リクルートエージェントに登録したけど電話面談のみ。連絡もこない…

連絡がない?電話面談のみ

転職したくて「リクルートエージェント」に登録したのに、電話面談のみだった…電話面談をしただけでその後の連絡が全くこない…こういったケースは少なくないデジよ。

転職希望者としては、どう身動きをとっていいのかわからず不安だし、何よりストレスが溜るデジよね。特に早急に転職したいと考えている場合はイライラするデジ。

そこで!このページでリクルートエージェントに登録したのに電話面談のみだった場合&電話面談のあと連絡がこない場合の対処法について解説したいと思うデジ!電話面談だけだったとしても、連絡がこなかったとしても転職を諦める必要はないデジよ!

5月は転職に成功しやすい時期!

転職のイメージ

4月入社の社員が10連休GWの後に続々と早期退職している5月は転職 の大チャンス!タイミングが合えば即採用も多いため、今から活動をはじめましょう

…とは言ってみたものの、1人1人に本当におすすめの転職サイト&エージェントは「性別」「年齢」「年収」によって大きく変わる ため、ランキング形式ではマッチングするサービスをご紹介することは非常に難しいのです…。

そこで考えついたのが、「性別」「年齢」「年収」を含む5項目に答えるだけでおすすめの転職サイト&エージェントが分かる【 30秒 転職診断チャート】です。これで転職の成功率がグッと 高まります!

この記事で会話をするキャラクター
ざぶとん君

ざぶとん君

通信販売会社に勤務する28歳。ブラック企業で働いていた経歴あり(前職)。転職でホワイト企業に入社。仕事の成績はほどほどだが、信頼できる仲間とやりがいを持って働いている。

ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

リクルートエージェントで「電話面談」のみは脈ナシ?

最初に覚えておいてほしいんデジが…リクルートエージェント登録後のフロー(流れ)は人によって、またそのときの求人状況によって変わってくる可能性があるデジ。ただ原則として、送られてくるメールの内容に従って動けばOKデジよ!

了解!状況によって案内が変わる可能性があるんだね。

「電話面談」の案内のみは脈ナシの可能性大

対面面談(来社面談)の案内もなく、電話面談のみ…という場合は、残念デジが脈ナシと思ったほうが良いデジ。

み、み、み、みゃくなし!?

そうデジ。電話面談できっと「現時点で紹介できる求人はない」と言われてしまうはずデジ。キャリアアドバイザーも数が限られているデジからね、全員に同じ対応をすることはできないデジ。職歴がイマイチだったり、特殊な業界・職種を希望していたりで紹介できる求人がない人は、電話面談で済まされてしまうデジ。

なんと!?対面の面談をするという選択肢すらないのか!!

とはいえ、電話面談でキャリアアドバイザーが可能性を見い出せた場合は、求人紹介の可能性もあるデジから、ひとまずしっかりと電話面談を受けるべきデジよ!

通常の面談の流れ!自分から電話面談希望もOK

通常の面談の流れを整理するデジ。リクルートエージェントに登録すると、まずは面談を行うデジよ。基本的には東京本社や各地の支社で対面の面談(来社面談)を行うデジが…地方に住んでいて本社・支社が遠い場合や、現職が忙しくて足を運べない場合は電話面談も可能デジ!

確かに仕事をしながら転職活動をするって、すごく忙しいもんね。それにリクルートエージェントの拠点は全国に16ヶ所もあるけど、それだって自宅から遠いって人はたくさんいるよね。

対面面談の所要時間は約60~90分、対して電話面談は約30~60分デジ。やっぱり直接キャリアアドバイザーに会った方が、キャリアアドバイザーとの相性も判断しやすいし、言いたいことをしっかりと伝えられると思うデジから、可能なら対面面談をおすすめするデジ。

面談の所要時間
  • 対面:約60~90分
  • 電話:約30~60分

なるほどね。

電話面談を希望する場合にはその旨を連絡すればOKデジよ。ちなみにキャリアアドバイザーがどうしても会いたいと思うような需要ある人材は、喫茶店やホテルなどにキャリアアドバイザーが出向いて面談することもあるという噂デジ!

通常の面談の流れは分かったかな?次の記事では、リクルートエージェントの面談の体験談を紹介!場所や服装など全て教えるよ!
面談のイメージ リクルートエージェントの面談を体験!場所や服装など全て教えます
転職診断バナー

リクルートエージェントの電話面談後「連絡こない…」その理由

リクルートエージェントの電話面談のあと、連絡がこないというのも同じく脈ナシと思うデジ。

ま、また脈ナシ!?

そうデジ。脈ナシだデジ。求人紹介してもらえる場合は、面談のあと数日で複数の求人を紹介してくれるデジ。それがないということは、やはり紹介できる求人がないということデジ。

ショック!!

もうひとつの可能性として、キャリアアドバイザーが担当している転職希望者は複数人いるわけデジが、その中で優先度が低いということもあるデジ。

いずれにしてもショックなんですけど…。

キャリアアドバイザーだって転職が成功すれば成績に反映されるデジから、そのあたりはシビアだデジ。

リクルートエージェントに登録して電話面談のみだったときの対処法

もしリクルートエージェントに登録したのに電話面談のみだったら…どうしたらいいのさ?

まずはしっかりと電話面談に臨むデジよ!求人を紹介してくれる可能性だってあるんデジから、ひとまず電話面談を受けてみるデジ。もしかするとその電話面談で転職活動のヒントが見つかるかもしれないデジからね。

た、確かに。

そして可能なら以下のことを実行してみるデジよ!

試したいこと
  • アドバイザーに問い合わせる
  • 転職を急いでいることを伝える
  • 希望条件を見直す

素直に担当のキャリアアドバイザーに問い合わせてみるのが手っ取り早いかもデジ。ぜひ対面で面談してほしいと丁寧に伝えてみるデジ。あとは転職を急いでいることをアピールするのもありデジ!

