【試用期間中の退職理由】上司への切り出し方や面接&履歴書の対処法

履歴書・職務経歴書

企業が人材の能力や仕事への適正を見極めるために、本採用前の試用期間が設けられることもあるデジね。この試用期間、おおむね1~3ヶ月、長い場合は1年ほど続くこともあるデジが、その間に何かしらの理由で会社を辞めたくなることもあるデジよね。

ここでは、試用期間中に会社を辞めたいと思った時の適切な退職理由や、退職したことを履歴書・職務経歴書に書くべきかを紹介していくデジ。また、あわせて試用期間中の退職にかかる期間なども詳しく解説するデジよ。

履歴書テンプレートは下のページで無料でダウンロードできるよ!標準タイプ、簡単タイプ、アピールタイプ、1枚タイプ、写真なしタイプまで全15種の履歴書テンプレート(Word・PDF)が無料ダウンロード(A4・B5)できるのさ。
履歴書・職務経歴書 【履歴書テンプレート】無料ダウンロード15種/印刷かんたんWord・PDF

5月は転職に成功しやすい時期!

転職のイメージ

4月入社の社員が10連休GWの後に続々と早期退職している5月は転職 の大チャンス!タイミングが合えば即採用も多いため、今から活動をはじめましょう

…とは言ってみたものの、1人1人に本当におすすめの転職サイト&エージェントは「性別」「年齢」「年収」によって大きく変わる ため、ランキング形式ではマッチングするサービスをご紹介することは非常に難しいのです…。

そこで考えついたのが、「性別」「年齢」「年収」を含む5項目に答えるだけでおすすめの転職サイト&エージェントが分かる【 30秒 転職診断チャート】です。これで転職の成功率がグッと 高まります!

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

ガーデン

ガーデン

細身でソース顔のイケメン。過去3回の転職経験で、着実に営業マンとしてのキャリアを積んできている。探求心が強く、とにかくインターネットで調べまくるのが特徴。

試用期間中に退職したい!退職理由はどうする?

まずは試用期間中の退職理由について見ていくデジ~。

試用期間の退職理由はどうするか?

スマホをみて首をかしげる女性

試用期間中の退職理由と言えば、やはり社風が合わなかったり、仕事内容がキツかったり…これ、正直に伝えれば「会社のせいにしている」と受け止められてしまうものが多いデジね。

たしかに。

ただ、正直に「仕事がキツすぎます!」などと伝えてしまうと、上司の心象が悪くなり、退職までの期間、仕事がしにくくなる可能性もあるデジ。いくらそのあと辞める会社でも、退職日まで気持ちよく働けないのは嫌デジよね。

短い期間とはいえ、ストレスを感じながら仕事をするなんてまっぴらごめんさ。

というわけで、なるべく波風立たない言い方を心がけるデジ。たとえば、仕事がキツいと感じても「自分の能力が足りず~」など、「会社のせい」と捉えられない理由にしておくデジ。

物は言いようだね。

また、上司が納得せざる得ない、説得力のある理由があるなら、それを正直に伝えれば反感を買いにくいデジよ。例としては以下のようなものデジね。

説得力のある退職理由
  • 親の介護で仕事を続けるのが難しい
  • 病気や怪我で仕事を続けるのが難しい
  • 家業を継ぐことになった
  • 家族の転勤についていくことに

などなど。親の介護などは踏み込みにくいデジよね。中にはプライベートを話すのが嫌って人もいると思うデジが、こういった説得力のある事情を話せば円満退職しやすいデジよ。

退職の理由次第ではしつこく引き止められる原因になるかもしれないから注意するんだよ。次の記事に退職をしつこく引き止められた時の対処法をまとめておいたのさ。
もう、しつこい!退職の引き止め 【退職の引き止め】もう、しつこい!3つのケースと対処法

