おすすめ転職エージェントランキング

30歳・31歳・32歳・33歳・34歳の転職!未経験は失敗に終わる?

成功させるには?30代前半の転職

よく「30代に入ったから転職は諦めよう…」なんて人がいるみたいだけど、30代前半は転職においてそれほど不利じゃないのさ。

ここでは30代前半の転職が不利ではない理由や、30代前半で実際に転職に成功する人・失敗する人の特徴を紹介していくよ。転職に迷っている人は何かの参考になると思うから、最後までチェックしてみてね!

11月は転職に成功しやすい時期

転職のイメージ

新体制が組まれる事の多い11月は転職 の大チャンス!ライバルも少なく内定をもらえる可能性が高まるこの時期を逃さないように今から転職活動をはじめましょう

…とは言ってみたものの、1人1人におすすめの転職サイトは「性別」「年齢」「年収」によって大きく異なるため【 30秒 転職診断チャート】で適切なサイトを診断し、転職成功率をグッと高めましょう!

毎日500人以上が診断!

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

ガーデン

ガーデン

細身でソース顔のイケメン。過去3回の転職経験を持つが、その転職によって確実にキャリアを積んできている。探求心が強くとにかくインターネットで調べまくるのが特徴。

30代前半の転職は不利じゃない!その理由とは

30代前半と言うと…一般的には30歳・31歳・32歳・33歳・34歳のことを指すと思うけど、30代前半の転職はまだまだ不利ではないのさ。まずは“不利じゃない”と言われる理由をチェックしていこうか。

35歳までなら内定をもらえる確率は低くない

内定をもらえた女性

まず、30代前半であれば内定を貰える確率がまだまだ高いことがあげられるね。というのも、募集要項に年齢制限が書いていなくても、業界では35歳から内定の確率が減るという声が多いのさ。

いわゆる“35歳の壁”ってやつデジか。30代前半ならチャンスは多いってことデジね~。

30代前半なら定年退職まで、まだ30年前後はあるわけだからね。企業に貢献する時間も仕事に馴染む時間も十分。それに、30代前半なら20代後半とそれほど変わらない柔軟性を持っていると判断してくれることも少なくないんじゃないかな。

ビジネスマナーや業務実績などを持っている

新卒で社会人になったとして、30代前半なら10年前後の勤務経験があることになるね。つまりある程度の業務実績やビジネスマナー、専門スキルなどを持っていることが多いはずさ。

ビジネスマナーなんかは嫌でも身に付くデジからね。

人手不足などから「即戦力」を求めてる企業にとって、ビジネスマナーや専門スキルが備わった人材は喉から手が出るほど欲しいものなのさ。その点でも30代前半の転職は不利じゃないと言えそうだね。

転職者を採用する企業は即戦力を求めてることが多そうデジからね。20代前半には無いアドバンテージと言えるかもしれないデジ!

実際に不利だと感じた人は半分以下!

転職サイト「リクナビNEXT」の調査によれば、30代前半の転職で不利だと感じた人の割合は31.9%。なんと半分以上の50.4%が不利に感じなかったという結果が出ているのさ。残りの17.7%はどちらとも言えない、だね。

30代前半の転職は不利に感じた? 円グラフ

30代前半でも、30歳・31歳・32歳・33歳・34歳…と年を重ねるごとに、多少は不利になっていくかもしれないデジ。

ちなみに、転職前はもっと多くの人が不利になると感じていたみたいだね。つまり「実際に転職活動してみたらなんてことはなかった」と感じている人が多いってことじゃないかな。もちろんリスクを考慮する必要はあるけど、行動を起こしてみれば意外と何とかなることは多いってことさ!

