薬剤師が比較すべき転職サイトランキング

薬剤師のベストな転職時期は『1月~3月』とは限らない!?

薬剤師のベストな転職時期!!

薬剤師が転職するベストな時期を知ってるデジか?

今回は一般的に求人が増える時期や、ボーナスを踏まえたベストタイミング、結婚を考える際の最適な時期などなど。様々な薬剤師のベスト転職時期を紹介していくデジ。

デメリットのある転職時期については、それについても触れていくデジから、ぜひ最後までチェックしてどのタイミングで転職するか考えてみてほしいデジ!

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

あいちゃん

あいちゃん

小柄で可愛らしいみんなのアイドル。これまでの転職経験は2回で、現在は女性が働きやすい病院受付の仕事をしている。仕事はしっかりこなすが実は超ワガママな性格。

薬剤師のベストな転職時期は?

さっそく薬剤師のベストな転職時期を紹介するデジよ!

「転職したい」と思った今すぐ!

階段を走る男性

個人的に言わせてもらうなら、薬剤師のベストな転職時期は転職したいと思った「今」デジ!

え?そんな安直でいいの??

「転職したい」と考えてる人は、何かしら現在の職場に不満を抱えてるわけデジよね?そんな職場でストレスを溜めつつ求人の多い時期などを待つのは精神衛生上、よくないデジよ。

た、たしかにそうかも!

今すぐに転職活動を始めても、現在の職場を抜け出せるのは3~6ヶ月後くらいデジからね。「今は求人が多い季節じゃないし~」なんて考えてたら今の職場を辞められるのが1年くらい先になっちゃうデジ!

1年は言い過ぎな気もするけど・・・早く始めれば始めるほど良いのは事実ね!

ただし、「今の職場から抜け出したい」の一心で転職を急いでしまうと失敗しやすいデジ。転職の際はきちんと希望条件を設定し、それを満たせる転職先を探すデジ。転職活動のスタートは今すぐに。そして転職活動自体は慎重に、デジ。

求人が増えるのは1~3月!

一般的に薬剤師のベスト転職時期と言われやすいのは、求人が増える1~3月デジね。

1~3月って求人が増えるの?なんで?

「新人と一緒に研修を受けてもらえる」などの理由から、企業としては中途採用であっても4月入社が理想的なんデジよ。そのため、4月入社に合わせて1~3月に求人が増えるデジ。

なるほどねぇ。

また下半期のスタートである10月入社を狙った、7~9月も求人が増えやすいと言うデジが、こちらはお盆休みのある8月が入ってしまうこともあり、1~3月ほどは求人が多くならないとされてるデジね。

そうなると、やっぱり1~3月を狙って転職したいわ。

ただし、1~3月の求人が多いという情報は有名デジから、大量の転職希望者がこの時期を狙ってくるデジ。結果、求人数に比例して応募数も増えることから、倍率は変わらないといった意見もあるデジ。

そんな・・・。

さらに1~3月は転職希望者の増加から転職エージェントなど、転職支援サービスも多忙になりがち。場合によっては転職支援がおざなりになり、思うように転職活動が進まないデジ。だからこそ「転職したい」と思ったときに動くことをおすすめするデジ。

1月or7月でボーナス貰い逃げもあり!

大手の製薬会社等であれば基本的にボーナスが支給されるデジよね。そんなボーナスの支給が終わったタイミングを見計らい、転職するのもありデジね。

ボーナスを貰ってすぐ転職するってこと?

その通りデジ。一般的なボーナスの支給タイミングが6月・12月末デジから、おおむね7月・1月に転職って感じデジかね。

何だかボーナスだけ受け取って辞めちゃうのって気が引けるんだけど、ありなのかしら?

全然ありデジよ。実際にボーナスの後に退職する人は多いデジ。ただ、ボーナス支給の翌日などは露骨すぎデジから、受けとって1~2週間くらい経って退職届を出すのがいいデジね。

あれ?そのタイミングで退職届ってことは、転職先はもうちょっと早めに決めておかないと?

デジね。転職活動は3~6ヶ月ほどかかるデジから、ボーナスの季節を見計らって早めに転職活動を始めた方がいいデジ。

なかなか難しそうだわ…。

第二新卒のうちは転職が有利になる!

第二新卒とは?
明確な定義はありませんが、一般的には新卒で入社したのち1~3年で転職する時「第二新卒」という扱いになります。

ほとんどの企業は「若手かつスキル・経験のある人」を求めてるデジ。薬剤師なら既に1~2年くらいの調剤経験があり、一般的な調剤スキル・知識の身についた若手は歓迎されやすいデジね。

あるていどのスキルや知識があれば、一からの教育が必要ないものね。

そうなんデジよ。いわゆる「即戦力」を期待できるデジ。そのため薬剤師も第二新卒は重宝されるデジよ。この第二新卒の時期を逃さないよう、早めに転職活動を始めるのもおすすめデジ!

