おすすめ転職エージェントランキング

リクルートエージェントの内定連絡【内定辞退&受諾後の辞退は?】

内定&受託後の辞退は?内定連絡

リクルートエージェント経由で求人に応募し、面接も終えると、次に気になるのは「どのくらいで内定連絡がくるのかな?」「内定連絡は誰からくるのかな?」「内定を貰ったとして、辞退ってありなのかな?」といったことデジよね。

そこで今回はリクルートエージェントの内定連絡や内定の辞退について詳しく紹介していくデジ!内定の連絡を待ってる人や、内定を受諾してしまったものの何かしらの事情で断りたくなってる人は、ぜひ本記事を最後まで読んでいってほしいデジ!

この記事で会話をするキャラクター
ざぶとん君

ざぶとん君

通信販売会社に勤務する28歳。ブラック企業で働いていた経歴あり(前職)。転職でホワイト企業に入社。仕事の成績はほどほどだが、信頼できる仲間とやりがいを持って働いている。

ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

リクルートエージェントの内定連絡について

さっそくリクルートエージェントの内定連絡について詳しく紹介していくデジよ~。

内定の連絡はリクルートエージェントから来る

面接を受けた後の内定連絡はリクルートエージェントのキャリアアドバイザー(担当者)から来るはずデジ。転職エージェントを利用している場合は基本的に、志望先の企業と直に連絡はとらないデジからね。

面接後はキャリアアドバイザーからの連絡を待てばいいんだね。

なお連絡の経由としては「志望先の企業」「リクルートエージェント」「求職者」となるデジ。二度手間のようにも感じるデジが、転職エージェントを利用している限りは仕方ないデジね。

連絡方法は電話やメール

携帯電話を持つ男性

キャリアアドバイザーから内定の連絡が来るのは分かったけど・・・連絡手段は何?電話?メール?

キャリアアドバイザーにもよるデジけど、内定の連絡は電話が多いデジね。やっぱり大切なことだからリクルートエージェント側も確実に伝えたいんだと思うデジ。

たしかに。メールだと確認してくれたかの確認がとれないもんね。

もし仕事中などで電話に出られなかった時は、なるべく早めに折り返すといいデジよ。大切な要件だから何度か連絡してくれるとは思うデジけど、不在着信を確認しておきながら放置はおすすめできないデジ。

内定に限らず、キャリアアドバイザーからの連絡には、なるべく早めに対応したいよね。

ちなみに、電話で内定の連絡を受けた後は、電話の後にメールでお礼を伝えるといいかもしれないデジ。

キャリアアドバイザーには内定までいろいろとお世話になってるはずだしね。最後にしっかりお礼を伝えた方が、きっと次のステップに気持ちよく進めるよ!

内定の連絡までは平均1~2週間

面接から内定連絡までの期間は平均1~2週間くらいが多いみたいデジ。ただ企業の規模や募集人数、応募状況などで異なるため一概には言えないデジけどね。

1~2週間もドキドキしながら待たないといけないのかぁ。

社員を使い捨てにするブラック企業でもない限り、人材の採用には慎重デジからね。どうしても時間はかかってしまうデジ。もし内定までの期間が気になるなら、面接の時に「内定連絡はいつごろになりますか?」と聞いておくのもありデジね。

連絡が遅い時はエージェントに連絡してみる

もし2週間以上しても内定の連絡が来ない時は、リクルートエージェントに連絡を入れてみるといいデジよ。現在の状況を教えてくれるはずデジ。場合によっては志望先の企業へ問い合わせてくれるデジ。

困った時はキャリアアドバイザーに連絡だね!

ただ、内定の催促については、あくまでも連絡が遅い時だけにしておくデジ。面接して数日で「内定はまだですか?」と連絡を入れても無意味なことが多いデジ。下手をすればキャリアアドバイザーからの印象が悪くなってしまうデジ!

キャリアアドバイザーだって人間だもんね。内定をせっつくような連絡にはうんざりしちゃうかも・・・。

転職診断バナー

リクルートエージェントからの連絡が遅い!その理由は?

