おすすめ転職エージェントランキング

50代におすすめの転職エージェント【安心して働ける会社探し】

50代におすすめの転職エージェント紹介

年齢を重ねるごとに転職が難しくなると言われるわけデジが…一方で早期退職勧告や降給、条件の悪さなどを理由に50代で退職する人が少なくないのが現状デジ。

転職が珍しいことではなくなった今では50代で転職を決意する人も多く、実際に転職をして新たなステージで活躍している人はけっこう多いデジよね~。

とはいえ20代、30代の頃と比較すると、50代の転職はやはり簡単ではないデジ。だからこそ転職エージェントの力を借りつつ転職活動をするのが賢い選択だと思うデジ!

そこで本ページでは50代におすすめの転職エージェントと、50代で転職エージェントを利用するときの注意点を紹介!転職するならぜひ市場を熟知するプロの意見を聞ききながら、希望に合った職場への転職を成功させるデジよ。

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

あいちゃん

あいちゃん

小柄で可愛らしいみんなのアイドル。これまでの転職経験は2回で、現在は女性が働きやすい病院受付の仕事をしている。仕事はしっかりこなすが実は超ワガママな性格。

50代におすすめできる転職エージェント

さっそく50代におすすめできる転職エージェントを紹介するデジ!

50代の転職って…完全にイメージだけだけど難しそうよね。今の時代はそんなことないのかしら?

そりゃ20代、30代といった若手層の転職よりはハードルが高くなるデジ。とはいえ今は売り手市場(転職において企業より求職者が有利)だとされているし、実際に1ヶ月以内の短期間で転職を決めている50代の人もいるデジから、一概に「無理」とは言えないデジよ。

そうなのね。まぁ結局のところ企業側の希望と、求職者側の希望がマッチするかどうかなんだもんね。

そういうことデジ。ただ…50代の人が転職を考えるなら、絶対に転職エージェントは利用してほしいデジね。50代の転職活動は幅広い視野で進めていくべきデジから、プロの意見を聞き市場の動向を知りつつ、効率的に動いていきたいデジね~。

転職エージェントの複数登録について

多くの人が複数の転職エージェントを併用して転職活動を進めています。実際に『転職成功者の平均登録数は4.2社』というデータもあり、多い人だと10社以上登録しているので、ぜひ複数登録で賢く転職活動を行いましょう。

50代におすすめの総合型転職エージェント

まずは「総合型」と言われる転職エージェントを紹介するデジ。総合型というのはほぼすべての業界・職種の求人を保有していて、求人数も多めの転職エージェントのことデジ。20代の人も50代の人も…あらゆる年齢層に利用価値がある転職エージェントのことデジよ~。

リクルートエージェント 実績No.1

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は第一候補として必ず登録しておきたい転職エージェントだデジ。業界最大規模の転職エージェントで、なんと保有している非公開求人の数は20万件以上デジよ。20万件以上の求人を保有しているとなれば、きっと自分にマッチする求人が見つかるはずデジ。

全国の求人が集まっているとはいえ、20万件以上は凄いわよね!

強い業界はあれど、弱い業界なし。とにかく転職エージェント界のガリバー的な存在デジから、50代の人にもきっと求人が紹介してもらえるんじゃないデジかね。キャリアアドバイザーの質も高いとされているデジから、一度は話を聞いてみて業界の動向や自分の市場価値を確認するデジ~。

type転職エージェント 一都三県特化

type転職エージェント

転職後の年収アップを期待するなら「type転職エージェント」に登録してみたらいいデジ。type転職エージェントで転職した人の約71%が年収アップに成功しているということデジが…これはかなりの高ポイントデジ。ただ一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)がメインデジから注意デジ!

でも…50代の転職で年収アップなんて、実際に叶うのかしら?

確かに50代の転職で年収アップはそう簡単ではないと思うデジが、とはいえtype転職エージェントの年収アップ率は業界でもトップクラスだデジ。だからきっと他の転職エージェントより可能性は大きいはずデジ。求人数はやや少なめデジから、他の転職エージェントとの併用が必要デジが、登録するに越したことはないデジよ!

50代におすすめの特化型転職エージェント

今度は「特化型」の転職エージェントを紹介していくデジ。特化型というのはまさに“ある分野に特化した転職エージェント”のことデジね。目指す業界や明確な希望があるなら、特化型の転職エージェントも登録するデジ。

特化型かぁ。確かに自分が希望する分野に特化しているなら、効率的な転職活動ができそうよね!

