【パワハラ相談窓口】無料の相談先は7つ!メール・電話・24時間あり

パワハラの相談窓口イメージ

上司や先輩など立場的に優位な人から仕事の押し付けや悪口などの嫌がらせを受けるパワハラ(パワーハラスメント)。その発生状況は年々増加しているとも言われており、平成28年度に厚生労働省が発表したデータによれば、なんと約3人に1人がパワーハラスメントを受けたことがあるらしいデジ。

そんな状況だからこそパワハラに関する相談窓口はたくさんあるデジね。ここではパワハラのことを相談できる窓口を一挙に紹介するデジよ!中にはメールなど気軽な方法で相談できる窓口もあるから、ぜひ最後まで見ていってほしいデジね!

5月は転職に成功しやすい時期!

転職のイメージ

4月入社の社員が10連休GWの後に続々と早期退職している5月は転職 の大チャンス!タイミングが合えば即採用も多いため、今から活動をはじめましょう

…とは言ってみたものの、1人1人に本当におすすめの転職サイト&エージェントは「性別」「年齢」「年収」によって大きく変わる ため、ランキング形式ではマッチングするサービスをご紹介することは非常に難しいのです…。

そこで考えついたのが、「性別」「年齢」「年収」を含む5項目に答えるだけでおすすめの転職サイト&エージェントが分かる【 30秒 転職診断チャート】です。これで転職の成功率がグッと 高まります!

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

ガーデン

ガーデン

細身でソース顔のイケメン。過去3回の転職経験で、着実に営業マンとしてのキャリアを積んできている。探求心が強く、とにかくインターネットで調べまくるのが特徴。

パワハラの相談率は約半分!

平成29年に厚生労働省が「職場のパワーハラスメントに関する実態調査」というデータを発表してるデジ。これによればパワーハラスメントを過去3年に受けた人のうち、どこかしらに相談した人は45%となってるデジね。詳細な内訳は以下を参考にしてほしいデジ。

パワハラを受けた後の行動
  • 会社関係に相談:20.6%
  • 社外に相談:24.4%
  • 会社を休んだor退職:17.0%
  • 何もしなかった:40.9%

会社関係への相談というのは、おそらく社内のハラスメント窓口などのことデジね。これは後で詳しく紹介するデジ。

なかなか参考になるデータだね。

このデータから、パワハラを受けた人のうち約半分の人はどこかしらに相談している事実を知り「パワハラの相談は何らおかしなことじゃない」という意識を持ってほしいデジ!

そうだね。このデータから考えるに相談の前例は豊富なはず。職員もパワハラの相談に慣れてるんじゃないかな。

ちなみに、何もしなかった人の多くは「何をしても解決にならないと思った」らしいデジが、相談窓口は現在の状況から適切な判断をしてくれることも多いし、相談するだけでもスッキリするデジよ!今、パワハラで悩んでいる人は今すぐにでも以下の窓口を利用してみてほしいデジね!

転職診断バナー

パワハラな職場なら「退職代行サービス」も検討すべき

パワハラが横行している職場というのは、ちょっとやそっとのことで改善できるものじゃないデジ。職場全体がパワハラを見て見ぬふりをするような雰囲気ってことも多いデジからね。

そうなると、退職しない限りパワハラから逃れることはできないのか。

恐らくそういうことになるデジね。さらにパワハラ上司が退職すらさせてくれない場合もあるデジ。そもそもパワハラ上司に「辞めます」と切り出せないってことも多いだろうし、なんとか切り出したとしても認めてくれなかったり…そんな状態なら「退職代行サービス」を利用して辞めてしまっても良いと思うデジ。

退職代行サービスって、依頼者の代わりに会社に「退職します」って伝えてくれるサービスでしょ?今すごく話題になっているよね。

即日対応してくれる退職代行サービスを利用すれば、依頼したタイミングから会社に行かなくていいし、依頼者が自分で会社に連絡を入れる必要もないデジ!書類は郵送でOKデジから、本当に一切会社に顔を出さなくていいデジよ。コストはかかるデジが(相場は30,000~50,000円)、即日でパワハラ職場から逃げられることを考えたら利用価値は高いデジ!

今おすすめの退職代行サービスは「SARABA」

SARABA

料金相談返金保証
29,800円無料あり

「SARABA(サラバ)」は、今すごく利用者を増やしている退職代行サービスなんデジ。料金は雇用形態にかかわらず一律29,800円(税込)と、業界でもなかなかリーズナブル。追加料金が一切かからない明朗会計だから、利用者も安心して依頼できるデジね。

24時間&365日対応・即日退職OK・相談無制限・電話無制限という点も利便性が高いし、全額返金保証を導入している点も評価できるデジ。相談は無料デジから、パワハラで辛いという人はひとまず相談だけでもしてみるデジ。SARABA(サラバ)がきっと苦痛から解放してくれるはずデジよ!

