おすすめ転職エージェントランキング

【飲食店はブラックすぎ!】もう、限界!辞めたい…人手不足で地獄化

ブラック企業に驚く人

数ある業界の中でも特にブラックなイメージを持つのが飲食業デジよね。SNSなどを見てみると、飲食店で働いている人の(労働環境の酷さからの)悲鳴がごまんと投稿されているデジ…。

もちろん中にはホワイトな飲食店も存在するデジけど、けっこうな割合でブラックなのは確かデジよね。ここでは、飲食店がブラックと言われる具体的な理由や、ブラックの可能性が高い飲食店の特徴を紹介するデジから、転職を検討している人は確認してみてほしいデジね!

あいちゃん

ブラック企業を辞めたいって人は次の記事を読んでね!ブラック企業の辞め方&辞めたい人が踏むべき5つのステップを紹介しているわよ!
ブラック企業に驚く人 【ブラック企業の辞め方】絶対に辞めたい人が踏むべき5つのステップ

10~11月は転職に成功しやすい時期

転職のイメージ

新体制が組まれる事の多い10~11月は転職 の大チャンス!ライバルも少なく内定をもらえる可能性が高まるこの時期を逃さないように今から転職活動をはじめましょう

…とは言ってみたものの、1人1人におすすめの転職サイトは「性別」「年齢」「年収」によって大きく異なるため【 30秒 転職診断チャート】で適切なサイトを診断し、転職成功率をグッと高めましょう!

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

あいちゃん

あいちゃん

小柄で可愛らしいみんなのアイドル。これまでの転職経験は2回で、現在は女性が働きやすい病院受付の仕事をしている。仕事はしっかりこなすが実は超ワガママな性格。

飲食店は離職率No1のブラック業界!?

退職する男性

業界のブラック具合を測る数字のひとつとして「離職率」というものが存在するデジ。

離職率とは?
一定の期間にどれだけの人が会社を辞めたか表す割合です。つまり離職率が高い会社は多くの人が退職していることになります。

「離職率が高い=ブラック企業」とは限らないものの、辞める人が多いってことは長時間の残業や低賃金など何かしらの問題が職場に蔓延している可能性が高いデジ。

離職率が高い業界は危ないのね…。

で、厚生労働省が発表した「平成29年雇用動向調査」によれば、離職率が高い企業3つは以下のようになっていたデジ。

離職率が高い業界
  1. 宿泊・飲食サービス業:30%
  2. 生活関連サービス・娯楽業:22.1%
  3. 他に分類されないサービス業:18.1%

宿泊サービス業が含まれてはいるものの、上記のデータから分かるように飲食店はぶっちぎりの離職率1位を記録しちゃってるデジ。ちなみに、最も離職率が低い電気・ガスなどのインフラ業は離職率が6.5%しかないデジよ。

飲食がブラックって言うのはよく聞くけど・・・こんな風にデータでしっかり示されていたのね・・・。

飲食店の離職率が高くブラックなお店が多いと言われる理由は以下で詳しく紹介するデジよ!

あいちゃん

ちなみに離職率についての詳しい情報は、次の記事「離職率とは?平均値は約15%!計算方法、調べ方をやさしく解説」で紹介してるわ!
平均値は約15%!離職率とは 【離職率とは】平均値は『約15%』計算方法、調べ方をやさしく解説
転職診断バナー

飲食店がブラックすぎると言われる8つの理由

ここからは飲食店がブラックすぎると言われる理由を紹介していくデジよ~!

長時間労働・残業が多い

飲食店の多くは営業時間がとても長いデジよね。建築系の人に合わせて朝早くからやっていたり、仕事終わりが遅い人のために夜遅くまでやってるのはもちろん、中には24時間営業のファミリーレストランもあるデジね。

うちの近くの牛丼屋さんも24時間営業だった気がするわ!

これって利用者にとってはありがたいデジけど、飲食店で働く人にとっては長時間労働や残業の原因なんデジよね。実際、飲食店の社員は長時間労働に苦しめられ、過労で心身がボロボロになってしまう人も少なくないデジ。

営業時間が長い分だけ人を増やすってわけにはいかないの?

