おすすめ転職エージェントランキング

【ブラック企業への復讐を誓う!】仕返し&訴える方法、2つの注意点

ブラック企業

社員を使い捨てのごとく、こき使ってくるブラック企業。そんなブラック企業を辞めるときなんかには、何とか「ギャフン」と言わせたいところデジよね。

そこで今回はブラック企業に復讐する方法&未払いの残業代やハラスメント行為があった時の訴え方を紹介していくデジよ。ブラック企業の仕打ちに負けて、ただただ辞めてしまうのは悔しい。そんな人はチェックしてみてほしいデジね!

8月は転職に成功しやすい時期!

転職のイメージ

新卒採用や研修が落ち着いて求人数が増える8月は転職 の大チャンス!休みが多いこの時期はライバルも少なくて好都合!今から活動をはじめましょう

…とは言ってみたものの、1人1人に本当におすすめの転職サイト&エージェントは「性別」「年齢」「年収」によって大きく変わるため、ランキング形式ではマッチングするサービスをご紹介することは非常に難しいのです…。

そこで考えついたのが、「性別」「年齢」「年収」を含む5項目に答えるだけでおすすめの転職サイト&エージェントが分かる【 30秒 転職診断チャート】です。これで転職の成功率がグッと 高まります!

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

ガーデン

ガーデン

細身でソース顔のイケメン。過去3回の転職経験で、着実に営業マンとしてのキャリアを積んできている。探求心が強く、とにかくインターネットで調べまくるのが特徴。

ブラック企業に復讐する5つの方法

まずはブラック企業に復讐する方法をまとめたデジ。退職時・退職後に使えるものから、仕事を辞める前に使えるものまで様々デジよ!

仕事を抱えた状態で退職

もっともシンプルかつ効果的なのが「仕事を大量に抱えた状態で仕事を辞めてしまう」ことデジね。

辞める人が仕事の出来る人だと、引き継ぐ人がいなくて大混乱するやつ…。

もちろん仕事を溜めた状態で退職を言い出せば上司に引き止められるとは思うデジが、法律的に言えば2週間前に退職を言い渡せばいいことになってるし、有給休暇が残っていれば退職を言い渡した後、有給をあててしまって会社に行かないことも可能デジよ。

とはいえ、絶対に上司が怒るような状況だしなぁ。なかなか言い出しにくそうだ。

確かにブラック企業の上司は怖い…というか一歩間違えば殴ってきたりもありえそうデジね。もし上司が怖い人なら、退職代行サービスを使って代わりに退職を伝えてもらうことをおすすめするデジ。

最近よく聞くやつか!

いきなり退職代行サービスによって社員の退職を伝えられる上司。どうしようもなくなるたまりにたまった仕事。おそらくブラック企業の方はてんやわんやデジが、まぁ、辞める方には関係ないデジね。

普通の会社を辞める時なら、とんでもない迷惑行為だけど・・・ブラック企業ならありかな!

ブイブイ

自分で退職を伝えにくい時は退職代行サービスにお願いするデジ!次の記事では人気のあるおすすめ退職代行サービスを紹介しているデジ!
退職代行サービス業者 おすすめランキング 退職代行サービス業者ランキング!口コミで評判の人気10社を比較
そもそも退職代行ってなに?っていう人は次の記事を見てね!「退職代行とは?」から、非常識で迷惑といわれる退職代行サービス業について紹介!本当にそうなのかな?

ガーデン

退職のイメージ 【退職代行とは】退職代行サービス業は迷惑で非常識!本当にそう?

本社へ報告する

上司の無茶な要求やハラスメント行為に耐えられないのなら、本社や本部など上の人にメールをしてみるデジ。たとえば、退職するタイミングであれば「〇〇部長のハラスメント行為に耐え切れず仕事を辞めることにしました」などデジ。

上層部に上司のあくどさを知ってもらうわけか。

本社もグルになって社員をこき使っていた場合は別デジが、そうでなければ上司の評価が下がったり、問題解決に向けて動いてくれたりの可能性は十分にあるデジ。

後に残る人のためにもなるね!

労働基準監督署に相談する

労働基準監督署への相談もありデジ!長時間の労働に対し残業代が支払われなかったり、有給休暇を消化させてくれなかったりと、勤めているブラック企業が労働基準法に違反している可能性があるなら、労働基準監督署に相談するデジ。

それが復讐になるのかい?

