おすすめ転職エージェントランキング

ブラック企業あるある「30の特徴」

ブラック企業に驚く人

もともとはネットで多用され、今ではテレビニュースでも使われるようになった「ブラック企業」。就職活動中や転職活動中の人はこのワードに敏感なんじゃないデジかね。

ここでは、そんな「ブラック企業」のあるあるをたっぷり紹介するデジ!有名な「残業が長い」「残業代が出ない」から、「トレイに行くのに許可が必要」など意外なものまで一挙公開!ぜひ最後まで見ていってほしいデジね!

11月は転職に成功しやすい時期

転職のイメージ

新体制が組まれる事の多い11月は転職 の大チャンス!ライバルも少なく内定をもらえる可能性が高まるこの時期を逃さないように今から転職活動をはじめましょう

…とは言ってみたものの、1人1人におすすめの転職サイトは「性別」「年齢」「年収」によって大きく異なるため【 30秒 転職診断チャート】で適切なサイトを診断し、転職成功率をグッと高めましょう!

毎日500人以上が診断!

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

ガーデン

ガーデン

細身でソース顔のイケメン。過去3回の転職経験を持つが、その転職によって確実にキャリアを積んできている。探求心が強くとにかくインターネットで調べまくるのが特徴。

ブラック企業とは?

残業する男性

「ブラック企業」は超長時間労働やハラスメント行為の横行など、労働環境が過酷な職場を指す言葉デジね。もともとは暴力団など違法行為を繰り返す会社のことを指してたらしいデジけど、今や「ブラック企業=社員に厳しい酷い企業」の認識の方が強いと思うデジ。

そうだね。今やもともとの意味で使う人は極わずかかな。

ちなみにブラック企業は2013年の新語・流行語大賞を受賞してるデジね。今回はそんなブラック企業によく見られる特徴をガンガン紹介していくデジよ~。

ガーデン

ブラック企業の対義語として「ホワイト企業」という言葉もあるんだ。ようは労働環境が良く社員に優しい企業のことだね。ホワイト企業については次の記事で詳しく紹介してるよ!
ホワイト企業への転職をイメージ 【人生変わる】ホワイト企業に転職したい!9つの特徴や見分け方
転職診断バナー

ブラック企業あるある30の特徴

ここからはブラック企業によく見られる特徴をどんどん紹介していくデジ!きっとブラック企業を見分ける参考にもなるデジよ!

過酷

残業・休日出勤が多い

ブラック企業のあるあると言えば残業時間の長さや休日出勤の多さなど。とにかく労働時間が長いことデジよね。どんな会社であっても完全定時あがりは難しいデジが、ブラック企業だと1ヶ月100時間前後の残業を強いられることも…デジ。毎日、帰宅するのは日付が変わってから、なんてパターンも少なくないデジよ…。

ガーデン

実は残業時間の上限って労働基準法で決まってるんだ!次の記事では残業時間の法律や罰則について詳しく紹介してるよ!
労働基準法!残業時間 【残業時間は月45時間が上限に?】労働基準法&36協定!法律や罰則

残業代が出ない

残業時間が長いのと同時に残業代が出ないのもブラック企業の特徴さ。いわゆる「サービス残業」を強いられることもしばしば。本来なら残業は通常より多くの賃金が貰えるはずなのに・・・それがタダ働き。たまったものじゃないね。

ブイブイ

残業代が出ないサービス残業は当然ながら違法行為デジ!次の記事ではサービス残業について詳しく紹介してるデジよ!「サビ残」が当たり前って人は要チェックデジ。
違法行為!サービス残業 【サービス残業は違法】サビ残は当たり前じゃない!悪質な実態&対策

有給休暇は取得できない

ブラック企業だと有給休暇の取得も難しいデジね。取得しようと思っても上司に断られたり、そもそも先輩や上司に取得実績がほとんどなく取りにくい雰囲気だったり…。また休暇を取得できたと思ったら普通の休み扱いで給料が減ってしまった、という報告も見られるデジ。

ガーデン

2019年4月に開始された「働き方改革」で有給休暇のルールが変わったのさ。次の記事では「働き方改革」で有給休暇や残業の考え方がどう変わったか解説しているよ!
やさしく解説!働き方改革 【やさしく解説】働き方改革で「残業&有給休暇&収入」が変わる!

テープを回していないか確認する

社内で重要事項を決定する際や、上層部が社員を叱責する際などなど、何かにつけて「テープを回していないか?」などと確認するような会社もあるみたいデジ~。あとあと、まずい証拠が残ってしまう可能性を払拭するための確認デジかね~。おっかないデジ!

