おすすめ転職エージェントランキング

【不動産業界はブラックすぎ?】もう、辞めたい!営業は地獄なの?

ブラック企業に驚く人

不動産業界と言えば「ブラックな業界」といったイメージが強いデジよね。もちろん全ての会社がブラックとは言えないし、能力次第で大金を稼げるといったメリットはあるものの、やっぱりブラック企業が多いのは事実デジね。

ここでは不動産業界がどのくらいブラックなのか、不動産営業の仕事の過酷さも含め、その理由を詳しく紹介していくデジ。

あいちゃん

ブラック企業を辞めたいって人は次の記事を読んでね!ブラック企業の辞め方&辞めたい人が踏むべき5つのステップを紹介しているわよ!
ブラック企業に驚く人 【ブラック企業の辞め方】絶対に辞めたい人が踏むべき5つのステップ

10~11月は転職に成功しやすい時期

転職のイメージ

新体制が組まれる事の多い10~11月は転職 の大チャンス!ライバルも少なく内定をもらえる可能性が高まるこの時期を逃さないように今から転職活動をはじめましょう

…とは言ってみたものの、1人1人におすすめの転職サイトは「性別」「年齢」「年収」によって大きく異なるため【 30秒 転職診断チャート】で適切なサイトを診断し、転職成功率をグッと高めましょう!

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

ガーデン

ガーデン

細身でソース顔のイケメン。過去3回の転職経験を持つが、その転職によって確実にキャリアを積んできている。探求心が強くとにかくインターネットで調べまくるのが特徴。

不動産業界にはブラック企業が多い?

よく不動産関係はブラックって聞くけど、本当にブラック企業が多いのかな?

一口に不動産業界と言っても広いから何とも言えないデジが、いろいろ調べてみるとブラック企業が多そうな情報は出てくるデジよ。たとえば、厚生労働省が発表した「平成29年の雇用動向調査」によれば、不動産業の離職率は運輸業・郵便業を上回ったデジ。

離職率

  • 不動産業・物品賃貸業:16.5%
  • 運輸業・郵便業:12.4%
  • 医療・福祉:14.5%
  • 宿泊業・飲食サービス業:30%

上記の情報から分かるように、不動産業・物品賃貸業の離職率は、ブラックで有名な運輸業・郵便業や医療・福祉を上回ってるデジ!さすがに宿泊業・飲食サービス業には敵わないデジけどね。

離職率が高いってことは・・・それだけ仕事に悩みを抱えて辞める人が多いってことか。う~ん。確かにブラック多いという証拠の一因になるかな。

また、会社の評判・口コミを投稿できる「キャリコネ」というサイトを見てみると、大手不動産会社のホワイト度がなかなかに低かったデジ。もちろん数字が高いほどホワイトだという指標デジが…

キャリコネのホワイト度
エイブル2.0
ミニミニ2.2
レオパレス212.4
住友不動産2.5
野村不動産3.2
イオンモール3.2
東急不動産3.9
三井不動産3.9
三菱地所4.2
※最大評価は5.0
※データは2019年3月現在のもの

口コミの評価デジから、偏りもあるとは思うデジけど。東急不動産や三井不動産、三菱局所などのようにホワイト度が高い会社もある一方、エイブルやミニミニ、レオパレス21などホワイト度が非常に低い企業も見られたデジ。ちなみに目安としてはグーグルやJT、NTTドコモなどが4.0前後デジね。

つまり、ホワイトな企業もある一方でブラックな企業も多いってことか。

そのあたりは、どの業界も同じかもしれないデジね。このことから、情報をしっかり集めての慎重な転職であれば不動産業界も悪くはないと思うデジが、情報収集等を怠るとブラック度が高い、地獄のような企業に入社する羽目になるかもしれないデジ。不動産業界のブラックな部分は下記で詳しく紹介するデジ。

補足情報

ホワイト度が極端に低いわけではありませんが、野村不動産は2018年の「ブラック企業大賞」にノミネートされています。転職を検討する場合は十分に情報を入手しておきましょう。

ガーデン

離職率はブラック企業の判断材料のひとつになると言われているのさ。次の記事で離職率の調べ方や計算方法、平均離職率について紹介しているよ!
平均値は約15%!離職率とは 【離職率とは】平均値は『約15%』計算方法、調べ方をやさしく解説
転職診断バナー

不動産業界がブラックな理由とは

ここからは不動産業界にブラック企業が多い理由や、不動産営業などの不動産の仕事がブラックと言われやすい理由を紹介するデジ!不動産の企業にはホワイトな会社もある一方、以下のような問題を抱えるブラック企業も多いから気をつけるデジよ!

