リクルートエージェントの「企業スカウトメール」の通過率は3倍高い

通過率は3倍高い!企業スカウトメール

このページで紹介しているのは、リクルートエージェントの「スカウトサービス」だデジ!

転職エージェント業界でもトップクラスの規模と実績を誇るリクルートエージェントは、利用者数も圧倒的デジね~。

そんなリクルートエージェントのサービスの中でも着目しておきたいスカウトサービス(企業スカウト)の内容だけでなく、スカウトメールを多く受け取るためのコツについても解説するデジから、ぜひぜひ参考にしてほしいデジ~。

この記事で会話をするキャラクター
ざぶとん君

ざぶとん君

通信販売会社に勤務する28歳。ブラック企業で働いていた経歴あり(前職)。転職でホワイト企業に入社。仕事の成績はほどほどだが、信頼できる仲間とやりがいを持って働いている。

ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

リクルートエージェントの企業スカウトとは?

ねぇブイブイ、リクルートエージェントには「スカウトサービス(企業スカウト)」っていうのがあるんだよね?

あるデジよ~スカウトサービス。転職希望者が登録したキャリアシートを企業に公開すると、興味を持った企業からスカウトが受けられるサービスだデジ~!

まさに「スカウト」だね!

スカウトを受けるためのキャリアシートは、リクルートエージェントの「パーソナルデスクトップ(Personal Deskto)」という個人用WEBぺージで作成できるデジ(登録すると案内が来ます)。パーソナルデスクトップは応募管理やレジュメの保存などいろいろな機能があるデジ。

パーソナルデスクトップねぇ…。なんだかかっこいいね!

そこに反応するデジか…。キャリアシートを作成する際、「非表示」の表示がない項目は公開されるデジ。もちろん許可なく情報公開されるものではないデジから、その点は安心しておくデジよ。それに特定企業を非公開設定にすることもできるデジ!

非公開設定について

スカウトサービスを利用する場合も、非公開設定をすることで特定の企業への情報公開を止めることができます。現職や現職のグループ会社、これまで在籍していた会社、顧客・取引先などは非公開設定にすることをおすすめします。

スカウトサービスの利用申し込みをし、キャリアシートを作成しておくと、企業からスカウトメールが届くデジ~。スカウトが来たらやっぱり嬉しいデジよね~。

転職診断バナー

リクルートエージェントの企業スカウトで転職できる?通過率は?

ねぇブイブイ、リクルートエージェントの企業スカウトメールを受け取った場合って、確実に転職できるの?

確実って…そんなにうまくはいかないデジ。企業側だって大まかな職歴やスキルを見ただけの状態デジからね。ようは「あなたに興味がありますよ」「うちの会社にマッチするかもしれませんよ」「ぜひ応募してくださいね」っていうメッセージのようなものデジね。

なーんだ。スカウトが来たら確実に採用されるっていうわけじゃないのか。

とはいえ、スカウトから応募すると、通過率がUPするデジよ!リクルートエージェントのスカウトサービス(企業スカウト)には2種類あって、以下のようになっているデジ。

企業スカウトの種類
応募歓迎通常応募と比べ、書類通過率が約3倍になる
面接確約書類選考が免除され、面接からの選考になる

書類通過の可能性が3倍ほどになるスカウトと、書類選考がスキップされる面接確約スカウトの2種デジね。ということで、スカウトは確実に採用されるというわけではないものの、有利になることは確かなんデジ!

「面接確約スカウト」なんて届いたら、めちゃめちゃ嬉しいね!まぁ…確実に採用されるわけではないとしてもさ…。

もちろんこの企業スカウトで転職成功した人もたくさんいると思うデジけど、リクルートエージェントのメインサービスはキャリアアドバイザーからの求人紹介デジから、このスカウトサービス(企業スカウト)は補助サービスくらいに考えておくのが良いかもデジね。

とはいえせっかくスカウトしてくれたんだから、できるだけ前向きに検討したいよね!応募するのはタダなんだから、ひとまず応募してみるのがいいかも

リクルートエージェントのスカウトメールが来ないケース

リクルートエージェントに登録し、スカウトサービス(企業スカウト)も利用しているのにスカウトメールが来ないっている場合も当然あるデジ。

せっかく張り切ってスカウトサービスを利用したのに、スカウトが来ないなんて悲しすぎルービックキューブ!!

それは職歴やスキルがマッチしないんデジから、仕方ないデジ。企業側だって適切な人材を欲しているわけデジからね。

そりゃそうだけどさぁ。

ただ中にはもったいないことをしているケースもあるデジ。それはキャリアシートをしっかりと作成していない&条件が厳しすぎるケースだデジ。

なるほどんぶり!

実際にスキルがあっても、職歴に自信があっても、キャリアシートの内容が不十分だと企業にとって魅力的な人材には映らないデジよね。自分が採用担当になったつもりで考えるとよくわかると思うデジ。細かく経歴・スキル・資格などがまとめられている人の方が良いデジよね?転職の意欲も感じられるデジよね?

