おすすめ転職エージェントランキング

【結婚を機に転職!】結婚前後で全く違う!男女別ベストタイミング

結婚のイメージ

大好きな異性とのゴールイン。人生で最高に幸せな瞬間のひとつよね。ただ、ゴールインとは言っても結婚後も生活は続いていくわけで、「今の仕事のままで家事や育児をちゃんとこなせるかな?」「金銭面で問題はないかな?」「子どもとの時間はとれるかな?」と心配になる人も多いんじゃないかしら。

実際、そんな問題から結婚をきっかけに転職を考える人は多いのよ。ここでは、結婚を機会に転職する時、ベストなタイミングや注意点を紹介していくわ。女性はもちろん、男性にも役立つ内容になってるからみんな最後まで見ていってね!

11月は転職に成功しやすい時期

転職のイメージ

新体制が組まれる事の多い11月は転職 の大チャンス!ライバルも少なく内定をもらえる可能性が高まるこの時期を逃さないように今から転職活動をはじめましょう

…とは言ってみたものの、1人1人におすすめの転職サイトは「性別」「年齢」「年収」によって大きく異なるため【 30秒 転職診断チャート】で適切なサイトを診断し、転職成功率をグッと高めましょう!

毎日500人以上が診断!

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

あいちゃん

あいちゃん

小柄で可愛らしいみんなのアイドル。これまでの転職経験は2回で、現在は女性が働きやすい病院受付の仕事をしている。仕事はしっかりこなすが実は超ワガママな性格。

結婚をきっかけに転職を考える理由とは

結婚をきっかけに転職を考える人って多いわよね。でも、それって何でかしら?

女性の場合は育児の時間を確保できるか心配で、男性の場合は転勤や金銭面などを心配して転職することが多いみたいデジね。詳しくは下記で紹介していくデジ。

女性に多い理由「家事・育児の時間を確保したい」

まず、女性の場合は下のような理由から転職を考えることが多いデジ。

女性が結婚で転職を考える理由
  • 残業やノルマが多く育児が心配
  • 産休・育休がとれるか心配

やっぱり仕事の量が多くて育児や家事の時間がとれるか心配って理由が多いみたいデジね。

一人暮らしなら残業も耐えられるけど、子どもがいるのに毎日残業残業なんてゾっとするものね。

あとは産休や育休がとれるか心配って意見デジね。周りに出産経験のある女性社員がいないから、産休はとりにくいと考えることもあるみたいデジ。

男性に多い理由「転勤回避や給与アップしたい」

男性の場合は下のような理由から転職を考えることが多いデジ。

男性が結婚で転職を考える理由
  • 転勤で家族に負担をかけるのが心配
  • 子育てを考えると給与面が心配
  • 残業で家族との時間をとれるか心配

転勤のある会社だと、結婚してマイホームを購入した直後に転勤を言い渡される、なんて恐ろしい話もあるデジ。それを回避するため、転勤のない会社に転職する人は意外と多いみたいデジね。

結婚で転職と言えば女性のイメージだったけど、男性も転職を考えたりするのね。

男性も子どもを育てるため、給与面で優遇されてる会社に転職したり、家族との時間をとるため残業や休日出勤の少ない会社に転職するケースも少なくないデジ。

あいちゃん

男性に多い理由は「転勤回避や給与アップしたい」か…。転勤って確か拒否できないのよね?次の記事では、転勤がある理由や転勤命令を拒否できるケースについて紹介しているわよ!
転勤 【転勤命令を拒否】転勤がある5つの理由&断ることが可能なケース
残業や休日出勤の少ない会社に転職するケースも多いデジね!次の記事では、残業時間の法律や罰則、上限時間などについて紹介しているデジ。

ブイブイ

労働基準法!残業時間 【残業時間は月45時間が上限に?】労働基準法&36協定!法律や罰則
転職診断バナー

女性は結婚前の転職がベストタイミング!その理由は?

