おすすめ転職エージェントランキング

退職代行サービス業者ランキング!口コミで評判の人気10社を比較

退職代行サービス業者 おすすめランキング

今、利用者が増えている人気の退職代行サービス業者ランキングを紹介!さらに退職代行サービス会社の選び方や利用する流れ、利用者の口コミ評判なども紹介するデジ~!

辞めたいのに辞められない…そんな深刻な状況から救い出してくれる退職代行サービスは、依頼者にとって救世主のような存在でもあるわけデジ。

ただ…退職代行サービス業者はすでに複数あるデジから、いざ依頼しようと思ってもきっと迷ってしまうはずデジ。そんなときは本ページを役立ててほしいデジね!

この記事で会話をするキャラクター
ブイブイ

ブイブイ

型落ちのAIロボットで少々劣化パーツあり。なぜか就職・転職業界に詳しく、AIロボットだけに知識の蓄積量は半端ない。新しいものや話題のものが大好きなミーハーロボット。

あいちゃん

あいちゃん

小柄で可愛らしいみんなのアイドル。これまでの転職経験は2回で、現在は女性が働きやすい病院受付の仕事をしている。仕事はしっかりこなすが実は超ワガママな性格。

失敗しない退職代行サービスの選び方

退職代行サービス会社(退職代行業)の選び方をまずは紹介するデジよ。

退職代行サービスの選び方…ねぇ。

そうデジ!選び方デジ!中にはお世辞にも「優良」とは言えないような業者もあるデジから、十分に注意しないといけないデジ!人それぞれ重視するポイントは違うと思うデジけど、下のポイントに気を付けつつ選ぶデジよ!

選ぶときのポイント
  • サービス料金
  • 過去の退職成功実績
  • サポート力
  • 返金保証の有無
  • 業界の専門性

各項目について詳しく見ていくデジ~!

サービス料金

まずサービス料金についてデジ。退職代行サービスの相場は30,000~50,000円ほどと言われているデジ。相場より少しくらい安い&高い業者はあると思うデジけど、大幅に安すぎる&高すぎるような業者は警戒したほうがいいかもデジ!

確かにあまりに高くても安くても、ちょっと怪しいわよね。

最初はすごく安価な金額を提示しておいて、「電話1回につき+〇円」「深夜対応+〇円」「早朝対応+〇円」「土日祝日対応+〇円」「即日対応+〇円」といった感じで、何かにつけて追加費用を請求するような業者もあるようデジから注意が必要デジ!

もちろん追加費用もしっかりと説明があって納得の上ならいいけど、最初から曖昧な料金体系だって場合は危険ね。

過去の退職成功実績

過去の退職成功実績もチェックするデジ。基本的に優良会社なら退職成功率はほぼ100%デジけどね。ホームページに書いてある場合もあるし、わからなければ無料相談を利用して聞いてみるといいデジ。

じゃあ優良会社に依頼すれば、基本ちゃんと退職できるってことよね?そうよね?

まぁ……いろいろな可能性があるデジから、「絶対」と言い切ることはできないデジが、過去の事例を見ても優良会社なら退職できると思うデジよ。

サポート力

退職の意思を伝えるだけじゃなく、退職完了までしっかりサポートしてくれる業者を選ぶデジ!優良会社なら、一切の連絡を退職代行サービスを通すようお願いしてくれたり、有給休暇の消化をお願いしてくれたり、また逐一依頼者に報告をしてくれたり…しっかりサポートしてくれるデジ!

退職代行サービスを利用するときって、きっとかなり切羽詰まっている状況だから…やっぱりしっかり報告してもらいたいわよね。

ちなみに退職代行サービスの中には、労働組合(ユニオン)もあるデジ。労働組合(ユニオン)なら、弁護士でなくとも会社とある程度の交渉をすることができるデジよ。基本的に会社は団体交渉権を持つ労働組合との交渉を拒否することはできないデジから、退職日の交渉や給与振込の交渉をしたい場合は、労働組合がやってる退職代行サービスを選んでもいいかもデジね。

返金保証の有無

返金保証!?

そうデジ。ちょっとおかしな話ではあるんデジが、万が一退職代行が失敗した場合の「返金保証」を採用している会社もあるデジ。退職成功率100%なのに返金保証って…なんか変な感じデジけど、そこまでしっかり配慮してくれているという点は評価できるんじゃないデジか?

そうよね!念には念を、よね!

