【陰湿?妬み?】パワハラ女上司の狙いは主に女性!6つの恐怖&対策

パワハラ女上司!陰湿?妬み?

厚生労働省が発表した「平成29年度雇用均等基本調査(確報)」によれば、課長以上の役職に就く管理職のうち、11.5%は女性が占めるそうデジ。

つまり、10人に1人以上の割合で課長以上の上司は女性ということになるわけで、女性上司のもとで仕事を進めることも珍しくはないデジ。

しかし、そんな女性上司によるパワハラが増えているとも聞くデジね。ここでは女性上司によるパワハラの恐怖や、対策方法を紹介していくデジ。

5月は転職に成功しやすい時期!

転職のイメージ

4月入社の社員が10連休GWの後に続々と早期退職している5月は転職 の大チャンス!タイミングが合えば即採用も多いため、今から活動をはじめましょう

…とは言ってみたものの、1人1人に本当におすすめの転職サイト&エージェントは「性別」「年齢」「年収」によって大きく変わる ため、ランキング形式ではマッチングするサービスをご紹介することは非常に難しいのです…。

そこで考えついたのが、「性別」「年齢」「年収」を含む5項目に答えるだけでおすすめの転職サイト&エージェントが分かる【 30秒 転職診断チャート】です。これで転職の成功率がグッと 高まります!

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

あいちゃん

あいちゃん

小柄で可愛らしいみんなのアイドル。これまでの転職経験は2回で、現在は女性が働きやすい病院受付の仕事をしている。仕事はしっかりこなすが実は超ワガママな性格。

女性上司によるパワハラも少なくない!

パワハラと言えば男性上司による暴力的な発言や暴行のイメージが強いものの、別に女性上司によるパワハラが存在しないわけじゃないデジよ。パワハラへの関心が高まる中、インターネット等では、女性上司からのパワハラ被害の報告も多々みられるデジね。

管理職に男性が多いことから、パワハラ=男性上司のイメージが強いのかしらね。

そうデジね。女性が活躍する社会になってきたと言われてるものの、まだ管理職は男性の方が多いデジ。ただ、女性上司によるパワハラの被害に苦しんでいる人も少なくはないわけで、今回は女性上司によるパワハラについてまとめてみたデジ!

やっぱり男性上司とはパワハラの方法が違ったりするの?

一般的なパワハラである怒号・暴力といったケースもあるデジが、中には女性ならではのパワハラもあるようデジね。そのあたりも含め、下記で女性上司によるパワハラについて解説していくデジ。

転職診断バナー

女性上司によるパワハラの恐怖!

頭を抱える女性

ここからは女性上司によるパワハラの傾向について詳しく紹介していくデジよ!

パワハラ女性上司のターゲットは主に女性

男性上司によるパワハラが男女をターゲットとするのに対し、女性上司によるパワハラは女性だけをターゲットとすることが多いと言うデジね。

単純に女性管理職のいる職場に女性が多いんじゃなくて?

それも要因のひとつかもしれないデジ。ただ、職場のいじめ改善に取り組むアメリカのWBIの調査による、「職場のいじめの半分以上は女性によるもので、そのターゲットの多くは女性だった」というデータもあるデジ。

そういえば、女性のいじめって、ほとんど「女性 女性」な気がするわ…。

上記はアメリカのデータデジけど、女性のターゲットが女性という構図は日本も同じようデジね。実際、女性上司によるパワハラ体験談を語る人の多くは女性デジ。

同性の人ほど注意しないとね。

ただ、男性による被害報告が無いわけではないデジ。たとえば、女性上司が「女性は食事姿を見られるのが嫌」といった理由から、昼休みに男性社員を強制外出させるといったパワハラ被害もあったようデジ。

女性上司によるパワハラは陰湿?

