌で転職するなら転職エージェントに「転勤なし」の求人を紹介してもらうのがベストだデジ!次の記事ではおすすめの転職エージェントを紹介しているデジ~。
転職エージェントおすすめランキング 転職エージェントおすすめランキング!厳選17社の評判比較
転職診断バナー

転勤にはメリットも!拒否や転職前によく考えよう

やむを得ない条件などが無い限り基本的に転勤は断ることができないデジ。また断れたとしても職場での風当たりが強くなってしまうかもしれないデジよ。

そのため、どうしても転勤が嫌なら、転勤がない中小企業などに転職するのがおすすめデジ。ただ、安易に転職を決意するのはよくないデジよ。転職することで給料が下がったり、待遇が悪くなってしまう可能性も否めないデジ。

新たな経験や人脈、出世コースへの搭乗など転勤にはメリットもたくさん。それを踏まえて転勤の承認も前向きに検討してほしいデジね。