おすすめ転職エージェントランキング

マイナビエージェントに断られた【求人紹介できない&登録拒否】

マイナビエージェントに断られた

せっかくマイナビエージェントに登録したのに断られてしまった。これって凄く困るデジよね。

そこで今回はマイナビエージェントに断られてしまう理由や、断られた時の対処法を紹介していくデジよ。

マイナビエージェントに断られて困っている人は要チェックだデジ!

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

ガーデン

ガーデン

細身でソース顔のイケメン。過去3回の転職経験で、着実に営業マンとしてのキャリアを積んできている。探求心が強く、とにかくインターネットで調べまくるのが特徴。

マイナビエージェントに断られた!そのサインとは

マイナビエージェントへの登録だけであれば、基本的に誰でも可能デジ。登録の時点で拒否されることはないはずでじから、「登録してみたいけど・・・拒否されるかも?」といった心配は無用デジ。

登録自体は誰でもできるのか。なら、断られたっていうのはどういう状況なんだい?

マイナビエージェントに断られるというのは、転職支援サービスが受けられない、実質的に断られた状況を指すデジ。そういった状況へのサインが以下と言われてるデジね。

断られるサイン
  • 登録した後の面談が無い
  • 電話・メール面談のみ
  • いつまでも連絡がこない

登録したのに面談がないなんてありえるのかい?

マイナビエージェントは登録時に年齢や学歴、現在または前職の職歴などを入力するデジが、それをマイナビエージェントが見て「求人の紹介は無理そう」と判断すれば、面談自体が行われない可能性もゼロではないデジ。

面談が電話やメールのみで、対面での面談が無い時も断られるサインなのかい?

こっちから申し出たわけじゃないのに、対面での面談を案内されなかった場合は断られたサインというか、求人を紹介してもらえない可能性が高いデジ。ただ、拠点が近くに無かったり、在職中で電話・メール面談を利用するケースもあるため、一概には言えないデジけどね。

なるほどなぁ。最後の「いつまでも連絡がこない」ってのは、面談の後に連絡がこないってことかい?

そうデジね。面談をしたはいいものの、経歴やスキルの問題で紹介できる求人がないケースもあるデジ。つまりのところ、紹介できる求人がなければ実質的に断られたようなものデジ。マイナビエージェントは転職成功者を出すことで成功報酬を受け取るシステムだから、見込みがない人には求人を紹介しにくいデジよ。

転職診断バナー

マイナビエージェントに断られる5つの理由

マイナビエージェントに実質的に断られる理由には、以下のようなものが存在するデジ。

断られる理由
  • 年齢と職歴が見合ってない
  • ニート・フリーター・無職
  • 転職回数が多い
  • 1社あたりの勤務期間が短い
  • 職歴が特殊すぎる

具体的な内容については下記で掘り下げていくデジよ~。

年齢と職歴が見合ってない

ステップアップする男性

マイナビエージェントは若い人向けのものを中心に多数の求人を保有してるデジ。しかし、年齢と職歴が見合って無ければ、いくら豊富に求人を保有していても紹介は難しかったりするデジ。

年齢と職歴が?

たとえば、20代後半ながら正社員の経験がなかったり、30代ながら長く携わった業務がなかったり、40代ながらマネージメントの経験がなかったり。こういった人は年齢と職歴が見合ってないと判断され、求人を紹介されない恐れがあるデジ。特に年齢層が上の人は即戦力を期待されがちデジから、求められるスキルも一定レベルになるデジ。

ニート・フリーター・無職

ニート・フリーター・無職といった人も、企業側の求める人材とマッチしにくく、求人の紹介が無いこともしばしばデジ。もちろん既卒・第二新卒など若い人なら未経験であっても今後への期待で採用されるケースは多いんデジけどね。ニート・フリーター・無職が長い人だと難しいかもしれないデジ。

実は凄く優秀な人だとしても・・・企業側に立てばニートやフリーター歴が長い人を雇うには勇気がいるよね。

企業側としては「ずっとニートだった人が長く続くとは思えない…」と考えがちデジね。厳しい話ではあるデジけど、これも現実デジ。

転職回数が多い

新しい社員を求める企業の多くは「長く働いてくれる人」を求めてるデジ。そのため、転職回数が多く「すぐに辞めてしまいそうな人」にも求人を紹介しにくいデジね。

あれ?マイナビエージェントは転職成功者を出すことで成功報酬を貰うんだよね?言っちゃなんだけど、内定さえ取れればOKだったりしないの?

