おすすめ転職エージェントランキング

dodaのプレミアムオファーで面接確約【内定の確率は?】

dodaのプレミアムオファー

20~30代以外の方へ
20~30代以外の方は、dodaでの転職成功率が低い傾向にあります。自分の条件にあった転職エージェントは【 30秒 転職診断チャート】で見つけることができます。

dodaのスカウトサービスには一般的なオファーの他、「面接確約オファー」「プレミアムオファー」といったオファーが届くこともあるデジね。

中でもプレミアムオファーは企業から求職者への関心が高い証拠で、受け取った企業への内定率は高いとも言われてるデジ。

今回はdodaのスカウトサービスについて、プレミアムオファーを中心に解説していくデジから、よく分かってない人はぜひチェックしてみてほしいデジね~。

9月は転職に成功しやすい時期!

転職のイメージ

年間でも求人数が特に多い9月は転職 の大チャンス!内定をもらえる可能性が高まるこの時期を逃さないように今から転職活動をはじめましょう

…とは言ってみたものの、1人1人に本当におすすめの転職サイト&エージェントは「性別」「年齢」「年収」によって大きく変わるため、ランキング形式ではマッチングするサービスをご紹介することは非常に難しいのです…。

そこで考えたのが、「性別」「年齢」「年収」を含む5項目に答えるだけでおすすめの転職サイト&エージェントが分かる【 30秒 転職診断チャート】です。これで転職の成功率がグッと 高まります!

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

ガーデン

ガーデン

細身でソース顔のイケメン。過去3回の転職経験で、着実に営業マンとしてのキャリアを積んできている。探求心が強く、とにかくインターネットで調べまくるのが特徴。

dodaスカウトサービスには3種類のオファーがある

doda(デューダ)のスカウトサービスは企業から直接のオファーを貰えるサービスのことデジね。会員専用ページに登録したWeb履歴書の内容から、企業が「この人材はよさそうだ」と思えばオファーを送ってくるわけデジ。

こっちから求人を探すんじゃなく、企業側から求人の紹介を待つわけだ。

そんなdodaスカウトサービスで届くオファーには以下3種類が存在するデジよ。

オファーの種類
通常オファー選考の流れは通常と同じ。
企業は求職者に対して少し関心を持っていると思われます。
面接確約オファー書類選考なしの面接確定。
企業からの関心はプレミアムオファーに比べると低めだと思われます。
プレミアムオファー書類選考なしの面接確定。
企業が「直接話をしてみたい」と期待を寄せて送る特別なオファーです。

下のオファーになるにつれて期待値は上がると思っていいデジよ。特にプレミアムオファーは、企業が1人1人の経験・スキルを見たうえで、厳選した人にだけ送る特別なオファーとなってるデジ!

プレミアムってくらいだもんね。

プレミアムオファーの場合は、いきなり役員面接もあり得ると言われるくらいデジ。その内定率については下記で紹介していくデジよ。

ガーデン

そもそもdodaのスカウトサービスって何?って人は次の記事をチェックするといいよ。dodaのスカウト(オファー)について簡単に紹介してるのさ。スカウトメールの評判もチェックだ!
dodaのスカウト 評判はどう!? dodaスカウトメールサービスの評判【上手な使い方】
転職診断バナー

dodaのプレミアムオファーは内定率が高い?

プレミアムオファーって名前がすでに凄そうだけど、やっぱり内定率は高いのかな?

プレミアムオファーの内定率について

プレミアムオファーは企業がWeb履歴書をチェックし、厳選した人にだけ送るオファーだから、経歴・スキルとのマッチ度が高く、また内定率も高いと言われてるデジ。

それは期待できそうだ。でも・・・実はプレミアムオファーと言いつつ大量の人に送信してたりしないのかな?プレミアムオファーなら期待して応募する人も多そうだし、どうしても疑ってしまうよ。

そのあたりは平気だと思うデジ。どうにも、プレミアムオファーを出す場合、企業はdodaにお金を払ってるって話デジ。そのため、テキトーに何人もの人に送ってる可能性は低いデジ。

なるほど。それを聞くと、より期待値が高まるね。

そうデジね。ちなみにdodaのプレミアムオファーの書類通過率や内定率は明らかにされていないデジが、リクルートエージェントのスカウトサービスだと書類通過率が約3倍(応募歓迎スカウトの場合)デジから、doddaも同じくらいの数字になるんじゃないデジか?いやそれ以上の可能性もあるデジね!