新婦

一般的に女性は結婚前の転職がベストタイミングとされてるデジ。ただ、結婚前ギリギリの転職は結婚準備などに重なって大変デジから、出来れば1年くらい前を目安に転職しておくといいデジね。詳しい理由は下記で紹介していくデジ。

女性が転職するベストタイミング

結婚から1年前

結婚前転職の方が産休や育休をとりやすい

結婚前の転職は、結婚後の転職に比べて産休や育休をとりやすいデジね。

そうなの?

結婚前に転職をしておけば出産・育児までに時間があるため、その間、転職先の会社に貢献することができるデジ。転職してすぐに産休や育休制度を利用するというのは、やっぱり会社側や周りの目が厳しいと思うデジよ…。

まだ仕事も覚えきってない新人がすぐに休みって言うのは確かに困るわよね…。周りとの関係も出来てないから復帰する時が辛そうなのも…。

それに、育休制度については「入社1年以上」などの条件がある会社も少なくないデジ。だからこそ、ベストなタイミングは結婚から1年前と言われてるわけデジね。

結婚後だと産休や育休を懸念されることも

結婚をした後の転職だと、面接で出産の予定などを聞かれることも少なくないデジ…結果的に不採用になるケースも多々あるみたいデジね。企業側の本音を言えば、産休や育休、時短勤務など無しでバリバリ働いてほしいデジからね…。

時短勤務(短時間勤務制度)とは?
1日あたりの所定労働時間を原則6時間とする制度。原則は1日6時間の労働時間ですが、通常労働時間が7時間45分の場合は、短縮後の労働時間を5時間45分にするなど、1日あたり5時間45分から6時間までを許容する。

うぅ。女性としては「産休や育休くらい当たり前でしょ!」って言いたいけど、新しく入った人がすぐに産休や育休に入るのは企業側にとってキツいわよね。

このことも含めて結婚前の転職がおすすめと言われるデジね。ちなみに、女性の求人・転職サイト「とらばーゆ」のアンケートによれば、結婚をきっかけにした転職で最も多いタイミングは“結婚してから”だったデジが、「どのようなタイミングで転職をするのがいいと思いますか?」の問いに対する回答で最も多かったのは“結婚する前”だったデジ。

それって…多くの人が「もっと早く転職しておけばよかった…」って後悔してるってことかしら?

その可能性は高いデジね。“急がば回れ”の精神ではなく“善は急げ”の精神で転職活動を始めるのがおすすめデジよ!

あいちゃん

結婚後だと産休や育休を懸念されることもあるみたいね…。会社側も育休・産休後スグに退職されてしまうケースがあるから仕方ないのかも。次の記事では、産休・育休後の退職や育児休業給付金の返金について紹介しているわよ。
育児のイメージ 【産休・育休後に退職】やっぱりダメ…?育児休業給付金の返金は?

結婚1年前の転職なら忙しくなる前に仕事に慣れておける

結婚1年前くらいの余裕のある転職なら、忙しくなる前に新しい仕事に慣れておけるのも大きいデジね。

忙しくなる前?

結婚するとなれば、結婚式の準備やら引っ越しやらで忙しい時期が生まれるデジよ。タイミングは人によるデジが、だいたい結婚の半年くらい前から忙しくなる人が多いみたいデジ。その時期と転職活動や新しい仕事を覚えるタイミングが重なってしまうと、睡眠時間もろくに取れなくなってしまうかもデジ…。

あ、それで1年前の転職なのね。

そうデジ。これも理由のひとつデジ。結婚に負けず劣らず、転職も大事な転機デジからね。ドタバタしてて転職に失敗、なんて目も当てられないデジ。

妊娠出産を考えてないなら結婚後の転職もあり

ちなみに、これはかなりデリケートな問題だけど、最近は子どもをつくらないって方針を持つ夫婦もいるデジ。こういった妊娠出産を考えてない場合なら結婚後にゆっくり転職するのもありデジよ。結婚式や引っ越しなどが終わった後なら時間に余裕が出来るデジからね。

子どもを作る予定がないなら、産休や育休ですぐ休むことを心配しなくていいものね!

