おすすめ転職エージェントランキング

経営企画の仕事内容ってどんなの?【向いてる人に多い3つの特徴】

経営企画に向いてる?仕事内容は?

「経営企画」とは社長のパートナーとして会社経営の方針を決めていく存在デジね。会社の今後を決める、非常に重要性が高い役職デジ。

今回はそんな経営企画の仕事内容について詳しく紹介していくデジよ。また経営企画が向いてる人の特徴や、平均年収、資格の有無など知っておきたいポイントもまとめてるデジ!

11月は転職に成功しやすい時期

転職のイメージ

新体制が組まれる事の多い11月は転職 の大チャンス!ライバルも少なく内定をもらえる可能性が高まるこの時期を逃さないように今から転職活動をはじめましょう

…とは言ってみたものの、1人1人におすすめの転職サイトは「性別」「年齢」「年収」によって大きく異なるため【 30秒 転職診断チャート】で適切なサイトを診断し、転職成功率をグッと高めましょう!

毎日500人以上が診断!

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

ガーデン

ガーデン

細身でソース顔のイケメン。過去3回の転職経験で、着実に営業マンとしてのキャリアを積んできている。探求心が強く、とにかくインターネットで調べまくるのが特徴。

経営企画の仕事内容は?

経営企画は会社の経営方針を提案する仕事・・・と言っても分かりにくいデジね。以下、実際の仕事の流れを見てもらった方がイメージしやすいと思うデジ。

STEP.1
調査
会社の営業データ・人材の情報、市場の現状・動向、競合他社の状況など、経営戦略を立てるのに必要なデータを集めます。なお調査は社外の調査機関に依頼することもあります。
STEP.2
データ分析
調査で集めたデータを分析し、そこから経営戦略を立てていきます。
STEP.3
経営会議
経営陣への提案に必要な資料を作成し、経営会議を行い、経営目標を決定していきます。この時、経営陣へとプレゼンテーションを行うこともあります。
STEP.4
企画の提案
経営会議で決まった内容をもとに、経営目標へと向け企画を提案していきます。ただ、企画の提案については事業企画という別の役職の方が行う会社もあります。

簡単に言えば、データ分析から会社の今後を決める経営戦略を立案していくわけデジね。

なるほど。会社の今後を左右する重大な役職ってことか。

小さな会社であれば社長が自ら経営方針を決めることも珍しくないデジが、会社の規模が大きくなると経営企画の部署が用意されるデジね。一般的には従業員が100名を超えると、経営企画が専用の部署になるようデジ。

つまり中小企業だと、そもそも経営企画って役職が存在しない可能性もあるわけか。

ちなみに、経営企画は社長のパートナー的存在と言われることが多いデジ。本来なら社長がやるべき仕事を代行するわけデジからね。企業のNo2と言っても過言ではないデジよ!

そう考えると、なかなかに凄い役職だな。一般に仕事内容があまり知られていないのも納得だ。

それだけに高いコミュニケーション能力や、マーケティングに関する知識、データから適切な経営戦力を立案できる論理的思考、先を見据えた鋭い洞察力などなど。実に様々なスキルが要求されるデジ。

転職診断バナー

経営企画が向いてる人の特徴は?

経営企画は以下のような人に向いてるデジよ!

数字に強く、データ分析や考えることが好きな人

経営企画は様々なデータを取り扱うため、数字に強いのはもちろん、データ分析も好きな人に向いてるデジ。各種データを分析し、それを具体的な数字に落とし込み、経営陣を納得させる資料を作り出す。そういった能力が求められるデジ。

う~ん。大変そうだ。

データを分析するだけでなく、そこから会社の中長期計画を立案するわけデジから、論理的な思考力も必要になってくるデジね。脳をフル回転させて最適な答えを導き出す。この感覚が好きって人におすすめしたいデジ。

コミュニケーション能力がある

経営企画は経営戦略を立てるだけでなく、経営会議で経営陣へプレゼンテーションを行ったり、立案する企画によっては多くの部署の協力が必要だったりと、コミュニケーションが必要な場面も多いデジ。

実質、会社のNo2とか言ってたしね。そりゃ、いろんな人の協力が必要だよね。

そのため、経営陣やスタッフから信頼されるコミュニケーション能力も欲しいところデジ。

裏方として頑張れる人

社長に続くNo2とは言っても、経営企画はほとんど表に出ることのない、言わば裏方的な存在デジ。実際、経営企画なんて役職を耳にする機会はそうないデジよね。

だね。

仕事内容もデータ分析など地味なものが多いデジ。そんな裏方として会社を支えられる人なら、経営企画は最適な仕事デジ。一方で「派手な仕事がしたい」「仕事の成果に応じて目立ちたい」って人には向かない仕事デジね。

経営企画の仕事ってそんな地味なのかい?