女性上司によるパワハラは陰湿と言われることもしばしば、デジ。たとえば、以下のような被害報告があるデジよ。

ある女性上司のもとで働く女性社員のAさん。ある日、女性上司により「Aさんは取引先の男性に媚を売っている」といった噂を流されてしまいました。結果、Aさんは同僚から距離を置かれることとなってしまったのです。

もちろんAさんの噂は事実無根。全くもってそんな行為はしていないにも関わらず、Aさんのイメージを下げるために嘘の噂を流したわけデジ。

ひ、酷いわ…。

男性優位の社会において管理職を手にした女性は、その地位を脅かすライバルである、優秀な女性社員の足を引っ張り、昇進を何とか阻止しようとすると言われてるデジね。

それまた陰湿な…。

もちろん男性上司による陰湿なパワハラも少なくないデジから、女性特有のものと言い切ることは出来ないデジ。しかし、女性のいじめは陰湿といった意見も多いため気をつけてほしいデジね。

妬みによる女性上司のパワハラも…

女性上司のパワハラは妬みによるものも怖いと言われるデジね。たとえば、以下のような事例があるデジ。

ある企業で働くBさんは育休を取得後、女性上司がいる部署へと異動を命じられました。その上司は40歳半ばで子どもがおらず、育児の問題で早めに帰宅(社内制度を利用)するBさんに対し「責任感が足りない」などと叱責していました。

Bさんが育児のために早く帰るのは社内制度を使ってのことであって、何らおかしなことではないデジ。それなのに、女性上司はパワハラ発言。他にも容姿や既婚・未婚などの問題で嫉妬され、パワハラを受けることがあるようデジね。

確かに嫉妬心が強い人っているわよね…。

自分だって将来的に社内制度で休んだり、早く帰ったりする可能性があることを考えれば、自爆行為のようにも思えるんデジがね。残念ながら妬みで部下をいじめる上司も多いデジ。もちろん、男性上司だって妬みでパワハラを行うことはあるデジよ。

女性上司は月1で不機嫌になる?

女性の上司は月に1度、明らかに機嫌が悪くなるタイミングがあると言われてるデジね。ようするに生理や生理前後の不調期ということデジが…これについては仕方ない部分もあるかもデジね。ただ理不尽な怒りを受ける部下からすればたまったものじゃないし、発言内容等ではパワハラに抵触するデジ。

まぁ、気持ちは分かるわ。ところで、これってセクハラ発言じゃないの?

ま、まぁ…それはちょっと思ったデジ…。余談デジけど、男性にも女性のようにイライラする周期があると言われてるデジね。つまり女性上司に限らず人は機嫌が悪くなるタイミングが定期的にある・・・のかもしれないデジ。

女性の方が部下に対する好き嫌いが激しい?

女性上司は部下に対する好き・嫌いをはっきり分けることが多いと聞くデジ。たとえば、ある女上司は男性社員ばかりに媚びを売り、女性社員に対しては強く当たったり、あるいは逆だったりデジ。

上司がそのタイプだとしたら・・・嫌われないように気をつけなくちゃ!

とはいえ、性別で好き・嫌いを分けてるなら気をつけても無駄デジね。また、同じ男性社員が相手でも容姿によって態度を変えることも、デジ。

見切り発進してしまうことも…

圧倒的に男性管理職の方が多い中、女性でありながら管理職に就いた人は、自分のことを「デキる女」と思い込みがちデジ。そのため、わりと見切り発進で仕事を始めてしまうこともあるデジね。この時、部下が意見をしても無意味だったりするデジ…。

実際に昇進出来てるんだから、デキる女って言うのは間違ってないんだろうけど・・・見切り発進はよくないわね。

そして、見切り発進の仕事でミスをしても「私のせいじゃない」と部下に責任転嫁。自分のことを「デキる」と思ってるだけに、なかなかミスを認めない節があるらしいデジ。

パワハラ女性上司の対策は?

喜ぶ女性

ここからは、パワハラ女性上司に困った時の対策方法を紹介していくデジよ!

