おすすめ転職エージェントランキング

【引き継ぎは?】退職代行の問題点!給料・有給・退職金・社宅など

退職代行の問題点!徹底解説

退職代行サービスが流行り出して間もないため、サービスを利用した時に「給料はどうなるの?」「残った有給休暇は?」「退職金は貰える?」「社宅はいつ出るの?」といった風に疑問がどんどん湧いてくる人も多いと思うデジ。

そこで今回は退職代行サービスを使う時に感じやすい疑問や問題点について徹底的に解説していくデジ!これを読めば退職代行サービスに対する不安もきっと解消されるデジ!

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

ガーデン

ガーデン

細身でソース顔のイケメン。過去3回の転職経験で、着実に営業マンとしてのキャリアを積んできている。探求心が強く、とにかくインターネットで調べまくるのが特徴。

退職代行サービスの問題点を解決!

退職代行サービスの疑問や問題点をひとつずつ解決していくデジよ!要チェック、デジ!

給料や退職金など基本的なことから、退職代行サービスの成功率なんかも解説するよ!

先生

Q.給料は貰えるの?

働いた分の給料は貰えます。基本は給料日に振込という形になると思われます。

働いた分の給料を貰うのは労働者の権利デジし、企業側は労働分の給料を支払わなければならないデジ。会社側がいくら退職代行サービスの利用に対して怒ったとしても、それが給料を支払わない理由にはならないデジね。

権利ならしっかり安心して受け取れるね!

一般的には普段の給料日に働いた分が振込されるデジ。手渡しの場合は退職代行サービスの方で受け取りに行かなくて済むよう工夫してくれることもあるデジ。退職後に受け取りに行きたくない人は、事前に退職代行サービスの担当者と打ち合わせしておくデジ。

Q.退職金は貰えるの?

退職金も基本は受け取れます。ただし、退職代行サービスが退職金に関する交渉をしてくれることはありません。

退職代行サービスを利用しても基本的に退職金を受け取れるデジよ。ただ、退職代行サービスの人は会社に対して交渉を行えないデジ。退職金や未払い賃金などの交渉をしてしまうと、非弁行為にあたるデジからね。

非弁行為とは?
弁護士じゃない人が報酬を目的に交渉を行うこと。これは弁護士法に違反します。

つまり、会社側が退職金の支払いを拒んだ場合、退職代行サービスではどうしようも無いデジ。とはいえ、会社側も退職者となるべく揉めたくないはずデジ。実際、退職金が支払われないケースは見たことが無いデジよ。

それなら安心かな?

ちなみに、そもそも退職金って企業によってあったりなかったりデジ(給料や有給休暇のように法律で定められたものではないデジからね)。会社が支払いを拒むとかの前に、退職金自体が存在しないこともあるから、まずは就業規則などで退職金の有無を確認しておくデジ!

退職金があるのに支払われない時はどうすればいいんだい?

その時は弁護士や労働基準監督署に相談してみるデジ!

Q.有給休暇は消化できるの?

消化できることが多いです。ただし、退職代行サービスで交渉は行えないため絶対ではありません。なお、退職代行サービスが有給休暇の買取交渉をすることも不可です。

退職代行サービスを利用する時に流れは主に、「退職代行サービスが退職を伝える」「退職までの2週間は有給休暇を消化する(足りなければ残りは欠勤)」となるデジ。法律で退職の意思を伝えてから退職まで2週間かかることになってるデジから、どうしても上記のような形になるデジ。

即日退職ってよりは、実質即日退職になるんだよね。

で、有給休暇の取得は労働者の権利であって、会社側は拒むことができないデジ。一応は「忙しいから〇日にズラして」など取得タイミングの交渉は可能デジが、2週間後に退職してしまう人に対して交渉は無理デジよね。そのため、残った分の有給休暇については退職までに消化できることがほとんどデジ。

おお!それなら安心かも!

ただ、退職代行サービスが有給休暇についての交渉を行うことは不可能デジから、絶対に全て消化しきれるとは限らないデジね。

Q.社宅はいつ出るの?

退去日については退職代行サービスが確認してくれます。

退職代行サービスを使ってすぐに社宅を追い出されることは無いはずデジ。退職日の1~2週間以内に出ていくのが基本デジかね。

意外と猶予あるね。

ただ、社宅は会社独自の制度で運営してたりするデジから、すぐに退去が命じられる恐れも無くはないデジ。

う~ん。なかなか分かりづらいね。

まぁ、普通は退職代行サービスの方で退去日について聞いてくれるデジから、その指示に従っておけばOKデジ。電話やLINEなどで詳細を教えてくれるはずデジ~。

Q.仕事の引継ぎはどうなるの?