結婚後の方が夫婦での生活リズムをつかみやすい点も大きいデジね。そのリズムに合わせて新しい職場を選ぶことができるデジ。ただ…人の考えは変わることがあるデジからね…ブイブイ的にはやっぱり結婚前の転職をおすすめするデジよ。

今月の申込数ランキング

  1. #doda(デューダ)
    転職者満足度No.1!特に20~30代の人におすすめで求人数100,000件以上。
    https://doda.jp/
  2. #リクルートエージェント
    転職支援実績No.1!約90%が非公開求人!登録必須のエージェント。
    https://www.r-agent.com/
  3. #ビズリーチ
    年収600万円以上の人向き!優秀なヘッドハンター多数在籍!
    https://www.bizreach.jp/
  4. #リクらく
    8割が未経験の転職に成功!面接1回で内定!20~30代の人におすすめ!
    https://www.rikuraku.net/
  5. #パソナキャリア
    女性の気持ちがわかるアドバイザーが多い!年収アップ率67.1%!
    https://www.pasonacareer.jp/

男性も結婚前の転職がベストタイミング!その理由は?

新郎

男性も女性と同じで結婚前の転職がベストタイミングと言われてるデジ。その大きな理由は、家族から反対されにくい点デジね。

結婚後は家族に反対されることが多い

男性の場合、結婚をしたら家族を守るという大切な使命が生まれるデジ!そのため、結婚後の転職にはプレッシャーがかかるし、そもそも家族に反対されるケースも少なくないデジ。

う~ん。確かに、私が結婚してて旦那さんが「転職する」って言い始めたら、まずは反対すると思うわ。金銭面とかいろいろ心配だし…。

実際、結婚後の転職は奥さんからの理解が得られず苦労した、って話をよく見るデジ。子どもが生まれれば、さらに転職は難しくなると思うデジよ。

結婚1年くらい前の転職なら結婚準備などと重なりにくい

女性と同じく、結婚1年くらい前に転職しておけば結婚準備や引っ越しなどのタイミングと被りにくく、余裕が生まれるのも大きいデジね。男性の場合は産休・育休前の会社への貢献期間はあまり考えなくていいと思うデジが、結婚のドタバタと新しい仕事を覚えるタイミングが重なるのは心身の負担が大きいデジよ。

男性は結婚後だと家族の反対で転職が難しくなるし…ある意味、最後のチャンスかもしれないわね!

最後のチャンスとまでは言わないデジが、この先のことを考えれば最も転職しやすいタイミングなのは間違いないデジ。

ただし住宅ローンを組むなら勤続年数に注意!

あ、言い忘れてたデジが、住宅ローンを組む予定があるなら、組んでからの転職がいいデジよ。

そうなの?住宅ローンがあると転職に有利なの?

そうじゃなくて、基本は住宅ローンの審査項目に「勤続年数」があるデジよ。金融機関の半分程度は1年以上の勤続を、中には3年以上の勤続を条件にしてることもあるから、転職後すぐのマイホーム購入はちょっと難しいデジね。

結婚をきっかけにした転職で注意したいこと

CHANGE

結婚をきっかけに転職活動をする時は、以下の点に注意したいところデジ。

産休・育休の制度をチェック

妊娠出産の予定がある女性は、産休と育休の制度の整備状況をしっかり確認しておくデジよ。

チェックしたいポイント
  • 産休・育休の取得実績の有無
  • 育休後、仕事を続けている社員は多いか

産休・育休の制度自体はあるのに、今まで取得した人がいないため、とらないのが当たり前になっていたり、酷い場合だと妊娠をきっかけに退職を言い渡されるケースもあるみたいデジ。

そ、そんな酷い会社もあるのね…。でも、そんなのどうやって調べればいいのかしら?