ただし特化型の転職エージェントというのは、総じて保有している求人数が少ない傾向デジ。だから「総合型の転職エージェント数社 + 自分に合いそうな特化型転職エージェント」、という感じで併用するのが基本デジよ!

パソナキャリア 女性

パソナキャリア

「パソナキャリア」は女性だけを対象とした転職エージェントというわけではないデジが、女性が働きやすい求人をたくさん保有している転職エージェントなんデジ。求人数は50,000件ほどデジが、優良求人がたくさん揃っているデジよ。

女性の転職ならパソナキャリアは押さえておいたほうがよさそうね。

そうデジ!しかもパソナキャリアは転職者の年収UP率が67.1%となかなかのものデジ。さらに2019年オリコン顧客満足度調査で「転職エージェント第1位」を獲得しているほど評価が高いデジから、ぜひ選択肢のひとつとして登録しておいてほしいデジね。

JACリクルートメント ハイクラス

JACリクルートメント

ハイキャリアを狙うなら「JACリクルートメント」デジね。実績30年とかなり老舗の転職エージェントデジが、年収600~2,000万円といったミドル&ハイクラスの求人が勢揃いしているデジ。

50代ともなると、かなり仕事ができてけっこうな年収をもらっている人も少なくないもんね。そんな人はJACリクルートメントに登録してみるべきね。

そうデジ!すでに約43万人という転職支援実績は信頼がおけるデジ。しかも利用者の94.5%が知人・友人にJACリクルートメントを勧めたいという、この支持率の高さも魅力的デジね。ハイキャリア案件を扱うだけに、キャリアアドバイザーの質も非常に高いデジから、まずは相談してみるべきデジ。

Spring転職エージェント 35~55歳

Spring転職エージェント

「Spring転職エージェント」は特に35~55歳くらいの年齢層の転職にとても強い転職エージェントデジ。若手層よりミドル層以上におすすめできる求人を多く保有していることもあり、求人の中にはハイキャリアな案件も多数あるデジよ。

Spring転職エージェントって、世界トップクラスの総合人材サービス「アデコ」の転職エージェントなのよね?アデコって世界60ヶ国に展開しているんですって。

母体がしっかりとしているのは安心材料になるデジね。在籍するキャリアアドバイザーの質も高く、面接対策や書類指導も手厚いデジ。英文履歴書の書き方なんかもアドバイスもらえるデジよ~。さすがハイクラス案件を保有するSpring転職エージェントだデジ!

リッチマン介護 介護

リッチマン介護

介護業界での転職を視野に入れているなら「リッチマン介護」は登録しておくべきデジ。サービス名からもわかると思うデジが、リッチマン介護は好条件・好待遇の介護求人を揃えている転職エージェントなんデジ。

介護業界ってどうしてもお給料が安くてきついっていうイメージがあるから、好条件&好待遇は魅力的よね。

しかも面接ごとに交通費が2,000円支給されたり、転職成功時にはお祝い金が最大20万円もらえたり、かなり親切デジ。介護業界だってしっかりと待遇が整備されていればやりがいがいを持って働けるし、将来的なニーズも高いデジから、リッチマン介護のような転職エージェントがあるのはありがたいデジよね。

Foods labo 飲食

Foods labo

飲食業界に特化しているのが「Foods labo」デジ。飲食業界もブラック傾向のある企業が多いデジが…Fooods laboならホワイトな飲食系企業の求人に出会えるデジ!

ホワイトな飲食系企業の求人かぁ。きっと接客が好きな人なんかは飲食業界も視野にいれているはずだから、こういった転職エージェントの存在は魅力よね。

なんとこのFoods labo、「飲食業界転職エージェント満足度No.1」「飲食店スタッフが選ぶ転職エージェントNo.1」「飲食業界転職エージェント信頼度No.1」の三冠を達成しているデジ!これだけでも登録する価値がありそうデジね!