軽犯罪を強要される

不動産業界のブラックぶりにビックリするのが「会社によっては軽犯罪を強要されること」デジね。

け、軽犯罪を?

ガーデン君は電柱に不動産関係の広告が貼ってあるのを見たことないデジか?あれ、「捨て看板」「ステ看」と言われるもので、設置については軽犯罪法に触れるデジから、現行犯なら逮捕されるんデジよ。

そりゃ、勝手に広告を設置するのはよくないし、最終的にはゴミになるからね。

しか~し。そんな事情はおかまいなしに「捨て看板を設置してこい!」と強要してくる経営者は少なくないんデジよ。そのうえに「現行犯じゃなきゃ大丈夫だ!」の補足付きらしいから目も当てられないデジ…。

犯罪行為って分かったうえで社員に強要してるのか…。

捨て看板はドライバーなどの視野に入りやすく効果が高いらしいデジからね。それでいて(犯罪行為ではあるものの)無料で設置できちゃうんだから、後を絶たない理由は分かるんデジが、やらされる方はたまったものじゃないデジ。

その場で逮捕されなかったとしても罪悪感がいつまでもまとわりつきそうだ…。

体育会系のノリが強い

昔ながらの体育会系のノリは減ったと言われるものの、業界によってはまだまだ根強く、不動産業界もそのひとつデジね。もちろん会社によるデジが、宗教かと疑うような大声での朝礼、上司からの喝などが普通に行われることも珍しくないと聞くデジ。

体育会系かぁ。ああいったノリは苦手なんだよね。

酷い企業だと上司が灰皿やライターを投げてきたり、少しの遅刻で土下座をさせられたり、飲み会で一気を強要されたり・・・。言ってて思ったデジけど、これ思いっきりパワハラになりそうデジね。

えげつないなぁ…。

ブイブイ

体育会系のノリが強すぎる…これパワハラに当たる可能性大デジ!次の記事「パワハラで退職!辞める前に知っておくべきこと、6つの具体例」も参考になるデジよ!
パワハラ 【パワハラで退職!】辞める前に知っておくべきこと、6つの具体例

自分の力で稼ぐ必要がある

右肩上がり

不動産業界の中でも、不動産営業は基本的に自分の力で稼ぐ必要があるデジ。基本は「固定給〇万円+歩合制(契約1件〇万円のような)」デジが、中には固定給は無く歩合制のみ、つまりは契約がとれなければ給料無しがありえる企業もあるらしいデジ…。

それは、もはや自営業じゃないか…。

逆に考えれば、営業が出来る人はガンガン稼げるわけデジが、新人がそう簡単に契約をとれるはずもなく、給料の少なさに早期退職してしまう人も少なくないみたいデジね。「不動産営業=実力主義」の傾向が強いデジ。

営業の成功率が低い

不動産営業には「飛び込み営業」が指示されることもあるデジ。つまりは地図を見ながら各家庭を回って不動産の営業を行うわけデジが、これ、言うまでもなく成功率は低いデジ。

そもそも不動産に興味がある人が限られてるからね。それに、今どき飛び込み営業なんてしてくる会社はちょっと・・・って僕は思うな。

実際にそう思ってる人は多いようで、ほとんどは当然ながら門前払いデジし、中には「忙しい時に、そんな用事で訪ねてくるな!」「昼食中なんだよ!」と怒られることもしばしば、デジ。

さすがに怒りはしないけど・・・まぁ気持ちは分かるかな。

また、飛び込み営業だけでなく電話営業も指示されるデジが、これも今の時代には似つかわしくないもので、迷惑そうに対応されることがほとんど。さらには飛び込みと同じで電話相手に怒られることも多いデジ。

本当に今どき訪問や電話なんて・・・って思うけど、上司からの命令じゃ仕方ないか。

こんな状況デジから営業の成功率なんて低すぎるほどに低く、中には「宝探し」と例える人もいるほどデジ。それでいて、営業で成果が出なければ上司から怒鳴られるデジよ…。

ノルマノルマノルマ!