退職を伝える時に覚えておきたいポイント

試用期間中に退職を伝える時、以下のポイントに注意してほしいデジね。

退職を伝える時のポイント
  • 退職は直属の上司に伝える
  • 忙しい時期に伝えるのは避ける
  • 仕事が終わってから話を切り出す
  • メール等ではなく直接伝える
  • 退職届を提出する
  • なるべく早めに退職を申し出る

まず、退職は直属の上司に伝えることになってるデジ。理由は簡単に言うと、直属の上司以外に相談してしまうと、直属の上司の評価が下がってしまうからデジね。

確かにそうだ。

また、忙しい時期やタイミングだと話を聞いてもらえないこともあるから、なるべく閑散期(ひまな時期)の仕事終わりなどに話を持ちかけるデジ。

仕事が忙しいタイミングだと上司もイライラしてるしね。

ただ、さっき言ったように退職までは時間がかかるため、いつまでに退職したいという明確な日付がある時は、なるべく早めに退職を申し出るデジ。この時、退職届をきちんと提出しておけば、言った言わないの言い争いになりにくいデジよ。

退職を伝える時の注意点は次の記事が参考になるはず。円満退社したいなら必読さ。
退職の切り出し方 上司への伝え方 【退職の切り出し方】上司への伝え方&報告マナーを把握!相談はNG
転職診断バナー

試用期間でも退職には最低2週間かかる

カレンダー

「試用期間=お試し期間」という考え方から、試用期間中ならいつでも辞められると考えてる人もいるデジが、それは間違ってるデジ。試用期間であっても即日退職などは基本的に無理デジよ。

やっぱり、それなりの期間がかかるのかな?

試用期間であっても労働契約はしっかり結ばれてるデジからね。普通の社員と同じように、辞めるまでには最低でも2週間はかかるデジ。2週間は法律で決まった退職までの最低期間デジね。

2週間か。

また、就業規則で2週間以上の期間が設けられている場合は、それに従う必要があるデジ。たとえば、就業規則に「退職希望日の1ヶ月前までに申し出ること」とあれば、退職には最低1ヶ月かかることになるデジよ。

ポイント

試用期間中でも退職まで最低2週間(法律で決められた退職までの期間)かかります。また、就業規則で退職までの日にちが決まっていれば、それに従う必要があります。

つまり、退職を伝えた後も最低2週間は同じ会社に勤務する必要があるデジ。そのため、退職理由は重要。上司に嫌われてしまうような退職理由だと、伝えてから実際に退職する日までの勤務が非常に辛くなるデジよ…。

それは困るね…。

ちなみに、就業規則の退職日について「試用期間中は除く」という文面があれば、「1ヶ月前に申し出ること」などの記載があっても関係なく、2週間で辞めることが出来るデジね。

試用期間中であっても、試用期間終了後であっても、基本的に退職に必要な期間は変わらないのさ。下の記事で退職の期間について詳しくまとめているけど、コレすごく参考になると思うよ。
最短2週間で退職 【退職の期間&タイミング】法律は2週間!2ヶ月前、3ヶ月前は長い?

試用期間中の退職は履歴書に書くべき?

ここからは試用期間中に退職した場合、そのことを履歴書に書くべきか解説するデジ!

実務

在籍期間が短くても記載しよう

結論から言うと、試用期間中の退職であっても履歴書・職務経歴書にはきちんと記入しておくべきデジ。いくら在籍期間が短かったとしてもデジよ。

試用期間中の退職を省いてしまうと、リスクを負うことになりかねないからね。

そうデジ。試用期間中の退職を省いてしまうと、「経歴詐称」で内定取り消しや解雇になってしまう可能性もあるデジ。

嘘はよくないってことさ。

「どうせバレないんじゃ?」と思うかもしれないデジが、採用後に企業側が行う保険の手続きでバレる可能性は低くないデジ。もし「経歴詐称」による解雇まではいかなくても、「嘘をついた人」という不信感を与えてしまうデジね…。

上司から嫌われるきっかけにもなりかねないし、履歴書・職務経歴書には試用期間中の退職もしっかり記載するようにしてね。

試用期間中の退職は悪印象?