もちろん人を増やそうとしている飲食店も多いとは思うデジが、飲食店は性質上、アルバイトやパートが多く、常に安定した人数を確保するのが難しいデジよ。で、そのしわ寄せが社員や店長などにくるデジ。酷い場合だと午前に出勤して深夜まで労働など、明らかに過労死ライン(1ヶ月あたり80時間以上の残業)の労働時間を強いられることもあるらしいデジよ。

人がいないからってお店を休みにするわけにはいかないものね…。

個人営業ならまだしも、チェーン店じゃ本部が許してくれそうにないデジね。ちなみに、居酒屋だと閉店時間くらいにお客さんが来て、そのまま1時間、2時間の残業コースってことも珍しくないデジ。このことから、飲食店の中でも居酒屋勤めの過労死が多いとも聞くデジね。

あいちゃん

残業が多いと肉体的にも精神的にもキツイわよね…。でも残業は法律で上限時間が決まってるのよ。次の記事では、法律で定められている残業時間の上限や罰則について紹介しているわ!
労働基準法!残業時間 【残業時間は月45時間が上限に?】労働基準法&36協定!法律や罰則

残業代が出ないことも多い

もちろん違法ではあるデジが、飲食店では残業代が出ない残業、つまりはサービス残業が横行してるって話デジ。上記で話したように長時間の残業をさせられるわりに、タイムカードは定時に押しておき、そこから賃金無しの仕事が始まるってパターンも珍しくないみたいデジ。

残業っていつもより多くお給料を貰えるから頑張れるのに…。

そもそも残業という概念が存在せず、1日の営業時間いっぱい働くのが当たり前って職場もあるらしいデジよ。そのため、時給換算してみたら500円しか貰ってなかった、なんてケースも・・・デジ。

都会の方なら最低賃金で働く学生だって、その2倍近くもらってるわよ…。

ブイブイ

残業代が出ないってことは、いわゆる「サービス残業」デジね!飲食業界では当たり前に行われているかもしれないけど違法なんデジよ。次の記事では、悪質なサービス残業の実態を紹介!サービス残業は当たり前じゃなくて違法デジ~!
違法行為!サービス残業 【サービス残業は違法】サビ残は当たり前じゃない!悪質な実態&対策

明らかに人手が足りず仕事が大変

営業時間が長いことに加え、とにかく飲食店は人手が足りないデジ。そもそも飲食店はアルバイトやパートを頼りにしているため、常に安定した人数でまわしているお店ってかなりレアなんじゃないデジかね。

学生とかは長くても3年や4年くらいで辞めちゃうものね。

いきなり週に20時間も30時間もシフトが入っていたアルバイトが辞めた場合、その穴を埋めるのは正社員の仕事デジね。そのため営業開始から終了までホールに立ったり、時には本来は2人でまわすところ、1人で2人分の仕事をしなくちゃいけないこともあるデジ。

少し前に深夜の1人労働が問題にならなかったっけ…。

もちろん1人で無理にまわすのはよくないデジけど、それをやらなくちゃいけないのが飲食店の正社員デジ。代わりの人が見つかれば少しは楽になると言え、その代わりの人が入ってくるのはいつになることやら・・・デジ。

休みが少ない・とりにくい

飲食店は労働時間が長いだけじゃなく、休みが少ないのも特徴デジ。一般的に年間休日は少なくても105日くらいあるわけデジが、飲食店の募集を見てみると、年間休日73日など、どう考えても労働基準法に違反していそうな広告も見られるデジ。

一般的なものより30日も少ないんだけど・・・。

ホワイト企業なら年間休日120日以上ってこともあるわけデジし、年間73日はかなりキツいデジよ。それに、73日しっかり休めればいいデジけど、今の飲食店の状況を考えると・・・デジ。

ひいぃぃ。

ブイブイ

年間休日数については次の記事を参考に!年間休日の話だけじゃなく「完全週休二日制」と「週休二日制」の違いについても解説しているデジ!
完全?隔週?週休2日制 【年間休日数は?】完全週休2日制・隔週休2日制・週休2日制の違い

給料が低い

飲食店は仕事が大変だから給料が高いかと言えば、全くそんなことは無いデジ。国税庁が発表した平成29年分の「民間給与実態統計調査」によれば、「宿泊・飲食サービス業」は数ある業界の中でも最下位の平均給与253万円となったデジ!