ハラスメント行為が横行

パワハラやモラハラ、セクハラにマタハラなどなど。ブラック企業ではハラスメント行為が横行してることも珍しくないのさ。ブラック企業は労働時間が長くイライラしている人ばかり。そのイライラを部下や後輩にぶつけてしまう人が多いのかもしれないね。

ブイブイ

ハラスメント行為は相談窓口を頼ることで解消することもあるデジ!次の記事ではパワハラの相談窓口についてまとめてるデジよ!パワハラ以外のハラスメント行為に対応してくれる窓口も少なくないデジ。
パワハラの相談窓口イメージ 【パワハラ相談無料】24時間窓口あり!悩み相談所【メール・電話】

無理なノルマを押し付けてくる

ブラック企業は人を「仕事の道具」と認識してる傾向があるデジ。そのため、超長時間残業をしても終わらないような、無理なノルマを押し付けてくることも珍しくないデジよ。そんな無理なノルマをこなしていれば身体はボロボロになってしまうデジが、企業側としては「次のやつを使えばいいか」くらいにしか考えてないデジ…。

年間の休日数が少ない

さっき紹介したようにブラック企業は休日出勤も多く、年間の休日数は少ない傾向にあるのさ。ホワイト企業の年間休日数が120日前後なのに対して、ブラック企業だと二桁なんてことも…。とにかく仕事の量が多いのもあって友達の誘いを断わざる得ないこともしばしばなのさ。

ブイブイ

年間休日数については次の記事で詳しく紹介してるデジよ。「週休2日制」と「完全週休2日制」の違いを知らない人は要チェックデジ!
完全?隔週?週休2日制 【年間休日数は?】完全週休2日制・隔週休2日制・週休2日制の違い

離職率がやたら高い

会社を辞めた人の割合を示す「離職率」という数字があるデジ。ブラック企業は離職率が高く、どんどん社員が離れていくことも珍しくないデジ。何と言っても過酷な労働環境デジからね。辞める人が後を絶たないのは当然デジよ…。

ガーデン

離職率については次の記事を読んでみて!ブラック企業を見極めるひとつの目安になるからね!離職率の平均値や計算方法、調べ方まで詳しく紹介しているよ!
平均値は約15%!離職率とは 【離職率とは】平均値は『約15%』計算方法、調べ方をやさしく解説

常に求人広告が出ている

上記で紹介したようにブラック企業は離職率が高い。そのため、常に人不足で求人を出してるのさ。定期的に転職サイトなどをチェックしていて「またこの会社が求人出してるな」と思えば、その企業は真っ黒かもしれないよ…。

辞められない

「ブラック企業なんかで働いてられるか!退職だ!」と上司に退職願を提出しようとしたところ・・・受け取り拒否。なんてことが日常茶飯事なのもブラック企業の特徴デジ。中には「辞めたら損害賠償を請求するぞ!」と脅してくる酷い上司まで…。ありとあらゆる手段で「貴重な仕事マシーン」を手放さないよう必死デジ。

ガーデン

辞めたいのに辞められないなんて地獄だよ…。次の記事では退職時の引き止めがしつこい時の対処法を紹介してるのさ!
もう、しつこい!退職の引き止め 【退職の引き止め】もう、しつこい!3つのケースと対処法

タイムカードは定時に強制

仕事をした時間を記録するタイムカード。これを定時に強制的に記録させて残業代を出さない企業も少なくないのさ。タイムカード上は定時終業にしておいて、残業が無かったように見せるわけだね。

正社員がほとんどいない

アルバイトやパートに比べると正社員は給料が高く解雇しにくいデジよね。ブラック企業は人件費を抑えようと正社員を減らす傾向にあるデジ。それでいて仕事の内容はアルバイトやパートと正社員で同じだったり…。酷い場合だと正社員募集と出しておきながら、入社したらアルバイトでした、なんてケースもあるみたいデジ…。

社員がやたらと入れ替わる

離職率が高く常に求人を出しているブラック企業は社員の入れ替わりが本当に激しく、1年もしたら同期が誰もいなかったなんてことも珍しくないよ。いつまでも残っているのは部下をこき使う上司くらいのものさ。

職場の人間関係が最悪

みんなに異常なノルマが課されてるうえ残業や休日出勤の嵐。そんな環境で働いてる人が爽やかでいるのは難しいデジよね…。実際、ブラック企業の職場は人間関係が悪く先輩や同僚に話しかけづらいと感じることも珍しくないデジ。で、話しかけづらさから連絡や報告が不足してミスが増える…。まさに負の連鎖デジね。