業界の専門性

業界の専門性っていうのも結構大事デジ。退職代行サービスは言ってみたら失敗が許されないサービスだデジ。だからこそ、どんなときも冷静に対応してくれる退職代行サービスを利用するべきデジ!

専門性ねぇ。

退職代行サービスは依頼者の意思を伝えることしかできないデジけど、有給休暇を消化したい、依頼者への電話連絡はしないで欲しいなどのお願いも、伝え方が大事デジよ。また退職に関する法律的な知識も必要になってくるデジよね。

確かにそうよね。専門性に欠けたらスムーズに退職できないかも!?

サービス開始から1年も経たないぽっと出のサービス業者じゃ、やっぱり不安デジ…。一度相談してみて、信頼できそうか?最善のアドバイスをしてくれるか?判断してみるのもいいデジよ。

おすすめ退職代行サービス会社ランキング10社

ここからは、今利用者が増えている人気の退職代行サービス会社を紹介するデジ!

退職代行SARABA(サラバ)

SARABA

料金相談返金保証
29,800円無料あり
SARABAなら会社と交渉可能
退職代行SARABAは労働組合ですから、他社では対応できない“会社との交渉”が可能です(退職日や給与振込などの交渉)。現状、十分な実績があり、さらに交渉までできるのはSARABAのみ。もちろん弁護士であれば交渉可能ですが、料金が高いのが大きなネックに…尚、一般的な退職代行サービスが会社と交渉することは「非弁行為」であり弁護士法違反にあたります。場合によっては退職が無効になる可能性があるので注意しましょう。

ここ最近人気を集めている退職代行サービス「SARABA(サラバ)」。24時間&年中無休なだけでなく、即日退職にも対応&100返金保証制度つきと、安心感の大きさは魅力です。

料金体系も雇用形態に関わらず一律29,800円、追加費用一切なしと明朗会計。

ちなみにSARABAは「労働組合(退職代行SARABAユニオン)」という珍しいタイプの退職代行サービスであり、他社では対応できない“会社との交渉”が可能です。

さらに行政書士監修の退職届プレゼントや成功率98%の有給消化サポートなど、特典も満載。さらに人材紹介会社との提携で、必要に応じて無料で転職サポートまで受けられる、利便性高いサービスと言えるでしょう。

SARABA(サラバ)
即日対応
対応時間24時間
対応方法電話・メール・LINE
支払い方法銀行振込・カード決済
運営会社株式会社ワン
※退職代行の実行は「退職代行SARABAユニオン」が行います。

退職代行ニコイチ

ニコイチ

料金相談返金保証
28,000円無料あり

創業から14年という「ニコイチ」は、累計4,000人の退職に成功。現時点で退職成功率100%を継続中という実績ある退職代行サービスです。

料金も一律28,000円と良心的。退職がすべて完了するまで追加費用なしのフルサポートプランです。

営業時間は24時間ではないものの、7時~22時と長めになっているので、例えば朝起きてやっぱり辞めたいと思ったときも、しっかりと対応してくれると思います。

ニコイチ
即日対応
対応時間7時~22時
対応方法電話・メール・LINE
支払い方法銀行振込・カード決済・現金
運営会社株式会社ニコイチ

退職代行EXIT(イグジット)

EXIT

料金相談返金保証
正社員50,000円 /アルバイト30,000円無料記載なし(ただし成功率100%)

退職代行サービスを世に知らしめたと言っても過言ではない「EXIT(イグジット)」。

テレビや雑誌で取り上げられることも多いので、サービス名を知っているという人もいるのではないでしょうか。業界トップクラスの知名度の高さを持つので、利用者も急増中。

サービス料金は正社員・契約社員が50,000円、アルバイト・パートが30,000円と、雇用形態によりますが、追加費用が一切なしの良心的なプランなので、安心して依頼できると思います。

EXIT(イグジット)
即日対応
対応時間記載なし
対応方法電話・メール・LINE
支払い方法銀行振込・カード決済
運営会社EXIT株式会社

辞めるんです

辞めるんです

料金相談返金保証
30,000円無料あり

「辞めるんです」の魅力のひとつが顧問弁護士からの業務指導を受けていること。弁護士の指導のもと、コンプライアンスを徹底するのでトラブルのリスクが少ないのです。

退職代行サービスは多々ありますが、顧問弁護士の指導を仰いでいる会社はそれほど多くないので、その点でこちらの会社を選ぶというのもひとつの手。

料金は一律30,000円。即日退職可能、全額返金保証つきなので安心感も大きいのではないでしょうか。

辞めるんです
即日対応
対応時間24時間
対応方法電話・メール・LINE
支払い方法銀行振込・カード決済
運営会社イノベーションネクスト株式会社

退職代行コンシェルジュ

退職代行コンシェルジュ

料金相談返金保証
32,400円無料記載なし(ただし成功率100%)