履歴書・職務経歴書に試用期間中の退職のことを書くか迷うのは、言ってしまえば担当者に悪印象を与える気がするからデジよね。

お試し期間での退職だからね。億劫になる気持ちは分かるな。

確かに、在籍期間があまりに短かったり、何度も退職を繰り返していれば評価が悪くなる可能性はあるデジ。ただ、さっき言ったように試用期間中の退職を隠すリスクが大きすぎるデジ。そのため、「書かない」という選択肢は存在しないものと思ってほしいデジね。

最悪の場合は内定取り消しや解雇だからね。

ちなみに、試用期間中の退職であっても、それがやむを得ない事情であればマイナス評価になりにくいデジよ。たとえば、急な家族の転勤などは仕方ない理由デジよね。これを面接で伝えることができれば、履歴書に試用期間中の退職履歴があっても、大きく影響することはないと思うデジ。

試用期間中の退職は良い印象とはいえないのが現実なのさ。次の記事に試用期間中に退職・仕事を辞めたいと思ったときに考えるべきデメリットをまとめておいたよ。
試用期間中に退職する男性のイメージ 【試用期間中に退職】仕事を辞めたい時に考えるべき3つのデメリット

退職理由を面接でどう伝えるか考えておこう

面接

最後に、よくある試用期間中の退職理由と、理由ごとの面接での伝え方を紹介するデジ。上手く退職理由を伝えられないとマイナス評価になってしまう可能性もあるデジから、あらかじめ退職理由の伝え方を考えておくことが大切デジよ。

家族の転勤で退職した場合
試用期間中に夫(妻)の転勤が決まり、短期間でやむを得ず退職することになりました。
体調不良で退職した場合
残業の多さから一時的に体調を崩してしまったため、試用期間中に退職しました。しかし、それから休養を行い、現在は業務に支障はありません。主治医からも仕事に差し障りは無いと判断されています。
仕事が合わず退職した場合
前職では週単位での目標が設定されており、やりがいを感じてはいたのですが、仕事をする中で一人ひとりのお客様と長く付き合いたいと感じ、試用期間中に退職をしました。自分の適性に合う仕事が見極められなかった反省点を踏まえ、顧客へのきめ細やかな対応に力を入れている貴社を志望いたしました。

などなど。大切なのは前職に対する不満はなるべく避け、前向きな姿勢をアピールすることデジね。また、病気や怪我でやむを得ず退職をした場合は、現在は既に問題ないのか、はたまた通院が必要なのか等を伝えておくデジよ。

転職診断バナー

試用期間中の退職も履歴書には記入!

試用期間とはいえ、労働契約を結んでいる以上は簡単に辞められるってことは無いデジね。きちんと退職理由を考え、また最低でも2週間、就業規則によっては1ヶ月、2ヶ月と退職まで期間がかかることを把握しておくデジ。

また、試用期間中でいくら在籍期間が短かったとしても、履歴書・職務経歴書には退職したことを記入するデジよ。転職で不利になりそうだからと退職履歴を省いてしまうと、後からバレてトラブルになってしまうかもしれないデジからね!

最後まで読んでくれてありがとう!ところで「自己PR」って難しいと思わないかい?次の記事に履歴書・職務経歴書に使える自己PRの書き方とポイントを例文付きでまとめておいたよ。
履歴書・職務経歴書 【例文あり】自己PR欄の書き方&ポイント&見本/履歴書・職務経歴書
そういえば、履歴書の本人希望欄を「空欄」のままにしてないデジよね?それだと書類選考突破が厳しくなるかもデジよ。次の記事に履歴書の「本人希望欄」の書き方をまとめておいたデジ!

履歴書・職務経歴書 【履歴書の本人希望記入欄】書き方&ポイント!『特になし』はダメ