ガーデン

人間関係は転職理由の1位になるほど悩んでいる人が多いんだよね。次の記事では、人間関係が理由で仕事を辞めたいっていう人のために無料相談窓口なんかを紹介しているよ。
人間関係に疲れた男性 人間関係で『仕事を辞めたい』時の相談相手や窓口!疲れた、辛い…。

求人の給料設定がやたら高い

ブラック企業の求人を見てみると、初めから月給30万円など異様に高い給料を設定していることも多いのさ。ただ、これには裏があって、掲載された給料に実は残業代が含まれていたりすることも。極端な話、30万円のうち基本給は10万円。残りはみなし残業代なんてこともあるんだよ…。

口コミサイトの評価が悪い

今やインターネットで企業の評価を簡単に書き込める時代デジ。そのため、口コミサイトをチェックしてみて評価が極端に悪い企業はブラックの可能性が高いデジね。またSNSや掲示板などで悪い評価を確認できることもあるデジ。ブラック企業を避けるため、まずは口コミサイト等をチェックしておくと良いデジよ。

ガーデン

口コミサイトについては次の記事で詳しく紹介してるよ。異様に給料が高いなど条件が良すぎる企業は口コミサイトでしっかり確認しておこう!
転職口コミサイト4選 【転職口コミサイト4選】信憑性のある、おすすめのサイトは?

内定の連絡がやたら早い

ブラック企業は常に人手不足だから、少しでも早く新しい人材を確保したいのさ。そのため内定の連絡がやたら早いことも少なくないよ。一般的に最終面接から内定の連絡までには3日~1週間かかると言われているけど、ブラック企業だと次の日には連絡がきたりね。また内定の連絡を急がせて冷静な判断力を奪うのもブラック企業の特徴さ。

ブイブイ

ブラックの場合は内定の連絡が早いどころか、面接中に「採用!」なんて言われる事もあるデジね。下の記事では、「通常の転職内定後の流れ」や手続きについてまとめてあるデジよ。
転職内定後の流れ 【転職内定後の流れ】失敗しない6ステップ!内定通知対応や手続き方法

労働契約書が出てこない

普通、入社前には労働条件などが書かれた労働契約書で求人票の条件と相違が無いか確認するデジね。求人票の給料や休日数と労働契約書で違いがあれば交渉などを行うデジが、ブラック企業だとそもそも労働契約書を発行してくれないこともあるデジ…。

そのため条件が確認できず入社してから条件の違いに気が付くなんてことも…。もし労働契約書のことを聞いても発行してくれないなら、何か知られたくない条件がありそうデジね。かなり怪しいデジ~。

自社の製品をムリヤリ購入させる

ブラック企業は無理なノルマを課してくるうえ、ノルマが達成できないと自社の製品をムリヤリ購入させることもあるのさ。たとえば、コンビニの雇われ店長が廃棄直前のお弁当やパンをオーナー命令で購入したりね…。ちなみに、ムリヤリ自腹で商品を購入させることは労働基準法に違反すると言われているよ。

トイレに行くのに許可が必要

もはやギャグみたいな話デジが、ブラック企業の中にはトイレに行くのに上司の許可が必要なところも…。他の社員がいる中で「トイレに行きたいです!」と言うのは恥ずかしいし、上司に怒られるのが怖くて我慢してしまう人もいるみたいデジね…。

飲み物を飲むのに許可が必要

上記と似たパターンで飲み物を飲むのに許可がいるなんてものも…。水分は人間にとって必須なのにね。もはや人扱いされていない証拠とも言われているよ。

仕事で使う備品も自腹

自分のデスクの電球やボールンペンのインクなどが切れても会社は負担してくれず自腹。そこまで高くないものとはいえ、自腹を切るのは何となく悔しいデジよね。そもそも、その少額を会社がケチってることが一番イヤかもしれないデジ!