いくら給料が営業成績に左右されるとはいえ、ノルマは存在するデジ。ノルマに厳しい会社だと1日に何度も「営業はうまくいってるか?」と上司から電話がかかってくるらしいデジよ。

う~ん。逆にやる気をなくしそうだ。

そして、ノルマを達成できなければ上司に怒られるのはもちろん、「全社員の前でさらし者にされる」なんてルールが存在する会社も・・・デジ。

パワハラすぎる…。

何とかノルマを達成しても、日に日にノルマは増えていく一方。そのため、ノルマを達成するほどに仕事が大変になり、長時間の残業もやむなし、といったケースも珍しくないデジ。

定時で帰れることが少ない

残業する男性

不動産営業の取引相手が一個人であれば、当然ながら相手の仕事中には営業活動を行えないわけで、不動産営業が定時で帰れることは滅多にないとも言われているデジ。

相手の仕事が終わってから話を始めたら残業確定だね。

むしろ不動産営業にとっては定時の後が勝負の時間とも言われ、多くの人が「定時で帰る?夢物語ですよ」状態デジ。また、平日は時間の都合がつかない人も多いから必然的に土日も仕事をせざるえないデジ…。

残業が多いどころか、休日出勤も少なくないのか…。

不動産は金額が金額デジから話も長くなりがちデジ。21時や22時ならいい方で、23時や24時の仕事終わりが当然って声もちらほら見られるデジよ。そして睡眠不足のまま次の仕事・・・これじゃあ心身がボロボロになっちゃうデジ!

その分、午前中が休みになったりは…?

不動産営業の仕事には資料作成や営業の準備、メールのチェックなどもあるデジから、午前中も休むわけにはいかないデジよ。残念ながら朝から深夜まで仕事漬けデジ。

ガーデン

定時帰りなんてもってのほか、サービス残業が当たり前になっている会社も多いのさ。次の記事では、悪質なサービス残業の実態を紹介!サービス残業は当たり前じゃなく違法だからね!
違法行為!サービス残業 【サービス残業は違法】サビ残は当たり前じゃない!悪質な実態&対策

常に会社の利益が優先

不動産業界に限った話ではないデジけど、企業としてやっていくには利益を上げないと駄目デジよね。で、不動産業界は明らかに手数料が大きい商品を売り出したり、あまり褒められた手段ではないもので契約に持ち込んだり、といったこともあるデジ。

会社の利益は大切だけど・・・限度はあると思うなぁ。

中にはタガが外れてる企業もあるってことデジね。酷いところだとアフターフォローが不足していたり、ちょっとこれは・・・といった物件を扱うこともあり、罪悪感から病んでしまう人もいるとかいないとかって話デジ。

今月の申込数ランキング

  1. #doda(デューダ)
    転職者満足度No.1!特に20~30代の人におすすめで求人数100,000件以上。
    https://doda.jp/
  2. #リクルートエージェント
    転職支援実績No.1!約90%が非公開求人!登録必須のエージェント。
    https://www.r-agent.com/
  3. #ビズリーチ
    年収500万円以上の人向き!優秀なヘッドハンター多数在籍!
    https://www.bizreach.jp/
  4. #リクらく
    8割が未経験の転職に成功!面接1回で内定!20~30代の人におすすめ!
    https://www.rikuraku.net/
  5. #パソナキャリア
    女性の気持ちがわかるアドバイザーが多い!年収アップ率67.1%!
    https://www.pasonacareer.jp/

ブラックばかりじゃない!不動産業界は良いところも

パソコンを見ながら考える男性

ここまでさんざん不動産業界の闇を紹介してきたデジが、不動産業界も悪い部分ばかりではないデジ。たとえば、以下のように良いところもあるデジよ。

不動産業界の良いところ
  • 実力次第でしっかり稼げる
  • 慣れれば仕事はキツくない
  • 年齢・学歴不問の求人も少なくない

不動産営業は基本的に歩合制で頑張れば頑張るほど給料が増える仕組みになってるデジ。その部分がブラックな一面でもあるわけデジが、中には営業成績を上げて年収1000万円以上を稼ぎ出す人もいるんデジ!

