【第二新卒の時期はいつまで?】期間や意味、転職メリットも紹介

第二新卒の男性

就職活動や転職活動をする中で「第二新卒」というワードを見たことはないデジか?これは新社会人になってから間もない人のことを指す言葉で、多くの企業が積極採用を行うなど、転職において大きなメリットを持ってるデジ。

ここでは、そんな「第二新卒」の意味や期間、メリット・デメリット、気になるQ&Aなどを紹介していくデジよ!

5月は転職に成功しやすい時期!

転職のイメージ

4月入社の社員が10連休GWの後に続々と早期退職している5月は転職 の大チャンス!タイミングが合えば即採用も多いため、今から活動をはじめましょう

…とは言ってみたものの、1人1人に本当におすすめの転職サイト&エージェントは「性別」「年齢」「年収」によって大きく変わる ため、ランキング形式ではマッチングするサービスをご紹介することは非常に難しいのです…。

そこで考えついたのが、「性別」「年齢」「年収」を含む5項目に答えるだけでおすすめの転職サイト&エージェントが分かる【 30秒 転職診断チャート】です。これで転職の成功率がグッと 高まります!

この記事で会話をするキャラクター
ざぶとん君

ざぶとん君

通信販売会社に勤務する28歳。ブラック企業で働いていた経歴あり(前職)。転職でホワイト企業に入社。仕事の成績はほどほどだが、信頼できる仲間とやりがいを持って働いている。

ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

第二新卒の意味は?期間は?

カレンダー

第二新卒とは?
第二新卒の明確な定義はありませんが、一般的に新卒で入社してから1~3年のうちに転職する場合、第二新卒という扱いになります。「第二新卒=新卒と社会人の中間的存在」として見られることも多いです。

第二新卒は上記のように、高校や大学を卒業して新社会人となり1~3年くらいの人を指すデジ。一般的に第二新卒というと大学卒業を基準としていることが多いデジけど…明確な定義はないデジ。浪人等なしで大学を卒業していれば23~25歳ってところデジかね。

高卒なら19~21歳ってところだね。

そうデジね。つまり、第二新卒に明確な年齢の決まりはないってことデジ。やや違和感はあるデジが、30代で第二新卒ってケースも存在するデジね。

どうでもいいけど、第二新卒なんて聞くと、第三・第四の新卒とか出てきそうだよね。

あ、それもう存在するデジよ。

まさかの!

第三新卒・第四新卒もある!?

これも明確な定義はないデジが第三新卒・第四新卒は以下のような意味を持つデジ。

第三新卒とは?
「大学院を卒業後に仕事に就いた経験がなく就職を希望する人」「大学院を卒業して就職したが3年以内に退職した人」「新卒で就職した後3年以内に2回目の転職をする人」「大学卒業後25歳以上で就職の経験がない人」などを指します。
第四新卒とは?
森下仁丹株式会社が作ったオリジナルの用語で、社会人として十分な経験を積んだ人材を指します。

上記のように、浸透性は薄いものの第三・第四の新卒も存在するにはするデジ。

へぇ~。全く知らなかったヨーグルト。

あまり一般的に使われるワードじゃないデジからね。言葉として存在する、くらいに考えておけば大丈夫デジ。

転職診断バナー

第二新卒の時期は転職に有利!

ビルとスーツの男性

第二新卒の転職には以下のようなメリットがあるデジ!

第二新卒の転職メリット
  • 第二新卒を積極採用する企業が多い
  • 未経験職でも採用されやすい

マイナビ転職に掲載される求人のうち80%以上が「第二新卒歓迎」という積極採用ぶりデジ(調査時点)。また、第二新卒は経験ではなく「熱意」「ポテンシャル」「入社意欲の高さ」などが採用基準になることも多く、今の仕事とは違う業界・職種も狙いやすいデジ!

経験以外で採用される点は新卒も同じじゃないの?

第二新卒には「ビジネスマナーが身に付いていて教育が楽」というアドバンテージがあり、企業側はこれを大きく買ってくれるデジよ。これも含め新卒では諦めた業界や職種にチャレンジするチャンスでもあるデジ!