転職診断バナー

30代前半の転職で成功する人の特徴とは

ここからは30代の転職に成功する人の特徴を紹介していくよ。

即戦力になることをアピールしている

ビルとスーツの男性

中途採用をしている企業は人手不足などの影響から「即戦力」を求めていることが多いのさ。これをきちんと理解して、即戦力になることをアピールしてる人ほど、転職を成功させる傾向にあるみたいだよ。

即戦力になるアピールデジか。

今までの業務実績や専門知識・スキル、資格なんかをアピールするといいんじゃないかな。とはいえ、転職先の職種とまったく関係のない知識やスキルじゃ意味が無いよ。

そのことを踏まえると…やっぱり今と同じ職種を狙うのが良いデジかね?

その通りさ。これについては下記で詳しく説明するよ。

キャリアのある職種を狙っている

新しいことにチャレンジするため未経験の職種を狙うのも無しではないけど…それだと20代の人と比べたときに不利になりがちだから、今まで培ってきた業務実績やスキルなどを活かせる職種を狙うのがおすすめさ。実際、業務実績やスキルを活かせる職種の方が転職成功率は高いって言われてるよ。

中途採用をしてる企業が欲しいのは「即戦力」デジからね。

もちろん、どうしてもチャレンジしたい仕事があるなら未経験を狙うのもいいけど、その場合は転職活動が厳しくなることを覚悟した方がいいと思うよ。30代にもなると、20代に比べて知識や技術の吸収が遅くなりがちだからね…。

資格やスキルをきちんと取得している

スキル

しつこいようだけど、中途採用をしている企業が求めているのは「即戦力」。だからこそ、資格やスキルを持ってる人は転職が有利なのさ。

企業側も専門的な資格やスキルを期待していることが多いみたいデジね。

というよりも、10年前後も社会人として働いてきて、何も資格やスキルが無いとなると、企業側に高く評価されることは少ないんじゃないかな。厳しい言い方ではあるけど、やっぱり資格やスキルの有無は大きな差がでるよ。

資格やスキルを持ってる人は、それなりに努力してきたはずデジからね。

今から資格やスキルを取得するのもありだけど、35歳以降は内定の確率が減少すると言われているから、のんびりもしていられないのさ。「どんな資格が必要か」「それが本当に転職に役立つか」などをよーく考えてから取得を目指そうね。また、勉強時間を確保するためのスケジュール管理も重要だよ!

ブイブイ

資格やスキルを取得していると転職も有利に進められるデジね!次の記事では、転職におすすめの資格、人気&将来性のある資格について紹介しているデジ!
おすすめ資格 【転職におすすめの資格45選】人気&将来性のある資格をチェック

何事もポジティブに捉えている

これは転職をした後の話なんだけど、自分の転職が成功だと感じてる人の多くは物事をポジティブに捉えているのさ。

ポジティブにデジか。

たとえば、転職によって年収が500万円から400万円に下がったとする。これについてAさんは「年収大幅ダウンで転職失敗…」と考える一方、Bさんは「将来どれだけ年収をアップできるか楽しみです!」とポジティブに捉えていたりするんだ。

考え方の違いってやつデジね。確かに、年収が減っても将来的に昇進などでアップさせられれば結果オーライデジ!

ひとつのデメリットを意識しすぎて「失敗した…」と落ち込まず、見方を変えてもっと前向きになるといいんじゃないかな。いくつか体験談を見ていると、何事もポジティブに捉えている人の方が転職後、ストレスを感じずに働けてるみたいだよ。僕はそういった人の方が昇進や昇給が早いと思うな。

今月の申込数ランキング

  1. #doda(デューダ)
    転職者満足度No.1!特に20~30代の人におすすめで求人数100,000件以上。
    https://doda.jp/
  2. #リクルートエージェント
    転職支援実績No.1!約90%が非公開求人!登録必須のエージェント。
    https://www.r-agent.com/
  3. #ビズリーチ
    年収600万円以上の人向き!優秀なヘッドハンター多数在籍!
    https://www.bizreach.jp/
  4. #リクらく
    8割が未経験の転職に成功!面接1回で内定!20~30代の人におすすめ!
    https://www.rikuraku.net/
  5. #パソナキャリア
    女性の気持ちがわかるアドバイザーが多い!年収アップ率67.1%!
    https://www.pasonacareer.jp/

30代前半の転職成功者の多くは転職エージェントを利用

面接と履歴書

30代前半で転職を成功させた人の多くは、転職エージェントを活用しているデジ!