それって何か違うの?

転職エージェントを利用する人にもいろいろな人がいて、すぐにでも転職したい!という人もいれば、まだ本気度が低く期間も決めていないって人もいるデジ。キャリアアドバイザーにとって、転職への本気度が高くすぐに転職したい人の方が優先度が上がるデジ。

なるほどんぐり!

あとはあまりにも希望条件を絞り過ぎている人は、もう少し条件を広げることで紹介できる求人が出てくる可能性があるデジから、そのあたりも見直すと良いデジよ。

そもそもリクルートエージェントは電話面談になる確率が高め!

実はリクルートエージェントは、転職エージェント業界でも電話面談になる可能性が高めと言われているデジよ。

そうなの?なんで?

リクルートエージェントは、非公開求人を20万件以上も保有する業界でもトップクラスの転職エージェントだデジ。いわばガリバー的存在デジね。知名度もダントツ!そして利用者の人数もすごく多いデジよ。

ということは、ふるい落とされる可能性が高いってこと!?

そういう考え方ができるデジね。もちろんキャリアアドバイザーもトップクラスの数が在籍しているデジけど…利用者は圧倒的に多いデジから、1人のキャリアアドバイザーが何人もの転職希望者を担当しているわけデジ。そうなるとどうしても電話面談のみになる人が出てくるデジよ。

超大手だからこその落し穴か!

リクルートエージェントで電話面談のみなら他の転職エージェントに登録

リクルートエージェントに登録したのに、電話面談のみだった、電話面談のあと連絡がこない、紹介できる求人がないと言われた…そんな状況でも諦める必要はないデジ。この世には転職エージェントが多々あるデジよ。だから他の転職エージェントに登録するデジ!

そういうことか!

リクルートエージェントでは登録者が多すぎてふり落とされてしまうかもデジが、もう少し利用者が少ない転職エージェントなら、1人のキャリアアドバイザーが担当する転職希望者が少なめデジから、手厚くサポートしてもらえるはずデジ。次の転職エージェントなら登録しやすいと言われているデジ。

20~30代なら「マイナビエージェント」に登録

マイナビエージェント

ポイント
  • 約80%が非公開求人
  • 保有する求人情報のバランス良好
  • 特に若手の転職に強い
  • 企業の社風や雰囲気を熟知
  • 書類選考や面接の通過率もアドバイス

「マイナビエージェント」は、優良な求人を多数保有することで知られる転職エージェントデジ。

幅広い年齢にマッチする求人を保有しているデジが、中でも20~30代の求人は特に強いデジ。若手の求人に強い=サポートも手厚い、ということデジから、転職がはじめてという人にもおすすめデジ。

熱心なキャリアアドバイザーが多いという口コミも多数あるデジから、ぜひ登録してみてデジ!

ミドル層なら「Spring転職エージェント」に登録

Spring転職エージェント

ポイント
  • 顧客満足度No.1
  • 非公開求人多数
  • 専門領域に精通したコンサルタント多数
  • 英文履歴書の書き方サポート
  • 母体は世界60ヶ国に拠点あり

アデコが運営する転職エージェント「Spring転職エージェント」は、ミドルの転職に強いと評判デジ。ちなみにアデコは世界トップシェアと言われ、世界に60ヶ所もの拠点を持つかなり大手デジ。

誰でも登録することができる転職エージェントデジが、ハイクラスの求人も多数保有しているデジから、キャリアを積んだミドル層もきっと満足いく転職活動ができるはずデジ!

英文履歴書の書き方までサポートしてくれる転職エージェントは希少!ぜひ登録するデジよ!

転職診断バナー

リクルートエージェントで電話面談のみなら他のエージェントに登録しよう

リクルートエージェントに登録しても、電話面談だけだったり電話面談後に連絡がなかったりした場合は、期待が薄いと思っていいデジ。

ただ利用者が膨大なリクルートエージェントは、どうしてもキャリアアドバイザーの優先度次第でふり落とされてしまって電話面談になってしまう可能性が高めデジから、そんなときは潔く別の転職エージェントに登録するデジ!

とはいえリクルートエージェント自体は魅力的な転職エージェントだデジ。実際に当サイトの独自アンケートでも転職エージェント部門で総合得点「第1位」という結果が出ているデジからね、一度は登録するべきデジ!登録必須デジよ~!

リクルートエージェントの評価
評価
(3.31)

※少数第3位を四捨五入

採点分布
30票(10.16%)
(5.0)
107票(35.37%)
(4.0)
91票(32.52%)
(3.0)
45票(15.85%)
(2.0)
16票(6.10%)
(1.0)

調査概要
調査方法:インターネットを利用したリサーチ
調査期間:2018年12月18日~現在も定期的に調査中
調査対象:全国 / 性別指定なし / 年齢制限なし
回答条件:転職エージェント・転職サイトを利用したことのある方

リクルートエージェント
リクルートエージェント公式サイト
https://www.r-agent.com/

※ 転職成功者のほとんどは「 複数の転職エージェント」を利用しており、転職エージェントの平均登録数は4.2社というデータもあります。リクルートエージェント以外のおすすめ転職エージェントについては「 転職エージェントおすすめランキング!厳選18社の評判比較」でご紹介しています。

最後まで読んでくれてありがとう!下の記事ではリクルートエージェントに関する独自アンケート調査の結果を紹介しているよ!だって、転職後に年収がどのくらいUPしたのか気にならない?これでリクルートエージェントの評判が分かるね!
リクルートエージェント リクルートエージェントは利用すべきか『1205名に独自アンケート』評判は?