何なら1日中Excelデータの集計だけで終わることもあるデジ。まさに縁の下の力持ちって感じデジ。

今月の申込数ランキング

  1. #doda(デューダ)
    転職者満足度No.1!特に20~30代の人におすすめで求人数100,000件以上。
    https://doda.jp/
  2. #リクルートエージェント
    転職支援実績No.1!約90%が非公開求人!登録必須のエージェント。
    https://www.r-agent.com/
  3. #ビズリーチ
    年収600万円以上の人向き!優秀なヘッドハンター多数在籍!
    https://www.bizreach.jp/
  4. #リクらく
    8割が未経験の転職に成功!面接1回で内定!20~30代の人におすすめ!
    https://www.rikuraku.net/
  5. #パソナキャリア
    女性の気持ちがわかるアドバイザーが多い!年収アップ率67.1%!
    https://www.pasonacareer.jp/

経営企画の仕事に関するチェックポイント!

ここからは経営企画に関する、知っておきたいチェックポイントを紹介するデジ!

必須資格はなし

経営企画になるうえで必須となる資格はないデジ。

資格なしでOKな仕事だったのか。

とはいえ、経営企画は1社に何人もいる役職じゃないデジし、高度なデータ分析スキルや論理的な思考、コミュニケーション力、行動力など様々な能力が求められることから、簡単に就ける役職でもないデジね。

なるほど…。

ちなみに、必須資格はないものの「公認会計士」「中小企業診断士」などの資格が役に立つと言われてるデジね。またグローバル化している会社なら語学力もあった方が有利デジ。

平均年収は599万円

貯金箱

転職サイト「doda」が2018年に発表したデータによれば、経営企画の平均年収は599万円となっていたデジ。同調査における全体の平均が414万円デジから、かなりの高年収デジね。

確かに。全体とでかなりの差があるんだね。

とにかく高い能力を求められる役職デジから、年収も高めに設定されてるデジ。能力や企業の規模によっては年収が1000万円を超えることもあると言うデジね。

残業はやや多めになりがち

サービス業では無いため、経営企画の労働時間や休日は一般的なサラリーマンと同じ、原則1日8時間の土日祝休みが多いデジ。ただ忙しくなりやすい役職デジから、残業はやや多めな傾向にあるデジ。もちろん会社次第では残業なしもありえるデジけどね。

平均年収が高いのは、残業時間も関係ありそうだ。

また市場調査や企業見学で出張になることもしばしば、デジ。

経験者は好待遇の転職も可能

経営企画は多くの能力を求められるため、経験者はとにかく重宝されるデジ。既に経営企画としてのキャリアが長い人なら、かなりの好待遇で転職することも不可能じゃないデジよ!

経営企画の経験者は需要が高いのか。

逆に未経験だと難易度は高めデジ。未経験で経営企画を目指すなら、公認会計士などの資格を準備し、転職エージェントなどの力も借りつつ転職活動に臨みたいデジね。

転職診断バナー

経営企画の仕事まとめ

経営企画の仕事内容や向いてる人の特徴、平均年収などをまとめたデジが、どうだったデジ?

経営企画は会社の経営方針を決める大切な役職で、データ分析能力やコミュニケーション能力、論理的な思考、マーケティング知識など、本当にいろんなスキル・知識が求められるデジ。

それでいて仕事内容は1日中データの集計で終わってしまったりと地味なものデジが、社長の右腕として会社をかげながら支える格好いい存在でもあるデジ!

ガーデン

「経営企画」の仕事に転職してみたいと思うなら転職エージェントがおすすめさ!下の記事で転職エージェントのおすすめランキングを紹介しているから、いくつか登録してみるといいよ!
転職エージェントおすすめランキング 【おすすめ】転職エージェントランキング厳選18社【評判を比較】