転職するならできるだけスムーズに決めたいよね。仕事をしながら転職活動をしている人は、転職活動がはかどらないこともあるはず。そんなとき転職エージェントは便利なのさ!もちろん転職活動に行き詰ったときも力になってくれると思うよ。

転職エージェントなら条件にあった求人を紹介してくれるし、求人情報だけではわからない企業の募集背景や内情もある程度把握していることが多く、ミスマッチの確率も減らせるはずデジ!

求人紹介だけじゃなく面接の日程調整、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策などしっかりサポートしてくれるから、忙しい人こそ転職エージェントを活用すべきだと思うのさ。登録・利用が無料ってところもメリットだよね。

ブイブイ

転職エージェントを利用してみたいと思ったら次の記事を参考にするデジ!30代におすすめの転職エージェントを紹介しているデジよ!
30代におすすめの転職エージェント紹介 30代におすすめの転職エージェント【安心して働ける会社探し】
転職エージェント探しに役立つ記事
IT・WEBIT業界向けおすすめ転職エージェント
エンジニアエンジニアにおすすめの転職エージェント
外資系外資系向けおすすめ転職エージェント
飲食飲食業界向けおすすめ転職エージェント
アパレルアパレル業界向けおすすめ転職エージェント
介護介護業界向けおすすめ転職エージェント
海外海外の転職に強いおすすめ転職エージェント
エグゼクティブエグゼクティブ向けおすすめ転職エージェント
女性女性におすすめの転職エージェント

30代前半の転職で失敗する人の特徴とは

ここからは30代前半の転職で失敗してしまう人の特徴を紹介するよ。

未経験職を目指している

未経験歓迎の仕事を探す女性

さっき少し触れたけど、30代前半の転職で未経験職種を目指すのは簡単なことじゃないよ。20代ならまだしも、30代以降になれば「即戦力」を求められることが普通なわけだからね。

ブイブイはロボットだから大丈夫デジが、体力や記憶力が衰える中で新しいことにチャレンジするのも辛いデジよね。

未経験職種を目指して転職活動が長期化するようなら、業務実績などを持っている職種への転職も視野に入れよう。その方がずっと成功確率は上がるはずさ。

一人で転職活動に臨んでいる

僕も転職活動を何度かしてるから分かるんだけど、一人で誰にも相談せず活動を続けるのは…正直キツいものがあるよ。何度も応募や面接をして断られて…。心が折れそうになることも少なくないのさ…。

相談相手の有無は大きいデジよね。

転職エージェントのようなプロに相談するのもありだし、家族や友人、恋人などに相談するのもありさ。

友だちに転職経験者がいるなら、体験談を聞いてもいいデジね。それに家族や恋人の応援は励みになるデジよね!

家族に隠れての転職活動は余計なトラブルを生む可能性があるから、パートナー・家族にはきちんと相談しておこうね。相談してみたら意外に受け入れてくれた、ってパターンも多いみたいだよ。

条件を厳選しすぎている

転職に成功できないパターンで多いのが条件の高望みさ。年収や年間休日の多さ、福利厚生の充実など大切な要素はたくさんあるけど、全てを現状より良くするっていうのは難しいんじゃないかな。

あるていどの妥協は大切デジよね。労働時間が短くなるうえ、給料も増えるなんて虫のいい話はそうそうないデジ。

そうそう。給料や休みの多さ、労働時間、福利厚生などの中から自分が特に大切にしたい要素を再確認して、少しは妥協しながら求人をチョイスした方がいいと思うよ。ただ、転職自体が目標にならないように注意。転職できても妥協しすぎで条件の悪い会社だったら、それは「転職失敗」になるんじゃないかな。