転職診断バナー

50代におすすめできる転職エージェント一覧

40代におすすめの転職エージェント
総合型リクルートエージェント・約90%が非公開求人
・求人数トップクラス
・弱い業界&職種なし
全国
type転職エージェント
・約80%が非公開求人
・手厚いサポートが人気
・東京/神奈川/埼玉/千葉中心
一都三県
特化型パソナキャリア・女性の転職に強い
・保有求人数50,000件以上
・年収アップ率67.1%
全国
JACリクルートメント・ハイキャリア求人に特化
・市場価値が高い人におすすめ
・利用者満足度94.5%
全国
Spring転職エージェント・特に35~55歳の転職に強い
・「両面型」エージェント
・英文履歴書の書き方サポート
全国
リッチマン介護・介護業界特化
・高収入な求人多数
・面接交通費支給&祝い金あり
全国
Foods labo・飲食業界特化
・ホワイトな求人を多数保有
・飲食スタッフ人気No.1
一都三県

※主な対象地域を記載しています。各社の保有求人はタイミングによって大きく変動するので、その点ご了承ください。また対象地域は面談拠点ではございません。

転職エージェント探しに役立つ記事
IT・WEBIT業界向けおすすめ転職エージェント
エンジニアエンジニアにおすすめの転職エージェント
外資系外資系向けおすすめ転職エージェント
飲食飲食業界向けおすすめ転職エージェント
アパレルアパレル業界向けおすすめ転職エージェント
介護介護業界向けおすすめ転職エージェント
エグゼクティブエグゼクティブ向けおすすめ転職エージェント
女性女性におすすめの転職エージェント

今月の申込数ランキング

  1. #doda(デューダ)
    転職者満足度No.1!特に20~30代の人におすすめで求人数100,000件以上。
    https://doda.jp/
  2. #リクルートエージェント
    転職支援実績No.1!約90%が非公開求人!登録必須のエージェント。
    https://www.r-agent.com/
  3. #ビズリーチ
    年収600万円以上の人向き!優秀なヘッドハンター多数在籍!
    https://www.bizreach.jp/
  4. #リクらく
    8割が未経験の転職に成功!面接1回で内定!20~30代の人におすすめ!
    https://www.rikuraku.net/
  5. #パソナキャリア
    女性の気持ちがわかるアドバイザーが多い!年収アップ率67.1%!
    https://www.pasonacareer.jp/

50代の転職は転職サイトも併用して効率的に!

ここまで、50代におすすめできる転職エージェントについて紹介してきたデジが、少々難易度が上がる50代の転職だからこそ、転職サイトも併用することをおすすめするデジ。

転職サイトは希望条件や勤務地から求人を絞り込むことで、自ら応募する企業を探すサービスのことよね?

そうデジ。どんな求人情報がどこにあるかは、正直試してみないことにはわからないデジからね。タイミングによって、どの転職エージェント・転職サイトに自分にマッチする求人があるかわからないデジから、転職エージェントと同時に転職サイトにも登録してより間口の広い転職活動をしていくデジよ!

50代におすすめの転職サイト「リクナビNEXT」 【85%限定求人】

リクナビNEXT

50代の転職活動におすすめの転職サイトは「リクナビNEXT」デジ。リクルートが運営するリクナビNEXTは、業界でも最大規模。何と転職希望者の8割もが利用しているデジ。

転職希望者の約8割!!それはすごいわね。

多くの人が利用するのには理由があるデジ。とにかく求人数が多く、しかも約85%がリクナビNEXTだけの限定求人デジ。さらにそのうち正社員求人が約9割を占めるという、なんとも魅力たっぷりな転職サイトなんデジ。きっと転職の選択肢が広がるはずデジ~。

約85%が限定求人ということは…リクナビNEXTに登録しないと出会えない求人がたくさんあるってことだもんね。リクナビNEXTと転職エージェントの併用で、2つのルートから転職活動を進めていくことができそうね。

50代の転職エージェントの選び方について

50代の人の転職エージェントの選び方について、ちょっと解説するデジ!

キャリアに自信がある人の場合

いずれにしても業界最大規模の転職エージェントである「リクルートエージェント」には登録してほしいデジね。それに加えてハイキャリア向けの転職エージェントに登録するデジ。

登録するのは2社くらいでいいの?

2社じゃかなり物足りないデジ!転職成功者の平均エージェント登録数は4.2社というデータがあるデジが、それは全年齢を含めた数字デジ。転職のハードルが高くなる50代なら、5社、6社…とできるだけ多くの転職エージェントに登録してほしいデジが、どうしても難しい場合は最低でも3社の登録デジかね。

3社でも少ないと思っておいた方がいいかもね。たくさんの転職エージェントに登録することは、選択肢を増やすことになるんだもん。

キャリアに自信がない人の場合

キャリアに自信がない人は、意欲的にできるだけたくさんの転職エージェントに登録するデジ。業界No.1のリクルートエージェントはひとまず登録必須。あとは気になるところにどんどん登録するデジよ。

どれだけたくさんの転職エージェントに登録しても、無料だからコスト面の負担はないわよね。

登録するのはちょっと手間デジが、50代の転職デジからねぇ。ちょっとくらい頑張って登録するデジよ!なかには相談したタイミングで「紹介できる求人がない」と言われることもあると思うデジが、多くの転職エージェントに登録することで可能性を広げるデジ!