SARABA(サラバ)
即日対応
対応時間24時間
対応方法電話・メール・LINE
支払い方法銀行振込・カード決済
運営会社株式会社ワン

ほかのおすすめ退職代行サービスは?

「SARABA(サラバ)」はイチオシの退職代行サービスなんデジが、もし他の会社も比較検討したいという場合は以下の退職代行サービスと比べてみるデジ!どの退職代行サービスも相談無料デジから、ひとまず相談してみてはどうデジ?

会社名料金即日退職
SARABA29,800円対応可能
ニコイチ29,000円対応可能
EXIT正社員
50,000円
バイト
30,000円
対応可能

退職代行サービスと言っても、会社(業者)ごとにサービス内容はさまざま。次の記事でおすすめの退職代行サービスランキングを紹介しているから、参考にするといいよ!
退職代行サービス業者 おすすめランキング 退職代行サービス業者ランキング!口コミで評判の人気10社を比較

パワハラの相談窓口一覧!

パワハラを受けた時に相談できる窓口を紹介していくデジよ!

社内のハラスメント窓口(無料)

相談方法
  • 会社により異なる

厚生労働省が発表したデータによれば、平成28年度の時点で社内に相談窓口を設置していた企業は73.4%にものぼったらしいデジ。そんな窓口に相談してみることで問題が解決することも多いデジよ。実際、さっきのアンケートからも分かるように約2割の人は社内関係の窓口などを利用してるデジ。

相談窓口がある企業なら検討してみるのもいいね。

ちなみに、従業員向けの相談窓口で最も多い相談がパワハラ(32.4%)となってるデジ。つまり、社内の相談窓口にもパワハラに関するノウハウが蓄積されてる可能性は低くなさそうデジ。

総合労働相談コーナー(無料)

相談方法
  • 面談
  • 電話
    (平日9:00~17:00 ※一部例外あり)

総合労働相談コーナーは厚生労働省が設置したもので、なんと全国に380か所も存在するデジ!相談内容は労働に関すること全般で、その中には当然ながらパワハラやモラハラなども含まれてるデジよ。

国の機関だけに信頼できるね。

面談での相談が嫌なら電話でもOKデジよ。当然ながら相談者のプライバシー保護に配慮してるから安心して相談してほしいデジね。

法テラス(無料)

相談方法
  • 面談
    (受付時間は事務所ごと)
  • 電話
    (平日9:00~21:00)
    (土曜9:00~17:00)
  • メール
    (24時間受付)

法テラスは仕事から夫婦の問題、借金、保険、事故など様々な“法的なトラブル”を解決に導く相談窓口デジ。仕事の悩みの中でもパワハラへの相談は、法テラスのトップページに掲載されるほど。おそらく需要がかなり高いデジね。

なんたって3人に1人くらいの割合でパワハラを受けてるわけだからね…。

公式ホームページを見ると「パワハラとな何なのか」「パワハラに対して法的な手段はとれるのか」などの情報も掲載されているデジから、まずは公式ホームページだけでもチェックしてみてほしいデジ。ちなみに、法テラスはメールでの相談も可能だから仕事が忙しい人でも使いやすいデジよ!

みんなの人権110番(無料)

相談方法
  • 面談
    (受付時間は事務所ごと)
  • 電話
    (平日8:30~17:15)
  • インターネット
    (24時間受付)

みんなの人権110番は法務省による相談窓口デジね。パワハラに対して人権問題の観点から相談にのってくれるデジ。

法務省の窓口って言うのも安心感があるなぁ。

残念なのは電話受付が平日の夕方までってところデジ。一般的なサラリーマンだと電話・面談での相談は難しいかもしれないデジね。ただ、代わりに24時間受付のインターネット受付があるから大丈夫デジよ!

日本労働組合連合会(無料)

相談方法
  • 電話
    (受付時間は地域で異なる)
  • メール
    (24時間受付)

日本労働組合連合会もメールでの24時間受付に対応した相談窓口デジね。労働に関する悩み全般に対応した窓口で、トップページにパワハラ・セクハラ・マタハラで悩んでいる方へ、といった内容が掲載されてるデジ。

それなら安心してパワハラのことを相談できるね!