仕事の引継ぎなしでも退職は可能です。「仕事の引継ぎをしなければならない」といった法律は存在しません。

退職代行サービスで即日退職となれば、仕事の引継ぎは無理デジよね。とはいえ、仕事の引継ぎは絶対にしなきゃダメなものでも無いデジ。法律的にも仕事の引継ぎなしで辞めるのは問題ないデジ!

大丈夫なのか!

十分な引継ぎをした上で退職するのが一番デジけど、退職代行サービスを使う人の多くは精神的に追い詰められた状態デジよね。そんな状態で引継ぎは辛いと思うし、そこまで追い込んでくる会社に申し訳なさを感じる必要も無いと思うデジ。

僕もその通りだと思うな。

もしも重要なパスワードなど、どうしても引き継いでおきたいことがあるなら退職代行サービスの担当者に伝えてもらうことも可能デジよ。

最低限の引継ぎなら退職代行サービスが代行してくれるのか。助かるね!

Q.損害賠償の請求はありえる?

可能性で言えばありえますが、訴えるのにかかる費用や労力を考えれば滅多にないでしょう。

いきなり退職した従業員に対して、企業側が損害賠償を請求することも不可能ではないデジ。実際、急な退職で業務に支障が出て損害が発生することもあるデジからね。

損害賠償もありえるのか…。

とはいえ、損害賠償の請求には労力もコストもかかるデジ。それでいて、見合ったリターンが得られるわけじゃないため、わざわざ損害賠償の請求に走る企業は滅多にないデジ。特に人手不足で忙しい企業にそんな余裕はないはずデジ。

それなら安心・・・かな?

急な無断欠勤で会社から逃げ出した人でさえ、損害賠償を請求された話は聞いたことが無いデジ。社長などがよっぽど退職者に恨みを抱いてるなら別デジが、普通はほぼ無いと思っていいデジよ。

Q.保険証などの返却はどうするの?

会社に郵送すれば大丈夫です。送り方も退職代行サービスが教えてくれます。

退職後は保険証や社員証、制服などの返却が必要になるデジが、わざわざ会社へと出向く必要は無く、郵送でOKデジ。会社側だって返却さえしてくれれば方法は問わないはずデジよ。

返却時に上司や同僚と顔を合わせるのは勘弁だしね。

保険証など重要な書類は一般的な郵便ではなく、簡易書留などを使って送るのが一般的デジけど、このあたりの送り方も退職代行サービスの方で指示してくれるデジ。

退職を伝えた後のフォローもしてくれるんだね!

ちなみに、郵送が面倒なら退職代行サービスの利用日前に、返却すべきものを会社に置いてきちゃう手もあるデジ。とはいえ、保険証なんかは退職日まで有効デジから持っておいた方がいいかもしれないデジね。

Q.離職票など受けとる書類はどうするの?

退職代行サービスが郵送するよう伝えてくれます。基本は郵送で届くのを待てばOKです。

退職後には離職票や源泉徴収票など様々な書類を受けとる必要があるデジが、これらは依頼者に郵送するよう退職代行サービスが伝えてくれるデジ。

自ら受け取りに行く必要はないんだね。

基本は届くのを待ってればいいデジ。ただ、何週間しても送られてこないようなら問い合わせてみた方がいいと思うデジよ。

Q.退職は絶対に成功するの?

退職代行サービスの多くが成功率100%をキープしています。

退職代行サービスの利用にあたって最も気になるのが退職の成功率よね。これは会社によって異なるデジけど、人気の退職代行サービスの多くは成功率100%をキープしてるデジね。ほぼ失敗無しデジ!

退職代行ってそんな成功率高いのか!ちなみに失敗例もあるのかい?

一応は失敗例も存在するデジが、具体的な内容を見てみると「会社から休職をおすすめされたので、退職ではなく休職を選択した」など、失敗と言っていいのか微妙なものだったデジ。

その失敗に退職代行サービスの否はないもんね。

ただ、退職代行サービスの会社も増えてきたから、もしかすると中には成功率が低い会社もあるのかもしれないデジ。なるべく利用前に公式サイトなどで実績を確認しておくといいデジよ!

なるほど!

退職代行サービスの成功率は次の記事でも詳しく紹介してるデジ!退職代行サービスランキングで口コミ人気の高い会社を探すデジ!
退職代行サービス業者 おすすめランキング 退職代行サービス業者ランキング!口コミで評判の人気10社を比較

Q.即日で退職できるって本当?

多くの退職代行サービスが即日の退職に対応しています。

深夜に依頼して翌朝に実行、または寝起きに依頼してすぐ実行など、多くの退職代行サービスが即日の退職に対応してるんデジよ!今日から出勤しないことも可能デジ!

即日って凄いな!

ただ、中には即日対応していなかったり、即日対応に追加料金がかかる会社もあるようデジ。「もう限界ですぐに辞めたい!」といった時は即日対応の退職代行サービスを頼るデジ!