「根性!」「やりがい!」

上司が何かといえば「根性で乗り切れ!」「気合があれば出来る!」「やりがいで乗り切れ!」などの精神論を押し付けてくるのもブラック企業の特徴さ。中には「根性!(上司)」「根性!(社員全員が復唱)」などの宗教じみた朝礼が行われる企業もあるとか。いわゆる体育会系のノリってやつだね。

「アットホームな職場です!」

求人広告などに「アットホームな職場です!」と書かれていれば、もはやブラック企業を疑うのが常識になりつつあるデジ…。

というのも、アットホームなんて曖昧な言葉をウリにしているのはアピールできる具体的なポイントが無い証拠デジ。また、既存の社員にとってはアットホームでも、関係性が固まりすぎていて新人は入っていけない可能性があるデジ。田舎に引っ越した東京もの状態デジ。

休日・帰宅後も容赦なく呼び出される

ただでさえ休日が少ないうえ、その休日に呼び出されることも少なくないのがブラック企業さ。もちろん緊急の用ならいいんだけど、呼び出しの理由が「このままだと俺(上司)が定時に帰れそうにないから」なんてことも…。

また仕事が終わって帰宅した後に呼び出されることもあるみたいだね。上司としては社員のことを「いつでも呼び出せる便利な仕事マシーン」くらいにしか思ってないわけさ…。

オフィスが散らかっている

常に忙しく余裕のないブラック企業のオフィスは掃除が行き届いておらず散らかってることも多いデジ。本来なら厳重に保管しないといけない書類が床に放置されていたり、外部に出しちゃいけない書類がデスクに置きっぱなしだったり…。

そのせいで必要な書類がすぐに見つからず、さらに仕事の時間が長引くなんてこともあるデジね。面接時などにオフィスを除いてみて、あまりに雑然としているようなら危ない企業かもしれないデジよ。

上司の趣味に付き合わされる

久々の休日だと思ったら「次の休日は俺と一緒にゴルフな」と、好きでもない上司の趣味にムリヤリ付き合わされるのもブラック企業あるあるさ。また上司が飲み会を開催する時は社員全員が強制参加だったりもするみたいだね。しかし、別に仲良しでもない部下と一緒に休日を過ごして楽しいのかな・・・?う~ん。謎だ。

国民年金に加入させられる

普通は企業に入社すれば厚生年金に加入することになるデジよね。そのはずが「自営業で申告して自分で国民年金を払え」と強要されることがあるデジ…。また、これと似たパターンで本来なら社会保険に加入するところ、なぜか国民健康保険に加入されられることも。このパターンはかなりブラック度が高いと思うデジ。

「うちは労働基準法を採用してないから」

一時期SNSなどで話題になったけど、「労働基準法を採用してない」なんて台詞で休みを与えなかったり、残業代を払わない企業があるらしいよ…。労働基準法は採用するとかしないとかの問題じゃないんだけど…。こんな言い訳をする企業は完全に真っ黒だと考えてよさそうだ。

始業1時間前出社で「遅くない?」

社会人として始業より少し早めに出社するのはマナーデジよね。とはいえ、普通は10分や20分。1時間も2時間も早く出社する人はそう多くないと思うデジ。

そんな中、1時間前の出社なのに「君、遅くない?」と言われてしまう企業も。それでいて1時間以上前に出社しても当然ながらタイムカードは始業時間から。凄く理不尽デジけど、これがブラック企業というものデジ…。

近所からの評判が悪い

ブラック企業は近所からの評判が悪いケースも珍しくないんだ。たとえば、営業職の人が何度も無理に商品を進めていたり、日中から外に聞こえるくらいの怒号が飛び交っていたり。また残業が当たり前のため夜遅くまでうるさかったり、余裕が無いため会社の周辺にゴミが散らかっていたり。つまり、近所の人に会社のことを聞いてみて悪い評判ばかり耳にするようなら、ブラック企業の確率はかなり高いよ。

ブイブイ

ブラック企業には当たり前デジがブラックな上司がいるわけデジ。次の記事でブラックな上司の特徴をまとめているデジから、こちらもぜひ参考にするデジ。
11の特徴を紹介 ブラック上司 ブラック上司の11の特徴【とにかく怒鳴る、仕事中に呑んでる…】

今月の申込数ランキング

  1. #doda(デューダ)
    転職者満足度No.1!特に20~30代の人におすすめで求人数100,000件以上。
    https://doda.jp/
  2. #リクルートエージェント
    転職支援実績No.1!約90%が非公開求人!登録必須のエージェント。
    https://www.r-agent.com/
  3. #ビズリーチ
    年収600万円以上の人向き!優秀なヘッドハンター多数在籍!
    https://www.bizreach.jp/
  4. #リクらく
    8割が未経験の転職に成功!面接1回で内定!20~30代の人におすすめ!
    https://www.rikuraku.net/
  5. #パソナキャリア
    女性の気持ちがわかるアドバイザーが多い!年収アップ率67.1%!
    https://www.pasonacareer.jp/

ブラック企業を回避したいなら転職エージェントの利用は必須

喜ぶ女性

ブラック企業の特徴を見れば見るほど、絶対に入社したくないと思うはずデジ!