ち、ちなみに最も高いのはいくら?

最も高いのは「電気・ガス・熱供給・水道業」の747万円デジね。その差は約3倍。これじゃあ、飲食店が人手不足になるのも当然デジ。

研修期間が長いことも

「正社員雇用あり」の求人につられて飲食店に入社したところ、研修期間が1年や2年と非常に長く、いつまでも非正規雇用とした扱われるケースもあるみたいデジ。

ひ、酷いわ!

会社側は解雇しやすいように正社員にしたくないのかもしれないデジね。また、研修期間は給料が少ないこともしばしば、デジ。・・・とはいえ、飲食店のブラックぶりを見ると正社員にならず解雇の方が案外幸せなのかもしれないデジね。

ストレスのせいで職場がギスギス

長時間労働、薄給、人手不足などの理由から察しがつくとは思うデジが、飲食店で働く人々は疲れやストレスでイライラしがちデジ。中には仕事のストレスを新人にぶつける人もいて、どうにも職場はギスギスしがちな傾向にあるデジね。

接客の時はみんな笑顔なのに!

それは上から「笑顔で接客」って命令がきてるから仕方なくデジよ。特に居酒屋は酔ったお客に絡まれたり、愚痴を聞かされたりで、よりストレスを蓄積しやすい環境とされてるデジね。

あいちゃん

ストレスのせいで職場がギスギス…。人間関係も悪くなっていくわね…。次の記事では人間関係に疲れて仕事を辞めたいって人のために、相談するべき相手や無料相談窓口について紹介しているわ!
人間関係に疲れた男性 人間関係で『仕事を辞めたい』時の相談相手や窓口!疲れた、辛い…。

正社員だとクレーム処理が大変

飲食店でアルバイトやパートが何かトラブルを起こした時、責任をとるのは基本的に店長や社員の仕事デジ。アルバイトやパートに損害賠償を請求する例もあるとは思うデジが、それはよっぽどの時とかデジね。

理不尽とはいえ、責任のある立場だから仕方ないのかしら…。

それでいて社会人としての経験が無く、常識とは外れた行動をしてしまう学生バイトが多いから大変デジよね…。

今月の申込数ランキング

  1. #doda(デューダ)
    転職者満足度No.1!特に20~30代の人におすすめで求人数100,000件以上。
    https://doda.jp/
  2. #リクルートエージェント
    転職支援実績No.1!約90%が非公開求人!登録必須のエージェント。
    https://www.r-agent.com/
  3. #ビズリーチ
    年収500万円以上の人向き!優秀なヘッドハンター多数在籍!
    https://www.bizreach.jp/
  4. #リクらく
    8割が未経験の転職に成功!面接1回で内定!20~30代の人におすすめ!
    https://www.rikuraku.net/
  5. #パソナキャリア
    女性の気持ちがわかるアドバイザーが多い!年収アップ率67.1%!
    https://www.pasonacareer.jp/

こんな飲食店はブラックの可能性大!

ここまでで飲食店がいかにブラックか紹介してきたデジけど、もちろん中にはホワイトな飲食店もたくさんあるデジよ。ここからは、ブラックな飲食店を回避するための知識「こんな飲食店の求人はブラックの可能性が高い」を紹介していくデジ!