確かにそうだね。

それに条件が厳しすぎると、企業もスカウトができないデジよ。スカウトが来ないときの対策については、このあとの項目で詳しく紹介するデジ!

リクルートエージェント
リクルートエージェント公式サイト
https://www.r-agent.com/

※ 転職成功者のほとんどは「 複数の転職エージェント」を利用しており、転職エージェントの平均登録数は4.2社というデータもあります。リクルートエージェント以外のおすすめ転職エージェントについては「 転職エージェントおすすめランキング!厳選18社の評判比較」でご紹介しています。

リクルートエージェントの企業スカウトを多く受けるコツ

もしリクルートエージェントのスカウトサービス(企業スカウト)を利用しているにもかかわらず、スカウトメールが来ないような状況なら、次のことを改善&実行してみるデジ!

キャリアシートの内容を充実させる

これはさっきも話したデジけど、キャリアシートの情報を充実させるのが一番デジね。特に「主な職歴・役職」の欄は企業が最も重視するとされているデジから、より多くのスカウトを受けるためにもしっかりとまとめるデジよ。

了解!

とにかく可能な限りアピールするデジ!丁寧にまとめられたキャリアシートは、真面目さや転職に対する意欲もアピールできるはずデジ!

現職の会社名を公開する

これは可能なら…デジけど、現職の社名を公開するのもアリだデジ。初期設定ではもちろん会社名は非公開情報なんデジが、勤務先会社名の公開設定ができるデジから、必要に応じて設定するデジよ。

現職の会社名を公開することで、どんな業界のどれくらいの規模の企業に在籍していたか?はっきりわかるもんね。どんな仕事を経験しているのかも、イメージしやすいや。

ただし、会社名の公開は少々リスキーデジから、特定企業に対する非公開設定を必ずして、現職や現職のグループ会社、取引先なんかに情報が公開されないように注意するデジ!

定期的に登録情報を更新する

定期的…そうデジね、だいたい月1回くらいの頻度で登録情報を見直して、更新できる部分があれば修正するデジ!

月1回って…そんなにしょっちゅう職歴なんて変わらないよね?それでも見直さないとダメなの?

見直すデジ!実は登録車情報には「最終更新日」というのがあって、更新日が新しいほど企業側が検索したときに上位に来ると言われているデジ。リクルートエージェントの登録者は膨大デジからね、検索したときに埋もれてしまわないようにする目的もあるデジ!

そうか!

それに人間はロボットと違ってミスする生き物デジから、見直すことで誤字・脱字などを極力ゼロにするデジ。それに見直しを続けることで、より良いキャリアシートになるはずデジよ!

希望条件を広めにしておく

希望条件についてもできるだけ広く設定しておくデジ!「事務職のみ」「自宅から電車で30分圏内」など条件を狭めすぎてしまうと、スカウトの可能性を小さくしてしまうデジ。

たしかにそれはそうだ。

絶対に譲れない条件もあると思うデジけど、勤務地・年収・職種などは絞り過ぎない方がいいと思うデジ~。

転職診断バナー

リクルートエージェントの企業スカウトも有効に活用しよう!

リクルートエージェントのスカウトサービス(企業スカウト)は、確実に内定が出るというわけではないものの、考えようによってはすごく有効活用できるものデジ。

きっとキャリアアドバイザーが紹介してくれる求人情報とはまた別の求人に出会えるはずデジから、ぜひぜひリクルートエージェント登録時は必須で利用してほしいデジ。

そもそもリクルートエージェントは業界最大手で、非公開求人を20万件以上も保有している人気の転職エージェントデジから、利用価値が高いデジ。

キャリアアドバイザーの質の高さも評判だし、実際に当サイトの独自アンケートでも、転職エージェント部門で総合得点「第1位」を獲得した優秀な転職エージェントだから、転職活動には登録必須デジよ~。

リクルートエージェントの評価
評価
(3.31)

※少数第3位を四捨五入

採点分布
30票(10.16%)
(5.0)
107票(35.37%)
(4.0)
91票(32.52%)
(3.0)
45票(15.85%)
(2.0)
16票(6.10%)
(1.0)

調査概要
調査方法:インターネットを利用したリサーチ
調査期間:2018年12月18日~現在も定期的に調査中
調査対象:全国 / 性別指定なし / 年齢制限なし
回答条件:転職エージェント・転職サイトを利用したことのある方

リクルートエージェント
リクルートエージェント公式サイト
https://www.r-agent.com/

※ 転職成功者のほとんどは「 複数の転職エージェント」を利用しており、転職エージェントの平均登録数は4.2社というデータもあります。リクルートエージェント以外のおすすめ転職エージェントについては「 転職エージェントおすすめランキング!厳選18社の評判比較」でご紹介しています。

最後まで読んでくれてありがとう!下の記事ではリクルートエージェントに関する独自アンケート調査の結果を紹介しているよ!だって、転職後に年収がどのくらいUPしたのか気にならない?これでリクルートエージェントの評判が分かるね!
リクルートエージェント リクルートエージェントは利用すべきか『1205名に独自アンケート』評判は?