薬剤師が比較すべき転職サイトランキング

【重要】薬剤師が高収入な職場へ転職する方法【成功する5つのコツ】

薬剤師が転職する方法 高収入な職場

薬剤師として高収入な職場へ転職したいと考える人も多いデジよね。

そこで今回は薬剤師が高収入な職場へ転職する際の、成功のコツなどを紹介していくデジ。いざ高収入な職場へと転職しようとして失敗する人も多いデジから、ぜひとも事前に本ページを入念にチェックしておいてほしいデジ。

もちろん高給な求人の探し方もしっかりレクチャーするデジよ!

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

ガーデン

ガーデン

細身でソース顔のイケメン。過去3回の転職経験を持つが、その転職によって確実にキャリアを積んできている。探求心が強くとにかくインターネットで調べまくるのが特徴。

まずは薬剤師の高収入な職場を知ろう

給料のイメージ

高収入な職場へ転職するには、何はともあれ高収入な職場を知らないと駄目デジよね。そこで薬剤師の代表的な4つの職場を平均年収が高い順に並べたデジ。

収入が高い職場ランキング
  1. 製薬会社(年500~1000万円)
  2. ドラッグストア(年400~700万円)
  3. 調剤薬局(年450~600万円)
  4. 病院(年400~650万円)

同じ製薬会社やドラッグストア内でも役職などで収入は異なるため、必ずしも上記の通りではないデジが、基本的に製薬会社は高収入、病院は低収入になりやすいデジ。

製薬会社が高収入っていうのはよく聞くね。

ただ、製薬会社は同業からの中途採用が中心であり、転職の難易度が高いというデメリットを持つデジ。ドラッグストアや調剤薬局あたりは求人も多く転職難易度はやや下がるデジね。

高収入で言えば製薬会社だけど、転職のしやすさも考慮すればドラッグストアあたりがよさそうだ。

そうデジね。ドラッグストアは高収入なことが多いうえに転職の難易度もやや低めの良い職場デジ。もちろんドラッグストアごとに条件や採用率は異なるデジけどね。

ガーデン

下に職場別の薬剤師の年収に関する記事を集めたから、気になったらチェックしてみるといいよ。
職場別の薬剤師の年収
ドラッグストアドラッグストアの薬剤師の年収は?
調剤薬局調剤薬局の薬剤師の年収は?
病院病院薬剤師の年収は?

公務員薬剤師も高収入?

ちなみに、公務員の薬剤師として保健所などで働く手もあるんデジよ。これもある意味では高収入デジ。

ある意味で?

公務員の薬剤師って初任給が20万円前後と少なめなんデジよ。しかし、そこから定期的に昇給があるため、生涯収入で言えば他を上回る可能性もあるデジ。

なるほど。

ただ年収1000万円などの高収入を狙うのは難しいと思われるし、副業禁止だから派遣などで年収をアップさせることもできないデジ。また公務員試験などが必要になるため転職の難易度も決して低くないデジ。

そっか。公務員だと試験がありえるのか。

ブイブイ

公務員薬剤師も勤続年数を重ねれば、昇給により高収入になる可能性があるデジ。次の記事で公務員薬剤師(地方・国家公務員)の種類や試験なんかについてまとめているデジから参考にしてデジ~!
仕事内容や年収など 公務員薬剤師 公務員薬剤師(国家・地方)とは?【仕事内容や平均年収を知りたい】

薬剤師が高収入な職場への転職を成功させるコツ

ここからは薬剤師が高収入な職場へ転職する際の、成功のコツを紹介するデジ!

初任給に騙されないようにしよう

初任給が高い=生涯の収入が高い、とは限らないデジ。たとえば上記で紹介した通り公務員の薬剤師は初任給こそ低めなものの、そこから定期的な昇給があるため最終的には高収入になりやすいデジ。

初任給は高くても昇給が無いんじゃ仕方ないしね。

そうなんデジよ。薬剤師の職場だと調剤薬局なんかは初任給が意外といいデジ。職場によっては製薬会社と同じくらいの、初任給から30万円もありえるデジ。しかし調剤薬局は昇給の幅が広く最終的な収入が最初とあまり変わらなかったりするデジ。

それは辛いな…。

高収入な職場に転職する時は目先の収入だけでなく、最終的にどのくらいの収入になるのか調べておくことも重要デジよ!