とにかく契約数などの実績勝負ってわけか。

不動産業界のイメージのひとつである「凄く稼げる」もあながち間違いでは無いデジ。また、仕事も慣れてしまえばシンプルな作業の繰り返しでキツくないと言われてるデジね。このあたりは人によるデジが。

そうやって聞くと悪い部分ばかりでもなさそうだ。

さらに不動産業界の求人を見ると「未経験歓迎」「学歴不問」などが見られるし、年齢も問わないものが多いみたいデジよ。ブラックな部分が目立つ一方で、夢のある業界でもあるのかもしれないデジね。

ガーデン

不動産業界には良いところもあるけど、どうしたって業界の体質が合わないって人は転職を検討しよう!転職は若いほど有利とされているから早めに行動を。まずは下の記事のなかから自分の年齢に該当する記事を読んでみてね!

不動産業界を狙うならブラック企業を回避!

仕事探し

上記で不動産業界にも良いところはあると話したデジが、まずブラックな部分が目立ち、ブラック企業が多いことを忘れてはいけないデジ。そのため、不動産業界への転職を狙うなら慎重に慎重を重ねる必要があるデジよ。

転職の時は企業の下調べが重要だけど、不動産業界ならよりいっそうってことか。

不動産業界の求人を見ると「ノルマなし!」「未経験でも年収1000万円以上!」などの甘い文句が多いデジが、年収1000万円は歩合制で凄く頑張った時の結果だったりと、詐欺に近い求人も多いデジからね。本当に注意しないといけない部分が多いデジ。

う~ん。そんな中からホワイトな企業を見つけられるかな…?

おそらく自分ひとりの力でホワイトな不動産の会社を見つけるのは大変デジ。だから、転職の時のは以下のようなサービスを頼るといいデジよ!

ブラック企業を回避するために
  • 転職エージェントを活用する
  • 転職の口コミサイトを活用する

転職エージェントなら企業の実情に詳しいデジから、ブラック企業を回避するのに力を貸してくれるデジよ!また口コミサイトを使ってブラック企業を回避するのもおすすめデジ!

転職エージェントも口コミサイトも最近は利用者が多いみたいだしね。周りのライバルと差がつかないように、どんどん活用していきたいところだ。

ブイブイ

ブラック回避&優良企業への転職を希望するなら転職エージェントが便利デジね。次の記事でおすすめの転職エージェントをランキングで紹介しているデジ!
転職エージェントおすすめランキング 【おすすめ】転職エージェントランキング厳選18社【評判を比較】
転職の口コミサイトについては次の記事、「【転職口コミサイト4選】信憑性のある、おすすめのサイトは?」を参考に!

ガーデン

転職口コミサイト4選 【転職口コミサイト4選】信憑性のある、おすすめのサイトは?
転職診断バナー

ブラックな不動産業界に要注意!

こうして不動産業界のブラックな部分をピックアップしていくと本当に多いデジね。中でも軽犯罪を強要される、なんかは他の業界じゃそうそう見られないものじゃないデジかね?

とはいえ、不動産業界にも努力に応じて稼ぎやすかったり、学歴不問の求人が多かったりと悪くない部分もあるデジ。転職エージェントや転職口コミサイトの活用で企業の情報を入念に調べたうえで転職するなら不動産業界もありかもしれないデジよ。

ガーデン

ブラック企業を避け、有利に転職活動を進めるためには転職エージェントの複数登録がおすすめ!次の記事で転職エージェントを複数登録するメリットをまとめているよ。
絶対にダメなNG行動?転職エージェント複数利用のメリット 【転職エージェントの複数利用】5つのメリット&タブーとされる行動
ブラック企業ってビックリするような話がいっぱいあるデジ…。次の記事では、信じられない!って感じのブラック企業あるある「30の特徴」を紹介しているデジ~。

ブイブイ

ブラック企業に驚く人 ブラック企業あるある「30の特徴」