「退職代行コンシェルジュ」は、厚生労働大臣認可の人材会社が運営している退職代行サービスです。

即日対応可能、追加費用一切なし、さらにLINEなら24時間対応と利便性が高く、また料金体系も雇用形態に関わらず32,400円と相場を考えても安めの設定になっています。

現時点までの退職率は100%。退職まで回数無制限で対応してくれるだけでなく、人材会社が運営しているだけに、必要に応じた転職支援サービスも無料で受けることができます。

退職代行コンシェルジュ
即日対応
対応時間24時間
対応方法メール・LINE
支払い方法銀行振込
運営会社株式会社CRAM

リスタッフ

リスタッフ

料金相談返金保証
30,000円無料あり

即日退職可能、全額返金保証つきで人気を集めているのが「リスタッフ」です。

依頼したタイミングから、会社との連絡はすべてリスタッフが対応してくれるので、依頼者が会社に連絡する必要はありません。

何かと違法性が心配される退職代行サービスですが、リスタッフなら顧問弁護士の指導を受け、適切な範囲でのサービスを提供。万が一弁護士への相談が必要なケースであっても、最適なアドバイスをしてもらえるはずです。

リスタッフ
即日対応
対応時間24時間
対応方法電話・メール・LINE
支払い方法銀行振込・カード決済
運営会社合同会社じんざい

汐留パートナーズ法律事務所

汐留パートナーズ法律事務所

料金相談返金保証
54,000円無料記載なし

「汐留パートナーズ法律事務所」は見ての通り、弁護士事務所による退職代行サービスです。一般的に、弁護士事務所に退職代行を頼むことはできますが、場合によっては料金が10万円以上かかることも。

しかし汐留パートナーズ法律事務所なら、一律54,000円。退職代行サービスの相場を考えると少々高い印象ですが、それでも弁護士に依頼できるという心強さは大きいいと思います。

もちろん弁護士事務所ですから、未払い給料の請求や慰謝料請求にも対応。着手金無料なので、他の弁護士事務所に依頼するよりリーズナブルだと思います。

汐留パートナーズ法律事務所
即日対応
対応時間10時~21時
対応方法電話・メール・LINE
支払い方法銀行振込
運営会社弁護士法人 汐留パートナーズ法律事務所

退職代行センター

退職代行センター

料金相談返金保証
30,000円無料あり

司法書士が監修している退職代行サービスが、こちらの「退職代行センター」です。

弁護士とは違いますが、法律の専門家とされる司法書士が監修しているので、トラブルの心配が少ないはず。サービス料金は一律30,000円、追加費用なしと明朗会計も魅力です。

金融機関の営業が終了する15時以降の振込でも、振込の控えがあれば即日対応可能と良心的。24時間営業という表記はないものの、早朝深夜や土日も可能な限り対応してくれます。

退職代行センター
即日対応
対応時間可能な限り早朝深夜土日も対応
対応方法メール・LINE
支払い方法銀行振込
運営会社株式会社あさなぎコンサルティング

Change Life(チェンジライフ)

Change Life(チェンジライフ)

料金相談返金保証
35,000円無料記載なし(ただし成功率100%)

即日対応可能な「Change Life(チェンジライフ)」は、現在まで退職成功率100%と実績を積んでいる退職代行サービスのひとつです。

サービス料金は正社員でもアルバイトでも35,000円。追加費用一切なしなので、安心して依頼することができるでしょう。

退職を聞き入れてくれない会社も、顧問弁護士が同じ料金で交渉してくれるのはありがたいですね。他の退職代行サービスで退職できなかった人も、きっと退職に導いてくれると思います。

