薬剤師が比較すべき転職サイトランキング

派遣薬剤師の平均時給は『2800~3500円』!都市部と地方の相場は?

平均時給2800~3500円 派遣薬剤師

薬剤師の中にはあえて正社員にならず、派遣として働き続ける人がいるデジ。これは派遣薬剤師の時給相場が非常に高額なためデジね。

ここでは派遣薬剤師の時給相場がどのくらいなのか。また高時給な派遣薬剤師の求人を探すにはどうすればいいのか。といった情報を紹介していくデジ。

これから派遣薬剤師として働くことを考えてる人だけでなく、既に派遣薬剤師として働く人も自分に時給が相場と大きくズレていないかチェックするデジ!

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

ガーデン

ガーデン

細身でソース顔のイケメン。過去3回の転職経験を持つが、その転職によって確実にキャリアを積んできている。探求心が強くとにかくインターネットで調べまくるのが特徴。

派遣薬剤師の時給相場は?

貯金箱

さっそく派遣薬剤師の時給相場を見ていくデジ!

派遣薬剤師の時給相場
  • 都市部:2,800~3,000円
  • 地方:3,000~3,500円

上記の通り派遣薬剤師の時給相場は高いデジね。普通の派遣だと高くても2500円くらいだと思うデジ。

そもそも派遣にそんな高時給なイメージはないけど、薬剤師はえらい高額だね!

だからこそ、あえて正社員にならず派遣薬剤師として働く人がいるんデジよ。ぶっちゃけ正社員より年収が良いことも珍しくないデジからね。

これだけの時給だとフルタイムで働けば年収600万円くらいになりそうだもんなぁ。あえて派遣になってる人がいるのも分かる。

ブイブイ

派遣薬剤師の年収はなかなか高額デジ!下の記事で派遣薬剤師の年収についてより詳しく紹介しているデジから、こちらも読むデジ!
年収はどのくらい?派遣薬剤師 派遣薬剤師の年収目安は『約537~576万円』!地方は相場が上がる?

派遣薬剤師の時給はなんで高いの?

ところで、派遣薬剤師って何でここまで時給が高いんだい?もしかしてとんでもない激務だったりして…?

派遣薬剤師の時給が高い理由は「人手不足」デジね。多くの職場で薬剤師の人手不足が著しいうえ、薬剤師は国家資格もちで人数が限られることから、高い時給を提示して他に取られないようにするデジよ。

なるほど。確かに薬剤師の資格を所持してる人なんて何割もいないか。

まぁ、時給相場を大きく上回る求人だと「人手不足が深刻すぎて激務」「職場の雰囲気が悪い」など働きにくい環境の可能性も否めないデジが、基本的に時給が高いからといって不安になる必要はないデジ。

地方の方が時給が高い理由は?

あと、これも気になってたんだけど、何で派遣薬剤師は地方の時給相場が高いんだい?普通は都市部の方が需要の問題から高時給なような?

確かに普通なら都市部の方が高時給デジ。しかし、ただでさえ応募数が少ない地方の求人で、国民の何割もいないであろう薬剤師を募集するとなれば、都市部より高時給にでもしなければ応募がないデジ!時給によっては応募ゼロも普通にありえるデジ!

それで高時給にしてるわけか。

言ってしまえば都市部に比べてアクセスが悪く、生活に関する利便性も低いことがほとんどデジから、都市部と同じ時給では、おそらく多くの人が都市部の求人へと集まってしまうデジ。

余談
地方の時給相場は3,000~3,500円ですが、人手不足が深刻な地域では時給5,000~9,000円などの求人も見られます。いかに地方が薬剤師不足で困っているか分かりますね。

派遣先の種類でも時給相場は異なる?

ちなみに派遣薬剤師の時給相場は派遣先の種類でも異なるデジね。

派遣先の種類?

たとえばドラッグストア・調剤薬局は時給相場が高くなりやすいデジ。一方で病院は時給相場がやや低くなりやすいデジ。

ならドラッグストアや調剤薬局で働くべきだね。

時給相場だけで言えばそうなるデジ。ただ場合によっては病院の時給がほかを上回ることもあるし、仕事内容も異なってくるため、必ずドラッグストアや調剤薬局が良いとも限らないデジ。「病院だから~」「調剤薬局だから~」ではなく、個々の時給・仕事内容を確認することが大切デジ。

派遣薬剤師の時給は落ちていく可能性あり

ダウン

ここまでで紹介した通り派遣薬剤師の時給は高いデジ。一般的な派遣に比べれば2倍、3倍もありえるデジ。

だね。1日で2万円以上も普通に稼げそうだ。

ただ派遣薬剤師の時給は今がピークでこれからは時代と共に落ちていく、とも言われているデジ。

どうしてだい?