Q.会社から連絡がきたりしない?

退職代行サービスが依頼者へ連絡しないよう伝えてくれますので基本は問題ありませんが、強制力は無いため絶対に連絡が無いとは言い切れません。

退職代行サービスは退職を伝えると同時に、依頼者への連絡は避けるようにも伝えてくれるデジ。そのため、退職代行サービスの利用後、会社から連絡がくることは少ないデジ。

少ないってことは、連絡がくることもあるのかい?

退職代行サービスの言葉に強制力はないデジからね。会社が無視して依頼者に連絡する可能性はあるデジ。

あるのか…。

とはいえ、会社から連絡が来ても無視しちゃってOKデジよ。もし何度もかかってきたりとしつこいなら、退職代行サービスにそのことを伝えれば対応してくれることもあるデジ。

Q.親に退職代行のことがバレたりしない?

退職代行サービスは依頼者だけでなく、家族への連絡も避けるよう伝えてくれますから基本は問題ありません。しかし、強制力は無いため絶対に大丈夫とは言い切れません。

退職代行サービスは依頼者だけでなく、家族にも連絡しないよう伝えてくれるデジ!そのため、自分から言わなければ退職代行の利用が家族にバレる心配も少ないデジ!

でも可能性はゼロじゃないんだよね?

残念ながら、退職代行サービスの言葉に強制力はないデジから、無視して家族に連絡してしまう可能性もあるデジ。とはいえ、家族に連絡したところでどうこうなる問題でもないデジし、本人に連絡がいくケースよりずっと少ないんじゃないデジかね。

確かに。家族に連絡したってほぼ無意味だよね。

Q.親になりすましてくれますか?

退職代行サービスは基本的になりすましをしません。これは後でバレて面倒になるのを避けるためです。

退職代行サービスに「親になりすまして!」とお願いする人もいるようデジが、基本的になりすましには対応してないデジ。退職代行サービスだと名乗ったうえで退職の意思を伝えるはずデジ。

何でなりすましは対応してないんだい?

なりすましはバレると非常に面倒なんデジよ。下手をすれば話が妙な方向にこじれてしまうかもデジ。だから、ほとんどの会社はなりすましを禁止してるデジ。

Q.残業代・慰謝料の請求はできるの?

退職代行サービスでの残業代・慰謝料などの請求はできません。もし請求を考えるなら弁護士に依頼しましょう。

退職代行サービスの仕事は退職の意思を伝える事だけデジ。なぜなら、会社と交渉をしてしまえば弁護士法に違反してしまうデジからね。

ってことは、未払いの残業代とかは請求できないのか。

未払いの残業代やパワハラに対する慰謝料などの請求は弁護士の領分デジね。大量にサービス残業などをさせられて未払いの残業代がたまってる場合などは、弁護士への依頼を考えた方がいいかも、デジ。

退職代行サービスと弁護士でちゃんと住みわけが出来てるってことかな。

ちなみに弁護士への依頼は15~35万円ほどかかると言われてるデジ。原則として退職代行サービスよりずっとお金がかかるから注意デジ(退職代行サービスは3~5万円が相場デジ)。

解決しない問題点は退職代行に無料相談!

携帯電話を持つ男性

退職代行サービスの利用にあたって、よく見られる疑問はこのあたりデジかね。

僕も疑問に思ってたことはだいたい解決したかな。

もし今回の内容で解決しない疑問があるのなら、退職代行サービスに問い合わせてみるのもありデジよ。

それってお金がかかったりしないのかい?

ほとんどの退職代行サービスは無料で相談を受け付けてるデジ。疑問があるなら電話やメール、LINEなどで相談すれば、あっという間に解決するかもしれないデジよ!

プロの回答だからほぼ間違いはないだろうしね。

退職代行で問題のある会社を退職しよう!

退職代行サービスの疑問・問題点はどうだったデジか?気になる疑問は解決したデジか?

退職代行サービスの利用は、何かしらの理由をつけて辞めさせてくれない企業に対して非常に有効な方法デジね。

利用料金も1回あたり3~5万円ほどとそう高くないデジから、気になる人はぜひ利用を検討してみてほしいデジ。

これで退職代行の問題点については大丈夫だね!あと利用者の体験談なんかも気になるかな?次の記事では退職代行サービス利用者の体験談を紹介!退職代行を実際に使ってみたって人の感想&レビューをまとめたのさ。
退職代行サービス!利用者の感想 【使ってみた!】退職代行サービス利用者の体験談!感想&レビュー
退職代行で失敗するケースはほぼ無いデジけど、気になる人は次の記事も読むと良いデジ!退職代行で失敗するリスク、トラブルや詐欺被害、なりすまし問題についてまとめたデジよ~。

退職代行サービス!失敗のリスク 【退職代行で失敗するリスク!】トラブルや詐欺被害、なりすまし問題