面接を終えて2週間以上経ってもリクルートエージェントから内定の連絡がこない!これは以下のような理由から発生している状況かもしれないデジ。

連絡が遅い理由
  • 応募人数が多い求人だった
  • 企業の採用したい本命人材じゃない
  • 週末・連休で連絡が保留されている

応募人数が多い求人だった

先ほども言った通り、内定連絡までの期間は募集人数や応募状況によって異なるデジ。大手企業で応募者が多数いる時などは、どうしても選考にかかる時間が長くなり、内定連絡が遅れがちデジ。

応募者が多いってことは、それだけ選考に時間がかかるってことだもんね。仕方ないね。

明らかに人気があって応募人数が多いであろう企業の内定については、少し気長に待った方がいいのかもしれないデジ。

企業の採用したい本命人材じゃない

少し言いづらいデジけど、企業側だって雇える人数は限られてるデジから、応募者を「本命の志望者」と「予備の志望者」に分けてる可能性は低くないデジ。

それと「内定連絡が遅い」ことが関係あるの?

あるデジ。企業は当然ながら本命の志望者を採用したいわけデジから、予備の志望者への連絡については、本命の志望者の承諾・辞退が決まった後になってしまうデジ!

そっか!本命の志望者がOKすれば予備の志望者には「残念ですが…」って連絡をするし、逆に本命の志望者がNOって言えば予備の志望者を採用するんだね!

そういうことデジ!予備の志望者に振り分けられてしまうと、本命の志望者の内定可否を待たないといけないため、内定の連絡が遅れがちデジ。

週末・連休で連絡が保留されている

スケジュール調整をする女性

企業からリクルートエージェントへの結果連絡が週末や連休前だと、週明けまで連絡が保留される可能性もあるデジ。

そんなこともあるんだ。

それと、リクルートエージェントは大手で、一人のキャリアアドバイザーが多くの求職者を担当してるデジから、連絡を忘れている可能性もゼロとは言えないデジ。もちろん、そんなケースは滅多にないデジけど、これも含め、連絡が遅い時は問い合わせてみるのが無難デジかね。

今月の申込数ランキング

  1. #doda(デューダ)
    転職者満足度No.1!特に20~30代の人におすすめで求人数100,000件以上。
  2. #リクルートエージェント
    転職支援実績No.1!約90%が非公開求人!登録必須のエージェント。
  3. #ビズリーチ
    年収500万円以上の人向き!優秀なヘッドハンター多数在籍!

リクルートエージェントの内定辞退について

ここからはリクルートエージェントの内定辞退について解説していくデジ。

もちろん内定辞退もあり

リクルートエージェントから内定の連絡が来た時、それを必ずしも受諾する必要は無いデジよ。明るい声で内定の連絡を貰うと非常に申し訳なるデジが、内定を辞退するのは求職者の自由デジ。

たしかに断りづらいけど、他の転職エージェントから本命の内定連絡を受けたりとか、事情が変わった時は辞退を選択せざるえないよね。

頑張ってくれたキャリアアドバイザーや内定をくれた企業に申し訳ないって気持ちも凄く分かるデジけど、何かしらの事情がある時は、自分の将来のためにキッパリと内定を辞退するデジ。

だね。

ちなみに、内定辞退の連絡をする時は電話がおすすめデジ。電話の方が声色などで申し訳なさが伝わるデジからね。

なるほど!

なお、リクルートエージェントは転職成功者を出すことで企業から成功報酬を受け取れるシステムになってるデジ。そのため内定を辞退しようとしてもゴリ押ししてくる可能性があるデジ。しかし、そこで仕方なくOKしては後悔するのは目に見えてるデジから、強い意志を持って断るデジよ!

内定受諾後の辞退も一応はあり

一度は内定を受諾したものの、後から条件の良い企業の内定を受けたり、よくよく調べると評判が悪かったりで、受諾後に内定を辞退したいケースもあると思うデジ。

それってありなの?