そりゃそうだよね。残業代が出なかったり、ハラスメントが横行していたり…なにがなんでもブラック企業なんて入社したくないね。

ただ…ブラック企業でも求人票には良いことばかり並べているデジから、なかなか見破ることができないデジ。求人票で見破れるなら、誰もブラック企業なんかに入社しないデジからねぇ。だからこそ転職エージェントを利用してほしいデジ。

最近は転職するときに転職エージェントを利用する人が増えているみたいだね。

転職エージェントなら企業側の状況・社風が把握できている求人が揃っているデジから、ブラック企業に当たる確率は低いといえるデジ。転職エージェント側だって利用者から「ブラック企業を紹介された!」なんて口コミが出たら利用者がいなくなってしまうデジから、まともな求人を紹介してくれるはずデジ。

ブラック企業と思うかどうかは人それぞれだとしても、ブラック企業の確率が低いというのは求職者にとって大きなメリットだね!ブラック企業が嫌だと思うなら転職エージェントを利用しておいたほうがよさそうだ。

口コミでも評判が良い、おすすめの転職エージェントを紹介するデジ!

doda 【20代】 【30代】

doda

大手転職エージェントのひとつ「doda」は、利用者が非常に多く、また利用者満足度もかなり高いデジ!大手だけに求人数も豊富で、なんと10万件以上の求人を保有しているデジ!得意な業界・職種はあれど弱い業界・職種はなし!多くの人にとって使い勝手が良いと思うデジ!

しかもdodaの場合、担当のキャリアアドバイザーに加えて、企業と直接コミュニケーションを取っている採用プロジェクト担当もWでサポートしてくれる手厚いサービスが受けられるデジ。全年齢が利用可能デジが、特に20~30代の転職支援に長けているデジから、該当する年齢の人は必ず登録するデジよ!

リクらく 【未経験】 【面接1回で内定】

リクらく

あまり知名度は高くないデジが、特に20代の転職支援を強みにしている「リクらく」は、利用者満足度95%というかなり優秀な転職エージェントデジ!8割ほどが未経験OKの求人デジから、職歴にあまり自信がないという人にもおすすめ!

リクらくの内定率は非常に高くて、20代の利用者の内定率は94%と驚異の数字を誇るデジ!リクらくの場合、基本的に面接1回で内定がもらえるデジから、早く転職先を決めたいという人にもおすすめデジよ!手に職をつけたいという人には、資格取得補助に熱心な企業を紹介してくれるといった配慮もバッチリ。ぜひとも利用してほしいデジ!

パソナキャリア 【年収UP率67.1%】

パソナキャリア

親身な転職支援と、優良な企業を多数保有することで人気なのが「パソナキャリア」デジ!保有している求人のうち80%ほどが非公開求人なんデジが、その非公開求人の中にはホワイトな企業がかなり多いと口コミでも高評価を受けているデジ!

パソナキャリアでは熟練のキャリアアドバイザーが多数在籍しているデジが、女性の転職にも強いという特長があるデジ。さらにさらにパソナキャリアを利用して転職した人のうち67.1%が年収アップに成功しているという実績を持つデジから、年収アップを狙う人はぜひとも登録してほしいデジね。

ブイブイ

転職エージェントの活用してブラック企業を回避するデジよ。企業の内情に詳しい転職エージェントならきっと力になってくれるデジ!下の記事のおすすめの転職エージェントランキングも参考にしてデジ。
転職エージェントおすすめランキング 【おすすめ】転職エージェントランキング厳選18社【評判を比較】
転職診断バナー

ブラック企業あるあるで特徴を把握して転職を回避しよう!

「え?本当にそんな企業あるの?」と疑いたくなるレベルの特徴が盛りだくさんだった「ブラック企業あるある」はどうだったデジか?

「求人が常に出ている」「給料がやたら高い」など特徴の中には入社前に分かるものも少なくないデジね。こういった特徴をしっかり掴んでブラック企業への入社を回避してほしいところデジ。

また今回の特徴から「俺の(私の)企業、完全にブラックだ!」と認識した人は早めに転職等を考えた方がいいデジよ。正直、ブラック企業はやり方がやり方だけに、長持ちしないことも多いデジ…。

ガーデン

ブラック企業あるあるを知っていれば入社を回避しやすいはず!次の記事では、転職してまた同じようなブラック企業に入社するのを回避するために、ブラック企業の見分け方を紹介しているよ。
ブラックを見抜く 【ブラック企業の見分け方!】7つの方法で本当にヤバい会社を見抜く