なるほどねぇ。厳しい意見かもしれないけど…50代でキャリアに自信がないなら、ちょっと頑張らないと難しいかもしれないわね。

優先順位としては、保有している求人数が多い転職エージェントから登録、デジかね。総合型の転職エージェント複数社にまずは登録するデジ!

50代が転職エージェントを使うときの注意点

50代の人が転職エージェントを利用する際、注意しておきたい点があるデジ。しっかり確認しておくデジよ!

最低でも3社以上のエージェントに登録する

何度も話しているデジが、転職成功者の平均エージェント登録数は4.2社というデータがあるデジ。だから本当は50代なら5社以上登録してほしいデジが…せめて3社以上は登録してほしいデジね。

登録するとき、いろいろな項目があるからちょっと手間だとはおもうけど…3社くらいなら誰だって登録できると思うわ!

1日で何社も登録しなくてもいいデジから、例えば1日1社登録してみるといったペースでもいいデジから、できるだけ多くの転職エージェントに登録して、キャリアアドバイザーの意見を聞くデジ!転職はタイミングも重要デジから、気になった転職エージェントがあればどんどん登録していくデジ!

すぐにでも転職したいとアピールする

しつこいようで申し訳ないデジが…50代の転職は不可能ではないものの、有利ではないことは確かデジ。50代という年齢だけで、キャリアアドバイザーの優先度が下がってしまう可能性があるデジ。キャリアアドバイザーだって売り上げ目標があるデジからね。

50代の人と20代・30代の人がいたら、若い年代の人たちを優先するのは仕方がないことかもね。

だからこそ、キャリアアドバイザーに対してしっかりと意欲をアピールしていくデジよ!転職希望時期を聞かれたら「良いところがあれば今すぐに転職したい!」と伝えるデジ!そうやって要所要所でしっかりと意欲を見せることにより、キャリアアドバイザーのテンションを上げるデジ!

過去のスキル・経歴をていねいに棚卸しする

50代ともなると、仕事においていろいろな経験をしてきていて、それなりにスキルが身についていることも多いと思うデジ。転職経験を持つ人も少なくないと思うし、リーダーの経験、マネジメント経験を持つ人もいるはずデジ。

そりゃそうよね。一般的に考えたら、30年ほどの社会人経験があるんだから。

そういった経験一つ一つがどこでアピール材料になるかわからないデジから、時間をかけてていねいに経験やスキルを棚卸しするデジ。思い出すのは大変かもしれないデジが、一度紙やパソコンに書き出して確認するデジ!それをもとにキャリアアドバイザーが最適なアドバイスをしてくれるはずデジ~。

経歴やスキルに嘘をつかない

これは50代の人だけに限ったことではないデジが、経歴やスキルに嘘をつくのは絶対にダメだデジ。嘘がバレてしまったら、キャリアアドバイザーからの信頼がなくなってしまうデジ。そんな状態で求人なんて紹介してもらえないデジよ!

確かにね。もしその嘘が企業側にバレてしまったら、内定がもらえないだけじゃなく、企業と転職エージェント間の信頼関係まで崩れてしまいそう。

まぁ…嘘なんかついて入社した日には、自分が困るだけデジね。自分の首を絞めないためにも、経歴やスキルは素直に申告するデジよ。

早いレスポンスを心がける

あいちゃんは、「仕事ができる人ほどレスポンスが早い」という話を聞いたことがないデジか?

あるある!

転職エージェントと求職者はメールでやり取りすることが多いデジが、そのレスポンスを早くするというのも重要デジ。社会人として仕事ができるというアピールになるだけでなく、転職に積極的だという印象づけもできるデジね。もしどうしても連絡が取れない時間帯があるなら、あらかじめキャリアアドバイザーにそのことを伝えておくデジ!