一応はありデジ。内定を受諾した後に辞退しても法律的には問題ないデジ。ただ、内定をくれた企業や、内定連絡をくれたリクルートエージェントの担当者に失礼デジし、おそらく迷惑をかけてしまうことにはなるデジね。

一度は内定を受けてるんだもんね。企業やリクルートエージェントは既に入社の準備を進めてるかも・・・。

内定受諾後に辞退する時はキャリアアドバイザーに連絡を入れるデジけど、先ほど言ったようにリクルートエージェントは転職成功者を出すことで成功報酬を受け取っているため、おそらくスムーズに内定の辞退とはいかないデジよ。リクルートエージェント側は何とか引き止めたいと考えるはずデジ。

そりゃそうだよね・・・。一度は内定を受諾してるんだし・・・。

つまりのところ内定受諾後の辞退は一応可能なものの、あまりおすすめはできないデジ。内定の受諾は慎重に、デジ。

内定受諾する時は慎重に

握手

上記で話した通り内定受諾後の辞退はおすすめできないデジ。内定の受諾については慎重に検討してほしいデジ。

いくら内定の連絡が嬉しくても安易にOKしちゃダメってことだね。

その通りデジ!実際、何度も落ちた後の内定連絡が嬉しくて思わずOKしたものの、後から冷静に条件等を見直したところ断りたくなった、というケースも見られたデジ。

あー。

内定の受諾前には、労働条件や契約内容などをしっかりと確認し、後悔のないようにしてほしいデジ。

迷っている場合は内定保留もあり

もし本命の内定を待っていたり、もう少し内定を受けるか考えたいのであれば、一時的に内定を保留することも可能デジよ。必ずしもすぐに内定の受諾・辞退を決める必要はないデジ。

そんなことも出来るんだ!

基本的に数日~1週間くらいなら保留にしてくれるはずデジ。ただ、あまりに保留期間が長いと内定辞退とみなされてしまう恐れもあるデジから、保留期間は長くて1週間くらいだと思っておいてほしいデジ。

さすがにずっと保留にしとくことはできないんだね。

保留する数日の間に他企業の内定を待ったり、内定企業について調べたりする感じデジかね。

転職診断バナー

リクルートエージェントの内定連絡について覚えておこう!

リクルートエージェントの内定連絡についていろいろと紹介してきたデジけど、どうだったデジ?

リクルートエージェントからの内定連絡は担当者からで、タイミングは面接から平均1~2週間。そして連絡方法は基本的に電話が多いって感じデジかね。

また内定の辞退に加え、内定を受諾した後の辞退も一応は可能デジが、受諾後の辞退についてはキャリアアドバイザーに止められる可能性も低くないデジから、あまりおすすめは出来ないデジ。内定連絡への返答は慎重に行うデジよ!

リクルートエージェントの評価
評価
(3.31)

※少数第3位を四捨五入

採点分布
30票(10.16%)
(5.0)
107票(35.37%)
(4.0)
91票(32.52%)
(3.0)
45票(15.85%)
(2.0)
16票(6.10%)
(1.0)

調査概要
調査方法:インターネットを利用したリサーチ
調査期間:2018年12月18日~現在も定期的に調査中
調査対象:全国 / 性別指定なし / 年齢制限なし
回答条件:転職エージェント・転職サイトを利用したことのある方

リクルートエージェント
リクルートエージェント公式サイト
https://www.r-agent.com/

※ 転職成功者のほとんどは「 複数の転職エージェント」を利用しており、転職エージェントの平均登録数は4.2社というデータもあります。リクルートエージェント以外のおすすめ転職エージェントについては「 転職エージェントおすすめランキング!厳選18社の評判比較」でご紹介しています。

ざぶとん君

最後まで読んでくれてありがとう!下の記事ではリクルートエージェントに関する独自アンケート調査の結果を紹介しているよ!だって、転職後に年収がどのくらいUPしたのか気にならない?これでリクルートエージェントの評判が分かるね!
リクルートエージェント リクルートエージェントの評判【1205名に独自アンケート】利用すべき?