求人に「産休・育休取得実績あり」と書かれている場合もあるし、企業の実情に詳しい転職エージェントを利用してみる手もあるデジね。産休・育休を取得した経験のある社員がいる会社なら、職場に取得しやすい雰囲気が流れてる可能性が高いデジよ。

あいちゃん

転職エージェントなら産休・育休を取得しやすい会社も分かるんだって!次の記事でおすすめの転職エージェントについて紹介しているわよ!
転職エージェントおすすめランキング 【おすすめ】転職エージェントランキング厳選18社【評判を比較】
数ある転職エージェントの中で実績数No.1!そして、当サイト独自アンケート調査結果でも総合第1位に輝いた「リクルートエージェント」は登録必須デジ!次の記事では独自アンケート結果や、リクルートエージェントの評判が確認できるデジよ!

ブイブイ

リクルートエージェント リクルートエージェントの評判【1418名に独自アンケート】利用すべき?

勤務時間や休日の日数も確認

さっき話したように、結婚をきっかけに転職する人の多くは勤務時間、主に残業時間や休日出勤の少なさを重視してるデジ。結婚後、子どもができた後は一緒の時間をなるべく作りたいデジからね。

それじゃあ、勤務時間や休日出勤の少なさもチェックしないとね!

チェックしたいポイント
  • 残業や休日出勤の少なさ
  • 休日は多めに用意されてるか
  • 定時退社のしやすさ

ただ、求人情報で残業の少なさや休日の多さをアピールしてても、実際に入ってみたら実態は全く違った、なんてこともあるデジ。だから、これについても企業の実情に詳しい転職エージェントの利用などがおすすめデジね。

転職してから「求人票と違う!」なんて言ってもらちがあかないものね…。

ちなみに、年間の休日は125日くらいあると働きやすいと思うデジよ。求人情報では「完全週休2日制」かも確認しておきたいところデジね。

完全週休2日制と週休2日制の違い
  • 週休2日制
    …1ヶ月のうち最低1週間は2日休める
  • 完全週休2日制
    …1週間に必ず2日の休みが保証

あいちゃん

勤務時間や休日の日数も要確認ね…。特に完全週休2日制と週休2日制は凄くややこしいから、次の記事でもっと詳しく解説しているわ!週休2日制と完全週休2日制の違い、祝日や年間休日数についてまとめたわよ。
完全?隔週?週休2日制 【年間休日数は?】完全週休2日制・隔週休2日制・週休2日制の違い
求人票の条件をしっかり確認するのは大事デジけど、嘘ばっかりっていう可能性もあるデジ。次の記事では嘘の求人票、いわゆる求人詐欺のことや相談窓口について紹介しているデジよ。

ブイブイ

求人を探す女性 【求人詐欺にご注意】嘘を見破る5つの方法と無料相談窓口

十分な収入を得ることができるか

転職で怖いのは収入面デジよね。いくら産休・育児休暇などがとりやすく、休みが多くても収入が減少するのは、これから子どもを育てたりすることを考えると辛いデジよ…。

そうよね。ちゃんと学費なんかを稼げる収入がないと、子どもに大変な思いをさせちゃうかもしれないわ。

一般的に子ども一人を養うなら世帯年収は500万円、子どもが2人なら600万円あると安心と言われてるデジ。

うぅ。やっぱり子どもを育てるのって大変なのね。結婚したから専業主婦、って安易な選択はできそうにないわ…。

転職の面接では長く働きたい気持ちをアピール!

面接

そういえば、結婚をきっかけに転職する時はどんなことを話せばいいのかしら?やっぱり、正直に「労働時間を短くしたいから」とか「産休や育休をとりたいから」って言った方がいいのかな?

主な転職の動機が「定時退社」や「産休・育休制度の充実」といった場合でも、それをグイグイ押し出すのはどうかと思うデジね。これは、雇う側の気持ちになってみれば分かるんじゃないデジか?

雇う側の…。あ!そうよね!定時退社したいなんてやる気がないみたいだし、産休・育休を前面に押し出してきたら、とにかく休める会社に入りたいみたいで印象が悪いわ!私が面接官だったら不採用にしちゃうかも!

そうデジよね。だから、いかに自分がその会社で長く働きたいかをアピールするデジよ!会社側は新人の育成にお金がかかるデジからね。少しでも長く働いてくれる社員を求めてるはずデジ!

