薬剤師が比較すべき転職サイトランキング

薬剤師の年収は今後『増える』可能性大!しかし長期的に考えると…

薬剤師の年収は今後…どうなる!?

現在のところ、薬剤師は一般的なサラリーマンより平均年収が高くなっているデジ。頑張って薬剤師資格を取得するだけの価値がある仕事と言えるデジ。

しかし、インターネットニュースサイトの増加で新聞業界が危ういように、動画サイトの人気でテレビ業界が危ういように、今後の世の中の流れによっては、薬剤師の需要変化から年収が大幅に変わってくるかもしれないデジね。

今回は薬剤師の年収が今後どのように変化していくかを考えていくデジ。「これからも薬剤師として安定した収入を得られるのかな?」と不安な人は参考にしてみてほしいデジ。

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

ガーデン

ガーデン

細身でソース顔のイケメン。過去3回の転職経験を持つが、その転職によって確実にキャリアを積んできている。探求心が強くとにかくインターネットで調べまくるのが特徴。

薬剤師の年収は今後も増える可能性大!

右肩上がり

結論から言うと、当面の間、薬剤師の年収は増えていくと考えられるデジ。

どうしてだい?

現在、薬剤師は深刻な人手不足状態にあるとも言われているデジ。人材を十分に確保できないのであれば、給料を高くして人を集めようとするのは当然の流れデジからね。当面は年収が増えていくと考えられるデジ。

そんなに人手不足なのかい?

地域などによって異なるんデジが、薬剤師の求人倍率は10倍前後と言われているデジ。

求人倍率とは?
仕事を探す1人の人に対して、何件の求人があるかを示したもの。たとえば求人倍率が10倍であれば、仕事を探す1人の人に対して10件もの求人があることになります。つまり、求人倍率が高い=多くの労働者が求められる、ということです。

そんなに求人倍率が高いのか…。それは深刻かも…。

これからは少子高齢化の影響から、さらにドラッグストアや調剤薬局、病院の需要は高まるはずデジからね。人手不足はより深刻になるかもしれないデジよ。

高齢者が増えれば医療関係の需要は高まる一方だからね。

ただ、あくまでも「当面は年収が増える」と考えられるだけであって、さらに長期的に見れば年収が下がっていく恐れもあるデジ。これについては次の項目で紹介していくデジよ。

ガーデン

派遣社員の年収について詳しく知りたい人は次の記事をチェックさ!派遣社員の年収が高いか安いか?詳しく解説しているよ。
薬剤師の職場別に紹介 年収は高い 【結論】薬剤師の年収は高い!ただし低い職場もある【職場別に紹介】

長期的に考えると今後の年収が下がる可能性も…

今後、当分の間は人手不足+需要の増加から薬剤師の年収は増えると考えられるデジ。しかし、さらに長期的に見ていくと、年収は減っていくかもしれないデジ。

少子高齢化なのにかい?

というのも、技術の進歩によって調剤を自動でしてくれる機械が開発されてるんデジよ。既に一部の調剤薬局では機械を使った調剤が始まっており、処方箋の70%をまかなっていると言われてるデジ。

そんなに機械任せにできるのか!

機械を導入する調剤薬局が増えてくれば、単純な調剤しかできない薬剤師は淘汰されてしかりデジね。さすがに求人がゼロになるとは言わないデジが、機械に任せられる仕事しかできない人に、企業が高いお金を払うとは思えないデジ。

そりゃそうだ。

また薬剤師は安定して収入が高いイメージを持つためか、若者が減る現代でありながら、薬剤師の数が増えているというデータもあるデジ。機械化に加え薬剤師が増えれば、当然ながら需要の低下から年収は減っていくと考えられるデジ。

今後、長年にわたって安心できる仕事とも言えないわけか。

今後も安定した年収を得るために薬剤師はスキルを磨こう!

スキル

機械化や従事者増加の中で今後も安定した年収を得るためには、スキルの取得や知識を深めることが大切デジ。簡単に言えば優秀な薬剤師になることが重要デジ!機械や他の薬剤師に代わりが務まらない優秀な人材であれば、多くの企業が高年収を提示してくれるはずデジ。

優秀な人材はどこでも重宝されるし、好待遇が期待できるよね。

薬剤師の場合、「薬剤師の資格を持ってるから余裕!」と今後の安定を過信しがちデジが、薬剤師資格だけで胡坐をかいていれば、いずれ仕事を失う・・・とまでは言わないデジが大幅な年収ダウンをくらうかもしれないデジよ。

在宅スキルを磨くのもおすすめ

今後も高年収を得るためにはスキルが大切なのはわかったけど、どんなスキルを磨けばいいんだい?