30代前半の転職リスクは?転職活動前に確認しよう

上手くいけば収入アップや働きやすい職場環境などが手に入る転職だけど、以下のようなリスクの可能性があるのは理解しておいてね。

転職で負う可能性があるリスク
  • 年収のダウン
  • 年下の先輩や上司との付き合い
  • 新しい職場・仕事への適応

転職によって年収をアップさせる人も多いけど、逆に年収ダウンという人も少なくないのさ。もちろん、転職の目的が年収以外の部分にあれば問題ないかもしれないけど、今とは生活の水準が変わることもあるから気をつけてね。

転職先では30代後輩でも新人になるから、20代の人が先輩や上司になることもあるデジね。でも、それってそんなに嫌なことデジか?

それは人によるかな。プライドが高い人だと年下から命令されるのにイライラして、うまく付き合えないこともあるみたいなのさ。とはいえ、大半の人は年齢を気にせず上手くやっているようだよ。あとは、新しい環境に慣れるまで少し大変かな。生活リズムが変わって体調を崩す人もいるから気をつけてね。

30代後半の転職活動は退職せず行おう

履歴書を見る男性

そうそう。転職活動をする時は、今の仕事を続けながらがおすすめだよ。

仕事を続けながらって、大変そうデジね。

退職して時間に余裕が持ててから転職活動をしたい気持ちも分かるけど、収入がゼロっていうのは予想以上に精神を追いつめられるものなのさ。もし貯金があったとしても、切り崩していくうちに焦って条件が良いとは言えない企業に入社してしまう可能性もあるんだ。

焦りって怖いデジよね。まぁ、ブイブイはロボットだから焦らないデジけどね。

今の時代、新しい仕事が見つからずに退職したままフリーターに…なんてケースもありえるからね。もし、今の仕事が忙しすぎて時間がとれないなら、転職エージェントなどを活用するのがおすすめさ。

ポイント

転職エージェントなら、経歴や希望条件から客観的な視点で応募先を絞り込んでくれます。また面接日の調整や雇用条件の調整も代行してくれますし、書類の添削や面接対策などのサポートもあるので、効率良く転職活動ができるでしょう。

ブイブイ

在職中の転職活動には転職エージェントが便利デジけど、実は1社だけの登録はあまりおすすめできないデジ。次の記事では、転職エージェントの複数登録のメリットを紹介しているデジ。
絶対にダメなNG行動?転職エージェント複数利用のメリット 【転職エージェントの複数利用】5つのメリット&タブーとされる行動
在職中に転職活動をする人の割合は約8割!次の記事では、在職中の転職活動、退職後の転職活動、それぞれのメリット・デメリットを紹介しているのさ。

ガーデン

面接 在職中に転職活動をする人は約8割!退職後の転職活動は不利に?
転職診断バナー

できれば35歳までに転職を決めるのがおすすめ!

30代前半(30歳・31歳・32歳・33歳・34歳)の転職は不利じゃないことが分かってもらえたかな?今回紹介した「成功する人の特徴」を参考にすれば、30代前半でも転職成功の可能性はかなり高いはずさ!

ただ、35歳を超えてしまうと内定獲得率が減少したりと転職が厳しくなることも。30代前半で転職を考えている人は、早めに転職活動に臨むのがおすすめだよ!

ブイブイ

もうすぐ30代後半っていう人は次の記事も参考にしてみるデジ~。30代後半(35歳・36歳・37歳・38歳・39歳)の転職事情についてまとめたデジよ!
未経験は厳しい?30代後半の転職 30代後半(35歳・36歳・37歳・38歳・39歳)の転職!未経験は失敗する?
年を重ねるほど転職が難しくなっていくのは事実だけど、現代においては年齢による限界なんてないのさ。だから次の記事は、転職の年齢に限界があると思っている人にぜひ読んでほしいのさ!

ガーデン

転職に限界はなし!転職限界説 【転職の年齢に限界はない!】〇歳まで転職限界説の考え方、古すぎ!