仕事内容を確認しておこう

高収入な職場には何かしら裏があるものデジ。たとえばドラッグストアは高収入になりやすいものの、毎日遅くまで営業していることもあり残業や休日出勤が発生しやすいデジ。

残業代を含んでの高収入って可能性もあるしね。

また仕事内容も合う・合わないがあるため、あらかじめ自分がどんな仕事をしたいのか考えておき、それに近い内容か確認しておきたいデジね。たとえば患者さんに接する仕事がしたいのに、製薬会社の研究職で缶詰ではストレスがたまってしまうデジ。

結局のところ収入が良くても仕事内容が大変すぎたり、性格に合わないのは辛いってことか。

その通りデジ。転職において本当に大切なのは収入と仕事内容のバランスだと思うデジ。この先、10年。20年、30年と同じ仕事を続けられそうかも考えながら転職先を選んでほしいデジ。

仕事で役に立つスキルを取得しておこう

高収入な職場では高度なスキルや医薬品に関する深い知識が求められがちデジ。やはり誰でもできる単純な業務は給料が安くなりがちデジからね。

そのあたりは薬剤師に限らずどこでも同じだね。

そのため薬剤師に関するスキルや深い知識を身に付けておくと、高給な職場へ転職しやすくなるはずデジ。また高給な職場は様々な業務を任され勉強の毎日になる可能性も。新しい知識を身に着けるのがあまり好きでなかったり、ひとつの業務を延々とこなしたい人は注意するデジ!

事前に職場のことを入念に調べよう

高収入な職場への転職でよくある失敗と言えば、収入こそ良かったものの職場の雰囲気が悪かったり、明らかなブラック企業だったりするパターンデジ。

よく聞くね。ブラックで人が集まらないからこそ好条件を提示してたりとか。

可能であれば収入と共に、その職場の雰囲気や人間関係なども調べておきたいデジね。そうしないと短い期間で転職を繰り返す羽目になるかもデジ。

う~ん。でも雰囲気とかってそんな簡単に調べられるかな?

個人で調べるのはなかなか難しいため、転職エージェントなどを活用するといいデジ。転職エージェントの担当者は企業との繋がりも持ってるデジから、雰囲気や人間関係などの内情にも詳しいデジ!

時には地方の職場を狙ってみよう

高収入な職場への転職と言えば、地方の調剤薬局などを狙うのもおすすめデジ!

地方の?

調剤薬局などは1人以上の管理薬剤師を配置しなくてはいけないこともあり、一部の薬剤師が不足している地方では、かなりの好条件で求人を出してたりするデジ。

地方の方が好条件って珍しいな。

そうデジね。普通は都会になるほど収入は上がる傾向にあるため、薬剤師の「地方の方が高収入なこともある」といった状況は特殊デジ。

ところで、どの地方が高収入なんだい?

たとえば「平成30年賃金構造基本統計調査」によると栃木県や福島県などは薬剤師の平均年収が600万円を超えてるデジ。ただ調査の年度によって結果は異なることもあり、必ずしも栃木県や福島県なら高収入とは限らないデジよ。

薬剤師が高収入な求人を探す方法!

面談

薬剤師が高収入な求人を探すなら転職サイトや転職エージェントの力を借りるのが一番デジ。「年収〇万円」などの条件を提示しておくだけで、それを満たす求人をキャリアアドバイザーが探して紹介してくれるデジ。

転職サイトや転職エージェントに登録すると、希望条件の求人がすぐ見つかるって聞くね。

希望する条件によってはすぐ見つからないかもデジが、自力で探すよりは確実に早いと思うデジ。また先ほど話した転職先の雰囲気や人間関係を探る上でも便利デジ。

キャリアアドバイザーは企業の内情にも詳しいって言ってたね。

他にも面接対策や面接の日程調整、応募書類の添削までしてくれるため、現在の仕事を続けながらの転職活動も比較的楽になるデジよ。薬剤師の高収入な職場への転職は失敗談も多いデジから、それを防ぐ意味でも転職サイトや転職エージェントには登録しておくデジ!完全無料だから登録後に合わないと思えば自力に切り替えても大丈夫デジ!

ガーデン

薬剤師特化の転職支援サービスもたくさんあるから、迷ってしまうかも。そんなときは次の記事がおすすめ!転職サイト&転職エージェントをランキングにまとめたからチェックしてね。

高収入なら良いとも限らない!薬剤師の転職は慎重に!

今回は薬剤師が高収入な職場へ転職する際のコツなどを紹介してきたデジが、どうだったデジか?

高収入な職場へ転職する時のコツは、とにかく転職先の情報を集めることデジ。ただただ高給という条件だけに釣られてしまうと、仕事内容が合わなかったり、残業が多かったりですぐ再転職する羽目になるかもしれないデジよ。