資格や技術があれば結婚転職でも不利になりにくい!

結婚前ならまだしも、結婚後の転職となると「子どもは?」と聞かれてしまったり、不利に感じることが多いデジ。ただ、各種職業に役立つ資格や技術があれば有利になることもあるデジ。

ビジネスマン

資格って大切よね。会社側も人を雇う時の目安になるだろうし。

女性人気が高い資格としては「医療事務」「介護事務」「簿記検定」などデジね。中でも医療事務は人気が高く「働きやすい」「続けやすい」といった声がよくみられるデジ。

医療事務はいいわよね!私も病院の受付で働いてるからよく分かるわ!

もちろん資格を取得したからって絶対に転職がうまくいくってわけでもないデジ。ただ取得した資格が役立つことだって十分あり得るから、取得を検討してもいいかもデジ。ベストなのは資格を取得したうえで、その仕事で多少なりともキャリアを積むことデジ。資格保有+経験ありなら、例え出産&育児で一旦仕事を辞めても、再就職しやすいと思うデジ!

なるほど!

ちなみに勉強に必要な期間はだいたい3ヶ月から半年と言われてるデジよ!

あいちゃん

資格や技術があれば結婚転職でも不利になりにくいのね!次の記事では、転職におすすめの資格、人気&将来性のある資格を紹介しているわ!
おすすめ資格 【転職におすすめの資格45選】人気&将来性のある資格をチェック

パート主婦への転職は大幅な年収ダウンに注意!

ふと思ったんだけど、結婚を機会にパート主婦になるのもありじゃないかしら?正社員に転職ってなるといろいろ大変そうだし、仕事と家事・育児の両立も難しそう…。パートなら余裕を持って働けそうじゃない?

うーん、パート主婦は…ありと言えばありデジね。確かに正社員として働くより時間を作りやすいから、子どもとの時間もとりやすいと思うデジ。ただ、パートと正社員では収入に大きな差があるデジよ!

パート主婦

そんなに差があるもの?

もちろん働き方次第デジが、たとえばパートの年収が100万円、正社員の年収が300万円だったとするデジ。この状態で30歳から65歳まで働いた場合、パートの総収入は3500万円なのに対して、正社員の総収入は1億500万円にもなるデジよ!

具体的な数字になると違いが実感できるわね…。子どもができたらお金はそれまで以上にかかるし…気軽にパート主婦とはいかなそうね。

とはいえ、子どもの成長を見守りたいからパート主婦になる人も少なくないデジよ。ただ一度キャリアダウンすると正社員に戻るのは難しいかもデジ。年齢を重ねるごとに求められるのは即戦力デジ。そうなると一旦パート主婦になると正社員になるのは難しいデジ。

そうなのね…。

でも、家庭の事情でどうしてもキャリアダウンしなきゃならないこともあるデジ。そんなとき、せめて資格があると有利になるかもデジ…。簿記とかTOEICとか…ある程度、汎用性のある資格じゃないと難しいかもしれないデジけどね。

転職診断バナー

結婚をきっかけとした転職は早めに、かつ慎重に進めよう

結婚する男女

結婚をきっかけに転職をするなら、女性も男性も結婚前、早めの時期がいいわよ。結婚前ギリギリになると結婚式の準備などで忙しいし、結婚後だと女性は産休や育休がとりにくいし、男性は家族に反対されるって問題に直面しやすいわ。

とはいえ、転職を急ぎすぎて産休や育休制度の整備状況や残業・休日出勤の少なさ、転勤の有無をチェックし忘れるのは絶対にダメよ。家族との時間を大切にしつつ、金銭的にも困らず生活を続けられるか。そして、自分に合った仕事かも考えつつ、転職先を探してみてね。

ブイブイ

産休や育休をしっかり取得できるホワイト企業に転職したいなら次の記事を参考にするデジ!ホワイト企業に転職するポイントをまとめたデジよ!
ホワイト企業への転職をイメージ 【人生変わる】ホワイト企業に転職したい!9つの特徴や見分け方