しっかりと証拠を集めたうえでの相談であれば、企業側に調査が入るデジ。そこで違法性が認められれば「有給休暇を消化させなさい」などの勧告が行われ、それでも企業が拒否するようなら責任者の逮捕といった可能性もあるデジね。

逮捕までいくのか!それは復讐になるな。

なお、労働基準監督署に相談する時に有効な証拠は、後で紹介する企業を訴える時の証拠を参考にしてほしいデジ。基本は同じもので大丈夫なはずデジよ。

口コミサイトで悪い評価をする

就職活動や転職の際に利用した人も多いと思うデジが、最近は企業の口コミを書き込めるサイトが存在してるデジ。サイトによっては簡単な口コミだけでなく、収入や年間の休日、残業時間なども詳しく評価できるんデジよ。

就職活動・転職の時の本当に役に立つよね!

そんな口コミサイトに悪い口コミを書いたり、悪い評価をする。インターネットでの情報取集が主になった現代において、悪評は企業へと大ダメージを与えるはずデジね。

た、確かに!ネット通販と同じで悪い評価が多い企業には入社したいと思わないしね。

もちろん事実無根の悪口を書くのはNGデジが、ブラック企業なら意図せずとも悪口だらけになるんじゃないデジかねぇ。

日頃の鬱憤の解消もできそうだ。

また、転職活動を始めていて転職エージェントを利用しているなら、キャリアアドバイザーの人に悪い部分を報告しておくのも効果的デジ。転職エージェントの評価が下がった企業は紹介されにくくなるデジからね。きっと新入社員が不足して困るデジよ!

ガーデン

企業の口コミサイトにもいろいろあるんだ。次の記事では信憑性が高いとされる会社の口コミサイトを紹介。企業の評判は転職において重要視されているんだよ!
転職口コミサイト4選 【転職口コミサイト4選】信憑性のある、おすすめのサイトは?

ブラック企業を訴える

上記4つの復讐方法は会社にダメージこそあれど、実益は無かったデジよね。しか~し、会社を訴えて勝つことが出来れば未払いの残業代や慰謝料を貰うことができるんデジよ!

ブラック企業から受けたダメージ分、金銭を請求するわけだね!

特に残業代の請求は効果が大きく、人によっては100万円以上が入ってくることも。ただ、企業を訴えるためには証拠が必要になるデジから、まずは下記で紹介するケース別の証拠を参照してみてほしいデジ。

転職診断バナー

ブラック企業を訴える!まずは証拠を集めよう

ブラック企業を訴えるには証拠が必要になるデジね。必要になる証拠は何を理由に訴えるかによって異なるデジから、自分が受けている被害に合った証拠を用意してほしいデジね。下記ではケース別に有効な証拠を紹介していくデジ。

携帯電話を持つ男性

未払いの残業代を請求する場合

残業代の請求に必要な証拠
  • 労働契約書
  • 就業規則
  • 給与明細
  • 労働時間を証明できるもの※

労働時間を証明できるもの

  • タイムカード
  • シフト表
  • パソコンの利用履歴
  • メールの送信記録
  • 上司からの残業命令メール
  • 残業時間を測るアプリ
  • 家族に帰宅を連絡するメール

未払いの残業代を請求するなら、労働契約書や就業規則といった、残業についての賃金が書かれた書類に加え、給与明細、そして残業をしていた事実を証明できる証拠が必要になるデジ。

つまりは労働時間を証明できるものが必要ってことか。

一般的なのはタイムカードや会社のパソコンの利用履歴(ログイン・ログオフ時間)などデジが、残業時間を計測するアプリや、家族に帰宅を連絡するメールも証拠になるケースがあるデジね。

証拠になるものは多いんだね。

なお、残業代の請求は過去2年分できることになってるデジ。逆に言えば、2年より前の残業代は請求できないデジね。つまり、ブラック企業を訴えるのは早め早めがいいってことデジ。

ポイント

残業とは労働基準法で決められた1日8時間、週40時間の法定労働時間を過ぎて働くことを言います。

パワハラやセクハラで訴える場合

パワハラ等で訴える時の証拠
  • 被害を受けた音声データ
    スマホやICレコーダーで録音したもの
  • 被害を受けた映像データ
    スマホや小型カメラで撮影したもの
  • パワハラ等を含むメール・メッセージ
  • 第三者の証言
  • 医療機関の診断書
    うつ病などになった時

パワハラ・モラハラ・セクハラといったハラスメント行為を受けているなら、被害にあった時の音声・映像データなどが有効デジね。

今ならスマホで録音・撮影できるから、比較的簡単に入手できるかな?