10年くらいガッツリと働いて調剤スキルを磨いてからの方が有利だったりしないの?

それはそれで需要ありデジが、経験豊富な人は希望年収も高くなりがちなため、普通は第二新卒の方が人気デジ。そもそも転職活動は年齢を重ねるほど不利になると言われてるデジからね。転職したいと考えてるなら早めに活動を始めるべきデジ!

先に退職するならブランクを空けず転職!

もし先に退職してから転職活動をする気なら、退職後、ブランクが空かないうちに活動を始めた方がいいデジよ。

少し休んでからじゃダメ?

仕事から解放されて自由を満喫したい気持ちは凄く分かるデジ。しかし、ブランクを空けてからの転職活動だと、面接官にブランク期間への懸念を持たれてしまうデジ。たとえば「ブランクが長いなぁ。ちゃんと仕事できるのかな?」とかデジね。

面接で不利になっちゃうのはまずいわね…。

ちなみに、退職してからのブランク期間が長くなってくると「仕事がないこと」「貯金が減っていくこと」への不安から内定の承諾を焦ってしまうというデメリットもあるデジ。このことから転職活動は退職前に始めるのがおすすめデジ。

結婚を考えるなら1年前には転職!

もし結婚を考えているなら、結婚の1年前くらいに転職するのがおすすめデジよ。

薬剤師は女性の方が多いっていうし、結婚を機に転職を考える人も多いかも?でも何で1年前?

結婚をするとなれば産休・育休の可能性が出てくるデジよね。しかし、転職してすぐの産休・育休というのは非常に取りにくいデジ。転職してすぐに長期の休みに入ってしまえば、周りはあまりいい顔をしないデジよ。

せっかく人手不足が解消される!と思ったらすぐに産休・育休じゃ周りもガッカリよね。

また、育休については「入社から1年以上」などの条件が設定されてる会社も少なくないため、早めに転職しておく方が失敗もしにくいデジ。早めに転職して産休・育休までに会社へと貢献しておくデジ!

薬剤師の転職時期と一緒に確認しておきたいこと

薬剤師のベスト転職時期が分かったところで、その他、確認しておきたいことを紹介するデジ。

転職活動には3~6ヶ月ほどかかる

スケジュール調整をする女性

人によって異なるデジが、転職には3~6ヶ月ほどかかることが多いデジ。もちろん中には数週間、1ヶ月で転職を決めてしまう人もいるデジけどね。

転職活動って意外と時間かかるのよね。

薬剤師の場合は、薬剤師に特化した転職エージェントなどに登録するのが基本デジが、4月入社を目指して3月登録などギリギリのスケジュールでは間に合わない可能性が高いデジ。

転職エージェントに登録してもすぐに求人を紹介してもらえるとは限らないものね。

だから転職エージェントなどへの登録は早めに行い、スケジュールに余裕を持った転職活動を心がけてほしいデジ。「求人が増えるのは1~3月だし、2月に登録すればいいか」といった考えは危険デジ!

退職までには2週間~2ヶ月ほど必要

勤め先の病院や薬局などによって規則は異なるデジが、原則として退職までには最低2週間。基本は1~2ヶ月くらいの期間が必要となるデジ。

ってことは・・・4月入社を目指すなら2月くらいには退職を伝えておきたいところなのね。

そうデジね。ギリギリの退職届だと現在の職場に多大な迷惑をかけてしまうし、下手をすれば引き止められて転職先への入社が遅れてしまうデジ。最適な時期に合わせて転職活動を行うことも大切デジが、転職先が決まった後はすぐに退職時期について相談するのも忘れずに!デジ!

薬剤師のベストな転職時期を見極めよう!

薬剤師のベストな転職時期については様々な意見があるため「この時期に転職すれば間違いなし!」といった結論は出せないんデジが、「1~3月なら求人が多く選択肢が増える」「7月・1月の転職ならボーナスをもらってから辞められる」など、時期ごとにメリットが存在するのは確かデジ。

しかし、調剤薬局やドラッグストアなどの求人は刻一刻と入れ替わるデジから、個人的には転職したいと思ったその瞬間、転職活動を始めるのがおすすめデジよ。

もし転職活動の時期について迷ったら、転職エージェントに相談してみるのもありじゃないデジかね。転職のプロなら豊富な知識で薬剤師のベストな転職時期についても教えてくれるはずデジ!