妬みの対象にならないよう発言に注意

女性上司は妬みによってパワハラを行うことも。そのため、不用意に「恋人の話」「子どもの話」「家の裕福さに関する話」などはしない方がよさそうデジ。妬みの対象になりえる発言は避けておくべきデジ。

その手の発言は上司だけじゃなく、同僚にも敵を作りがちだしね。避けておくに越したことは無いわ。

特に女性社員の人は要注意。女性上司のパワハラターゲットになりやすいのは女性デジよ。

あるていどの距離を置いて仕事をする

パワハラをするような女性上司とは距離をとって仕事をしたいところデジ。不用意に会話を始めれば、何を言われるか分かったものじゃないデジ。些細な発言で気分を害してしまう可能性も低くないデジ。

パワハラ上司との発言は必要最低限。これは基本ね。

最低限のホウレンソウ(報告・連絡・相談)だけで業務上は十分なはずデジ。さっきも話したように恋人や子どもの話は攻撃の原因になりえるから、プライベートな話は避けるデジ!

女上司の上司に報告する

上司の上司、たとえば女性上司が課長なら部長など、さらに上の人に「パワハラを受けてるんです・・・」と報告することで、何かしらの処分が下されることも、デジ。

上の人がパワハラの事実に気づいてない可能性は高いものね。

ただ、パワハラの事実を隠すのが上手い女性上司も多いのか、上司の上司に報告し、調査まで実施されたにもかかわらず、「パワハラの事実はない」と結果が下されるケースもあるようデジ。

そんな…。

さらに、上司の上司に話したのが自分だと分かれば、よりパワハラが深刻になることも・・・デジ。

転職で今の職場から逃げ出す

女性上司に限った話ではないデジけど、パワハラ上司が自主的にパワハラを止めることは滅多にないデジ。また、人事部からの注意などで止めたとしても、一時的なもので、すぐ再開することもあるデジね。

困ったものね…。

つまり、今の職場にいたのでは、いつまでもパワハラを受け続ける羽目になるかもデジ。そこで、いっそのこと転職でパワハラ女性上司から逃げ出してはどうデジかね?

転職ねぇ。

パワハラ女性上司の被害者の報告を見ていると、けっこうな割合で退職し、別の仕事に就いてるようデジ。

まぁ、同じ職場にいる以上、パワハラ女性上司と話さなくちゃいけないタイミングも多いものね。それが今後も続くことを考えれば・・・いっそ転職の方が清々しい未来が待ってそうだわ。

なお、パワハラ被害を受けている人は「1日でも早く転職したい!」の精神から転職活動を焦りがちデジ。しかし、焦ってしまえば意図しない転職先で、好きでもない仕事をする羽目になりかねないデジね。

パワハラ上司から離れられても・・・それは嫌かも・・・。

そこで、転職活動の際は転職エージェントの利用をおすすめするデジ。パワハラ被害を受けている人ほど、転職エージェントによる的確なアドバイス・冷静な判断が必要になるはずデジ!

転職エージェントって無料のうえに、求人探しから転職活動の支援までしてくれるのよね!

パワハラ女性上司から逃げ出すなら転職が一番だと思うデジよ!ただ、初めての転職活動は分からないことばかり。次の記事で紹介している女性におすすめ転職エージェントを参考に相談してみるデジ。
女性におすすめの転職エージェント 【令和におすすめ】女性向け転職エージェント8選
転職診断バナー

女性上司のパワハラに耐える必要は無い!

パワハラ女性上司の恐怖や対策はどうだったデジ?

最後にひとつ言っておきたいのは、パワハラに耐え続ける必要は無いってことデジ。日本人は何かと我慢しがちデジけど、過度な我慢は心身に悪影響を与えてしまうデジ。最悪、ストレスから働けない状態になってしまうこともありえるんデジよ。

もし女性上司にパワハラに悩んでいるなら、上司の上司に報告したり、転職したりと早めに対策を打ってほしいデジね!

女性上司のパワハラを受けたら誰かに相談するべきだと思うわ!次の記事ではパワハラの無料相談窓口を紹介!24時間対応(電話・メール)の相談先もあるわよ!
パワハラの相談窓口イメージ 【パワハラ相談窓口】無料の相談先は7つ!メール・電話・24時間あり
上司となかなか合わないと悩んでいる人は次の記事で対処法を確認してみるデジ!上司と合わないって人のために試してほしい対処法をまとめたデジよ!

上司と合わない7つの対処法 【上司と合わない】そんな時に試したい『7つの対処法』とは?