転職にはもってこいの時期なんだね!

第二新卒の時期は転職に有利デジ!次の記事では第二新卒の転職について紹介。第二新卒の転職を成功させるコツや失敗しないポイントについてまとめたデジ!
失敗する人の特徴!第二新卒の転職 第二新卒(22歳・23歳・24歳)の転職!失敗する人に多い3つの特徴
第二新卒は転職に成功しやすいからどこの転職エージェントでもOKってことはないからね!次の記事では、第二新卒の転職を有利に進めてくれるおすすめの転職エージェントを紹介しているよ!

第二新卒におすすめの転職エージェント紹介 【令和におすすめ】第二新卒向け転職エージェント15選

第二新卒は勤務期間が短く転職が不利になることも?

転職においてメリットたくさんと言われる第二新卒デジが、以下のようなデメリットもあるデジ。

第二新卒の転職デメリット
  • 「またすぐ辞めるのでは?」と疑われる
  • 仕事を覚えなおす必要がある

第二新卒は基本的に新卒から3年以内。それだけの短期間で仕事を辞めたことに対して、志望先の企業が「またすぐに仕事を辞めてしまうのでは?」と懸念するのは当然デジね。また、仕事の覚えなおしも辛いところデジ。

すぐ辞められたら困っちゃうもんね…。

第二新卒の転職は不利な点もあるデジね。次の記事では新入社員が辞めるリスクを紹介しているデジ。新卒だけど辞めたい…って考えている人はチェックだデジ!
仕事を辞めたい新卒 【新卒だけど仕事を辞めたい】新入社員が辞める前に考えるべきリスク

第二新卒に関するQ&A

最後に、第二新卒に関する気になるQ&Aに回答していくデジ!

Q.1年未満・3年超えも第二新卒?

新卒から1年未満は第二新卒としてみなされる一方、短期離職・早期離職と区別した呼び方をされることもあります。新卒から3年を超えた人については一般的な転職者として見られるのが一般的です。

転職サイト等でも卒業後3年以内を第二新卒とすることが多いデジね。第二新卒としての採用を狙うなら、新卒から3年が経つ前に転職をした方がいいかもしれないデジ。

Q.既卒とは違うの?

「既卒」は高校や大学を卒業後、社会人経験がない人のことを指します。つまり、第二新卒とは社会人経験の有無で差があります。なお、既卒の期間は第二新卒と同じく卒業から1~3年とされることが多いですが、こちらも明確な定義はありません。

ようは内定を貰えずに卒業した人が既卒になるデジね。中には既卒を避け、来年も新卒として就職活動ができるように、あえて留年する人もいるみたいデジ。

Q.第二新卒が新卒枠で応募してもいいの?

新卒枠で応募可能との記載があれば大丈夫ですが、企業側としては第二新卒だからこそ期待するもの(基本的な育成不要など)がありますので、特に事情がなければ第二新卒枠で応募することをおすすめします。

新卒枠で応募して採用されたとして、また基礎の基礎から新人教育を受けることになるデジからね。短いとはいえ社会人経験は強み。ぜひ第二新卒枠の方で応募してほしいデジ!

転職診断バナー

第二新卒の期間を把握して上手に立ち回ろう!

第二新卒は新卒1~3年の人を指すデジね。この期間は転職に有利デジから、今の仕事に不満があったり、もっとやりたい仕事があるなら早めの転職活動がおすすめデジ。

とはいえ焦りすぎては駄目デジよ。新卒から短い期間で退職するリスクや、転職を成功させるコツも知ったうえで転職活動に臨んでほしいデジ!

最後まで読んでくれてありがとう!もし試用期間中に退職を考えてるって人がいたら、次の記事「【試用期間中に退職】仕事を辞めたい時に考えるべき3つのデメリット」が参考になるよ!
試用期間中に退職する男性のイメージ 【試用期間中に退職】仕事を辞めたい時に考えるべき3つのデメリット