いつでも求人がある

飲食店のブラック具合を確かめる要素のひとつに「人材が不足していないか」というものがあるデジ。ただ、その飲食店に訪れただけではバックまでは見えないデジから、人手が不足しているかどうか分かりにくいデジよね。

ホールに出てる人数って限られてるものね。

そこで、常に求人が出てるかどうかで人手不足かチェックするデジ。ようは、常に求人が出ているようなお店は明らかに人手が足りていない状態だと考えられるし、人手が不足する原因(サービス残業が普通、上司がパワハラをしてくる等)があると思われるデジ。

そういえば、常に求人があるとこは怪しいってよく言うわよね。

また求人広告の「リニューアルのため大量募集!」なども疑った方がいいデジよ。「〇〇のため」といった理由があると長期間の広告掲載も怪しくないように感じられるデジが、これは離職率が高いことから、多く人を雇っておきたいという思惑があるかもしれないデジからね。

採用条件が簡単

飲食店の場合、特殊な免許などは基本的に必要ないとは言え、たまに目立って採用条件が簡単な求人があるデジね。髪の色も自由、ピアスOK、1日2~3時間でもOK…とにかく健康でありさえすればOKというような場合、もしかすると人手不足なブラック企業かもデジ。

ブラック企業ほど簡単に入れるって言うもんね…。

求人広告通り簡単に入社は出来ると思うデジが、入った後は人手不足で地獄を見るかもしれないデジよ。採用条件がゆるいのに常に求人が出ている場所なんかは特に注意したいところデジ。

ネットの口コミがよくない

最近は企業の公式ホームページだけでなく、口コミサイトを使って企業の情報を調べておくのが当たり前の時代になってるデジね。

私も転職する時に利用したわ!

全ての情報が信頼できるとは言わないデジが、職場環境などに問題があれば、口コミサイトをそのはけ口とする人は多く、ブラックな企業には悪い口コミが集まりやすいデジ。口コミサイトを除いてみて、悪い書き込みが多ければ他の候補を探した方がいいんじゃないデジかね。

あいちゃん

企業の口コミサイトはぜひチェックしてね。次の記事で信憑性のある会社・企業の口コミサイトを紹介しているから、転職の際は評判をよく確認してね。
転職口コミサイト4選 【転職口コミサイト4選】信憑性のある、おすすめのサイトは?

募集内容と実条件に相違がある

募集内容が良さそうで面接を受けたら内定を貰ったからすぐに入社・・・というのは少し待ってほしいデジ!入社の前には労働条件通知書などで実際の労働条件を確認しておいてほしいデジ!

求人広告の募集内容と違うことがあるってこと?

そういうことデジ。ブラック企業だと普通に募集内容と実際の労働条件が違ったりするデジから、もし労働条件通知書を確認してみて、募集内容と違うようなら会社側とよく話し合っておくデジよ。

あいちゃん

募集内容と実条件に相違があるってことは「求人詐欺」だわね!次の記事では、求人詐欺について詳しく紹介!求人票の嘘を見破る5つの方法と無料相談窓口をまとめたわよ。
求人を探す女性 【求人詐欺にご注意】嘘を見破る5つの方法と無料相談窓口

「みなし残業」を採用している

ブラックな飲食店は長時間の残業でも残業代を抑えるため、みなし残業(固定残業代)を採用してることがあるデジ。みなし残業は固定給に残業代があらかじめ含まれていることで、ブラックな飲食店だと、みなし残業を盾に残業代を一定額しか出さず、それでいて社員を馬車馬のように働かせるデジ!

そもそも「みなし残業」なんて採用してる時点で「うちはブラックです!残業たっぷりです!」って宣伝してるようなものじゃないかしら?

その認識でも間違ってはいないと思うデジよ。とにかく「みなし残業」など明らかに残業代を抑えようとする仕組みを採用したお店は避けておくのが無難デジ。

ブラックな飲食店を回避するなら転職エージェントがおすすめ

正直、ブラックな飲食店はすごく多いデジからね、自力でホワイトなのかブラックなのかを見分けるのはそう簡単じゃないデジ。だから「飲食業界で働きたいけど絶対にブラックは回避したい!」と思うなら飲食業界に強い転職エージェントを利用するデジ!