AIによる仕事の効率化が進む中、薬剤師の現場にも調剤業務などを行えるロボットが導入され始めてるデジ。つまり派遣薬剤師に求められる調剤業務などは、今後ロボットに取って代わられる恐れがあるデジ。

ロボットに仕事を奪われる。映画とかでよく見るやつだね。

そういったフィクションの世界が現実に近づいてるってことデジ。ロボットによって薬剤師不足が解消されれば、わざわざ高い時給を用意して必死に募集する必要もなくなるデジよね。すなわち薬剤師の時給相場はみるみる下がっていくと考えられるデジ。

なるほど…。

もちろん今すぐの話じゃないデジが、意外と近い未来に現実と化するかもしれないデジ。そのため派遣薬剤師として働くなら今がチャンス、といった見方もあるデジね。

高時給な派遣薬剤師の求人を見つけるには?

ここからは高時給な派遣薬剤師の求人を見つける方法を紹介するデジよ。

専門性が高く高時給求人の多い派遣会社に登録する

パソコンを操作する笑顔の女性

派遣薬剤師として働ける高時給な求人を探すなら、「薬キャリ」「ファルマスタッフ」など薬剤師に特化した派遣会社に登録しておくべきデジ。普通の派遣会社だと薬剤師の求人が少なかったりするデジからね。

薬剤師は専門性の高い仕事デジから、一般的な派遣会社だと上手く話しが通じないかもだしね。

また薬剤師に特化した派遣会社もピンキリデジ。できるだけ高時給な求人を豊富に保有した、大手の派遣会社へ登録することをおすすめするデジ。

大手なら安心して利用できるのもポイントかな。

もし複数の派遣会社で迷うなら2社、3社と登録しても何ら問題ないデジよ。むしろ、その方が希望する時給の求人を見つけやすいデジ!

ガーデン

派遣で働きたいなら転職支援サービスを利用するのもおすすめ!派遣の案件も扱っているからね。以下に薬剤師におすすめの転職サイト&転職エージェントをランキングで紹介しているから参考にしてみて!

具体的な希望条件を伝えておく

単に「高時給な求人」だと、高時給の基準が人によって異なるため、予想より低時給な派遣先を紹介されてしまうかもデジ。だから派遣会社に条件を伝える時は「時給3000円以上」など具体的なものにしておくデジよ。

派遣に限らず何か条件を伝える時は具体的な方がいいね。

また勤務地・勤務時間などの条件もあるのなら、これも具体的に伝えておくべきデジ。あとで「思ってた勤務時間と違う!」となっても面倒デジからね。

可能なら「全国どこでもOK」に条件を設定

先ほど話した通り派遣薬剤師の時給相場は地方のほうが高いデジ。そのため派遣先の条件を「全国どこでもOK」としておく方が高時給な派遣先を紹介される確率が上がるデジ!

それはいい方法かも!

ただ注意しておきたいのが派遣は基本的に交通費が支給されないことデジ。独り身で引っ越しが簡単ならまだしも、長時間の通勤となれば交通費との差し引きで、結局は大して時給ではなくなってしまうかもデジ。

あー。

地方を派遣先に選ぶ時は時給だけでなく交通費も確認し、トータルで稼ぎが増えるか計算しておくデジ。また派遣会社に交通費が出るかもチェックしておくいいデジよ。可能性は低いものの交通費が出る確率もゼロではないデジ。

派遣薬剤師が仕事を始めるまでの流れは?

最後に、派遣薬剤師が仕事を始めるまでの簡単な流れを紹介しておくデジ!

STEP.1
派遣会社を選び登録する
まずは派遣会社を選びます。薬剤師の場合は薬剤師に特化した派遣会社がおすすめです。
STEP.2
派遣会社の担当者と面談をする
派遣会社の担当者に「時給〇円以上」などの条件を伝えておきましょう。
STEP.3
求人を紹介してもらう
条件にマッチした求人が見つかれば紹介してもらえます。
STEP.4
雇用契約を結ぶ
派遣先の雇用条件などを確認し問題が無ければ雇用契約を結びます。疑問点などは必ず質問しましょう。
STEP.5
派遣業務を開始する
ついに派遣の仕事を開始します。

登録する派遣会社さえ見つかれば、そう面倒なことはないデジ。登録後は基本的に担当者の指示に従えばOKデジ。

派遣薬剤師は高時給!しかしデメリットも

派遣薬剤師の時給相場は2800~3500円と高額デジ!上手くいけば1日で2~3万円も稼げちゃうデジ!

ただ派遣薬剤師には「契約期間が存在する」「条件次第ではスムーズに派遣先が見つからない」などのデメリットも存在するデジよ。

時給相場の高さだけで安易に派遣薬剤師を選んでしまうと後悔するデジから、必ず事前に派遣薬剤師として働くメリット・デメリットを確認しておくデジ!

ガーデン

派遣薬剤師として働くならデメリットも理解しておこう!次の記事に派遣薬剤師のメリット&デメリットを紹介しているからぜひぜひチェックしてみてね!
メリット・デメリット 派遣薬剤師 【3分でわかる】派遣薬剤師として働くメリット・デメリット【保存版】