プレミアムオファーを貰っても内定確定ではない

注意しておきたいのは、プレミアムオファー=内定確定ではないことデジ。あくまでも企業が強い関心を持っているだけで、面接の結果、選考に落とされる可能性だってあるデジ。

プレミアムオファーが届いたからと言って、浮かれすぎるのはよくないってことだね。

その通りデジ。面倒な履歴書・職務経歴書の応募が無くなるのは確かデジけど、まだまだ油断できない状況だということは覚えておいてほしいデジ。プレミアムオファー後も面接対策などはしっかり行うデジよ。

今月の申込数ランキング

  1. #doda(デューダ)
    転職者満足度No.1!特に20~30代の人におすすめで求人数100,000件以上。
  2. #リクルートエージェント
    転職支援実績No.1!約90%が非公開求人!登録必須のエージェント。
  3. #ビズリーチ
    年収500万円以上の人向き!優秀なヘッドハンター多数在籍!

dodaのプレミアムオファーを貰える確率は?

プレミアムオファーって凄く魅力的だけど、どのくらいの確率で貰えるのかな?

何とも言えないデジね。まず求職者の経歴・スキルでも変わってくるはずデジ。やっぱり経歴・スキルが優秀な人の方が企業の目に留まりやすいデジ。

ほとんどの企業は優秀な人材を求めてるからね。

またタイミングの問題もあると思うデジ。たとえば、営業で非常に優秀な成績を収めた求職者がいたとしても、その時に営業職の募集をしている企業が無ければプレミアムオファーは届かないんじゃないデジかね。

確かに!優秀な人でもプレミアムオファーが届くとは限らないわけか!

だからこそ、プレミアムオファーが届く正確な確率は割り出すのが難しいデジ。ひとつ言えるのは、経歴・スキルが優秀なことに越したことはない、ってことデジかね。

20~30代以外の方へ
20~30代以外の方は、dodaでの転職成功率が低い傾向にあります。自分の条件にあった転職エージェントは【 30秒 転職診断チャート】で見つけることができます。

dodaのプレミアムオファーの確率を上げる方法

dodaのプレミアムオファーが届く確率は経歴・スキルの他、タイミングでも変わってくると思うデジ。ただ、以下のような方法でプレミアムオファーの確率が上がる可能性はあるデジよ!

PCに届いたメール

Web履歴書を充実させる

dodaのスカウトサービスは、会員専用ページに登録したWeb履歴書の内容から企業が経歴・スキルをチェックし、興味を持った求職者にオファーを送る仕組みデジ。そのためWeb履歴書の内容を充実させることで、プレミアムオファーの確率が上がると考えられるデジ。

内容の充実かぁ。

dodaのWeb履歴書には完成度があるデジから、まずは任意入力の項目もしっかり埋めて完成度を100%にするのがおすすめデジ。空欄が目立つと企業から「熱意がない人」と判断されてしまうデジからね。

しっかり欄が埋まってた方が、企業もどんな人材なのか判断しやすいよね。

また「学歴補足事項」欄に専攻・研究内容などを具体的に記載したり、「語学備考」欄にどの語学を、どのくらいのレベルで使っていたか記載したり、「自己PR」欄に職務経歴書では伝えきれない仕事への取り組みを記載したり。積極的かつ具体的に自分のことをアピールするのも重要デジよ!

なるほどなぁ。

なお、Web履歴書の名前や生年月日などは公開されないデジし、現在の職場など特定の企業から見られないようにするブロック機能もあるデジから、安心して情報を登録していってほしいデジ!

Web履歴書をこまめに更新する

企業の採用担当者がdoda会員の登録情報を確認する際、「最終レジュメ更新日」を重要視してるようデジから、Web履歴書はこまめに更新しておいた方がいいデジよ。その方がプレミアムオファーの確率も上がるはずデジ。

こまめに更新しておけば「熱心に転職活動してる人」と見てもらいやすいしね。

それに、こまめに見直すことで誤字脱字を修正できるデジ。よりWeb履歴書の完成度が上がるデジ!

転職診断バナー

dodaのプレミアムオファーは期待できる!

doda(デューダ)のスカウトサービスで届くプレミアムオファーは、企業が直に会って話をしてみたいと思った人にだけ送られる、特別なオファーとなってるデジ。

プレミアムオファーがそのまま内定に繋がるわけではないものの、内定率も通常のオファーより高いと考えられるデジから、もし届いたら積極的に活用していくデジよ!

dodaのスカウトサービスを利用していてプレミアムオファーが届かないって人は、Web履歴書の内容を充実させたり、こまめに更新してみてほしいデジ!

20~30代以外の方へ
20~30代以外の方は、dodaでの転職成功率が低い傾向にあります。自分の条件にあった転職エージェントは【 30秒 転職診断チャート】で見つけることができます。