おすすめのスキルはいろいろあるデジが、ひとまず今後需要が増加していくであろう在宅業務に関するスキルの取得をおすすめするデジ。

在宅?

ようは寝たきりの患者さんなどの家に出向いて、調剤した医薬品の服薬指導を行ったり、健康相談にのったりする仕事デジ(在宅と言っても自宅で薬剤師として働く仕事ではないデジ)。

なるほど。高齢化社会で薬局に足を運べない人が増えるからこそ、在宅業務の需要も高まるのか。

その通りデジ。最近は在宅業務に力を入れている調剤薬局も少なくないため、しっかりとスキルを学びたいのであれば転職を検討するといいデジ。

管理薬剤師を目指すのもおすすめ

調剤薬局などには必ず1人以上の管理薬剤師を常駐させることになってるデジ。そのため管理薬剤師の役職に就くことで、今後も安定した収入を得られる可能性は十分にあると思うデジ。

職場に絶対1人は必要な役職なんてあるのか。

管理薬剤師になるのに特別な資格は不要デジが、責任者だけにマネジメント能力・コミュニケーション能力は必要になってくるデジ。これらのスキルはどの職場でも役立つため、今後淘汰されないためにもしっかり身に付けておくといいデジよ!

確かに。コミュニケーション能力なんかは薬剤師に限らず、ほとんどの仕事で重要だね。

他にも病院勤務で調剤・服薬指導に関する知識を深めたり、ドラッグストア等でもやっていけるよう接客スキルを学んでおいたり。とにかく様々なスキルを取得しておくことが今後の安定に繋がるはずデジ!

今後も安定した年収を得るために転職するのもあり!

CHANGE

今後も安定した年収を得るために転職を検討するのもおすすめデジ。たとえば、調剤薬局で延々と同じような調剤をこなすだけでは今後、機械にとって代わられても何らおかしくないデジ。それなら早めに幅広い業務を経験できる職場に移っておく方が安心、ということデジ!

転職って面倒だなと思うけど、長期的にみると早めにやっておいた方がいいんだよね。

たとえば製薬会社のMR(営業のような仕事)は歩合制で年収1000万円も狙える高収入な仕事デジし、営業スキルなどが必要なことから、今後も機械にとって代わられる心配は少ないと思われるデジ。

人とかかわる機会の多い仕事は機械化しにくいからね。

単純で楽な仕事でありながら一定の収入を得られていると、つい居心地のよさから転職なんて考えないものデジ。しかし、今後のことを考えれば早いうちの転職も視野に入れておくべきデジ。いざ年収が大幅ダウンしてからの転職では、時すでに遅しデジ!

ガーデン

転職するなら転職サイトや転職エージェントの利用は必須さ!次の記事で薬剤師におすすめの転職サイト&転職エージェントをランキングで紹介しているから、ぜひ参考にしてね。

薬剤師が今後も高い年収をもらうには精進あるのみ!

薬剤師は人手不足な傾向にあるため、ひとまず当面は年収が増えていくと考えるデジが、一方で機械化なども進んでいるため長い目で見れば年収が大幅ダウンしていく恐れもあるデジ。

とはいえ、しっかりとスキルを持った薬剤師であれば機械に代わりは務まらないため、今後も安定して働ける可能性が高いデジ。

目の前に危機が迫っているわけではないため実感しにくいと思うデジが、今後のことを考えれば早いうちから様々なスキルを身に着け、医療に関する知識も深めておくべきデジね。

常に精進した人は多くの人から求められるため社会から淘汰されず、精進を怠った人は少しのきっかけで社会からつまはじきにされる。薬剤師として長く安定した収入を得るために、今のうちから自らの能力を高めていくデジ!

ガーデン

薬剤師も高い年収をもらうためには努力が必要なんだね。なるほどねぇ。ちなみに次の記事で薬剤師の生涯年収について解説しているから、気になる人はチェックしてみて!
薬剤師が受け取れる生涯年収!! 薬剤師の生涯年収は『約1.9億~2.7億』!定年する年齢別に詳しく紹介