Change Life(チェンジライフ)
即日対応
対応時間記載なし
対応方法電話・メール・LINE
支払い方法銀行振込
運営会社株式会社リーガルエース

電話代行専門店メンター

電話代行専門店メンター

料金相談返金保証
正社員50,000円 /アルバイト30,000円無料記載なし

「電話代行専門店メンター」は、退職代行サービスの他にも遅刻や内定辞退、謝罪、クレームなどの電話代行サービスを提供している会社です。

累計退職者は1,500人以上。サービス料金は正社員で50,000円、アルバイト・パートで30,000円と、相場にマッチした料金体系になっています。

24時間の営業ではありませんが、朝7時から営業開始しているので、その日に会社に行きたいくないといった状況でも活用ができるでしょう。

電話代行専門店メンター
即日対応
対応時間7時~19時
対応方法電話・メール
支払い方法銀行振込・カード決済
運営会社メンター(屋号)

退職代行サービス会社を一覧表で比較

紹介した人気の退職代行サービスを、一覧表で紹介するデジ~。どの会社も相談は無料で対応しているデジから、気になるところに相談してみてはどうデジか?いくつかの会社に相談してみて、良さそうなところに決めるデジ~。

サービス名料金成功率
SARABA29,800円ほぼ100%※
ニコイチ29,000円100%
EXIT正社員
50,000円
バイト
30,000円
100%
辞めるんです30,000円100%
退職代行
コンシェルジュ
32,400円100%
リスタッフ30,000円100%
汐留パートナーズ
法律事務所
54,000円100%
退職代行センター30,000円100%
Change Life35,000円100%
※すべて税込
※依頼者が最終的に「休職」を選んだ為

退職代行サービスを利用した人の口コミ評判

退職代行サービスを利用して、実際に会社をい退職した人の口コミを紹介するデジ。サービスがサービスだけに、口コミ評判がなかなか見つからないデジけど、これはきっと参考になるデジ!

退職代行サービスを利用する流れについて

ここで退職代行サービスを利用する際の流れについてみていくデジ!

STEP1:相談(無料)

基本的に、どの退職代行サービス業者も相談は無料で対応しているデジ。しかも何度でも無料という会社が多いデジから、納得できるまでしっかりと話を聞くデジよ!弁護士の対応が必要になるような案件の場合もアドバイスしてもらえると思うデジから、ひとまず相談するのが手っ取り早いデジ~!

STEP2:依頼・支払い

料金プランやサービス内容に納得でき、依頼を決意したら支払いをするデジ。支払いをしたら即日で退職代行してくれる会社も多く、そういった会社に依頼すれば依頼した時点でもう会社に行かなくても済むデジ~。

STEP3:退職代行

あとは退職代行サービスが会社に退職に必要な連絡をしてくれるデジから、退職完了の連絡が来るまで待つだけデジ。ただ保険証の返還や、退職届の提出(会社による)などは依頼者自身が対応しないとならないデジから、そこはしっかり対応するデジよ!

なんだかすごくあっさりと退職できるものね。即日退職って…依頼したそのタイミングから会社に行かなくていいんだからスゴイわ!

退職代行サービスがおすすめな人&おすすめできない人

退職代行サービスって、どんな人に向くサービスなの?

そうデジねぇ。退職したくても退職できないって人なら、基本的に利用できるサービスなんデジが…社長が退職したい場合や、会社に所属する全社員の退職代行などは受けてもらえないようデジ。

なるほどね。ブイブイ、退職代行サービスがおすすめな人とおすすめできない人について、もう少し詳しく教えて!

退職代行サービスがおすすめできる人

まず退職代行サービスがおすすめできる人、向いている人について解説するデジ!

おすすめできる人
  • 引き止めがしつこくて辞められない
  • 上司が怖くて辞めると言い出せない
  • パワハラ・セクハラがあり出勤したくない
  • 退職の意思表示をうやむやにされる
  • 退職届を受理してもらえない
  • 上司や同僚と顔を合わせたくない
  • 精神的に限界に達している
  • 退職後の手続きが自分でできる
  • 退職する際、裁判は起こさない

弁護士(法律事務所)が運営していない退職代行サービスの場合、基本的に裁判になるような事例は対応不可デジから、「1日でも早く退職したいが、裁判は考えてい居ない人」におすすめのサービスと言えるデジ。

裁判なんていうと、急にびびっちゃうわ。

まぁそうデジよね。ただ、例えばパワハラやセクハラといったハラスメントで退職したいだけでなく、慰謝料請求をしたいといった場合には弁護士の出番デジ。未払い給与の交渉や退職届の交渉なども弁護士の仕事デジね。ようするに退職代行サービスは「とにかく今すぐに退職したい」というときに活用できるデジ!