そうもいかないデジ。転職成功者がすぐに辞めてしまえば成功報酬が減ってしまうんデジよ。だからこそ、転職回数が多くてすぐ辞めそうな人には、あまり熱心に転職支援してくれないかもデジ。

1社あたりの勤務期間が短い

カレンダー

「転職回数が多い」と被る場合も多いデジが、1社あたりの勤続期間が短い人も「すぐ辞めてしまいそうな人」のレッテルを貼られ、キャリアアドバイザーに嫌われがちデジね。

結局のところ、長く勤務してくれない可能性がある人は、極力排除したいわけか。

極端に言えばそういうことデジね。運悪くブラック企業に連続して入社してしまい、結果として短期間の勤続が多くなっていたとしても、やっぱり「すぐ辞めてしまいそうな人」の疑いは持たれてしまうデジ。

職歴が特殊すぎる

マイナビエージェントは業界の中でも知名度があり、幅広い業界・職種の求人をカバーしてるデジけど、それでも特殊すぎる職歴の人だと紹介できる求人がほぼ無いかもしれないデジ。

特殊すぎる職歴の人って?

一例としては「自営業」「芸能人」「自衛隊」「ボディーガード」などなど。基本的にマイナビエージェントの保有する求人の多くはデスクワーク系デジから、自衛隊などそこからかけ離れた職歴だと、求人を紹介してもらいにくいデジよ。

マイナビエージェントに登録拒否・断られたときの対処法

マイナビエージェントに登録したはいいものの、転職サポートを受けられない時はどうすればいいのかな?

そういった時は以下のような対処法を試してほしいデジ!

他の転職エージェントを利用する

今や転職エージェントは星の数ほど存在するデジ。というわけで、マイナビエージェントに断られてしまったら、他の転職エージェントを利用すればいいんデジ!

それもそうだね。別にマイナビエージェントへ固執する必要は無いかも。

マイナビエージェントしか所有していない求人が存在するのも確かデジけど、それを紹介してもらえないんじゃ意味がないデジ。それに、他の転職エージェントに登録してみたところ、あっという間に希望の求人を紹介されることだってあるデジ!

そういえば、転職エージェントAに断られたから、転職エージェントBに登録したって意見もよく見るかも。

なお転職成功者については平均で4.2社の転職エージェントに登録してるデジ。転職エージェントは複数への登録が基本ってことデジね。

他の方法で転職活動を進める

マイナビエージェント・・・というよりも、転職エージェント以外で転職活動を進める手もあるデジ。一例としては転職サイト(求人サイト)や、ハローワークなどデジね。

転職エージェントに固執する必要もないってことか。

ただ・・・転職エージェント以外の方法だと基本的に自力での転職活動になるから、面倒なことも多いかもしれないデジ。面接の日程調整や面接対策も自分でやらないといけないデジ・・・。ちなみに、転職エージェントは使いつつ、転職サイト等を併用する方法もあるデジよ!

マイナビエージェントに再登録する

もしマイナビエージェントに断られたとしても、未来永劫、マイナビエージェントのサービスを受けられないってことじゃないデジ。

そうなのかい?

たとえば、登録した職務経歴書の内容を見直し、中身を充実させることで求人を紹介してもらえる可能性もあるデジ!

職務経歴書は求人紹介における大切な書類だもんね。

また、少し時間をあけてから再登録する方法も。3ヶ月以上の期間をあけて再登録することで、求人の状況が変わってるかもしれないデジ。

なるほど。確かに間があけば求人の情報も異なってくるか。

それと、希望する業界の資格を取得してアピールする手段も良いと思うデジ。ただし、マイナビエージェントの所有する求人がガラッと変わることは少なく、これらの方法でマッチする求人が見つかる可能性はやや低めデジ。そのため、再登録について紹介しておいて何デジけど、初めからマイナビエージェント以外の転職エージェントに登録した方が早いかもしれないデジ。

紹介できない&断られたときに利用したい転職エージェント

さっきマイナビエージェントに断られたら、他の転職エージェントを利用するのがいいって言ってたけど、どんな転職エージェントがいいんだい?

そうデジね。もしマイナビエージェントに断られたなら、以下の転職エージェントへの登録を検討してみてほしいデジ。もちろんマイナビエージェントとの併用でも大丈夫デジよ。転職エージェントは複数社を併用するのが基本デジからね。

20代以上におすすめの転職エージェント

これを読んでる人が20代なら、以下の転職エージェントを検討してみてほしいデジ。どの転職エージェントも異なる特徴を持つため、すべてに登録するくらいでも全然OKデジよ!

doda Wサポート

doda

「dodaエージェント」は10万件以上の求人を保有している大手の転職エージェント。幅広い業界・職種をカバーしているため、希望の求人が見つかる可能性も高いデジ!

dodaはテレビCMでも有名だね。

dodaなら採用プロジェクト担当という、企業の採用担当と直にコミュニケーションを取ってる人から、求人票には掲載されない情報なんかを教えてもらえるのも魅力デジね。キャリアアドバイザーとのWサポートで転職活動をスムーズに進めるデジ!