「これってパワハラ?」というページもあるから、まずは自分の受けている行為がパワハラか確認するのにも使えるデジね。ちなみに電話をかけると近くの連合に繋がるデジが、受付時間は連合によって異なるデジよ。

NPO法人労働組合作ろう!入ろう!相談センター(無料)

相談方法
  • 面談
    (平日9:00~17:00)
  • 電話
    (平日9:00~17:00)
  • メール
    (24時間受付)

NPO法人労働組合作ろう!入ろう!相談センターは、通称「労働組合相談センター」とも呼ばれる窓口デジね。ここでもパワハラをはじめ、セクハラや賃金・職場環境の悩みなどを受け付けてくれるデジ。

他にも解雇や異動、労働時間などなど。仕事に関する相談なら基本的に何でもOKみたいだね。

問題は平日の9~17時と、利用できる時間が一般的な労働時間ともろ被りしてるところデジが、そのあたりはメール受付を上手く活用してほしいデジね。

こころの耳(無料)

相談方法
  • 電話
    (月火17:00~22:00)
    (土日10:00~16:00)
  • メール
    (24時間受付)

こころの耳はパワハラの相談というよりも、メンタルヘルスに関する相談の窓口デジが、パワハラを受けている時は神経もやられがち。メンタルがボロボロだと思えば回復のために、こころの耳を利用してみるのもいいと思うデジ。

パワハラって何となく家族や友人にも相談しにくいからね。こういう窓口があるのは助かるなぁ。

ただ水~金は受付をしてない点に注意デジ。とはいえ、月火の夕方以降や、土日など比較的利用しやすい時間帯が多いから困ることはないんじゃないデジかね。また時間が合わなければメールを利用する手もあるデジ。

パワハラが酷い時はこんな場所への相談もあり

パワハラが酷い時には下記のような場所に相談してみるのもありかもしれないデジ。

警察

警察官

パワハラには肉体的な攻撃、つまりは殴る・蹴るなどの行為も含まれるデジね。パワハラの内容があまりに酷く(暴力で怪我を負うなど)犯罪行為にあたるようなら刑事告訴も可能かもしれないデジ。

警察か…。

ただ、パワハラの相談に警察を利用するのは最終手段といった感じデジね。パワハラでのダメージが深刻な時だけ利用を検討してみてほしいデジ。

弁護士

パワハラ問題を弁護士に相談することで、場合によっては損害賠償を請求できるケースもあるデジ。

そういえばパワハラ対策を調べると弁護士事務所が出てくることもあるね。

ただ、弁護士への依頼は基本的にお金がかかるデジ。だから、無料の相談窓口を利用してもダメだった時の手段にするのがおすすめデジね。

病院

医師

病院にパワハラの悩みを相談する、というよりパワハラで精神的・肉体的にダメージを負ったら病院でケアしてほしいって話デジね。まずは病院で心身を回復させてから悩みの解決にあたるのもありだと思うデジ。

診断書がパワハラの証拠になる可能性もあるしね。

そうデジね。パワハラで頭痛や腹痛が酷かったり、何もする気が起きなかったりする時は心療内科や精神科への相談も考えてみてほしいデジ。

パワハラが心配な人におすすめな職場とは?

パワハラが原因で転職したのに、また次の会社もパワハラ横行…と、立て続けにパワハラ職場に当たってしまう可能性はゼロじゃないデジ。

それって本当に最悪なケースだね。

これはひとつの考え方デジが…例えば最初から人との関わりが少ない仕事を選ぶというのも悪くないと思うデジ。また比較的「楽」だと言われている仕事を選ぶのもありデジ。楽な仕事だと社員のストレスが少なめデジから、職場の雰囲気が良好でパワハラがないということは多いデジ。

パワハラが心配って人は最初から「人と関わらない仕事」を選ぶといいかも。次の記事で、人と関わらない仕事&一人でできる仕事を紹介しているよ。
一人でできる仕事&人と関わらない仕事 人と関わらない仕事&一人でできる仕事【全35選】
一般的に「楽」だとされる仕事はストレスがないからパワハラの心配も少なめデジ!下の記事で、正社員でも精神的&肉体的に楽な仕事・職業をランキング形式で紹介しているデジ!

転職を考えるなら「転職診断」や「自己分析」を活用しよう!

もしパワハラを理由に転職を考えているなら、「転職診断」や「自己分析」などを利用して、より自分にマッチした仕事を選ぶと良いデジよ。

自分のことって案外わかっていないことも多いから、本当は適性に合っていない仕事をしているって人は少なくないんじゃないかな。

そうなんデジ。どうせ転職をするなら、より自分に合っている仕事をしたいデジよね。下に転職するときに役に立つ「転職診断」や「自己分析」などの情報をまとめたデジから、ぜひチェックしてみてデジ!あわせて中卒・高卒の人の転職に関するおすすめ記事も用意したデジ!まだ本格的に転職を決心していない段階でも役に立つと思うデジよ。

パワハラ職場を回避して転職するなら転職エージェントを利用

誰だってパワハラが横行しているような会社には転職したくないデジよね。だからこそ転職するなら転職エージェントを利用してほしいんデジ。

転職エージェントを活用して転職する人って、すごく増えているよね。

転職エージェントが保有している求人は実際に転職エージェントの担当者が企業の人事にヒアリングなどをしているデジから、パワハラが横行しているようなブラック企業は少ないデジ。転職エージェントだってブラック企業を紹介して利用者の満足度を落としたくないデジからね。優良求人を狙うなら絶対に利用すべきデジ!