ただ、ハラスメント行為は定義がやや曖昧で、ちょっとした発言などで多額の損害賠償を請求するのは難しいと言われているデジ。また企業側が自らハラスメントを認めることは滅多にないデジから、少しでも多くの証拠を集めてぐうの音も出ない状態にしたいところデジね。

ブイブイ

ブラック企業ではハラスメント行為は日常茶飯事デジね…。困ったもんデジよ!次の記事ではハラスメント問題について詳しく紹介!ハラスメントの事例や相談窓口を紹介しているデジ~!
NO!ハラスメント ハラスメント問題【大特集】

不当な解雇で訴える場合

不当な解雇で訴える時の証拠
  • 解雇通知書
    解雇の日付・理由が書かれた書類
  • 退職を言い渡された時の音声データ
  • 解雇までの経緯が分かるメール

不当な解雇とは?

  • 妊娠等を理由にした解雇
  • 国籍・宗教等を理由にした解雇
  • 労働組合への加入を理由にした解雇
  • 解雇予告手当なしの即解雇

原則として社員を解雇する30日以上前には解雇予告を出すことが決まっており、即日解雇の場合は30日分以上の平均賃金を払うことになってるデジが、それも無いときは不当解雇にあたる可能性が高いデジね。

で、そんな不当解雇の時には解雇通知書や解雇を言い渡された時の音声データなどが有効なわけか。

ブラック企業を訴える!弁護士に相談しよう

証拠を集めたら企業を訴えるために弁護士へと相談することになるデジね。下記では弁護士選びのポイントや、相談した後の流れを見ていくデジ。

弁護士選びのポイント

法律は本当に複雑で、弁護士なら誰しもが全てを把握しているわけではないデジ。そのため、弁護士選びは重要デジね。以下のポイントに注意しつつ弁護士を選ぶと良いデジよ。

弁護士選びのポイント
  • WEBサイトに過去の実績が掲載
  • 企業の顧問になっていない
  • 裁判の実績が多い弁護士は避ける
  • 完全成功報酬制を導入している

今なら弁護士事務所の多くがWEBサイトを持っているから、きちんと残業代や慰謝料の請求実績を確認したいところデジね。おそらく、実績がある事務所ならWEBサイトに掲載してるデジよ。

事務所のウリになるわけだしね。

またWEBサイトに「企業の顧問をやっています」などの記載があると、企業側の視点になってしまう恐れがあるため、避けた方がいいとも言われてるデジね。

あくまでも労働者側に立つ弁護士を選んだ方がいいんだね。

なお、裁判の実績が多いと良さそうに見えるデジが、残業代・慰謝料の請求は裁判までいかないことも多く、裁判の実績が多い弁護士はむしろ避けるべきとも。後は無駄なお金を払わないために完全成功報酬制を導入している弁護士がいいと思うデジ。ようは企業からお金を貰い、そこから何割かを報酬として支払う形デジ。

弁護士に相談した時の流れ

弁護士に相談した後の流れはおおむね以下のようになってるデジ。

STEP.1
弁護士に相談
STEP.2
弁護士が会社と交渉
弁護士が自分抜きで会社と交渉し、和解すれば残業代や慰謝料が支払われます。ここで和解しない場合は以下に進みます。
STEP.3
労働審判
裁判所で自分・会社・裁判官などで問題の内容を確認し解決方法を探します。ここでも和解しない場合は以下に進みます。ただ、裁判になると費用・手間がかかることから、多くの場合は交渉か労働審判で決着がつきます。
STEP.4
裁判(訴訟)
可能性は低いものの裁判に発展することもあります。なお、自分が出廷するのは本人尋問がある時くらいです。

基本は「交渉」「労働審判」「裁判」の順に最大3つのやりとりが行われるデジね。とはいえ、交渉や労働審判で解決するケースが多く、また基本は弁護士が前面に立ってくれるから自分の負担はそう大きくないデジよ。

ブラック企業を訴える!請求できる金額と必要な費用は?

ブラック企業を訴えた時に請求できる金額の相場や、弁護士へ依頼する時に必要な費用の目安を紹介するデジよ。

貯金箱

請求できる金額は?