キャリアアドバイザーに定期的に連絡を入れる

紹介できる求人があればキャリアアドバイザーからの連絡がこまめに入ってくるデジが、50代の人の場合、なかなか紹介できる求人がなくて連絡の間隔があいてしまうこともあるデジ。

まぁ…紹介できる求人がないんだから仕方ないわよね。待っているしかないわ。

しかーし!基本的に転職エージェントのデータベースは更新日(最終連絡日)が早い人から表示されるような仕組みになっているデジから、あまりにも連絡を取っていないと他の求職者に埋もれてしまうデジ。そうなるとさらに求人を紹介してもらえなくなるデジ。だからこそ1~2週間に1回はキャリアアドバイザーと連絡を取るようにするデジよ。

面接後は企業からの評価をチェック

書類審査に通過して面接を受けたら、面接後に必ずキャリアアドバイザーに連絡を入れて面接の報告とあわせて、企業からの評価を確認するデジ。きっとキャリアアドバイザーには企業から連絡が入っているはずデジから。

面接後に企業からの評価を聞くなんて…すっごく緊張するわね。怖いわ!

とはいえ結果は結果デジ。その面接が不採用だったとしても、企業からの評価を次の面接に活かすことができるデジから、しっかりと聞くデジよ!それに面接の報告をするのはとても重要で、もし面接中に失敗したことがあればキャリアアドバイザーが企業側にフォローを入れてくれる可能性もあるデジから、必ず事細かに報告するデジ!

同じ求人に複数の転職エージェントから応募しない

たまにあるデジが、複数の転職エージェントから同じ求人が紹介されることがあるデジ。そういった場合、必ず1社から応募するようにするデジよ!

複数社から応募したほうが、可能性がアップしそうだけど…。

ダメだデジ!複数の転職エージェントから同じ求人に応募してしまったら、キャリアアドバイザーに不信感を抱かせるデジ。それに企業側だって戸惑うデジよ!

た、確かに。双方に不信感を抱かせてしまうわけね。

転職エージェントの併用はすごく一般的デジから、もし応募済の求人を紹介されたら「別の転職エージェントから応募しています」と素直に申告するデジよ。

合わないキャリアアドバイザーは変更してもらう

もし自分の担当になってくれたキャリアアドバイザーが合わない場合には、すぐに変更してもらうデジ。50代の転職はゆっくりしていられないデジからね。キャリアアドバイザーとの相性が悪くて転職活動に支障が出るくらいなら変更してもらうデジ。

キャリアアドバイザーの変更って、そんなに珍しいことじゃないんですってね。

直接、対面で変更をお願いする必要はないデジから、専用フォームや問い合わせ窓口から「他のアドバイザーの意見も聞いてみたい」といった感じで、申し出てみると良いデジ。

50代の転職が難しいことを理解しておく

最後に伝えておきたいのは、50代の転職が簡単でないことをしっかりと理解しておいてほしいということデジね。頭ではわかっていると思うデジが…それが行動に出せない人は多いデジ。

行動っていうと??

キャリアアドバイザーとの面談で横柄な態度を取ってしまう人や、条件をなかなか下げられない人、それにすぐに諦めてしまう人なんかがけっこう多いデジ。

なるほど。そういうことね!

自分が50代なのに対して、キャリアアドバイザーがすごく若い…なんてことは当たり前にあるデジ。そうなるとどうしても威圧的な態度を取るような人が出てくるデジよね。ただ、そういった面談の態度だってキャリアアドバイザーの印象に残ってしまうデジ。

そうよね。面談ですら威圧的な態度を取っちゃうような人をクライアントである企業に紹介することはできない…といった考えも生まれてくるかも。

年収などの条件は、どうしたって下がる可能性が大きいデジ。もちろん転職によって年収が上がる可能性はゼロではないデジが、確率的には低めだと思うデジ。あるていど条件は譲歩が必要だし、もちろんいくら不採用がつづいても諦めずに転職活動を続けることが大事デジね。

諦めずに…かぁ。これを考えると、1人だけで転職活動を進めるより、キャリアアドバイザーのサポートを受けながら二人三脚で転職活動を進めていけるってメリットね。

転職診断バナー

50代でも転職は可能!転職エージェントに力を借りよう

ここまでいろいろな話をしてきたデジ。50代で転職するのはそう簡単なことではないデジが、絶対不可能ではないし、売り手市場の今であれば数年前より転職しやすいと思うデジ。

とはいえ苦戦する人もいると思うデジから、ぜひ転職エージェントを上手に活用しながら、賢く転職活動を進めてほしいデジね。

転職成功者の平均エージェント登録数は4.2社!ぜひここで紹介しているおすすめ転職エージェントの中から気になるところに登録してほしいデジ!

諦めなかった人が最終的に勝つデジ!ぜひぜひ転職エージェントの力を借りて転職を成功させるデジ!