求人の紹介だけじゃなくて、面接対策や応募書類の添削、面接日程の調整、条件交渉とかなり手厚くサポートしてくれるから、かなり利用価値は高いと思うよ。ぜひぜひ転職エージェントで転職を成功させよう!

おすすめ転職エージェント「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

転職成功実績No.1の転職エージェントといえば、業界最大級の「リクルートエージェント」デジ!リクルートエージェントを利用するメリットはたくさんあるデジが、とにかく求人数が他社と比べものにならないほど多いのは最大メリット

あらゆる業界・職種をカバーし、弱い業界がほぼなしという、もはや転職エージェント界のガリバー的存在デジ!

非公開求人の数はなんと20万件以上。さらに在籍しているキャリアアドバイザーの質も非常に高く、業界に特化したキャリアアドバイザーが揃っているデジから、最適な提案がしてもらえるデジ!

リクルートエージェント
求人数公開求人40,628件/非公開求人205,284件(2019年1月16日現在)
運営会社 株式会社リクルートキャリア
本社所在地東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
拠点(面談場所)東京本社、北海道支社、東北支社、宇都宮支社、さいたま支社、千葉支社、西東京支社、横浜支社、静岡支社、名古屋支社、京都支社、大阪支社、神戸支社、中四国支社(岡山オフィス)、中四国支社(広島オフィス)、福岡支社

他のおすすめ転職エージェント

転職成功者の平均エージェント登録数は4.2社というデータがあり、すでに転職エージェントの複数登録はごく当たり前デジ。だから必ずリクルートエージェント以外にも数社登録するデジよ!人気のあるおすすめ転職エージェントが以下デジ!

サービス内容
20代 30代
マイナビエージェント
20~30代の若手の転職に強く、手厚いサポートが魅力
IT系
マイナビエージェント×IT
IT・Web業界特化!IT系出身のキャリアアドバイザー多数
IT系
レバテックキャリア
IT・Web業界特化!独自の高収入案件を多数保有している
アパレル
クリーデンス
業界最大級!アパレル・ファッション特化の転職エージェント
飲食
Foods Labo
飲食店員が選ぶNo.1エージェント!ホワイトな飲食店求人多数
介護
リッチマン介護
高収入な介護求人が多数!面接交通費支給&お祝い金制度あり
ハイクラス
JACリクルートメント
ハイクラス向け!利用者満足度94.5%と実績も十分
35~55歳
Spring転職エージェント
35~55歳のミドル層に強い!各業界に精通したアドバイザー多数在籍
女性向け
パソナキャリア
女性向けの求人を多数保有!年収アップ率67.1%も魅力
20代 未経験
ハタラクティブ
20代特化!社会人経験ゼロ&未経験から正社員が目指せる

転職エージェント言っても、それぞれ特徴が違うのさ。下の記事ではおすすめの転職エージェントランキングを紹介しているから参考にしてみて。
転職エージェントおすすめランキング 【令和におすすめの転職エージェント】ランキング厳選18社!評判比較
転職診断バナー

証拠を集めてパワハラを相談!

今回紹介した通り、パワハラの相談窓口はたくさんあるデジ!当然ながら複数の窓口に相談するのもありデジから、「総合労働相談コーナーなら厚生労働省の窓口だから安心かな?」くらいの軽い気持ちで相談してみてもいいと思うデジよ!

ちなみに、パワハラを相談する時は証拠があるとモアベターデジね。証拠が無いとパワハラの事実を信じてもらえない可能性もあるデジ。

パワハラを受けているなら、証拠を集めることも大事。次の記事でパワハラの証拠集めにかんしても詳しく紹介してるよ!具体例などもあるからぜひチェックしてみてほしいな!
パワハラ 【パワハラで退職!】辞める前に知っておくべきこと、6つの具体例
パワハラと一口に言っても色々な種類があるデジね。同じようなパワーハラスメントを受けている人も多いと思うデジから、次の記事にパワハラの30の事例をまとめておいたデジ。

パワハラ事例集 【パワハラとは】パワーハラスメント「38の事例」