ブラック企業を訴えるとなった時、気になるのが請求できる金額デジよね。あくまでも目安デジが、請求できる相場は以下のように言われてるデジ。

請求できる金額の目安
  • 残業代:残業時間により異なる
  • パワハラ等:50~100万円
  • 不当解雇:50~100万円

残業代については残業時間によって異なるデジ。パワハラ・モラハラ・セクハラといったハラスメント行為や不当解雇については50~100万円くらいと言われるデジが、行為の悪質さなどで具体的な金額は異なるデジ。

ハラスメントなら被害を受けていた時間が長いほど慰謝料が増えるとも言うしね。

必要な弁護士費用は?

弁護士によって費用は異なるため一概には言えないデジが、弁護士費用の目安は以下のような感じデジね。

必要な弁護士費用の目安
  • 相談:0~1万円
  • 着手金:0~30万円
  • 実費:1~2万円
  • 成功報酬:損害賠償の20~30%
着手金と実費とは?
「着手金」は弁護士との契約の際にかかるお金のこと。「実費」は書類の郵送代や交通費などです。

相談や着手金については無料の弁護士もいるデジが、合計で20万円、30万円と必要になるケースもあるから事前にチェックしておきたいところデジね。

やっぱり相談料や着手金は無しの方がいいのかな?

残業代や慰謝料を請求する自信がある弁護士ほど、相談料や着手金を請求しないとも言われてるデジから、やっぱり無しがいいんじゃないデジかね。成功した時、初めて報酬を渡す完全成功報酬制がおすすめデジ。

ブラック企業に復讐する前の注意点

最後にブラック企業に復讐する前に注意しておきたいポイントを簡単に紹介するデジよ。

先生

退職前に有給休暇を消化しよう

ブラック企業への復讐を実行する場合、その大半は退職が伴うデジよね。そこで、復讐を実行に移す前に、有給休暇の消化をおすすめするデジ。

せっかく給料をもらいつつ休めるわけだしね。

ブラック企業だと「有給休暇?とらせるか!」と言ってくることもあるデジが、有給休暇は労働者の権利であり、取得させないのは労働基準法違反の可能性が大デジ。

ガーデン

退職するなら有給休暇は消化しておきたいよね。次の記事で退職時の有給消化について解説!有給が消化できない…なんてことにならないように対処法を参考にしてね。
退職時の有給消化 【退職時の有給消化】できない時の2つの対処法!買取は可能か?

退職時は離職票を受け取ろう

退職後、転職先を決めていないのなら、必ず離職票を受け取るデジよ。これは失業保険を受けとるために必要な書類デジ。

普通の会社なら退職時にくれるよね。

普通ならデジね。ブラック企業の場合、嫌がらせで離職票を作成しなかったり、作成しつつも申請が無かったことを理由に渡さなかったりと、社会人とは思えない対応をしてくることがあるんデジよ…。

う~ん。まともな大人がやることじゃないなぁ。

だからこそのブラック企業デジよ。また、ハラスメント行為などで退職する場合は「会社都合」となるデジが、助成金の受給が出来なくなるなどの理由から企業側は「自己都合」にしたがるデジ。

確か会社都合の方が失業保険を受けとる時に有利なんだっけ。

その通りデジ。会社都合であれば失業保険の給付期間が長くなったり、早めに給付されたりするデジ。もし離職票が自己都合になっていても、証拠を集めてハローワークに相談すれば会社都合に変更できることもあるデジ!会社の思い通りにさせないよう、ぜひ会社都合の退職を目指してほしいデジね!

転職診断バナー

ブラック企業を訴えて復讐!

ブラック企業に復讐する方法にはいろいろあるデジが、おすすめなのは残業代や損害賠償などを請求できる可能性がある「訴える」デジね。

仕事を抱えたまま辞めるなども復讐にはなるデジが、こちら側のメリットがあまり無いデジよ。また、いくらブラック企業への復讐だとしても、一線を越えた方法はどうなのか、といった意見もあるデジから気をつけるデジよ。

ガーデン

ブラック企業おそるべし…。だからこそ、もし次に転職をするならしっかりとブラック企業を見分けなきゃね!次の記事では、ブラック企業の見分け方を詳しく紹介!本当にヤバい会社を見抜くのさ!
ブラックを見抜く 【ブラック企業の見分け方!】7つの方法で本当にヤバい会社を見抜く
ブラック企業ってビックリするような話がいっぱいあるデジ…。次の記事では、信じられない!って感じのブラック企業あるある「30の特徴」を紹介しているデジ~。

ブイブイ

ブラック企業に驚く人 ブラック企業あるある「30の特徴」