飲食業界に強い転職エージェントかぁ。

そうデジ!転職エージェントは各企業の社風や労働環境、評価制度など求人票には書いていない情報までしっかり把握しているデジから、ブラックな飲食店を回避しやすいデジ!聞きにくい条件・待遇面の詳細を確認するのだってキャリアアドバイザーが代行してくれるから、単純に便利というメリットもあるデジ!

転職エージェントの利用はお金がかからないから、ひとまず相談するだけしてみるべきよね。飲食業界に強いおすすめ転職エージェントを以下に紹介しているから、転職活動をするならぜひ登録してみてね!

Foods Labo 飲食

Foods labo

飲食業界の「満足度No.1」「スタッフが選ぶ転職エージェントNo.1」「転職業界信頼度No.1」の三冠を達成しているのが、飲食業界に特化した「Fooods labo(フーズラボ)」デジ。

一都三県(東京、神奈川、埼玉、千葉)がメインではあるデジが、年間5,000人以上の相談実績があるデジ~。年収400~600万円などの高収入求人や週休2日など条件が良い求人が多数揃っているデジよ。

従業員インタビューや店舗視察などの独自情報をもとに、優良な飲食店だけを紹介してくれるデジから、きっと快適に働ける飲食店が見つかると思うデジ!

クックビズ 飲食

クックビズ

月収があまり高くないイメージの飲食業界デジが、「クックビズ」が保有するのは月収35万円以上の求人が多数なんデジ!飲食業界に特化しているからこそ、業界の転職を成功に導くノウハウをしっかりと持っているデジ!

しかも転職が決まるともれなくお祝い金3万円がプレゼントされるデジ。転職が決まってお祝い金までもらえて、至れり尽くせりデジ~。

求人掲載数は約50,000件。非公開求人も多く、その中には優良な飲食店が多数揃っているデジ~。内定が決まったあとも専任のキャリアアドバイザーがしっかりサポートしてくれるデジから、きっと安心して働けると思うデジ~。

itk(アイティーケー) 飲食

itk(アイティーケー)

「itk(アイティーケー)」は関東をメインとしている飲食店特化の転職エージェントなんデジ。求人数や実績は飲食店業界でもトップクラスで、好条件な求人も多数保有しているデジよ。

応募書類の作成をサポートしてくれるデジから、書類選考率がすごく高いデジ!しかも面接の際は専任のキャリアアドバイザーが同行してくれるデジから、心強いと思うデジ!

応募書類や面接に不安があるという人は、ぜひ登録して力を借りてはどうデジかね?

あいちゃん

他にも飲食業界に強い転職エージェントはいくつかあるわよ!次の記事で飲食業界に強いおすすめ転職エージェントをたっぷり紹介しているから、こちらも参考にね!
飲食業界におすすめの転職エージェント紹介 『飲食業界の転職』を成功に導く!おすすめ転職エージェント5選
転職診断バナー

もちろんブラックじゃない飲食店もある!

今回紹介したように、飲食店は様々な理由からブラック企業が多くなりがちデジね。

とはいえ、中にはブラックとは程遠い、労働環境がしっかりしたホワイトな飲食店も存在するデジよ。そのため、きちんとお店を見極めれば飲食店への転職・就職も悪くはないデジ。

飲食店への転職を検討している人は、今回解説したブラック企業の見分け方などを参考に、転職・就職先を探してほしいデジね。

あいちゃん

飲食店は真っ黒だわね…。だからこそ、しっかりとブラック企業をしっかり見分けなきゃね!次の記事では、ブラック企業の見分け方を詳しく紹介!本当にヤバい会社を見抜くのよ!
ブラックを見抜く 【ブラック企業の見分け方!】7つの方法で本当にヤバい会社を見抜く
ブラック企業ってビックリするような話がいっぱいあるデジ…。次の記事では、信じられない!って感じのブラック企業あるある「30の特徴」を紹介しているデジ~。

ブイブイ

ブラック企業に驚く人 ブラック企業あるある「30の特徴」