マイナビジョブ20’s 20代

マイナビジョブ20’s

「マイナビジョブ20’s」はマイナビが運営する、20代や第二新卒・既卒に向けた転職エージェント。名前の通り対象を20代など若手とした転職エージェントだから、若い人なら手厚いサポートを受けられるはずデジ!

20代に特化した転職エージェントか。20代なら登録しておいて損はなさそうだ。

キャリアアドバイザーが20代の採用現場を熟知してるデジからね。サポートによる効率的な転職活動が可能なはずデジ。

30代以上におすすめの転職エージェント

30代の転職は、20代の転職に比べると難易度が高めデジね。もちろん30代で転職を成功させてる人もたくさんいるデジが、そういった人ほど適切な転職支援サービスを利用してたりするデジ。30代の人は以下の転職エージェントを頼ってみてはどうデジかね!

転職成功者は平均で4.2社の転職エージェントに登録してるからね。みんなもいろいろな転職エージェントに登録して、たくさんのキャリアアドバイザーから意見を貰い、効率的に転職活動を進めよう!

サービス名おすすめできるポイント対象地域
ワークポート・IT業界特化のエージェント
・親身な転職サポート
・転職決定人数No.1
全国
Foods labo・飲食業界特化のエージェント
・飲食店員が選ぶNo.1サービス
・ホワイトな求人を多数保有
一都三県
リッチマン介護・介護業界特化のエージェント
・面接交通費&お祝い金支給
・利用者満足度No.1
全国
就活エクスプレス・東京都委託の転職支援プログラム
・最短5日の短期集中プログラム
・受講者満足度98%
東京都
リクナビNEXT・求職者の8割が利用する転職サイト
・独占求人85%
・約9割が正社員求人
全国
※主な対象地域を記載しています。各社の保有求人はタイミングによって大きく変動するので、その点ご了承ください。また対象地域は面談拠点ではございません。

自分の市場価値を知れる!転職アプリ「ミイダス」が便利

ミイダスの最初の画面

転職活動における自己分析は非常に大切なわけデジが・・・自力で自己分析は難しいデジよね。そんな時は人気転職アプリ「ミイダス」がおすすめデジ!

ミイダスか。聞いたことはあるような。

ミイダスなら、自分の経歴をタップしていけば、似た学歴・職歴の人の平均年収が分かっちゃうデジ!自分の市場価値が簡単に分かるわけデジね。加えて経歴を登録しておけば興味を持った企業から面接確約のオファーが届くデジ。他にも自分の強み・弱みがわかる診断機能などが搭載されてるデジ。

へぇ~。僕も今度やってみようかな。

もちろん無料で利用可能デジし、アプリ内課金も一切なしデジ!5分もあれば登録も完了するデジし、少しでも気になるなら利用してみてほしいデジね!

転職診断バナー

マイナビエージェントに断られても転職は成功させられる!

マイナビエージェントも転職成功者を出さなければ成功報酬が貰えないため、場合によっては求人の紹介を断られてしまうかもしれないデジけど、そこでガッカリする必要はないデジよ!

確かに求人の紹介を断られると、スキル・職歴等に価値が無いと言われたようで悲しいデジが、別に転職エージェントはマイナビエージェントに限らずたくさんあるデジ。

他の転職エージェントを利用してみたら、予想以上に求人の紹介があるかもしれないデジし、気落ちする前にどんどん次の転職エージェントに登録するデジよ!どのエージェントが良いか分からない時は、まず本ページで紹介した会社に登録デジ!

マイナビエージェントの評価
評価
(3.63)

※少数第3位を四捨五入

採点分布
16票(12.33%)
(5.0)
51票(52.05%)
(4.0)
22票(24.66%)
(3.0)
7票(5.48%)
(2.0)
6票(5.48%)
(1.0)

調査概要
調査方法:インターネットを利用したリサーチ
調査期間:2018年12月18日~現在も定期的に調査中
調査対象:全国 / 性別指定なし / 年齢制限なし
回答条件:転職エージェント・転職サイトを利用したことのある方

マイナビエージェント
マイナビエージェント公式サイト
https://mynavi-agent.jp/

※ 転職成功者のほとんどは「 複数の転職エージェント」を利用しており、転職エージェントの平均登録数は4.2社というデータもあります。マイナビエージェント以外のおすすめ転職エージェントについては「 転職エージェントおすすめランキング!厳選18社の評判比較」でご紹介しています。