退職代行サービスがおすすめできない人

続いて、退職代行サービスがおすすめできない人、向かない人について解説するデジ!

おすすめできない人
  • 不払いの給与を請求したい
  • 不払いの残業代を請求したい
  • 有給休暇に関する交渉をしたい
  • 慰謝料請求をしたい
  • 必要書類の作成をお願いしたい
  • 退職後の手続きもお願いしたい
  • 会社の代表者を変えてほしい

ようするに、退職代行サービスがおすすめできないのは退職に際して交渉が必要になるようなケースデジね。交渉は弁護士しかできないデジから、退職代行サービスは対応不可なんデジ。

弁護士しかできないって…じゃあ万が一退職代行サービス業者が交渉までしてしまったら、どうなるの?

弁護士以外が報酬を得て交渉するのは「非弁行為(ひべんこうい)」といって違法になるデジ。だから弁護士資格を持たない退職代行サービス会社が非弁行為をしてしまうと、弁護士法違反で罰則が科せられてしまうはずデジ。

罰則なんて科せられたら、退職代行をしてもらうどころの話じゃなくなるわね。

そうデジ。ただ退職代行サービスの中には、労働組合(ユニオン)である程度の交渉ができるところもあるデジね。退職日や給与振込の交渉なども希望する場合は、そういった労働組合(ユニオン)の退職代行サービスを利用するのが良いかもデジ!

へー。「労働組合(ユニオン)」ねぇ。

もちろん違法かどうかというところは、各退職代行サービス各社も熟知していて、弁護士に依頼するべき案件であればアドバイスをしてくれるだろうし、中には顧問弁護士を付けている会社もあるデジから、紹介してくれることもあるはずデジ。退職代行サービス会社だって弁護士法違反なんて嫌デジからね。

退職代行サービスに関するよくある質問【Q&A】

ここで退職代行サービスに関するよくある質問(Q&A)を紹介するデジ!参考にしてデジ!

退職代行サービスで本当に退職できますか?

退職は労働者の権利で、民法627条1項でも認められています。優良会社なら退職成功率はほぼ100%ですから、安心して依頼できると思います。

会社から連絡が来ませんか?

退職代行サービス会社が「連絡は退職代行会社を通してください」とお願いしてくれるので、電話が来ることはほとんどありません。ただ法的な拘束力がないので、会社によっては依頼者に直接連絡をしてくることがあるかもしれません。その場合は電話に出ず、依頼した退職代行サービス会社に相談しましょう。

会社から損害賠償を請求されませんか?

会社側が依頼者を訴え、損害賠償請求される可能性はゼロではありませんが、裁判には膨大な時間と費用がかかるため、それを考えると現実的に裁判を起こされることは考えにくいと思います。

懲戒解雇になることはありませんか?

退職の意思表示をしたことで「解雇する!」と脅してくるようなケースもありますが、懲戒解雇するにはそれ相応の理由が必要になるので、懲戒解雇になることは考えにくいと思います。労働者に対して会社側が解雇をちらつかせて脅す行為は不適法とされ、不当解雇(解雇条件を満たすことなく会社側が労働者を解雇することで撤回可能)にあたります。

退職代行サービスと弁護士はなにが違いますか?

退職代行サービス会社は「退職の意思を会社に伝える」ことができますが、「会社を相手に交渉する」という行為は弁護士しかできません。料金の相場も、退職代行サービスが30,000~50,000円ほどなのに対し、弁護士は150,000~350,000円と高額。退職代行を行う弁護士もいますが、交渉が必要になった場合は追加費用がかかるので料金についてはよく確認しましょう。

どうしてもというときは退職代行サービスで退職しよう

おすすめの退職代行サービスを紹介したデジけど、気になった業者はあったデジか?

どの退職代行サービスも、業界では利用者が多く実績の面でも信頼できる業者デジから、退職代行サービスの利用を検討しているなら、一度相談してみてはどうデジかね。

仕事には辛いことがつきものだし、大人なら気まずくても退職の意思表示は自分で…とは思うデジけど、中には辞めたくても辞められず心身共にすり減らしているような人がいるのも事実デジ。

どうしても…という状況なら退職代行サービスを利用して退職しても良いと思うデジ!自分を守るのは誰でもなく自分デジ!自分の未来を考えたら、退職代行サービスを活用したって良し!限界に達する前に相談するデジ!!